世界的な太陽天文台の閉鎖 : 何が起こっていますか? | cosmic-disclosure

世界的な太陽天文台の閉鎖 : 何が起こっていますか?

cosmic-disclosure
Myriams-Fotos / Pixabay

世界的な太陽天文台の閉鎖 :何が起こっていますか?

コーリーさんのSBAツイート紹介のTeresa Yanaros さんの記事です。operation disclosure で、天文台閉鎖の記事が2,3回紹介され、 さんのツイートや動画でも天文台のことを説明されて、気になっていました。

 

世界的な太陽天文台の閉鎖 :何が起こっていますか?

 

世界的な太陽天文台の閉鎖 Screen-Shot-2018-09-14-at-8.14.05-AM

 

原文:World-Wide Solar Observatory Closures: What is Happening?

(Teresa Yanaros

最近の観測所閉鎖の急増は、国際的なメディアの関心を呼び起こし、この現象の原因を推測する共同体の騒ぎを引き起こしている。

関連記事:心のハッキング:認知の共鳴対認知の不調和–Mind Hacking: Cognitive Resonance vs. Cognitive Dissonance

 

Teresa Yanaros より 2018年9月14日

 

2018年9月7日、太陽黒点太陽天文台は一時的に撤退され、その後、「安全保障上の問題」により、天文学研究大学協会によって閉鎖された。撤退中にはFBIが存在して、事件の理由について保安官に情報が与えられていない状態です。

 

ニューメキシコ州の太陽黒点観測所は9月6日に撤退し、後ほど閉鎖されたのですが、なぜか、誰もそれを知りませんでした。

すでに1週間以上経っておりますが、詳細は未だ明らかにされていません。当局者は、Alamogordo Daily Newsの最初の報告によると、避難が「予防措置」として起きている「安全保障上の問題」のため、天文台が閉鎖されていると述べていますが、これらの声明ではさらに多くの疑問が生じることになった。

ニューメキシコの太陽黒点観測所が異常な状況下で閉鎖 より

sunspot

出典元:divine frequency 2018年9月7日の朝、太陽黒点観測所の入り口が停止標識で閉鎖され、黄色の犯罪現場がタップされました。 (写真:Dylan Taylor-Lehman / Daily News)

 

「FBIは何が起こっているか教えてくれない」とオテオ郡保安官ベニー・ハウスは語りました。

「撤退中に待機するように要請した人々(Sunspot–太陽黒点太陽天文台)がそこにいます。誰も、この理由について、本当にどんな状況であったとしても緻密化するつもりはないでしょう。 FBIはそこにいました。ですが、彼らの目的については、誰も言わないでしょう。」

当初、周囲の人々は、太陽をより詳細に見ることができる展望台によって、政府職員が脅かされるように思うかもしれないという理由を推測し始めました。

一つの理論は、世間一般の人達が、太陽の変化の証拠を得るという、セキュリティ上の危険を扱う内容を政府職員を目撃していたということでした。

これが、公的パニックを引き起こす理由となるでしょうか?実際に太陽の表面上で起こっていたことは、政府が潜在的に私たちに見せたくないものでしたか?

 

しかし、それはちょうどメディアの爆発の始まりでした。

フォックス・ニュースは、長い間忘れられた惑星が太陽系に侵入することを含む様々な陰謀説を引用し、外来侵攻の準備を呼びかけていました。

「エイリアンが侵入すると、私たちはどこにでも避難することができません。真実は私たちの運命になるだろう」とGene Alexander氏はカンザスシティスターによると、展望台のFacebookページにこう書いている。

フォックス・ニュースより引用

 

主流のメディアニュース会社も、ジャーナリストのTucker CarlsonをX-ファイルの「英国の現実的なFox Mulder」として紹介して、注目を集めようとしました。

 

人気の UFOlogist と YouTube Secureteam10 は不協和音に彼の声を追加し、シャットダウンの本当の理由についての彼の見解を示しました。

太陽観測所が太陽の写真を撮っていて、地元当局が公表したくない物体や宇宙船に遭遇したかどうか、彼は疑問に思いました。Secureteam10 はまた、近くの郵便局が閉鎖され、発生したことの何らかの通信や潜在的な証拠や映像がオフサイトで出荷されないように、これが発生しおいたかどうか、疑問に思っています。

 

The REAL Reason For Solar Observatory Shutdown?..

 

ビデオの視聴回数が数十万回を超えると、天文台のシャットダウンのニュースはアメリカ全土に広がり続けました。

インディペンデントUKは、「太陽スポット天文台がロズウェルUFOの墜落現場から200kmしか離れていないという事実は、より多くの憶測につながった」と話しています。

 

 

渦巻きエイリアン陰謀理論の中心にある宇宙観測所は、引き続き忍耐力を求めている。ニューメキシコの太陽黒点の太陽黒点観測所は、エリート・ブラックホーク・ヘリコプターに到着した後に施設を襲撃したFBI捜査官によって閉鎖されたとき、世界の注目を集めました。

地球外生命体、UFO、あるいは天文台が太陽が瀕死の状態になっていることが分かっていたという根拠のない推測など、その施設内の先進技術が何もすべきでないことを示唆していました。天文台がロズウェルのUFO事件の敷地から約120マイルしか離れていないという事実は、投機を促しただけです。

インディペンデントUKより

 

9/11との関係は何ですか?

 

「9/11真実」のミームが、インターネットを横切って遠くに及ぶ日付であり、2001年に起こった悲劇に関連する陰謀論を研究している人たちが急激に増加しています。私は、これらの閉鎖が、9月11日の記念日の前後に起こったことがわかり、興味深く感じました。

これらの観測所閉鎖は、誰が注意を払っているのか、そして一般市民がそのような出来事をどのように扱うのかを見るために、公的テストとして(部分的にまたは完全に)編成されましたか?

太陽系の変化やそれに関連する地球のポールシフトに関する理論を横断することで、「陰謀論」(より適切には「陰謀の事実」)の内容を求めている一般市民がここに遭遇するでしょうか?

しかしそれだけではありません。その後、9月11日の日付と合わせて、太陽磁気嵐を起こさなければなりません。

デーリー・メール は興奮(言及すること)に加えました、「9月11日現在、施設がまだ閉鎖されて、彼らが緑の光を与えられるまで再び開かれないことを、当局は確認しました。」、出版は太陽の写真を発表して、9月11日に大気と結びつく太陽の嵐を記述しました。

 

green-national-institute-of-polar-research

今週の太陽の嵐に対するその支持を与えられるインターネットの向こうで、不可解な活動は、陰謀説をスパークさせました。
電源に損害を与えることができて、衛星に影響を及ぼすことができて、オーロラを起こすことができた太陽の嵐は、9月11日に大気を打つことになっていました。

 

私が言及しなければならないことの1つは、デーリー・メール の記事を読むときに笑ったことです。

陰謀論者がナルシシストである可能性が高いと主張する記事のための適切な広告に気づくことです。洗脳された「何も見ていない」という規範から逸脱している人を見て、本当に好奇心が強いこの出来事の可能性と意味を考えてみてください。

しかし実際には、官僚が公然の説明をしないうちに隠すべきものを持っているかのように行動する理由を考えることは有益ではないのでしょうか?

さて、校正しましょう。

2018年9月11日、私たちは地磁気の嵐を引き起こして、太陽の上に開いた巨大な穴について学びました。

 

次に、何が起こったのですか?

 

まあ、World Tribuneによると、「全国大気・大気管理局(NOAA)は、9月11日にG2レベルの太陽嵐のための嵐の監視を発表した。」オーストラリアを含む世界中で、6台の太陽カメラが閉鎖されました。スペイン、チリ、ハワイでは2つ、ペンシルバニアでは1つです。

主流メディア・アウトレット・Newsweek は陰謀説攻撃熱狂の状態になり,そして、出くわしました。

「展望台のロックされたドアの後ろに、緑の小さな男たちが潜んでいますか?あるいは、公務員が太陽から巨大な「スーパーフレア」を隠しているのだろうか?残念なことに、陰謀理論家にとっては、これらの幻想的な選択肢はほとんどないでしょう。」

Newsweekの記者である、Katherine Hignett は、大規模な太陽フレアのために太陽カメラを閉鎖している公務員の一般的な理論を探ってみることにしました。

彼女は、スーパーフレアが地球に壊滅的なものとなる可能性は非常に低いと考えていたため、カメラを止めることは無意味になると結論を出しました。

 

2018年9月11日に、 Space.com dropped an article は、見出しで「NASAの「太陽に触れる」という使命は、エイリアンの世界についての手がかりを明らかにするかもしれない」として、イメージ画像にはは私たちの周りの惑星を描いていたものを使っていました。

 

Screen-Shot-2018-09-14-at-8.14.05-AM

私たちの太陽とほぼ同じ大きさの星を周回する、いわゆる「熱い木星」型惑星の描写。 (NASA / JPL-Caltech)

 

NASAのParker太陽探査機は、私たちの太陽の詳細を知るために、2018年8月に打ち上げられました。ですが、この記事は天文台の閉鎖直後に削除されました。このことは偶然のことでしょうか?

 

記事の中で、最も興味深い部分が、最後に述べられていました。

「おそらく最も価値があるのは、宇宙船が太陽の力学が磁場によってどのように形成されているかを宇宙船が理解することができるということです。」

 

“Somehow, it’s all related to the sun’s magnetic field. Even if we don’t have the details, we know that much.”

– Evgenya Shkolnik, astrophysicist and planetary scientist, Arizona State University

「どういうわけか、それはすべて太陽の磁場に関係している。詳細がわからなくても、私たちはそれを多く知っています。」

– エヴゲニヤ・シュコルニク、天体物理学者、惑星科学者、アリゾナ州立大学

 

この記事は、数日後にFox Newsを通じて共有されました。

ニュースのラウンドを押して、主流のメディア情報と一緒に、天文台の閉鎖に注目して興味深いのは、太陽のために向かったプローブの打ち上げを強調している点です。

 

実際に何が起こっているのですか?

 

まあ、それらは、太陽の上で起こっていることを隠すためのプッシュされているように見えます。

仮にそうでなかったとしても、隠蔽の理由がまったく異なるものであったとしても、世界中の7つの観測所が一般市民に説明なしで閉鎖されていることは非常に興味深いことです。

メインストリームのメディアのニュース筋は、この論争が始まると同時に、NASAのパーカー・ソーラー・プローブに関する記事を突然に取り上げています。

陰謀研究の急増が発生し、太陽フレアと一緒に、9/11 前後に開始されたものですが、これは、部分的に、我々は太陽に関連する私たちの太陽系で起こっている壊滅的なイベントに関連する情報を処理する方法を確認するために公衆のためのテストである可能性がありますか?

地平線に差し迫っている太陽の変化を一般市民に準備するための、これはドリップ・ドリップタイプの開示状況である可能性がありますか?

ドリップ・ドリップの開示とは基本的には、「回答」を持つ当局者が、脆弱な精神的性質を乱さないように、一般の人々の情報をゆっくりと、必要なだけの基礎にしているということです。(ところで、私は皮肉を言ってます。)

 

実際に地平線にソーラーフラッシュが当てられますか?

 

シークレット・スペース・プログラム(ssp)の内部者 Corey Goode はそう考えているようだ。

 

“I was told that it was not one solar event but a series of events that led up to one large event.”

-Corey Goode, Secret Space Program Insider, Exopolitics.org “The Coming Solar Flash and the Galactic Federation”

 

「私はそれが1つの太陽イベントではなく、1つの大きなイベントにつながる一連のイベントであると言われました。」

-Corey Goode、Secret Space Program Insider、Exopolitics.org「来るべきソーラーフラッシュと銀河連​​邦

 

グッドの証言は、シークレット・スペース・プログラム(ssp)のくぼみの深い人々との彼の会話を説明しています。

彼の連絡先の1つである、彼のアイデンティティを守るためにジグムンドというニックネームがつけられた人に、グッドは、この太陽イベントは2018年から2024年の間に起こると説明されました。

太陽は宇宙エネルギーで脈動しており、太陽系への放出はますます増えています。

Goode(および他の多くの科学者および研究者)によると、これらのエネルギーは実際に私たちの体に影響を与え、霊的な影響があります。

 

「太陽フレアは2008年と3年後に人間の精神的、肉体的状態に直接影響することが判明しました。真の発見が真実であることがわかりました。

太陽は、太陽のフレアを地球の大気中に射撃し、電磁気のエネルギー分野に影響を与えるだけでなく、それぞれの人の電磁気のエネルギー分野に影響を与えることができるような信じられないほどの力を持っています…

太陽活動の増加は、圧縮された嫉妬、怒り、私たちがこのプロセスを意識しているのか、無意識にしているのかにかかわらず、私たちの心です。

人々がこれらの問題の治癒に取り組んでいない場合、現在のように太陽活動が活発になると、問題はより強くなり拡大されます。

私たちはタイムラインの困難な時期に生きていますが、この期間を私たちの利益に利用できるので、すべての状態について悲しいことを許してはいけません。

このように太陽エネルギーを増やして積極的な社会変革の機会を創造してみましょう…世界は必死にそれを必要としています。」

-Paul Lenda  Shift.com

 

Goodeは、このシフトは、実際に意識の進化の次の段階に私たちを運ぶように、彼らのカルマを整えるために人類を呼び出します。

 

おなじみの音ですか?

 

コーリー・グッドが起こる出来事について語るだけで、集合的な精神的な旅の次の段階に進むことはできません。

研究者で歴史学者のウィリアム・ヘンリー(William Henry)は、何年もの間、ソーラーフラッシュの調査をフォローしてきており、人間の年齢の終わりと次のものへの昇天に関する大量の情報を提示しています。

 

キリスト教の終末予言も、我々を小さい存在に変える太陽から来ている光の非常に強力な超自然的な川を記述します。

実際、私の2012冊の本(「最後の審判の日Device」)では、荷電粒子のこの川は、トランス形成的な光が地球上で輝き、そして、キリストのアセンションアーク、または玉位が明らかにされる最後の審判の日シナリオの中心の部分です… 太陽で。

ウィリアム・ヘンリー “Ascension Fire, The Solar Flash, and the Return of Christ

 

私たちは、聖書、他の歴史的文章、研究者、および内部者が集まって、実際に惑星で起こっていることについてより深い洞察を提供する可能性を考慮する必要があります。

それはすべて非常に接続されているように聞こえる、あなたはそう思いませんか?

 

私が知っているすべての中でのいくつかのポイントでは、集団の研究を信用しないで、世界中でインターネットのまさに遠い凹所でなく、多数を浸入させることでの砕けそうになると切り出した「connect-the-dots思考法」を破壊する主流メディアの試みです。

何が残されますか?

そこには広い腕が立っている大規模なグループ、彼らの目に引っ張られた敷物を絶えず受け取った人々を受け入れる準備が整いました。私たちの個人的な力に足を踏み入れ、真実を明らかにし続け、個人の主権を守り、制御構造が情報を隠そうとするときに質問を続けていきましょう。

 

差し迫った太陽フレアは、この現象は、一般の人々がどのようにニュースを開き、それを研究と投機の場に運ぶのかについての素晴らしい演習です。これらの私たちの “陰謀説” と呼ばれる笑顔を続けます。我々は、答えを掘り続け、表面にそれらをもたらす。真実を求めているのはプロセスだからです。

そして、私たちはすべての答えを持っていなくても、私たちは集合的な贈り物や才能を使って、次に来るものを見つけて征服する精神を持っています。

一緒に。

集合として。

 

私たちの周りのすべては、巨大な宇宙パズルの一部です。その頻度に慣れましょう。

 

Teresa Yanaros

 

Source:

 

  • https://www.alamogordonews.com/story/news/local/2018/09/07/sunspot-observatory-south-cloudcroft-closed-due-security-issue/1227788002/
  • http://www.foxnews.com/science/2018/09/14/new-mexico-observatorys-sudden-closure-sparks-wild-speculation.html
  • https://youtu.be/dnDJZobWJGk
  • https://www.independent.co.uk/news/science/alien-conspiracy-sunspot-observatory-new-mexico-fbi-shutdown-blackhawk-a8537291.html
  • https://www.worldtribune.com/why-does-fbi-care-about-solar-hurricanes-observatories-closed-worldwide-for-unspecified-reasons/
  • https://www.space.com/41771-parker-solar-probe-exoplanet-research-impact.html
  • https://www.exopolitics.org/the-coming-solar-flash-the-galactic-federation-qa-with-corey-goode/
  • https://www.shift.is/2013/07/how-solar-flares-directly-affect-human-consciousness/

 

Image Source:

 

  • https://www.alamogordonews.com/story/news/local/2018/09/07/sunspot-observatory-south-cloudcroft-closed-due-security-issue/1227788002/
  • https://www.space.com/41771-parker-solar-probe-exoplanet-research-impact.html

 

その他

 

operation disclosureで、最近天文台閉鎖の記事が紹介されていました。後ほど、Jordanさんが閉鎖された天文台に関する意味深なつぶやきをされてました。そのため、RV関連から少し話題のそれる天文台情報が気になっていました。

 

今日のお昼、コーリーさんが天文台に関するつぶやきをされてました。内容は、テレサさんの天文台閉鎖に関する記事でした。何度か、テレサさんについては、このサイトで紹介させてもらっていたのですが、最近RV関連に没頭していたため、更新に気付いていませんでした。

 

テレサさんの天文台閉鎖に関する記事を紹介されるコーリーさん

 

今回、コーリーさんが、テレサさんの記事を紹介されていたツイートです。

記事を読み、天文台が閉鎖されたというニュースが話題になっていたことに気付きました。

ソーラーフラッシュと、full disclosureについての重要性を再び思い出す記事の内容となっていました。

 

話がそれますが、コーリーさんは確か、SSRに戻ったという話をされていたような気がしたのですが、テレサさんによるコーリーさんの紹介で、やっぱりそうだと思いました。

 

シークレット・スペース・プログラム(ssp)の内部者 Corey Goode はそう考えているようだ。

 

…と、説明されています。以前なら、おそらくコーリーさんの説明をする場合、SSRの内部告発者となっていたかと思います。気のせいではなかったと思いました。

また、ディビッドさんも、一番信頼できるソースが、コーリーさん筋と説明されています。コーリーさんの人間性はもちろんですが、現役SSR内部情報を知っているためでもある、と思いながら前回紹介した記事を更新していました。

ただ、復帰されるという文章を見失ってしまったため、この辺りを強調して書くことができませんでした。

 

今回のテレサさんのコーリーさん説明で、SSR復帰説は、間違いではなかったと理解できました。

その辺りから考えていくと、テレサさん、ディビッドさん、Jordanさん情報の信頼性はさらに高まるという裏付けになると思います。…といっても、その辺りを度外視して個人的には、彼等の情報は信頼できる、と個人的に思っていました。

 

Jordan Satherさんの天文台閉鎖に関する情報

 

Jordanさんの、天文台に関する動画ツイートと、天文台に関する意味深なつぶやきです。

アイデア:これらの観測所は、ある種のインテリジェンス収集や宇宙通信のために不正なグループによって使用される可能性があります。ホワイトハットはこれらの作業を止めることができます。

さん  ツイートより 

 

コーリーさんは、天文台閉鎖に関する情報を説明する、Jordan Satherさんの動画を紹介されてました。

Illusionを破壊する で Jordan Sather は、National Solar Observatory Evacuation と様々なメディアプラットフォームに広がっているクリックベイトセンセーショニズムについて話しています。

(コーリーさん)ツイート

 

記事感想

 

再び、ソーラーフラッシュについて、思い出しました。ソーラーフラッシュによる太陽嵐は、9月11日前後に起こっているのかな?という点が気になる部分です。でも、そうですよね。時期としてはだいたいこの時期に発表されます。

でも、この太陽嵐が起こっている状況を隠すために、天文台閉鎖したとなると、かなり大ごとな太陽嵐が観測されたと推測ししそうになるのですが。

ただし、テレサさんの思考は、そこにとどまっていません。情報操作に関する事と、アセンションの意識、コーリーさんの説明で最後締めくくっています。含みのある終わり方でした。

また、Jordanさんの天文台閉鎖とホワイトハットという含みも気になるところです。

 

 

コメント

  1. Tackt より:

    それは15日に観測された、大量の宇宙船がくることを知っていたからです。
    https://www.facebook.com/maria.g.hill/videos/10217277881284462/

    • huku より:

      Tacktさんへ

      ありがとうございます。このニュースツイートを昨日、Jordanさん経由で観たところですが、動画は初めてです。Jordanさんのコメントはレンズ反射という話で、最初なんの疑いもしませんでしたが、動画にうつった足のある長細い物体を見ると、UFOと言えるかもしれないと思いながら観させていただきました。

      不思議ですよね。この動画の画像は。…(;´・ω・)
      うーーーーん、ちょっとよくわかりませんが、足が生えているみたいに見えます。

  2. 匿名 より:

    株価が高いとハッキングの犯罪件数が高い。下がると減る。
    誰かが、ハッキングを依頼したのかも。
    しかも、公になるように。
    つまり、認識されたハッキングであり、世界中に伝えているということになるのでは??
    アメリカが公にハッキングがあると言っている可能性。
    セキュリティが、甘い所には簡単にハッキングできるならば追跡も容易だとすれば、何らかの痕跡をのこしているかも。一般家庭、近所の人のぱそこんとか??

    • huku より:

      匿名さんへ

      ありがとうございます。

      >株価が高いとハッキングの犯罪件数が高い。下がると減る。
      誰かが、ハッキングを依頼したのかも。

      なるほど~!そうなんですね((+_+))

      >しかも、公になるように。
      つまり、認識されたハッキングであり、世界中に伝えているということになるのでは??
      アメリカが公にハッキングがあると言っている可能性。

      うーーーん。なるほどです。

      Qプランの動画では、デバイスのことをトラッキングデバイス(追跡可能)と説明していたので、
      痕跡を残すことも容易かも。…と。

      裏付け情報はないのですけれど、あり得そうだなーーー。と。

      私も思います(‘ω’)

タイトルとURLをコピーしました