トランプロシア共謀物語 その崩壊の背後に | マイケルサラ博士

トランプロシア共謀物語 その崩壊の背後に

マイケルサラ博士
Sambeetarts / Pixabay

トランプロシア共謀物語 その崩壊の背後に

The Hillによって出版された記事、トランプロシア共謀物語の元砦、エミー賞を受賞した調査ジャーナリストであるシャリル・アトキッソン氏は、トランプは主流メディアから多くの謝罪を負っている、ということを明らかにしました

トランプロシア共謀物語 その崩壊の背後に

 

トランプロシア共謀物語 その崩壊の背後に

geralt / Pixabay

マイケルサラ博士 一部記事 紹介 

 

 

In an article published by The Hill, a former bastion of the Trump Russia collusion narrative, an Emmy award winning investigative journalist, Sharyl Attkisson, has made clear that Trump is owed many apologies by the mainstream media:

We in the media allowed unproven charges and false accusations to dominate the news landscape for more than two years, in a way that was wildly unbalanced and disproportionate to the evidence.

We did a poor job of tracking down leaks of false information. We failed to reasonably weigh the motives of anonymous sources and those claiming to have secret, special evidence of Trump’s “treason.”

As such, we reported a tremendous amount of false information, always to Trump’s detriment.

And when we corrected our mistakes, we often doubled down more than we apologized. We may have been technically wrong on that tiny point,

we would acknowledge. But, in the same breath, we would insist that Trump was so obviously guilty of being Russian President Vladimir Putin’s puppet that the technical details hardly mattered.

So, a round of apologies seem in order.

Attkisson goes on to say that emphasis now shifts to questions over how and why this false collusion narrative emerged:

Should we try to learn more about those supposed Russian sources who provided false “intel” contained in the “dossier” against Trump,

Page and others? Should we learn how these sources came to the attention of ex-British spy Christopher Steele, who built the dossier and claimed that some of the sources were close to Putin?

When and where did Steele meet with these high-level Russian sources who provided the apparently false information?

Are these the people who actually took proven, concrete steps to interfere in the 2016 election and sabotage Trump’s presidency, beginning in its earliest days?

 

マイケルサラ博士による記事 1/3 紹介 翻訳

 

トランプロシアの共謀ナラティブの驚くべき崩壊により、多くの人が、なぜ反ロシアのヒステリーが世界の主要な核保有国を追い払った主流メディアによって燃料を供給され、直接の軍事対立の危機に瀕したのかを尋ね始めています。

 説明は、地球外生命体と秘密宇宙計画を訪れることについての真実を明らかにすることにおいてロシアが舞台裏で果たしてきた極めて重要な役割にあります。そして、トランプは、このような瞬間的なベンチャーに協力したいと願っています。

 

3月24日に要約形式で発表された劇的なミュラー報告は、ドナルド・トランプ大統領が2年以上にわたって大声で宣言してきたことを明らかにしました。

ロシアの共謀物語は、トランプの驚くべき2016年の選挙勝利を台無しにするためにヒラリー・クリントンと民主党によって考案された完全なデマでありました。

The Hillによって出版された記事、トランプロシア共謀物語の元砦、エミー賞を受賞した調査ジャーナリストであるシャリル・アトキッソン氏は、トランプは主流メディアから多くの謝罪を負っている、ということを明らかにしました:

私たちのメディアでは、未確認の告訴や虚偽の告発が2年以上にわたって、根拠のないほど不均衡で証拠に不均衡な方法で、ニュース業界を支配しています。

 

私たちは、誤った情報の漏洩を追跡するという貧弱な仕事をしました。私たちは、匿名の情報源とトランプの「反逆者」の秘密の特別な証拠を持っていると主張する人々の動機を合理的に比較することができませんでした。そのため、常にトランプ氏の不利益のために、膨大な量の誤った情報を報告しました。

 

そして私達が私達の間違いを直したとき、私達は私達が私達が謝罪したよりもっとしばしば倍増した。私たちは、その小さな点で技術的に間違っていたのかもしれないと認めます。

しかし、同じように、トランプ氏がロシアのプーチン大統領の操り人形であることは明らかに有罪であるため、技術的な詳細はほとんど問題にならないと主張します。

 

だから、謝罪のラウンドは順番に見えます。

アトキッソン氏は、この偽結託の物語がどのように、そしてなぜその理由が明らかになったのかという疑問に、目を向けるようになりました。

 

トランプ、ページなどに対する「関係書類」に含まれる誤った「intel」を提供したロシアの情報源について、もっと学ぶようにすべきでしょうか?

私達はこれらの情報源がどうやって関係書類を作って、そして情報源のいくつかがプーチンの近くにあると主張した元イギリスのスパイクリストファースティールの注意を引くようになったかを学ぶべきですか?

Steeleは、明らかに誤った情報を提供したこれらの高レベルのロシアの情報源といつ、どこで会いましたか?

2016年の選挙とサボタージュのトランプ大統領の大統領選挙に干渉するための実際に実証された具体的な措置をとったのは、これらの人々なのでしょうか?

 

その他

 

26日に更新された、マイケル・サラ博士の記事に書かれているThe Hillによって出版された記事、トランプロシア共謀物語の元砦、エミー賞を受賞した調査ジャーナリストであるシャリル・アトキッソン氏による、トランプ大統領への謝罪の記事は、下記リンクからチェックすることができます。

Apologies to President Trump
Some of us in the media have reported a tremendous amount of false information, always to Trump’s detriment.

 

博士の記事は、1/3まで紹介させていただくことができるということで、これからも気になる記事は紹介させていただきたいと思います。もっとも記事の中で一番読んでほしいな~という部分は、ここからあとに続く部分なんですが…(;’∀’)

ということで、原文の記事を皆さんにチェックしてもらいたいなと思ってます。Qanon情報を追いかける人、それからfull disclosure支持する人は、博士のサイトは、お勧めです。

ということで、記事のつづきはこちらから

↓↓↓ ↓↓↓

The Big (Exopolitics) Picture behind Trump Russia Collusion Narrative & its Collapse
With the stunning collapse of the Trump Russia collusion narrative, many are now beginning to ask why an anti-Russia hysteria was fueled by the mainstream media...

コメント

タイトルとURLをコピーしました