武器の物語 weaponizing-narratives | アセンション

武器の物語 weaponizing-narratives

アセンション

武器の物語 weaponizing-narratives だから、私たちは、モンスターに餌を与えることに 共犯し、ニューエイジ・アセンション・アンド・ディスクロージャー運動において エゴモンスターの共同創造に 貢献することになるのです。本文より

 

武器の物語 weaponizing-narratives

 

武器の物語 weaponizing-narratives

 

Weaponizing Narratives - Energetic Synthesis
Energetic Synthesis covers all aspects of The Ascension or Great Shift, psychic self defense, ascension symptoms, and energy healing. Lisa Renee is a Spiritual ...

タイムシフトブログ
武器の物語

転写-
私たちは、物語の武器化が 行われている時代に生きており、この種の誤った 情報ターゲティングの影響を受けない人は いません。

物語を武器にすることは、人々の考え方、真実だと信じるものをコントロールし、彼らを弱め、防御力を弱めるように設計された、偽情報を伝えるプロセスで 知覚力をコントロールすることです。

なぜ コントローラー はあなたを弱体化させたいのですか?考えてみてください。精神的、精神的に あなたを 本当に弱めるものは何ですか?

そして、あなたの精神的な力を 強化し サポートする真実を 識別し、情報に基づいた意思決定を 行う能力は、世界で あなたの目的を実現するために 必要なものは何ですか?

 

プロパガンダを生成する「トートのハイジャック」に支配されている リーダーが使用する ナンバーワンの弱体化戦術は、嘘を真実だと 信じさせることです。

もし あなたが 嘘を信じているなら、あなたは あなたの認識、あなたの信念と あなたの行動が、完全にコントロールされ、あなたの精神的なガイダンスは 歪められ、あなたは、北が南で、南が東であると思うでしょう。そしてこれは、混乱の海であなたを 失わせ続けます。

あなたの内側のコンパスを 混乱させるため、あなたは、あなたが旅行している方向を知ることは できません。

それらは、物語を武器化することを 意味し、嘘を信じることは、人々を弱めます。あなたの「スピリチュアル・ガイダンス・システム」が 台無しになり、間違った方向に 動いていて、コースの修正が 必要であることを 知らない場合、あなたは、あなたがどの方向に進んでいるかを 知ることができません。

これは「 心理戦争 」の重要な部分であり、ほとんどの場合、人々を 誤情報のウェブの中に 混乱させ、人々に 事実としての 偽情報を広めるか、もしくは 信念体系にするように 設計されています。

少しの間、それを かみ砕いて 説明してみましょう。ナラティブの武器化が、知識階級が、人々の コミュニティを 弱体化させるために どのように機能するか についてです。

攻撃者は 真実を脱線させ、人々を 偽りに仕向けて、純粋な欺瞞、「操作」、「ガスライティング」戦術である物語を 作り上げたいと 望んでいます。

次に、不謹慎な人々を 雇って、偽情報を広め、インターネット全体に 広め、グループや 運動の人々を「だましやすい」ように 認識させて、それを信じさせ、これらの欺きを 自分のコミュニティに広めていきます。

だから、多くの人が、欺瞞の話が本当で、真実だと信じているのです。 それは、それを信じる人々の 集団を惑わすために作られた、偽りの嘘です。

 

武器化された物語は、人々のグループに対する標的攻撃であり、これは、攻撃グループが 敵の文明、アイデンティティを 弱体化させ、彼らの意志を 重ね合わせ、破壊しようとする国や 国にまで 及びます。人の文化と 生活様式を破壊するように 設計されています。

混乱、複雑さ、政治的 および 社会的分裂を 生成することにより、通常は、何らかの 分類システム、黒白・男性女性・同性愛トランスジェンダーなどで、人々の 多くのグループで 分極化と対立を 生成し、特定する ネガティブ または プロパガンダの恥辱的な 攻撃から、身を守ろうとしている人々の、一部の応答を 混乱させます。

誰もが ナラティブを 制御する際に、真実は 重要ではなく、人々が真実であると 信じていることだけを 知っているので、3D現実 のナラティブを コントロールするために、人々に 信じさせることができると思うことを 言います。

悲しいことに、これは 新しい時代に起こり、リーダーは 聴衆に聴きたいことを伝えて、あなたが フォローを得ることが できるようにします。

この欺瞞と 嘘の環境で、真実を語るのは 本当に難しいです。だから、非常に 多くの人々が 簡単な道を たどり、聞きたいことを 伝えるのです。

 

武器化された物語は どのように機能しますか?

 

今日、インターネットと ソーシャルメディアの 普及のため、私たちの世界の 認識の操作は、これまで想像もできなかった 時間、空間、意図性のスケールで行われています。

それこそが、個人としても 社会としても 対処することを学ばなければならない 最大の脆弱性の原因です。

今日、多くの攻撃者が これらの脆弱性を 悪用しています。状況は、情報の生成と 普及のための テクノロジーの 急速な進化により 複雑になっています。

物語の武器化の 核となる要素は、マニピュレーターが、意図する対象者の 認知脆弱性を 正しく評価することです。対象とする 対象者は、人間の潜在意識に残る 既存の恐怖や 不安に訴えるため、すでに 受け入れられやすい、という前提があります。

そのため、彼らは 人々をコントロールするために、それらのグループの 潜在意識を 可能な限り操作しようとしています。あなたの潜在意識の プログラムと、恐れについて、あなた自身が知らないなら、あなたは彼らの手の中で、操り人形のように なり得ます。

目を覚まし、気づいている 私たちの多くにとって、これは、暗いポータル人形のように 映ります。目を覚ましているとき、あなたの周りの人々は 非常に悪質に、あなたを攻撃するために 使われます。そのため、彼らの物理的なシップ(体)は、あなたを攻撃するためのエネルギッシュな武器や、他の方法を投じるために、使用されます。

目覚めたスターシードとしての 私たちの多くは、明確な理由もなく、人が あなたの勇気を憎み、娯楽のために、あなたのキャラクターを中傷し、あなたについて、たくさんの嘘を広めることを行うという 経験をしています。

 

急速に変化する情報の氾濫、人々を飽和させる多くのデータが、あらゆる方向に届くということは、このようなタイプの 心理戦の理想的な 戦場となります。

あらゆる方向から発生する ナラティブ攻撃のファイアホースは、対象となる個人、集団、または 組織化された人々の コミュニティが、情報を いくつかの方向にコミュニティに 殺到するため、情報を処理して 真実であると評価するための時間を ほとんど 与えることをさせません。

グループや 人を攻撃するための物語が 発生し、ソーシャル・メディア・プラットフォームで 飽和状態になり、情報や、告発が、真実か偽かを 誰も実際に知らない、としましょう。

このメディアの飽和は、特に 標的にする敵が、キャラクターの割り当てや、偽情報の組織的な攻撃によって、実際に彼らを襲っていることにほとんど気づいていない場合、認知的に 混乱続けることになります。

次に、コミュニティのガスライトと、感情的な操作のための機会が、作成されます。

この方法で攻撃を受けていると、偽情報を広める人々を介して、コミュニティに飽和している告発や、情報に対応、または 抵抗する方法を見つけようとする 標的となる人を、弱体化させることになります。

さらに、時流に 乗ってジャンプします。これは 組織、運動、さらには 人の評判を 破壊する可能性があり、人々が そもそも 起こらなかった事柄についての巡回討論で、議論し始める可能性があります。

 

現実の知覚現実に対する 歪んだ認識

 

宣伝は現実に対する認識をゆがめるために使われる:

  • 人々は一般的に、真の情報と 偽の情報の判断に 乏しく、実際に 後で偽であると確認された 特定の情報を 必ずしも 覚えているわけではありません。
  • 情報の過負荷は、メッセージの信頼性と、信頼性を判断する際の 近道となります。
  • おなじみのテーマや メッセージは、たとえ それが嘘であっても、人々に 訴えかけることができます。
  • 証拠が 裏付けられている場合、たとえ その証拠が偽であっても、声明は 受け入れられる可能性が 高くなります。
  • 周辺情報を 使用して、偽情報を広めます。これは、リスナーが メッセージに多くの議論があることに 気付いたために、偽者に説得されたときに 起こります。
    しかし、これらの議論のそれぞれについて個別に考える能力や 動機が欠けています。言い換えれば、多くの議論が、意図的に一つのメッセージとして まとめられつつあるのです。
    例えば それは、崖っぷちのメモが 混ざり合っているようなもので、客観性の出現と あいまって、この戦術は、宣伝や、情報の流布に対する信頼度を 高めることになるのです。

 

本質的に これが意味することは、常識、「 批判的思考 」を使用して、情報が、私たちのBSメーターを通過するかどうかを 確認する必要があり、静かになってから、情報を深く理解するのに 十分な長さで停止しすれば、多くの場合、多くの直感的な印象を 得ることができます。

これが、兵器化された物語、または、操作詐欺の署名であるかどうかを、識別するのに役立ちます。

 

武器化物語は、コミュニティと、人々の間の信頼を破壊するために、使用されます。
それは、組織や 共同体の目標を壊し、共通の目的のために 協力するような、紛争や 論争を 引き起こし、シナリオを分割し、征服する ことです。

 

武器化された物語は、合理的な理解と 批判的思考を 犠牲にして、感情的な確実性の幻想を提供する 半分の真実、または、嘘でもあります。

武器化された物語を 受け入れるという、感情的に満足のいく決定は、部分的な真実や、嘘を信じ、それに信仰を 持つことであり、知的議論や、議論の始まりを妨げます。

したがって、反論や、不都合な事実に対して、文化・制度・個人に接種します。真実が 不快であるために見たくない場合、私たちは、殺人という言い方が都合がいい ということから、人を逃がします。

 

そして 私たちは、モンスターに餌を与えることに 共犯し、ニューエイジ・アセンション・アンド・ディスクロージャー運動において エゴモンスターの共同創造に 貢献することになるのです。

だから、真実というものは、嘘をあらわす 言い回し が絶えず繰り返されることで 圧倒され、すぐに 真実が嘘に 置き換えられtたとしても、誰も気付かないのです。

一般的な物語の潜入と、ハイジャックを 理解し続けているとき、このことを 心に留めておいてください。なぜなら、これは 先ほど説明したように、新しい時代、アセンションとディスクロージャーの コミュニティを 武器にするのに使われる 心理学戦争の大きな要素 だからです。

彼らが どうやって この潜入を成し遂げているかを 実際に見たり、理解したりして、コントロールされることを 拒否するか どうかは、私たち次第です。

意識的で 精神的な人間として、真実や 真実を語り、コンセンサスや コントロールされた 反対意見に 飛び乗って、欺瞞的な物語に、陥らないように しなければなりません。

現状を見て、それに 参加することを拒否する。 しばしば 武器を使った物語が、オンライン・トロールの有料版によって演出されています。オンライン・トロール版は、サーキュラーな 討論会において、人々を 威嚇するために 作られています。

彼らは、自分たちの 最終結果の議題から 外れた 問題への解決策を 見つけたい、とは思っていません。そこでは、一般大衆が 自主的に実行することを 望む方向に 物語を紡いでいます。

 

循環討論

 

何の役にも立たない議論。

ある論点を 議論していると 信じている人はいるが、議論は進展することはありません。なぜなら、個人が事実とみなされる、固定的で不動の信念を持っていて、これが 議論の中心点であり、彼らの信念体系では実際には 議論の余地など ないからです。

ネガティブエゴは、正しいことと間違っていること、白黒、思考を、循環的推論と 線形思考に区分する 分割行動に固執する 精神剛性を発揮しがちなのです。

(出典:Ascension Q&A June 2019)

 

関連記事:

New Age Ascension ディスクロージャーハイジャック2020年2月7日

コメント

タイトルとURLをコピーしました