ニュースメディアの武器化 | Lisa Renee | アセンション

ニュースメディアの武器化 | Lisa Renee

アセンション

ニュースメディアの武器化 

 

ニュースメディアの武器化

 

ニュースメディアの武器化

 

Weaponization of News Media - Energetic Synthesis
Energetic Synthesis covers all aspects of The Ascension or Great Shift, psychic self defense, ascension symptoms, and energy healing. Lisa Renee is a Spiritual ...

 

プロパガンダは、心理的操作の目的で使用されています。それらは、犠牲者の費用によって 成り立っいて、コントロール、パワー、利益、および 利点をつかむことを目的とした、精神的な捏造と、感情的な反応を生み出しています。

プロパガンダは 基本的に、人々の無意識の精神、本能的な欲望、衝動を操作することによって 人々を誘惑し 説得することを目的とした、広報、マーケティングキャンペーン、広告、ソーシャルメディアの多くの形態に組み込まれています。

現在、同様のプロパガンダ戦術が、デジタル時代に入り、世界規模でデマを広めることによって、マインドコントロール戦術の より効果的な媒体となっています。

スパムボット、アルゴリズム、人工知能を利用した、デジタルプロパガンダの、全く新しい世界観によって、大衆を混乱させています。

これらは、より具体的に心理的操作のために使用される 情報の武器化となっています。また、偽りの物語の形作ることを 目的としています。

人々は、与えられた情報に基づいて決断を下し、自分の環境で、それらを利用できるようになっています。

そのため、彼らは間違った情報に基づいて、臆測や決断を下すかもしれません。

そして、蓄積的に偽りの物語に触れることによって、彼らの個人的な現実は形成されていき、大衆文化に影響を与える場合もあります。

また、他人を支配したり、奴隷にしたりしようとする人は、物語を形作ることが、人々のグループを支配する上で 絶対的に重要になることを知っています。 社会的に行動させて、支配者が望む方向にそれらを動かすためです。

世界の出来事で 実際に起こっていることを、最も多くの知識、知性を、意識的に認識している人が、最も戦略的な利点を持つこととなるでしょう。

また、正確な情報にアクセスできない人や、大きな出来事や現実についての真実の知識が ほとんどない人々は、間違った印象や錯覚を信じるように操られ、騙され、より大きな不利益を被ることになります。

真実に対する知識と認識は、個人の力となるのです。

一般的に、ルシフェリアンは、知識にアクセスすることの価値と重要性を知っているので、大衆にそれを秘密にし、残りの人々を、暗い無知のままにしています。

インテリジェンスの管理と 情報へのアクセスのコントロールの中には、認識された敵、または、敵に偽情報を提供し、その偽情報に基づいて、誤った決定を下すように仕向けることも 含まれます。

現在の心理戦の状況下では、オープンソースの知識への容易なアクセスを減らすこと、そして、グローバルコミュニティ内での 情報の自由な共有を制限することは、力の不均衡を生み出す上で、理解すべき重要な概念です。

精神的に未発達で 無知な大人と、トラウマを抱えた子どもの情緒的な身体は、私たちの思考が現実を生み出すことを知っている、非常に精神的に発達した存在には かなわないでしょう。

プロパガンダは、このように人々をコントロールし、また、一般的に脆弱性を悪用するために、心理的、および、感情的に人々を操作するために使用される 古典的条件付けマインドコントロール戦術に、直接関連しているのです。

そして、プロパガンダは、マインドコントロールや、偽りの物語の形成のために設計された、メッセージや 画像を伝えるデジタルメディアを含む、幅広いマスメディアの中で、効果的に使用されています。

プロパガンダは、反人間的なアジェンダを促進するために、大衆に影響を与えるように設計されていて、それらは、ソーシャルエンジニアリング手法が挿入された、積極的なマーケティングプロモーションの中で 確認することができます。

潜在意識の衝動を 意図的に利用することにより、西洋社会の価値観は、死の文化を世界中に促進させ 広めるために使用される略奪的な消費主義と 道徳的ニヒリズムによって、形作られています。

人間の悲惨さを増す、悪魔の力の最も低い振動を生み出す 捕食行動のシステムを特定できれば、それが、世界市場の制御構造と消費者システムの至る所で 機能しているのを、確認することができるでしょう。

したがって、偽情報を提供したり、特定の議題に向けて 定期的に情報を回転させたりする誤った物語のマニピュレーターである人々は、コントローラーの原型に 該当する人々でもあります。

彼らは、電力に飢えた個人、利益志向の営業担当者、政府組織、非物理的組織、または、パワーエリートとして働いていて、企業の多国籍Webと、社会のコントローラーの柱と相互接続された、多くの店先を率いる人々であります。

コントローラーは、心理的操作の目的で プロパガンダを使用して、意図的に力の不均衡を作り出し、対象となる聴衆を搾取し、他の人に議題を実行させるために 必要な力を獲得します。

私たちは、(常に)プロパガンダメッセージと画像を使用しているために、心理的、および、感情的な操作戦術に影響を与えるコントローラーの原型に、ますます さらされている状態であるといえます。

これらは、暗いアジェンダを持つ人間と、非人間の両方のエンティティから調達されているものなのです。

NAAのコントローラー文化によって形成された 支配的な影響力の結果として、大抵、多くの人々は、社会や職場で 他の人に事実上、どんな犠牲を払っても、自分の目的と個人的な利益を促進するように 条件付けられています。

一般的に、これには 他者に対する力と 支配の感覚を獲得したいという 願望が伴います。

またこれは、自尊心の認識を高めながら、より優れた感覚を得るのに 役立ちます。

コントローラーの文化は、プロパガンダと 心理的操作を使用して、他の人よりも優位に立つ人々に報酬を与えています。

これは、非常に否定的な行動を植え付けるだけでなく、個人的な生活や、人間関係に波及する 共感の欠如をも もたらすこととなります。

また このことは、職場のサイコパスの意図的な生産としても 説明することができます。

そして、企業の消費者環境は、非常に否定的で 有害な行動に報い、その行動が、大衆文化にどのように影響するかに 注目しています。

秘密諜報コミュニティ、または、ディープステートカバルは、数十年にわたってニュースメディア組織と提携しています。

そして、ソーシャルエンジニアリングとマスマインドコントロールを目的とした、心理的操作の意図的な使用について、一連を本全体に書くことができます。

大衆を操作するために、パワーエリートの秘密組織は、主流のメディア企業に潜入しています。

そして、偽情報を広め、ほとんどのニュースチャンネルで共有される記事を作成するために、個人所有のシンクタンクを設置し、メディアを完全に 制御しました。

偽情報の戦術の多くは、世界中の学術機関や 科学機関と協力関係にあります。

そして、実施された政府の諜報実験の副産物であり、MKUltraなどの さまざまな人間のマインドコントロールや、行動実験の最も 肥沃な土壌として、学界を認識しています。

一般に、専門家によって委員会や シンクタンクが形成され、主流に浮上している物議を醸すニューストピックについて デューデリジェンスと研究を行う場合、一般市民の反対意見を中和させ、独立した研究者によるさらなる質問を根絶する目的で 広く公表されます。

インテリジェンスコミュニティによって厳選されたと思われる専門家の委員会を任命することにより、未承認のトピックの調査で決定的な最終結果に達した場合、使用される心理的操作の戦術は、当局が「ここの人々を見るものは何もない」と私たちに言った、ということを意味します。

これは、「陰謀論者」という用語が、誹謗中傷として使用されているように、議論を締め出し、反対派の沈黙を扇動するために使用される方法であり、批判的思考スキルを使用する研究者によって正当な質問が提起されることを信用させないようにします。

主に、このコントローラー戦略は、企業の利益と秘密の代理店の店先を保護するために情報を抑制し、フルスペクトラムドミナンスのためのコントローラーとNAAの目標を前進させるように設計されました。

マネシツグミ作戦は、政府の財政力支部や、グローバル企業の上位にいる権力エリートから提供された、虚偽の誤解を招く情報を一般に提供することにより、心理的操作や偽情報キャンペーンを通じてらプロパガンダメッセージのコントローラー主流の使用の起源を示しています。

過去に遡ってみると、第二次世界大戦後、日常の人間社会への積極的なNAAの浸透が始まったのですが、このことは認識する必要があります。

コントローラーの柱に及ぼされたブラックサンの影響というのは、悪魔主義によって崇拝された死の文化の受容を形作るために、学術、金融、医療、宗教の権力構造に注入された、エイリアンウイルスです。

アイゼンハワー時代のブラックオペレーションと、秘密諜報機関の組織は、初日からNAA活動のファサードとして機能してきた軍の地球外産業団地の影の区画の背後にある、真の動機を明らかにしています。

コントローラーは、人々の潜在意識の欲求を刺激するために使用される心理的操作が、彼らが誤った物語を形作る方法であるだけでなく、大衆に継続的に製品を購入させ、肯定的な信念体系をそれらの製品に関連付けることもできることを理解しています。

有名人の推薦、魅力的な画像、衝動的な反応を引き起こす特定のミームワードで販売されている製品に直接関連付けられている、肯定的な信念体系のサブリミナルな関連付けは、100年前から始まっていて、今日流行の割合になっています。

デジタル時代においては、実際に読みたいコンテンツにたどり着くために、いくつかのポップアップ広告を見ることを余儀なくされ、一連のコマーシャルの拘束された視聴から逃れることは、事実上不可能になっています。

その結果、広告、および、マーケティングプロモーションの収益ストリームは、3D企業消費者メディア文化の基盤となっていて、すべての業界のすべてのマスメディア、ラジオ、テレビ、オンラインソーシャルメディアに、資金の大部分を提供する製品と、サービスの無限のプロモーションが行われました。

ニュースのフィルターは、売り込みとしてターゲットとするオーディエンスに配信される有料広告を通じて、企業のコマーシャルにパッケージ化されています。

広告主は、本当に彼らに直接利益をもたらす特定の議題の物語を形作るためにお金を払っている企業の利益であり、この情報は、支配的なメディア会社によって、毎日のニュースとしてパッケージ化されています。

ここで最も重要なことというのは、プロパガンダメッセージを使用した企業の売り切れを支持して、何年も前に客観的なニュースと調査報道を失ってしまった、ということです。

広告に最もお金を払い、最も大きな声で叫ぶ人々は、大衆の注目を集めます。

残念ながら、このプロパガンダモデルは、純粋な娯楽コンテンツとして営利目的で販売されている、アセンション、意識、開示などの精神的なトピックの広告の後援も行われていて、精神的な消費主義を促進する人々に適したものとなっています。

またデジタル時代では、強力なオンラインメディア企業で使用されている、コンピューターコード化アルゴリズムのフィルターに基づいて、現実のバブルを生成するという新しい現象が、ますます明白になっています。

これらのアルゴリズムは、ニュースフィードや、検索オプションで使用され、通常、私たちがすでに知っているのと同じ情報を、逆流させます。

これは、私たちが最も快適な現実に対する、確証バイアスの一種です。

リアリティバブルは、ニュースや情報のオンライン検索が、より大きな全体の小さな痕跡である特定のリアリティバブルを構築しているときに生成されます。

これは、私たちの好みを追跡するために使用される、人工知能とアルゴリズムの結果である、現実のバブルに適合する私たちの個人的なフィルターに合わせて調整された、ニュース情報の非常に小さなセクションのみを受け取るという、近視眼的な視点を作成していることとなります。

これらのオンラインメディア企業は、アクセスできる情報を管理するために、消費者データを収集し、未承認のトピックに関する情報を掲載している独立したニュースWebサイトから、オンライントラフィックを、密かにリダイレクトする方法を見つけています。

開示、アセンション、Qanon、またはヨーロッパの第三世界侵略の議題など、さまざまな未承認のトピックについて話している多くの代替の独立したジャーナリストは、YouTubeのようなプラットフォームを使用しており、コミュニティのガイドライン違反に基づく突然の不可思議な停止と、制限にさらされています。

それでも、停止の手段として、どのコンテンツが、違反の原因であったかを正確に明確にすることないため、危険なままである可​​能性があります。

過去数年間、私たちは、個人データの収集に基づくアルゴリズム制御を介して、検閲の増加にさらされてきました。

明らかに、コントローラーとNAAが、一種のエネルギッシュな収穫機と同じくらい、多くのデータと遺伝子プロファイリングを私たち全員から収集したいと思っていることを知るのは気がかりです。

私たちのつながりや好みについてより詳細な情報が収集されると、その情報が収集され、実際に特定のレベルの情報が利用できないように検閲、または、抑制するために使用されます。

人工知能アルゴリズムの使用を認識することは、行動に影響を与えて操作することにも向けられている心理戦を理解する上で 重要です。

これは、アクセスできる情報の種類を検閲、または、制限することによって発生します。

さらに、偽のオンラインIDは、さまざまなソーシャルネットワークや オンラインコミュニティ全体に 偽情報や宣伝メッセージを広めるための 欺瞞や、心理的操作の目的で使用されます。

これは「ソックパペット」と呼ばれ、オンラインコミュニティの他のユーザーに侵入したり、操作したりするために、この偽のIDを装う、別の人物になりすます人物のことを指します。

ストローマン、ソックパペットは、オンラインコミュニティを荒らし、議論の信用を失墜させ、グループ内で可能な限り、多くの混乱を引き起こすために、特定の視点を狂ったように見せるために、秘密の議題によって使用されます。

オンライントロールと同様に、ソックパペットの動機は、分割統治のために、グループ内で恐怖を不確実に、疑いを広めることです。

ソックパペットは、合法的な職業と見なされており、ハッカーはこの役割を実行するために雇われ、十分に支払われていることを理解することが重要です。

彼らは、ビジネス競争を打ち負かすために、意図的に他人をオンラインでだまし、偽の苦情を書いたり、不快な言葉や、アイデアを広めたりすることで報酬を得ます。

意図された恐怖、不確実性、疑いまたはFUDの拡散は、販売、マーケティング、広報、政治、カルト、宣伝で使用される偽情報戦略です。

これは、恐怖に訴える戦術のオーケストレーションによって否定的、疑わしい、または、誤った情報を広めることによって、知覚を制御する戦略です。

特に若い世代の多くの人々は、オンライン活動から積極的な強化が起こり、これが、彼らの脳の化学的性質の変化を誘発するオペラント条件付けのタイプに繰り返しさらされることから、オンラインソーシャルメディアプラットフォームに、中毒になっています。

ソーシャルメディアや、マーケティング環境で、積極的な強化を促す特定の行動が起こった後、神経化学物質が、報酬分子として脳に放出されます。

これは、脳がドーパミン経路を特定のオンライン活動、人、製品、またはプロパガンダと関連付け始める、ドーパミンヒットを取得することに似ています。

オペラント条件付けは、ポジティブ、または、ネガティブな強化から学習した行動のプロセスであり、オンラインで、何かをポジティブまたはネガティブとして関連付け、その情報が期待を変えたり、行動を制御したりします。

今日、世界のあまりにも多くの心のこもった人々が、腐敗した指導者や、政策立案者を、安易に信頼している状態であります。

コントロール-カオスの議題を受けている主要都市で急速に増加している西洋文化の破壊と、衰退を説明しようとするとき、無能であることや、病的な同情を理由に挙げています。

天然資源と、文明化された文化的環境の体系的かつ系統的な破壊、芸術と文学の美しい傑作の破壊、または、隠蔽、そして啓蒙された人間文化の前の時代を強調するアーティファクトと、古代の意図された間引きは、偶然ではありません。

コントロールされたカオスは、人類内の統一と共感を破壊する、誤った物語を形作ることによって、集合意識を改革し、抑制するように設計された、グローバルな心理的操作の洗練された方法に、個人をさらすことに基づいています。

分割統治戦略は、対立するグループ間の分裂、対立、混乱を助長し、コントローラー、または、ルーラーの力に異議を唱える可能性のある、強力な同盟、および、統一の形成を防ぎます。

これは、分割統治法を実行し、人類に対するアジェンダを征服するように社会的に設計された人間の代表をさらに制御する、ルシフェリアンや、悪魔のグループなどの否定的な実体にまで及びます。

支配力エリートの動機を理解することは、敵に対して、コントロールされたカオスを使用することに関連する、彼らの精神的、および、イデオロギー的信念を理解することを意味します。

これは、本質的に、地球の他の住民を制御するために、カオスと分裂を継続的に扇動することです。

コントロールされたカオスは、分割統治法を計画する際に、軍事ベースの意思決定で使用される、カオス理論の役割を理解しています。

これは、任意のグループ、人口統計、または国を対象としています。

コントロールされたカオスは、非物理的な暗黒の力による、形而上学的な前線での霊的な戦いの戦略として、そして、物理的な世界の大衆に対して向けられた、宣伝ベースの偽情報ツールと、弱体化戦術の両方として、使用されます。

これは、制御されたカオスで私たちの残りの部分を管理するために、惑星の無制限の富と資源へのアクセスを手渡された、地上の人間のコントローラーを使用するNAA軍によって実行される、地球の完全なスペクトル支配のためのグローバル戦略です。

世界的な死の文化としてシードされている生き方としての継続的にコントロールされたカオスのプロパガンダを調整することによって、それは、さまざまな方法でコントローラーの目的を達成します。

・グローバルにコントロールされたカオス戦略の心理戦の領域に住む…ということは、人間の意識の成長を阻害し、原始的で否定的な感情を利用し、社会に個人的および専門的に貢献する肯定的な方法を作成し、さらに、発展させるという内なる衝動を中和されてしまうこととなります。
(恐れを呼び起こし、混乱への分裂。)

・それは、人々の間のコミュニケーションリンクの発達を破壊します。そして、区画化と切断が、より多くの可動部分を見ることから増加していき、人々とグループが、全体像を見るためのアクセスを与える情報へのアクセスを取り除くこととなります。
(無知対知性、混乱への分裂。)

・それは、権力と、コントロール構造のイベントに影響を与え、一般の人々の能力を低下させ、独立した代替メディアをシャットダウンさせながら、野蛮で原始的な価値を許容できるものとして、促進していきます。
(人間性の抹殺と士気喪失、無知対知性。)

・官僚主義を高め、虚偽の物語を通してガスライトを広め、すべてを解決するために、より多くのお金が必要である…という、妄想的な信念を撒き、借金奴隷を増やし、汚職と犯罪行為を助長させます。
(圧倒して摩耗、士気喪失。)

・高等教育の進歩を破壊し、真の科学的発見を阻止し、戦争、燃料、災害に基づく経済を排除する、自由で開かれた技術への人類のより高度な発展を促進する手段を追求する能力を排除していきます。
(無知対知性、混乱への分裂。)

・社会のすべてのメディアとコントロールのタワーが、24時間年中無休で、私たちを精神的に征服するために使用されているので、意識の拡大を阻止され、ネガティブエネルギーによって、私たちを攻撃する一方で、人々を目覚めさせる真実と、クリスティックの属性を抑制することに向けられた、秘密の精神的標的と、迫害について隠された状態を作っています。
(恐怖、混乱への分裂、士気喪失を引き起こす。)

コントロールされたカオス戦略と、意図的に世界中のカオスの力を扇動することは、悪魔のイデオロギー全体と、その最高原理とも、絡み合っているのです。

統制されたメインストリームメディアの役割は、情報を伝えることではなく、国民に誤った情報を伝えることです。

これにより、人々は、自分の人生や、家族に影響を与えることについて、十分な情報を得た上で、決断を下すことが難しくなってしまっています。

マスメディアは、人々の注意を、政治的·、経済的エリートによって決定された重要な問題や変化から、意識をそらすために、絶え間ない雑音、心ない娯楽、取るに足らない情報の氾濫を与えることよって、重要な事実や、情報を脱線させる手法を用いるため、利用されているのです。

統制されたメディア、および、報道機関は、すべてのニュースおよび、関連メディアコンテンツを、12歳以下の子供が理解できるレベル以下で、記述、または、提示することを義務付けています。

メインストリームのニュースや、娯楽が、子供のレベルで生み出されるとしたら 識字率や、人間の知能が、どのような影響を受けることとなるでしょう?

主流メディアは、分裂、攻撃、人格の暗殺、言論の自由への攻撃、そして、あらゆる場面で難読化と混乱を引き起こすために、多額の報酬を支払われています。

メディアリテラシーを高めるためには、様々なメディアを読んだり アクセスしたりするときに、実際に何を見ているのかを理解するために、メッセージを掘り下げて、その動機を探る必要があります。

誰がメディアの恩恵を受けているのか、また、メディアを額面通りに受け止めるのではなく、そして、事実として盲目的に受け入れるのではなく、誰がメディアの恩恵を受けているのかということを、積極的に見る必要があります。

メディアリテラシーの発達には、人や自分自身の中で、ネガティヴエゴがどのように機能するかを理解するとともに、認識能力というのもが、不可欠となってきます。

すべての統制された報道機関やメディアにおいて、規律のないネガティヴエゴや、癒されていないペインボディは、大衆を統制するために使用される沈黙の武器によって、標的にされています。

テレビとデジタルメディアの世界は、進化の遅れ、プロパガンダ、および、社会統制のツールになっていることに、注意してください。

テレビや、その他のマスメディアを通じて、人間の精神を操作する方法を理解するために、ほぼ無制限のリソースが適用されています。

今日、私たちが直面しているのは、ますます洗練された全国民の自由意志と心理的幸福に対する攻撃であります。

さらに、メディア機関は、世論を操り、同意を得て、勝者と敗者を生み出すという露骨な仕事を隠す必要さえなくなりました。

なぜなら、すでに大衆の心を支配しているからです。

マーケティングの場合でも、製造元の同意の場合でも、メディア業界は、繊細でそれほど微妙ではない戦術を用いて、私たちの意識と潜在意識に影響を与え、私たちの意見と行動に影響を与えたとして、有罪となっています。

これらの習慣の例は、数え切れないほどあり、どんな形であれ、現代のメディアを消費する際には、目を覚まし、また、目が覚めている人も注意するべきです。

情報通の人々に、私たちは嘘をつかれていること、そして、客観的な世界観をもたらすために私たちが頼れるべき機関は、決して客観的ではなく、パワーエリートアジェンダのスポンサーであることを認めなければなりません。

ですから、このような大きな乱気流と大きな変化の中で、注意を払い、強い認識力を身に付け(b.s.メーターを発達させ)、目を覚まし、意識を保つために、自分で研究をしてください。

私たちは消費者文化の中で生きています。
ほとんどの国民が、製造された欺瞞・策略・露骨な嘘から、正直で真実な表現を、切り離すことができませんでした。

事実とフィクションを区別し、さまざまな媒体を通して私たちがさらされている情報に埋め込まれている真実と、嘘の違いを見分けるための私たち個人の能力は、かつてない脅威にさらされています。

人々は、意図的に潜在意識層を標的にされ、社会的知性を制限され、エゴプログラミングを低く設定されています。

これは、学習した無力さを生み出すこととなり、3D制御構造の多くを支える偽りに、盲目的に依存する状態を作り出しているのです。

外部でランダムなネガティブな刺激に、人々が繰り返し飽和しているとき、これは感情的に生々しい生存意識を作り出し、常に認識された現実の脅威の中を ナビゲートしているという感覚にさせら続けています。

不安定で過酷な環境というのは、個人の安全に対する意識と、無意識の両方の認識を脅かすように設計されていて、現実の歪曲された中を旅しながら、人の視覚をさらに曇らせることができます。

このような認識のゆがみによって、多くの人が脱出メカニズムとして使用するために、外の世界のものに目を向けるようになります。

過半数の人は、誤った個人の安全感と引き換えに、権力をコントローラ構造に委譲するか、圧倒されて疲れ果てている無気力状態で、諦めた状態に陥っています。

アート・オブ・ウォーでは、あからさまなうそをついた誤解を招くような情報を広めています。また、ガスライトと「圧倒と消耗」戦術の併用は、悪用されやすい人々に対する強力な影響力を維持しようとする人々によって、巧みに採用されているのです。

(出典は次のとおりです。 アセンション用語集 – プロパガンダです)

カテゴリ: マイブログです

コメント

タイトルとURLをコピーしました