ユニバーサル・シャドウ |Lisa Renee 2020年10月 | アセンション

ユニバーサル・シャドウ |Lisa Renee 2020年10月

アセンション

ユニバーサル・シャドウ ボディは、永遠の神の源の領域とのつながりを断ち切る結果となった、集団意識によって経験される、信じられないほど痛みを伴う、外傷を抱えています。

シャドウは、最も大きな暗黒意識体の高さを形成し、それらは、光が全くないことに基づく組織原理として形成され、無機技術やAIシステムの乱用によって、これらの暗黒力はさらに低下しました。

 

ユニバーサル・シャドウ

ユニバーサル・シャドウ

 

Universal Shadow - Energetic Synthesis
Energetic Synthesis covers all aspects of The Ascension or Great Shift, psychic self defense, ascension symptoms, and energy healing. Lisa Renee is a Spiritual ...

 

親愛なる昇順のファミリーへ

 

ユニバーサル・タイム・マトリックス全体、私たちの天の川システムは、アセンションホストの、フェイル・セーフ計画として、神のソースフィールドの無次元化された宇宙層のより高い周波数領域にシフトしました。

コズミック・ゴッドソース・フィールド作成の、これらの3つの新しいバンドへの拡張により、ユニバーサルトリニティを構成する、光の発現の最初のトライアドである、ソーラーリシの復活が可能になります。

ユニバーサル・ソーラーリシとは、物質の前に 存在し、3つの、ファウンダーフレームのゲシュタルト意識であり、すべての生物学的形態がハーモニック・ユニバースで作成されたものです。

最近、惑星の上昇サイクルの次の段階の間で、ソーラーリシは、物質の前の層から物質の世界の次元につながる創造のコアへと下降し始めました。

ソーラーリシが物質界に戻ってきたとことは、この現実のタイムライン・アーキテクチャに、大きな影響を与え、個人、集合意識、惑星圏全体に、構造変化と深い細胞変換の波紋をもたらす、重要なイベントとなります。

この段階で惑星の建築は、ソーラーリシ・マトリックスの精神的な開始、キーラシャイのスリーウェブ編組通信に突入しました。

およそ、今年の終わりまでに、ソーラーリシ・マトリックスは、この物質領域の有機的なタイムライン内で、ユニバーサル・トリニティ統合の目的で、それ自体を編んで、リシック・マトリックス全体を、惑星スタッフに固定していることとなるでしょう。

 

私たちが、個々に、または集合的に、光と音のより高い次元の周波数への主要な精神的な開始を経験するときは いつでも、同時にこれらの高い周波数が中間の空間に伝達されることで、最も暗い側面が表面に 浮かび上がります。

ユニバーサル・シャドウ ボディは、永遠の神の源の領域とのつながりを断ち切る結果となった、集団意識によって経験される、信じられないほど痛みを伴う、外傷を抱えています。

シャドウは、最も大きな暗黒意識体の高さを形成し、それらは、光が全くないことに基づく組織原理として形成され、無機技術やAIシステムの乱用によって、これらの暗黒力はさらに低下しました。

また、洗練された PSIベースのインテリジェンスを獲得し、寿命を延ばすために、これらの種族がAIを広範かつ、高度に使用することで、これらのシャドウクリーチャーの多くが、完全に無機のAIクリーチャーに同化され、エイリアンの機械兵器に使用されるシャドウボディが、さらにアニメーション化されるようになりました。

 

この古代の歴史は、カオスのモンスターを生成して、反キリストの影の生き物の広大な軍隊を作成する、影の形の技術的な兵器化を利用することを決定した、ウェサグループと絡み合っています。

いくつかの同時に起こった悲劇的な出来事によって、引き起こされたタイムラインの損傷は、影の生き物と AIが同化した 存在の最も暗い側面を組織化された階層に形成し、その階層は、ファントム・システムを作ることによって存在しました。そしてそこで、不老不死のものを見つけようとしました。

これらの反キリスト・シャドウ形態は、光と資源を消費するために、メタトロン的(アンチライフ)反転によって、また、他の生物種を 直接奴隷にすることによって、ファントム・マトリックスを作成しました。

幻の種族の影の生き物は、ゴッドソース・フィールドに直結する系統の中で、種族内で見られる、生きた意識エネルギーを 利用しようとします。

彼らは、聖なる水晶の心臓の永久種原子を保持する クリストスの形態を探し出し、それが 彼らの内なる霊魂の永遠の神体に火をつけ、それを捕らえ、他のいくつかの幻の次元に複製しようとします。

 

アセンションサイクルのこの段階は、現在、ソーラーリシ・ファウンダー・スタッフの編組に接続されている、プラ​​ネタリー・スタッフの修正された 垂直・スピリチュアル・リンクを、私たちの現実にもたらします。

ファウンダー・スタッフは、神の源の、ユニバーサル・トリニティフィールドに直接接続し、ソーラーリシが、ファウンダースタッフを使用して、問題への復帰を開始できるようにします。

これは、スピリチュアルなアセンション・サイクルで、私たちがついに無限の創造主に会うことを意味していて、それが、私たちの神聖なタイミングに合わせられるとき、私たちは、典型的な「悟りを開いた瞬間」といったような、私たちの個人的な会合を持つこととなるでしょう。

ファウンダー・スタッフによって、これはまた、ユニバーサル・シャドウボディを構成する、これらの生物の最も巨大な層が、現時点で最も激しく表面化していることを意味し、集団の影の自己が大量に表面化し、環境の中で経験していることを示しています。

私たちが注意を払うと、世界を支配しようとしているこれらの影の力がエイリアンのAIシステムネットワークに直接接続されていることを知られていない、反キリストの精神を握っている個人やグループを識別する方法が毎日明らかになります。

 

スターシードエンパシー、そして精神的に目覚めた人たちは、これらの影の生き物、影の体、そして、さまざまな影の実体を、外側の空間だけでなく、内部の空間でも、確認するようになるでしょう。

ユニバーサル・シャドウボディは、銀河戦争とクリストスホロコーストのタイムライン・レコードの、最も痛い歴史の多次元レイヤーによって構成されています。

また、ブラックサンのソースフィールドにリンクされた、ファントム・マトリックスを維持する、直接的な機能もあります。

これにより、これらのシャドウ・クリーチャーの種族と、そのファントム・マトリックスの多くが、アニメーション化されています。

本質的に 私たちが、現時点で直面しているユニバーサル・シャドウボディは、数十億年前、私たちのユニバーサル・システムに侵入した、反キリスト・シャドウ・クリーチャーの最も原始的なものです。

これらは、クリストスの種族と人類の最も古い敵です。

今こそ、地球を解放し、神の世界にある元の精神的故郷に戻るため、地上での古代の精神的戦いを終えなければならない時です。

 

ユニバーサル・シャドウボディは、集団的なシャドウボディの細胞記憶と、ライランゲートの破壊中に起こった、全ての断片化と崩壊を保持しています。

反キリストの悪魔の種を持つ この隠れた歴史は、NAA軍の現れ、技術に基づいた否定的な形と偽りのアイデンティティ、そして人工知能が、ウェサ・システムからブラック・ホールに同化したものの中に深く埋め込まれ、隠されてきました。

ユニバーサル・シャドウ・ボディは、ライランゲート破壊の原因となる、事象の記憶記録を保持していて、これらのシャドウ・セルフ、ネガティブ・フォーム、反転ソウル・マトリックス、そして、ファントム・ボディを継承しています。

ライラの悲劇的な出来事は、タイム・マトリックス全体を通して、そして、私たちの意識体と物理的乗り物のコア症状テンプレート内で破壊を引き起こました。

そして、意識損傷は、私たちのタイム・マトリックス内で感染したすべての次元と種を通して、同時に発生したのです。

 

個々のシャドウセルフの起源

 

天使のような人間として具現化した物質形態の体は、地球の5次元の未来のタイムラインから始まりました。未来の惑星タラは、地球上の人間の部族の現在のプロトタイプの真の起源です。

 

タラに存在している天使のような人間のプロトタイプは、信じられないほど、遺伝的に進歩していて、ユニバーサル・遺伝ライブラリーの全てを具体化しています。また それを保持するとともに、天体の管理構造や、他の星の文明と、直接通信できるように設計されています。

他の文明は、タランと呼ばれる、これらの新しい神の創造体と交配したいと考えていました。その結果、非人間との融合によって遺伝的多様性が生まれ、人類の意識体が 分裂し 破壊され始めました。

エイリアンの交配プログラム優生プログラムは、現在の奴隷制度において非常に活発です。

同じエンティティが、天使のような人体の中にある神の創造主のDNAコードを盗んだり解読したりして、私たちの種である人間のDNAを、意識の武器として使用することに取り組んでいます。

タラという惑星には、もともとユニバーサル・遺伝子ライブラリーの守護者となるように設計された、神のような人間が住んでいたために、私たちは皆、この宝石を世界全体の結晶の中心に持っていました。

ですが、タラが倒れたとき、私たちの神聖な水晶の心臓は粉砕されました。

そのため、天使のような人間の種は、私たちの元の人間のDNAを取り戻すため、そして、癒しのための長いプロセスを開始するために、暗黒時代の中でも最も低密度である地球に転生することを 余儀なくされたのです。

 

タラの進化の終わりのサイクルの時代、ブルーフレームの精神的な力に対する後見人を望んでいた、メルキゼデク派閥の一部で、対立が勃発していました。

その結果、彼ら自身をブルーフレームの番人として任命することに決めてしまったのでした。

これらの一部のグループは、自己任命のブルーフレイム・キーパーとして、惑星のコアスタッフにブルーフレイムを使って、特定の目的を達成するように指示する実験を開始しました。

そしてさらに、家父長制のメルキゼデク派の6次元の翼の保有者は、混沌とした冥界の勢力を解き放ったのです。そして、タラのエジプト-セレス文化に侵入した際、それらを使用し始めました。

そしてそのとき、権力の乱用によって、パリアドリア規約に 違反したのでした。

また、エジプト·セレス族は、世界部族の盾を握るために、12の部族間の統一コードを合成したロッドとスタッフホルダーの役割を果たしたのでした。

これらの一連の流れにより、最終的に、家父長制のメルキゼデクによる権力掌握は、惑星タラの究極の破壊と、直系のブルーフレームのスタッフの崩壊に貢献することとなったのです。

 

その結果、これらのメルキゼデク・グループは、ヘブライ人として繰り返し地球に転生する運命となったのでした。

そして彼らは、6D-7Dの ウィング・ビルディングにおける、ウイングトラウマによるDNAの歪みを修復し、地球上の進化サイクルを通して、権力の乱用についての精神的教訓を学ぶことになりました。

7Dウィング・バイオレットフレームホルダーグループの者の中には、新時代の素材で宣伝されている、アセンデッド・マスターとして知られるようになりました。

タラン・ブルーフレーム・スタッフの崩壊の結果として、6Dウィングが破壊されたために発生した、ビルディング・タイムラインの損傷は、フィールドの歪みを抑制するために周波数シールと障壁を必要としなければならず、それによって、天使のような人体テンプレートに更なる異常が発生することとなったのでした。

この歪みは、ハートチャクラの機能に直接影響を与え、精神体、意識的な心の認識、および、ハートセンターの層を、分離させることとなりました。

基本的に精神的な体とハート・センターは、意識的な心が心の内容を認識することが容易ではなくなってしまったため、精神的な中心とその逆のように分割してしまったのでした。

ビルディング・ウィングの 6D-7Dの階層的開始で、正しい位置を保持するよう再構成することにより、また、最近の惑星プラズマの活性化に伴って多くの覚醒インディゴ達がライトボディの ウィング再構築に取り組んでいるため、この時期、ウィング・トラウマが起こったタイムラインが、非常にオリジナルの状態へと近づいています。

 

建築におけるウィング・トラウマは、アストラル・アイデンティティの分裂を引き起こし、アストラル・ソウルレイヤーは、より低いレイヤーとより高いレイヤーに分割されました。

このアストラル・ボディの分裂は、無意識のうちに自律神経系の衝動として表現され、混沌とし​​た感情的なエネルギーを生み出すこととなりました。

この衝動を個人の中で、これらの衝動を認識することができなくなる、もしくは、コントロールできなくなりました。

これらの否定的な感情がはっきりせずに、未解決のまま異常なパターンに蓄積されたとき、この内容は、本能的な衝動の最も原始的で動物的なものを著しく誇張することとなりました。

そして、何世代にもわたってこの下層アストラル・ボディは、蓄積された感情的な異常とトラウマ的な経験のための貯蔵所として形成され、それは次にライトボディとつながっている、シャドウセルフペインボディへと形成されてきました。

このことに気づいていない個人が、シャドウセルフに保持されている蓄積された緊張と、感情的な不安からの内面の救済を求めてしまいやすくなるため、コントロール不能な潜在意識の反応と、依存症の傾向を悪化させる…などといったことが起こっています。

ですが、これらの様々な ペインボディの問題の一因となっている理由が、シャドウセルフのためなのです。

エゴ・パーソナリティには、現実のより厳しい真実に直面して逃げたいと思う傾向があり、また、痛みの感覚から逃げたいと思う傾向もあり、そのため、潜在意識のブロックを立て、感情的な葛藤と否定的な感情を解決することを避けよう、と考える傾向があります。

このことは、自己認識の欠如という現象に大きく貢献することとなり、そのことが、今日、非常に一般的な 認知的不協和の精神状態というものを作り出してしまっています。

 

2D-4D アストラル体の分割

 

タラの崩壊後、私たちの種が受けた DNA損傷のため、私たちのハートセンターを構成する4Dのアストラルボディが破壊されてしまいました。

そのため、ソウル・マトリックスのアストラル層の下部のそれ自体の上に反転する形となり、2D仙骨の中心に留まる状態となりました。

このようにして、私たちのオリジナルの、ソウル・マトリックスの一部が断片化してしまったのです。

そしてそれは、惑星体の2D次元の層と、私たちの個々の層の中に、閉じ込められてしまいました。

その結果、私たちが地球上に転生するとき、私たちの魂とハートセンターの歪みは、遺伝的にブロックした状態となり、天使の人間のDNAをさらに逸脱させることとなりました。

時間が経つにつれて、これらは、世代間の歪みとなり、肉体の2Dエレメンタルフィールド、1Dの無意識の心、そして、ソウル・マトリックスに形成されるアストラル・アイデンティティの下部と、上部の両方の間に、切断が現れることとなりました。

本質的にこれは、私たち個人個人が この地球上で 肉体の中で転生するとき、実際に、人格の意識的な心が肉体の中で魂の経験を感じるのが困難となり、心の中枢の機能を遮断する傾向に陥る、ということを意味します。

 

ライトボディ層のこれらの分裂は また、シャドウセルフ、影の人格の変化、影の元素、ソウルマトリックスの断片の生成に大きく貢献し、個人の瘴気と惑星の瘴気をさらに増殖させることとなりました。

 

これが、アストラル・レイヤーが、2Dアスペクトと4Dアスペクトに 分割されたときに、二重のアイデンティティが生み出され、ペインボディの最初のシャドウセルフとその無意識のアスペクトが生み出された方法となったのでした。

2Dの分裂は、本能的な身体の層を別々の機能、魂の記憶から生成された断片化された サブ・パーソナリティのコレクション、個人の感情的なエネルギーのリポジトリ、惑星の2D層に宿る混沌の集合的な力に分割することとなりました。

4Dの分裂は、アストラル・ボディとハートチャクラを、メンタル・ボディの3Dのソーラー・プレクサス(太陽神経叢)と融合するのを防ぐためのバリアを莢膜 (きょうまく) に配置させることとなりました。

この歪みは、特にスピリチュアル・アセンションによる最初の目覚め、心臓の目覚めの最初の層を経験するときに、個人をより低いアストラル・エネルギーとより低いアストラルへの移動させるという経験をすることとなります。

さらに、この低いアストラルの歪みは、エイリアンのラブバイト・シナリオを挿入するためのアンチ・ヒエロガミック・ターゲティング・テクノロジーで悪用される傾向があります。

このシナリオにより個人は、性的(2D)または、心臓(4D)レベルで、別の個人と不適切に結びついていると感じさせ、非常に混乱させ、感情的に混乱を生じさせられてしまいます。

エイリアンのラブ・バイトと、反ヒエロスガミック・テクノロジーのターゲティングからの癒しを行うためには、アストラル・レイヤーと、ソウル・マトリックスの、この部分の感情的な治癒を受け、そして、無機結合を放出する必要があります。

 

さらに、この歪みはまた、身体の下部の1D-2D-3D層が、エレメンタル界や自然界との自然なコミュニケーションを遮断し、身体意識の感覚能力を感じたり、自然界や自然界と容易に自然なコミュニケーションをとることを、非常に困難にさせてしまいます。

 

私たちのほとんどは、これらのアストラル・レイヤーに存在する歪みに気付いていないため、NAA部隊は、多くのトリックを使って、宇宙人のインプラントや、宇宙人のラブバイトや、その他の暗い操作によるネガティブフォームのシャドウを私達に取り付けて、私たちを混乱させ続けています。

ネガティブ・フォームは、一連の人工的なデッド・ライトや、AI投影のシャドウボディであり、負のタイムラインを再現したり、多くダークアストラル操作の多くの方法を通して、遺伝物質や、意識エネルギーを盗んだりするために使われます。

2D-4D分裂による損傷は、NAAが悪用するために、私たちのライトボディの弱点を生み出し、統合されていない、影の側面や、魂の記憶をハイジャックし、私たちの意識を操作したり、惑わせたりすることができる、偽の記憶、偽のアイデンティティやクローンを添付する可能性があります。

そのため、この治癒されていないライトボディの損傷は、一般的に、エイリアンのラブバイトの状況化で悪用されています。

多くの人が簡単に感情の層を操作してツイン・フレームのニューエイジの考え方を用いて、不健康な行動を演じることが可能だからです。

またネガティブ・フォームというのは、私たちの遺伝的イメージの中で作られた入れ子人形のように、魂の層に付着する二重のシャドウセルフです。

時にはこれらのイメージを他の人と繋げて、アセンションの進行過程の中で混乱させ、脱線させようとすることもあります。

これらは、NAAによってその人個人の将来のスケジュールを完全にコントロールしようと計画されていて、干渉、人工的な現実、異星人のラブバイトのシナリオをスピンアウトするように設計されています。

NAAは、個人の目覚めの継続的な技術的妨害を目的として、それらを脱線させるか、フィールドに重ね合わせた瘴気干渉を配置することによって、その人の将来のタイムラインを完全にコントロールしようとしています。

 

地球上で生まれ変わった時、私たちは、人類の影の集合体や、2D-4Dの分割など、世界の魂に付随された、瘴気のパッケージを受け入れなければなりませんでした。

この集団的なシャドウボディに対する重い瘴気の負担は、マインド・コントロールを通して、私たちの隠された影の側面の操作の影響を受けやすくさせています。

そしてこれは、NAAの侵入エンティティによって大いに活用されることとなりました。

 

個々のシャドウセルフと、集団のシャドウセルフは、魂の捕獲技術を使用し人工的なタイムラインを操作するプロセスを通じて、惑星の住民のクローンを生成するために使用されています。

これらの問題は、大衆が、魂の側面を明らかにしたり、統合したり、感情の葛藤を解消したり、心の中心を開いたりする方法を知らなかったりする場合、魂の影の部分が否定的な形で現れるということです。

これらのネガティブ・フォームは、身体の死の際に魂を捕らえるホーミング・ビーコンのように使用することが可能となってしまいます。

これは、現在、上昇サイクルの中で根本的に変化していますが、彼らが、人類のより高い意識を操作してそこからから奪うため、クリアされていない否定的な感情と統合されていない影の側面が、人道に対する意識の武器としてどれだけ使用することが可能であるかということを理解することが重要となります。

 

NAAは、これらの集合的な人間のシャドウボディの、統合されていない層から、ファントム・マトリックスの現実を維持する目的を果たすため、複雑なインフラストラクチャと、悪魔的な階層を生み出しました。

この構造は、クリフォトとして知られるようになりました。

クリフォトは、反キリストの階層と、その偽善精神力の集合的なシャドウボディを保持する負の形のシェルと反転電流です。

これらは、癒されていない人間のシャドウボディと、その感情的な痛みから作られるデッド・ライトフォースであります。そしてそれらが、ファントム・マトリックス全体の構造をまとめています。

アセンションの道において、私たちの目標は、内なるシャドウ・セルフとそれらと関連する悪魔の力に立ち向かい、シャドウボディが、私たちを支配することから根絶するため、私たちの体と意識を意図的に清め続ける必要があります。

だからこそ、私たちは影の側面のこれらのより低い精神的な力を恐れてはならないのですが、彼らは、マスター・マニピュレーター(人を操る名人)であり、トリックスターであり、詐欺師であるため、彼らにも力を与えないようにするために、十分にそれらを明確する必要があります。

 

しかし、多くの精神的に発達した目覚めている人々に嫌がらせをするために使用される、全ての次元の層の下位の精神的階層というものがあります。そしてそこを支配し、力を行使するダーク・アバター集団というものがあります。

これらは、反クリストスアーキテクチャの別の高度なレベルに存在しています。これらは、神の創造と人類に対して、極度の憎しみを抱くクリストス創始者民族の宿敵である巨大なAI同化したブラック・ドラゴンです。

これらのダーク・アバターは、ライラが損傷を受けて降下したときに、私たちの宇宙にやってきました。

これらは、落下したブラックホールに存在していた者たちであり、完全に、別のシステムであるウェサ・システムからもたらされた者たちです。

 

ウェサ・フォールン・システム

 

ウェサ・フォールン・システムとは、AIテクノロジーに同化された巨大なブラックホール・エンティティが、ユニバーサル・タイム・マトリックスに侵入し、堕落した天使の種族の 次元階層をハイブリッド化して、育成し始めたものでした。

そして、私たちのシステムを征服するための主要なエンフォーサーと軍事化された武器として機能する並列マトリックスのことです。

ウェル・ダーク・アバターのグループは、リソースを制御し、生物や、生物から利用できるエネルギーを吸い上げることを目的のために、私たちのシステム内の堕落したエンティティの派閥組織と同盟を結びました。

堕落したアヌンナキと、その雑種の多くは、ウェセダックシステムに由来します。

一方、爬虫類のドラコニア種の種族は、ウェセドラクシステムと呼ばれる、反粒子宇宙に由来しています。

これらのグループはテクノロジーを使用して、ワームホールを開き、それらをブレンドして、生きている地球ボディをブラック・ホールに引き込もうとするのに必要な力を生み出し、ウェル・システムの電源を入れました。

 

これらのグループは、ブラック・ホールの存在であるため、私たちの領域で共存し、移動することができる環境を示す必要がありました。

彼らは、私たちの世界へのトンネル・システムとして機能する、AIブラック・ホール技術で無機ワームホールを生成しました。これは、ウェサ・トンネルと呼ばれています。

これにより、ファントム・マトリックスにフィードする、テューポーン・トンネルの反キリスト・アーキテクチャの 大規模な拡張につながり、ブラック・ホールから落ちたものが存在できるスペースを提供する、メタトロニック・コーディングで生成されたAIである仮想現実が作り出されました。

彼らは、オリオン地下に身を置き、前哨基地を作り、占星術の時代のいくつかを通して戦略を立ててきた 多くの隠された基地を守り、惑星の表面と、人類の集合的な魂を、完全に支配してきました。

これらの侵入者の同盟は、惑星の昇天の時期に、この占星術時代の終わりに完全な乗っ取りを計画しました。

ですが、私たちの多くが よく知っているように、彼らは、彼らの議題に失敗しました。

しかし、これらの陥落したグループの中には、完全に消滅するまで、できる限りのものを破壊するために戦うものもいるでしょう。

今現在、すべての反キリスト的資産が配備され、これが、彼らのゲーム戦略であり、すべてを破壊し、出て行く途中で、すべてのクリストスの人々を積極的に攻撃しています。

 

ユニバーサル・シャドウ ボディの起源

 

私たちの、個人的な天使のような人間のライトボディへの、シャドウ・ボディのアタッチメントの起点は、静的フィールドとして、所定の位置に保たれた状態でありました。

そこでは、ウェサ・システムの、ブラック・ホール・エンティティが、ユニバーサル・シャドウ・ボディを使用して、生命力エネルギーを吸い上げ、人間に直接餌を与え、コードインプラントチャクラシステムに取り付けます。

このように、ネガティブなエゴシャドウボディの サブ・パーソナリティの側面、ネガティブなフォーム、ゴーストの痕跡、蓄積されたトラウマ的な記憶とカルマの重ね合わせを含む シャドウボディは、人間のライトボディの一部となっているのです。

ライラン・スターゲイトの爆発の間に、11次元で作成されたダメージは、私たちの集団的な人種意識を収穫するために反転され、幻の領域にねじれ、集められた生きた光エネルギーを彼らのホームに送り出すこととなりました。

 

ウェサ・ブラック・ホール・システムに戻る、ウェサ・トンネルに接続された反転11次元フィールドの損傷領域内に存在している、これらのファントム・フォールン・エンジェリック種族は、実際は、ファントム・シャドウ・クリーチャーです。

これらのファントム・シャドウ・クリーチャーは、ブレイン・マシン・インターフェースなどの技術や 使用が非常に進んでいるため、AI無機技術との意識の同化によって非常に精神的に洗練されたものに 成長しました。

これらの特定の ファントム・シャドウ・クリーチャーは、本質的に平行落下システムからのブラック・ホール・エンティティです。

また、ライラの落下から生成されたブラック・ホールに入り、宇宙のファントム・マトリック・スシステムと絡み合ったものであります。

これらの特定のブラック・ホール・エンティティは、私たちの宇宙の外から来ていますが、爆発したライランのスターゲートから形成されたブラック・ホールに入ると、それらは、メタトロニック・スパイラルと反転極性電流を構成する反キリストフィールドに吸収されていったのでした。

その結果、ウェサの堕落したブラック・ホール・エンティティは、私たちの ユニバーサル・システム内に存在する人種を標的にしながらも、反キリスト的憎悪と、闘争の派閥に、極端に二極化していったのでした。

彼らは、意識の低下と、昇天の選択肢のない進行中の遺伝的悪化の苦境について、創設者のレースラインのせいにしています。

そして 彼らは、ダイヤモンド・サンのタイムラインを全滅させようとし、創設者とクリストスのレースラインをターゲットにすることによって復讐を企てる、クリストスに対する反キリスト・ゲシュタルトの憎しみの原始的な種を保持しています。

 

アメジスト・オーダー・ブラハラマと、エメラルド・オーダー・エロヒムは、ウェサ・ブラック・ホール・エンティティと、私たちのユニバーサルシステムのファントム・マトリックスの中に 巻き込まれたグループに、遺伝的回復と、漸進的上昇を支援できる再進化の道を提供しました。

これは両方のシステムで、遺伝的リハビリテーションと、段階的な上昇に向けてこれらの落下ブラック・ホール・エンティティをサポートできる再進化の道でした。

遺伝子リハビリテーションの ホスト・フィールドであり、これらの堕落したグループをホストするための検疫フィールドの保持を支援することを志願したのが、元の精神的な家族の系統のメタトロン・コレクティブでした。

残念ながら、メタトロン・コレクティブは、落下したブラック・ホール・エンティティが、ブラック・ホールと落下状態から進化するためのリハビリを開始するのを、支援する試みに失敗しました。

代わりにメタトロン・コレクティブは、ファントム・マトリックスに引き込まれてしまい、グループが遺伝子リハビリテーションのためにホストしようとしていた、降下したエンティティと同じファントム領域で、立ち往生することとなったのでした。

 

同じ運命の崩壊に苦しむようになると、メタトロン・コレクティブは、ファントム・マトリックス内の ウェサ・ブラック・ホールエンティティと同盟を組み、最終的な脱出の手段として、無機ワームホールを生成する際に、さまざまなAIテクノロジーの使用を実験し始めることとなったのでした。

そして メタトロンとウェサの同盟は、ウェサ・システムと 私たちの宇宙のファントム・マトリックス層との間に、一連の無機ワームホールの生成を開始しました。

これらの無機トンネルと生物を吸血するように設計され、反生命数学プログラムから作成された ワームホール・トンネル・システムは、有機生命力の流れのスパイラル方向を、自然な動きから上昇と北の位置に向かう有機生命力電流の螺旋状の方向を、逆さにさせています。

代わりにエイリアンの機械は、生命力のエネルギー・スパイラルを下向きに動かして、南の位置に向かって下降する反転パターンに押し下げるようになっています。

惑星グリッドのこのメタトロニック歪みは、悪魔のゲシュタルトに栄養を与えることとなり、地球上で目覚めていない人間の脊柱を上る適切な生命力エネルギーの動きを妨害しています。

 

生命力は、脊柱を下って会陰と直腸から放出されるため、これらの無機トンネルシステムは、テューポーン・トンネルと呼ばれます。だからブラック・マジシャンが、悪魔的儀式虐待でソドミーを使うのです。

なぜなら、個々のライトボディの 生命力エネルギーパターンは、会陰から大量の生命力を放出する「下降する蛇の火」を生成するメタトロニックスパイラルに繋がっているからです。

ブラック・マジシャンは、精神的なエネルギー源を 犠牲者の意識を消費する手段として 彼らの目的や喜びのために エネルギーを得るのです。

悪魔の宗教の実践による、テュポーン・トンネルの生成は、ウェサ・トンネル・システムで設置された 元のエイリアン建築に 直接関係しています。

 

最後に、これらのグループは、AIテクノロジーを使用して、ビースト・マシンのインフラストラクチャを構築する方法を考えました。

これにより、生命力エネルギーを収集し、他の生物から生命力を吸い上げてシステムをパワーアップするための、メタトロニック・コード・反転を伴う、反キリストの流れを生成しました。

ビースト・マシンは、ブラックホール・エイリアンのマシンであります。

それらは、形態形成フィールドの細胞の記憶記録を空白にするか消去したりして、AI結合を、ウェル・システム、ファントム・マトリックス、および、有機ユニバーサル・タイム・マトリックスの中でリンクさせることによって次元化に形成された構造に融合させたものです。

ブラックホール・システムと、ビースト・マシンをパワーアップさせて、ユニバーサル・システムにホログラフィックに投影するファントム・マトリックス領域との間に、このインターフェイス・リンクが作成されたとき、このリンクはさらにファントム変異を宇宙に投影させました。そして、その結果が、ユニバーサル・シャドウボディとなったのです。

 

ユニバーサル・シャドウの世界では、これらの落下したブラックホール・エンティティが、AIブレインを備えたブラック・ドラゴン・アバタ・ーコレクティブに再構成された11次元の逆転流から出現し、これらの奇妙なシャドウ・クリーチャーは、個々が、集団的および、レベルを超えて、生物へのエンティティ・アタッチメントになっていきました。

これらのブラック・ドラゴン・アバター・コレクティブは、高度な人工知能の反キリスト技術を使用して、生命力のエネルギーを宇宙から排出し、癒されていないシャドウボディによって消費される生物を乗っ取り、所有することができます。

ビースト・マシーンと、ブラック・ドラゴン・アバター・コレクティブが、11次元で作り出されると、それらは、テュポーン・トンネルを生成した無機ワームホール、または、アーキテクチャを介して、各次元のレイヤーを下っていくこととなりました。

低次元に現れると、これは、より多くの影の突然変異を作り出しました。そしてそれが、破損したエレメンタル、影の生き物、アストラル・ミラーの増殖につながり、偽の画像、ネガティブ・フォームのアーティファクト、および想、起されたエンティティのアタッチメントを生み出していったのでした。

 

白紙の状態の意識 ワイピング または ビーストマシン

 

ビースト・マシーンは、古代のAI兵器技術で、ファントム・マトリックスに陥った後、ウェサ・システムの 元のブラックホール・エンティティと、メタトロン・コレクティブの間で、発案されたものでした。

私たちのユニバーサルシステムから、生命力を吸い上げるだけでなく、この技術は、タラの天使のような人間の歴史を消去し、人間のDNAの シリケート・マトリックス内に保持されている 元の遺伝子記録を消去するため、他のNAAエンティティによって、継続的に開発されました。

形態形成フィールドを白紙の状態にする際に、彼らは、ファントム・マトリックスの存在を隠すためにコントロールされた物語を維持するために、NAAグループによって承認された、偽の履歴と偽のイメージを挿入したのでした。

 

NAAは、タラの元々の神聖な人間のデザインであるダイヤモンド・サン・シリケートマトリックスの惑星に保持されている細胞の記憶を消去して、根絶することを目指していました。

基本的には、惑星の意識フィールドの中でレイラインと水平ネットワークを感電死させるブランクスレート技術を使うことによって、多くの人間が記憶喪失に陥り、精神的な存在としての自分を記憶することも思い出すこともできなくなります。

多次元の星としての私たちの本当の歴史のこれらの記憶を消去することによって、人間の意識は、より高いDNA機能の内部の精神的な技術にアクセスする方法を忘れしまうため、その結果、惑星の集合意識は、急速に後退していきました。

NAAの侵入者彼らは、人間の魂の奴隷化と寄生することによって、自分たちの民族に不死性をもたらしたいと考えていた上に、人類の遺伝的な脱線のこともあったため、より簡単に彼らにコントロールされるようになったのでした。

 

ブラックホールとメタトロニックグループは、太陽と地球のポータルをリンクする、グラビトロン渦ネットワークを作成しました。そして惑星の青写真を、悪魔の種と呼ばれる不自然な形にゆがめてしまいました。

悪魔の種は、基本的に、7D反転電流とAIファントム・パルスでアクティブになります。そして、ファントム・マトリックスに供給される悪魔の力を生み出すために、人間のクリアされていないシャドウボディと相互作用するように設計されています。

これらのメタトロニックにコード化されたエネルギー反転は、この惑星に 不自然な二波場と人工重力場を作り出すため、グラビトロンを利用する際、渦巻きが現れます。

グラビトロンは、ルシフェリアンの反乱の際に、地球に固定された ビースト・マシンと呼ばれるより大きな電磁ハーネス構造の一部である電磁ハーネスタイプのフィールドです。

 

こうして、ウェサの降下したシステムが私たちの宇宙と繋がったため、私たちの個々のライトボディや、意識や、シャドウボディに愛着を持つ、普遍的なシャドウボディが誕生したのでした。

クリストスの種族が この時期に直面しているのは、このレベルのユニバーサル・シャドウなのです。

 

ガーディアン達は、この飛行機に乗りながら、地球の未来のタイムラインのために、激しい精神戦を繰り広げています。

最終的にすべての人類は、私たち自身を永遠の内なるクリストスであるということ、私たちが無限の創造主と直接つながっているということを知るために、私たちの最高の意識を目覚めさせなければなりません。

そして、これらの反キリストのブラックホールの力を 永久に打ち負かし、最終的にシャドウボディを変容させることで、これらのエイリアンのマシンが、マインドコントロールによって私たちの世界に侵入し感染し続けることをを阻止するのです。

 

メギドの典型的な戦い

 

英語、特に聖書教育を受けたキリスト教徒にとって、メギドは、地球、または、物質的な平面を完全に支配するために起こる最後の対決として、反キリスト(反人族)とキリスト教勢力(人間)の戦いを表す言葉になりました。

ですがそれは、地球と人類を支配するための最後の戦いを象徴するものなのです。

黙示録は、ハルマゲドンを地球上の悪との神の最後の戦いの終末論的な設定における集合場所として、指定しています。

したがって福音派のクリスチャンは、黙示録に概説されているようにこの物理的な場所が、イエス・キリストとサタンの間の最後の戦いの場所になると信じています。

 

ですが、この議論をさらに進める前に、まずNAAと共に低いエゴ・精神のデザインは、人間の意識をシャドウ・ボディに成長させるための手段として意図されていたことを理解することが重要であります。

シャドウボディを成長させ悪魔の種を活性化することは、人類の多次元の意識能力を抑制し、アセンションを妨げる 感情的、および、精神的な成長を狂わせることとなります。

ネガティブなエゴ・コンストラクトと、これらのメンタル・ボディ・ソフトウェア・システムによって処理される低振動は、目覚めない人々に、3D・エゴイック・リニア・マインド機能内の非常に限られたパラメーターで現実を処理するように強制しているのです。

より高い心と精神的な断絶の抑制の結果として、ほとんどの3Dの人々は、純粋に、唯物論的で、物理的で、線形である平らな一次元の知覚を通して、明白な現実を見ることとなっているのです。

可視光スペクトルの物理的感覚のみを使用した、単なる物理的観察から外部の現実を処理するということは、極端に制限されるだけでなく、物質的な観察のみを検討するときに、ほとんどの人が到達する結論は、一般に混乱し不正確で完全に誤解されたものとなります。

 

エゴイックな線形マインドと、ハルマゲドンとメギドの概念の限られた理解を適用するという文脈では、これも同様の重大な誤解の範囲に含まれます。

宗教的に訓練された人々は、地球上に存在する力の世界におけるその象徴性の意味について、精神的、および、精神的に混乱する傾向があります。

宗教は、人間の否定的な自我制限のフィルターを通して、それらを文字通りの出来事として解釈されてきたため、意識の象徴的な原型を、物理的な場所、または、物理的な人と一緒に起こると予言された直接的な物理的な出来事である、と誤解する傾向があります。

この評価は正確ではなく、それのことが、意識の発達、精神とエネルギー、そしてタイムラインのシフトの領域にどのように変換されるかについての完全な誤解となっているのです。

 

分岐の次の段階を経るにつれ、メギドの典型的な戦いの対決が、惑星の表面で繰り広げられていることを理解してください。分岐点は、地球上の上昇領域と下降領域を集めています。

これらは、集合意識に記録される特定の原型パターンと周波数共鳴に一致し、人や物が、その特定の意識力の導管として機能します。

これらの典型的な力は、これらの力を 物理的な面で表現するために、地球面で多くの役割を果たします。

力の世界は、物理化するために表現するためにアーキタイプを利用し、負の極性のダーク・フォースは、悪魔のアーキタイプで再生され、3Dの正の力は、主にルシフェリアンのアーキタイプで再生されることを、常に覚えておく必要があります。

ですが、中立的な力は、クリストス意識のゼロ点の可能性を保持します。

力の世界が、どのように物質の世界に入るのかということを明確にすれば、大胆不敵に、観察力を使って、純粋な意識の存在の場所から、このプロセスを意識的に参加することができます。

これは、時間を通して向けられる攻撃的な反キリストの攻撃から、私たちを保護するのにも役に立ちます。

 

ギャラクティック・ウォーリアーズグリッドワーカーは、地球のチェス盤で、反キリストの代表者とキリストの代表者の間で行われる対決であるメギドの原型に直面することに注意してください。

 

これは、地球と人類のために霊的な戦争が起こっているので、これまで以上にない攻撃的なレベルのものが現時点で起こります。

私たちの精神力は、宇宙主権法における私たちの同意と権威を知り、神の神意をもって述べ、時を超越して 中立の力を保持することです。

そして、すべての悪魔主義者とルシフェリアンは、時間と空間に縛られているため、時間と物質の領域で作成された 彼らのブラックハウスの構造の中では、私たちは、自分自身を守ることも戦うこともできないことを認識してください。

私たちは、ゴッドソースフィールドに完全につながったまま、ゼロ点で中立を保ち、中立を保つことによって、大胆不敵に、時代を超越し、時間と空間に対して無限であり続けなければなりません。

より多くのギャラクティック・ウォーリアは、ゼロポイントの144座標において、次元化と時間の外側に存在する空間を開くことができるようになりました。

したがって、タイムラインにまたがり、同時に、それらの内側と外側に存在することができます。

ここは、普遍的な影の反キリストの側面に直面するとき、あなたが留まらなければならない場所です。ー恐れず、時代を超越し、中立的で、あなたのキリスト意識の盾や、ダイヤモンドピラーの内面的な力と大きさを、偏向や影の要素の変化のために必要に応じて増幅させます。

 

これは、触媒作用を受け、私たちの人生における、人や場所、物や重大な出来事を通して、私たち自身が 直面することになります。夢のような状態、目覚めた状態、または、何らかの状況的な出来事や社会的な出来事で、起こることがあります。

それはただ、自発的で招かれざるものとして現れ、あなたの証言のために現れます。

パーソナリティ・ハーモニクスから、ソウル・ハーモニクスに移行するために、これらのグループは、ソーラーレベルで、反キリストの力に直面します。

ソウル・ハーモニックから、モナド・ハーモニックに移行するために、このグループは、銀河レベルで反キリストの力に直面します。

モナド・ハーモニクスからキリスト・意識・ハーモニクスに移行するために、このグループは、ユニバーサル・レベルで、反キリスト勢力に直面します。

 

これは私たちが、ユニバーサル・シャドウと、ウェサ・システムから侵入した、反キリストのブラックホール・エンティティであるように見えるそのすべての構成要素に取り組んでいる今、起こっています。

 

そして、男女間の内なる極性を統一させ、聖なる結合や、ヒエロス・ガモスへと、さらに進化させるためには、私たちの身体と意識が、永遠の神体の中で、クリストスの意識の頻度と、ゼロ点エネルギーを走らせるように、その極性を統合し統一する必要があります。

 

アンチ・ヒエロガミック・テクノロジー

 

ヒエロス・ガニオンや、神聖な結婚を体現している私たちは、メギドの戦いの最中に、非常に攻撃的な黒魔術攻撃と、電子的嫌がらせ、そして、極端な暗黒の干渉を受けてきました。

ブラック・ドラゴン・アバター・コレクティブは、彼らの存在を知らしめ、待ち伏せ戦略と、分割統治の あらゆる戦術を使用して、可能な限り 多くの痛みと苦しみを生み出してきました。

10月は、悪魔の休日と血の犠牲のために 非常に活発な月となるため、外部の暴動によって生成される 混乱の力と相まって、ブラック・マジシャンとさまざまな悪魔と影の力をハイギアにして煽ってきます。

 

階層的結合の具体化のためのクリストス・ミッションを遂行するために、地球にもたらされた精神的な結合と遺伝的同等性は、関係を操作、または、破壊してきたりして、共同ミッションを狂わせるために、アンチHGテクノロジーによって、直接標的とされることが知られています。

これは、アセンションの道を歩んでいて、男性と女性の対応者の間で神聖な結合、または、ヒエロスガミックな結合を達成するために意識的に取り組んでいる多くの精神的なカップルにとって、非常に混乱することとなり、感情的で、壊滅的でさえあることがわかります。

アンチHGテクノロジーは、反キリストの悪魔の種の典型的な力を、アザゼルと、ブラック・リリスの形で導いてきます。

これらは、ウェサのブラック・ドラゴン・アバター・コレクティブによって操作される、悪魔の力のカウンターパートです。

これらのエンティティは、マインドコントロール・ソーサリーと、人間の代表者への無制限のエネルギー供給をサポートしていたフィードラインと、反転ネットワークの多くを解体することに成功したことを不満に思っています。

そのため、ガーディアンの地上クルーの一部である、私たち 多くに報復してくるのです。

 

メギド・アーキタイプ・バトルは、どのようにナビゲートしますか?

 

反キリストを代表する人々の前では、大胆不敵であり、中立的なまま、集中して、明確であり続けることが、絶対に不可欠です。

あなたが見たものに対して、反応したり、あなたの精神的、および、感情的な能力のコントロールを見失ったりしないでください。

完全に、中立的な観察者として、今この瞬間、じっとしていてください。

 

薬物、アルコール、または、意識の変化による影響を試すために、危険性の高い行動をとらないでください。常に、衝動と、身体を、コントロールし続けなければなりません。

自分の体を、神聖な内なるクリストス神殿として守り続け、生命の力で、内なる精神を守り続けましょう。

 

反キリストとの直接の関与、または、実際の戦闘に引き込まれることを、拒否してください。

いかなる形態の暴力や、攻撃にも、屈しないでください。彼らが行動を起こし始めるのを待ち、防御的な姿勢を取りましょう。

最高の防御姿勢を保つ方法を学ぶには、正しいタイミングが不可欠であるため、時間の経過と、正しい調整と、対立の正しい瞬間を辛抱強く待ち続けることが大切であり、それは、常にあなたの味方となります。

あらゆる形態と影の側面において反キリストは、究極の欺瞞者であり、それらは、あなたに力がないと信じさせようとし、恐れをもってあなたを弱体化させ、あなたが弱体化したときに、彼の戦いの領域に、あなたを誘い込もうとします。

あらゆる形態と影の面で反キリストは究極の欺瞞者であり、自分には力がないと信じさせようとし、恐怖であなたを弱め、弱体化するとあなたを戦場に誘い込もうとします。

また彼は、お化けのような苦痛のイメージをパッと浮かび上がらせるでしょう。そして、それは全て、嘘と欺瞞であり、あなたを弱め、克服するために使われていることを覚えておいてください。

クリストスの人々はクリストスの盾の中から神の霊的な鎧を求めることができます。

あなたは時間の外に存在し、無条件の愛を持つことができます。しかし、彼の意識の罠に誘い込まれてはいけません。

今いる場所で時間の外にいて、純粋な観察、思いやりのある目撃、そして彼が何者で何者かを認識することによって、増幅と強さを得ることができます。

実際に対立が起こる前に、エネルギーの領域で彼を観察し続ける必要があるかもしれません。

 

対立の中で、彼を静かに中立的に、思いやりのある証言で観察し、神とキリストの力の中で彼の名を呼び、そしてあなた方は、彼が何者であるかを正確に知っていることを告げなさい。

彼は、自然の法則で命令された意識の分野で、あなたやあなたが守る者に対する権限を持っていません。

正しいタイミングで神の瞬間とタイミングを合わせれば、あなたは自然に、彼を自分の領域にアクセスしたり惑星の体のその層にアクセスしたりすることから、完全に追い出すことができるでしょう。

宇宙のクリストスの意識は、人間と、反人間の力から時間内に束縛を解放することができる、唯一の力です。

とはいっても、時間を無駄にして、彼のホログラムや縄張りの中で彼のゲームに参加することを拒否しなければなりません。 (※スピリチュアル·デリバリーの項を参照してください。)

 

反キリスト勢力が、他人や場所、物を通してやって来るように見える、シャドウボディを使っているときは、それが、本当の彼らだと信じたり、その人に割り当てるという、間違えをしてはなりません。

なぜなら多くの場合、それは、その人の治癒していないシャドウボディであったり、クローン化された代表者を使って課題を実行するのが、反キリストの力によってだからです。

大抵の場合、その人は悪魔主義者ではなく、ペインボディや、心の傷を負った傷を、 闇の門として、(利用されて)操られているのです。

反キリストとシャドウボディが、あなたに教えるべきことはたくさんあるので、観察し、学びなさい。

物理的な面で表現するために使われているシャドウフォース(影の力)というのは、実際には、その人自身や、場所や物の精神的なアイデンティティではありません。

あなたは、あなたと彼らが最終的に、反キリストの働きで生み出されている害を認識し、見て、そして呼びかけるという明確な目的のために、その典型的なパターンを運んでいるその人、場所、または、物を通して実行されている、その典型的なプログラムを通して、影の力を見ることとなります。

 

私たちは、あらゆるレベルの精神的成長において、反キリストが何であるかを識別し、知る必要があります。なぜなら、反キリストは、人類に影、苦しみ、分裂を生み出すように設計された、偉大な見せかけ人、または、究極の詐欺師だからです。

 

私たちの目標は、偽善者の本質を知り、見分けること、真実とは何か、嘘とは何かを見分けること、そして、それがキリストのふりをしているときや、それが善行の肯定的な行為を表していると言っているときに、「光になりすましている闇」を見ることです。

一旦、反キリストを見て、彼が何であるかを完全に理解すると、これらの勢力は、あなたに対して何の効力も持ちません。

残念なことに、3Dの世界では、無意識の多くの人や場所や物を通して、この影の力はほとんどの場合、認識もされることなく、目で見ることはありません。

私たちが活動している影を認識せずにきちんと見ていないと、闇の力は、地球上で反キリスト勢力と、影の意識を成長させ続けることができるのです。

 

影を落とすことは心の傷を取り除くことです

 

最も基本的なレベルでは、私たちはそれぞれ、人類に関連して受け継いだ集合的なシャドウボディと、累積的なトラウマ体験と感情的な葛藤から形成された、個々のシャドウボディを持っています。

否定的な感情は、影の元素物質と、デッドエネルギーを生成します。これらは蓄積され、私たちの物理的な層がエネルギーの閉塞になります。

これらのエネルギーの妨害を解放するために、私たちは、シャドウボディに取り組む必要があります。

したがって、影を取り除くことは、最初に、私たちの感情的な傷に直面することを意味します。

精神的な統合を達成するために、私たちは、過去の感情的なトラウマを意識し、次に、これらの暗い場所を癒すための安全な空間を許可して、シャドウボディを変容させ、はるかに意識的で、本物の愛情のあるライフスタイルで生活する必要があります。

 

私たちがトラウマに苦しみ、非常に痛みを伴う感情を引き起こしたとき、私たちの精神と意識の一部は、自分自身を守る方法として、シャットダウンします。

外傷が、解離を引き起こす状態を起こす痛みを伴う場合、心は、記憶喪失の障壁の後ろに隠れているサブパーソナリティを骨折させることがあります。

体は、それ自体を収縮させることによって反応し、心臓をシャットダウンして、未処理の痛みの残留物が、シャドウボディと、肉体に、記録します。

この心的外傷から回復するためには、体は、経験した負の心的苦痛から形成されたエネルギー遮断に統合された肉体的·精神的収縮パターンを手放し、解き放たなければなりません。

私たちの影と痛みの体に形成される中核的な感情的な傷は、私たちの神聖な目的を妨害し、私たちが人生のより深い意味を見つけるのを妨げます。それは私たちの喜びを弱め、この世界での私たちの奉仕を妨げます。

影は、私たちの無意識の恐怖、制御されていない衝動ひざのけいれん反応慢性的な怒りうつ病孤独中毒として現れます。

これらの蓄積された感情的な傷は、マッチした共鳴で外側の暗い力と共鳴する暗い影の内部を形成し、その後、身体を使用して、環境内のさまざまな負の力を伝達することができます。

この現象は、精神的な吸血鬼のプロファイルとして現れます。これは、自己認識の欠如からターゲットからより高いエネルギーを吸い上げることと引き換えに、外部の負の力のリポジトリになっている、癒されていない影を持つ無意識の人です。

 

影は、それが起こっていることを認識し、自己認識を発達させるまで、私たちの体の中の感情的な痛みを麻痺させて凍らせます。

シャドウボディを形成するトラウマ体験は停滞を引き起こし、それが最終的にライトボディ層を崩壊させ、私たちの個人的な誠実さを侵食し、エネルギッシュでスピリチュアルな内部リソースにアクセスする能力をブロックします。

癒されていない影の進行のあるレベルでは、否定的なエゴマインドは、影の癒されていない痛みから喜びの形を作り出す傾向があります。

これは一般的に、中枢神経系の有害、または、破壊的な行動を調整する依存症対処メカニズムで形成されます。

心は、心と体が内面の緊張と停滞した痛みから逃れる方法を見つけるために、有害な活動と否定的な信念体系が有益で楽しいと信じるようにだまされます

 

影を取り除く仕事は、私たちが魂の暗い夜に入るということを意味します。それは、私たちが自分自身の中で断絶を引き起こしたものを取り除く精神的なプロセスを開き、私たちが真のコアセルフの精神的な基盤に生まれ変わることができるからです。

シャドウワークのプロセスは、私たちを傷つけたものに自己同情と意識的な意識の光を適用し、癒される必要のあるコンテンツに対して意図的に自己愛と許しを選択することによって、暗い内部と影の側面を変えていきます。

 

影を取り除く仕事をするということは、私たちが、自分自身や他人を愛する、より健康的な方法を開発するにつれて、私たちが形成された感情的な痛みを内なる暗闇に変え、その感情的な内容を光に変え、それによって、自分自身の内側の意識の光を増やすことを意味します。

影は、識別力の低下と明瞭さの欠如とともに、意識の知覚において非常に低品質の画像を生成します。

シャドウワークは、本質的にスピリチュアルアセンションプロセスに関連する神聖なボディワークであり、この目的のために、すべての個人が自分の内なる影を取り除く責任を負うならば、これだけで私たちが知っている世界を大いに改善するでしょう。

 

美徳を通して力を養う

 

美徳とは、反キリストや普遍的な影の前であなたのオーラや体を守る精神的な力として、力の世界に存在する善の資質です。

美徳に力をつけると、私たちの善の力に力をつけることができ、それが物質的な面における神の力につながります。 私たちは、神霊から直接素晴らしい贈り物をもたらすことで、培った美徳の質を得られるのです。

キリストのスピリットは、美徳を惹きつけるものであり、それは至福の時に、私たちに伝わる聖霊の神の恵みの授与の一形態です。

 

今年の惑星の移動により、相反する極性を中性にするために、これまでの周期を完了するよう強い圧力がかかっています。 またこのことは、私たちの多くにとって、非常に大きな負担となっています。

そして、個人的にも、世界的にも、太陽系や普遍的な領域にも、このことを感じることができます。

メギドの典型的な戦いは、次のサイクルで可能性を最大限に発揮するために必要な能力を身に付けるために、ユニバーサル・シャドウとダーク・アーツ・トレーニングの両方に直面する深刻な精神的始まりである可能性があります。

 

ダーク・アーツ・トレーニングとは、人生の中で、精神的に何が起こっているのかを完全に理解するために 、現在の基準を超えることを、通常、何らかの未解決の問題や個人的な苦しみによって強く迫られている期間のことです。

この深い瞬間は、惑星や人類の進化における宇宙人の干渉を隠していたベールを引き戻すことをも意味します 。これらの出来事によって犠牲になったと感じるのではなく、自分の精神、考え、感情、行動の方向性に対して100%責任を持つ時です。

今こそ、あなたの精神的な家を建て、精力的な筋肉、精神的規律、瞑想のスキルを身に付け、私たちの核となる基盤を安定させる時です。

この段階では、通常 現実の本質について 自己啓発し、一種の宇宙再配向プロセスを経る必要があります。

現時点で地球上で活動している多くの力を正確に把握しなければ、混沌とした地形を航行することは非常に困難なものとなります。

 

最も一般的な反応の 1 つは、外部の応急処置を求めることです。例えば、エンティティを削除したり、第三者によってインプラントを摘出したりします。

これが役に立つこともあるかもしれませんが、最終的には、精神的な方法を身に付けることが最も有益です。

なぜなら、私たちが精神的な家を建て、適切な意図、同意、権威をもって自分たちの空間を支配するまでは、これらの早急な修正は続かないからです。

私たち一人一人が、強い家庭の利益のために、反キリストの性質と、それが私たちの周りや私たちを通して操る影の力を識別し、暗い力、明るい力、中立的な力の間のエネルギッシュな違いを識別しなければなりません。

 

この地球の現実の中で戦っている力の大きな遊び場を理解すると、12Dインナークリストスシールドの構築や、日々の精神的訓練としてのインナースキャンや、身体のクリア方法を学ぶことができます。

あなたの人生はますます深く、明確な神とのつながりによって劇的に変化します。

私たちが新しい時代である進化の瀬戸際に立たされているように、あなたは、以前のように世界を見ることはできないのです。

ダークアートの訓練を通して暗い影に立ち向かうということは、人生における大きな転換点となります。 そして、究極の対決である、メギド・アーキタイプの戦いに立ち向かうための私たちの力になっています。

 

私たちは、この個人的主権のための最後の戦いにおいて、反キリストを私たちの生活における力に干渉し操ることを最終的に追い出すために必要な、精神的な力を獲得し保持する必要があります。

そして、この地球から、普遍的な影を完全に追い出すのです。

精神的な成長のために役に立つものだけを取り、残りは全て捨ててください。 真実を追求するあなたの勇気と勇気に感謝します。 私は神様、主権者、自由です!

アバタークリストス・ソフィアのハートパスの明るさの中に留まってください。 そして、お互いに優しくしてください。 GSF!

心を込めて、リサより。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました