ファイナンストランジション - 計画、未来、金融システム | GESARA

ファイナンストランジション – 計画、未来、金融システム

GESARA
kalhh / Pixabay

ファイナンストランジション – 計画、未来、金融システム

金持ちは、近年、中央銀行による新たに創設された資金の流れに非常に近いため、より豊かになっています。それが皆さんのところへ少しずつ動く前に、彼らは、最初にそれらを飲むようになります。等ー本文より、抜粋-

 

ファイナンストランジション – 計画、未来、金融スシステム

 

 

The Monetary Transition -- The Plan, the Future, and the Financial System
People who are faint of heart, turn away NOW. This website contains top secret and classified information. See people exposed of fraud and crimes.
The Monetary Transition – The Final Wakeup Call – English

 

政治的政策分析

 

金融機関の失敗が始まった2007年以降、世界の負債は大幅に増加しています。彼らは借金が多すぎたために失敗しました。

今、さらに借金があります。政府債務はもちろんのこと、自動車、学生ローン、住宅ローン、消費者部門を含むすべての分野において、はるかに多くの負債があります。

しかし、企業債務も増えています。企業は新しい工場を建設するのではなく、株式を買うために広範囲に借りてきました。どうして?非常に簡単に、管理ストックオプションを、より価値のあるものにするためです。

 

 

全部の状況はより悪いです。そして、タイミングは、2008年に比べてはるかに多くなっています。面白いことに、危機の頂点に生み出したすべてのお金を引き戻そうと、連邦準備制度理事会は現在行動を起こしています。

そして、ものごとを正常化しようとします。政府が1兆ドルの赤字も走らせている間、彼らは金利を上げて、同時にマネーサプライを、減らそうとしています。これでは、終わらせることができません。

その間に、失敗した企業を救済するために創出されたすべての資金は、金融市場から通常の経済へと絞り込まれています。しかし、金融市場が狂気の高値になると、ハンバーガーの価格が上がるかどうか、気にしないのです。

金持ちは、近年、中央銀行による新たに創設された資金の流れに非常に近いため、より豊かになっています。それが皆さんのところへ少しずつ動く前に、彼らは、最初にそれらを飲むようになります。

結局のところ、これは災害時に終了する流動的な紙の幻想であり、この債務不履行が発生したときに総信用崩壊が発生します。薄い空気から作られた偽のお金はすべて消えてしまいます。これは、お金がクレジット、つまりより正確には負債であるために発生します。

特定の金額やその他の貴重な財産を代表するものではなく、特定の金額に裏付けられています。それは単なる会計小説です。あるいは、これは壊滅的なデフレ現象で終了する可能性があるでしょう。その場合、残りのドル/ユーロなどは、短期間で価値が上がります。

 

中央銀行は経済危機の原因です

 

一方で、先を行き来する平均的な労働者は、彼が消費する以上に収入を増やそうとし、その差を救います。しかし、彼の貯蓄は通貨であり、健全な資金ではありません。これらの紙通貨が価値を失うと、貯蓄も価値が低下します。

そして、それは社会の経済的構造にとって、非常に破壊的です。

一方、政府は、より多くのお金を印刷することによって物事をまとめることに、成功することができます。しかし、インフレの水準がはるかに高くなるでしょう。そしてそれは他の誰よりも平均的な働く人を、荒廃させるでしょう。

 

 

連邦準備制度理事会の低金利政策は、人々が高水準の債務に対応することをはるかに容易にしました。金利が正常であれば、これは可能ではありません。中央銀行は、自分自身をコーナーに描き、それを解決するのではなく、プロセスの中でより多くの問題を作り出しました。

 

2015年の秋以降、7つの金利上昇がありました。

トランプ大統領は、金利をあまりにも速く上げたことについてFRBを批判していて、FRBは、経済にとって最大の脅威だと言います。何が起こるかというと?市場が、突然クラッシュするでしょう。現時点では、修正が入っています。システムは、すでに2008年に崩壊しましたが、これは、リセット前の最終的なストレッチです。

 

残念ながら、人々はすでに2008年と2009年にどれほど嫌な思いをしたのか忘れてしまいました。彼らはまた、なぜそれが起こったのか分かりません。

彼らは、政府の財政政策と金融政策が経済における歪みと、資本の誤配分を生み出したという事実については、無知なのです。その後、2007年よりもさらに深刻化しています。

クラッシュが来るこの時、結果はずっと悪くなるでしょう。

 

unnamed (13)

 

中央銀行を廃止する計画

 

しかし、これは、腐敗したディープ・ステートが所有しているため、グローバル・マネー・システム全体をダウンさせる計画の一部です。ディープ・ステートは、これが起こることを避けるためにすべてのコストを払う用意ができています。

トランプ大統領と彼の愛国者たちは、この経済がどのように改善されたかを示すために働いてきました。人々は現在、経済状況が非常に良いと信じています。彼らはすべてがより良くなっていると感じています。彼らは、トランプ大統領がこの不景気から撤退させ、経済を復活させたと感じています。

もちろんこれは幻想である。トランプ大統領は、ディープ・ステートのツールを巧みに適用して、経済の見栄えを良くしています。それはすべて計画の一部です。

彼は、人々が経済をうまくやっていると信じて理解する必要があり、彼はそれを感じる必要があります。

どうして?まあ、経済が崩れたとき、彼は経済がうまくやっていると誰もが、なぜそれが墜落したのか不信感、そして犯人を探す必要がある。誰がそれを責めるのですか?誰かが責任を負うので、今後これが決して繰り返されないようにすることができます。

それがこの計画が導入された理由です。これは、多くの人々が理解していないことです。トランプ大統領は、オバマ氏と同じことをやっていると考えています。そうした場合、私たちは、前の大統領とまったく同じことを戦争してやろうとします。

中央銀行は削除されたくない。しかし、この計画は非常に長い時間前に行われました。人々は、過去に起こったことを非常に簡単に忘れる傾向があり、それが実現する前に、以前と同じ状況に戻り、再び偽りの経済に巻き込まれ、奴隷になるのです。

トランプ大統領は、中央銀行を取り除く物語を構築する際に、隠密的に前進することを可能にするために、彼が物事を別々にやっていることを、皆に納得させなければならないのです。これを行う唯一の方法は、大衆に、私たちが広範な苦しみを引き起こした原因が中央銀行であり、政府の政治家が中央銀行と一致している、ということを理解させることです。

 

未来は過去を証明している

 

未来は過去を証明していて、同様、にアンドリュー・ジャクソン大統領(1829年 – 1837年)も同じことをしています。トランプ大統領はしばしば彼を指し、彼が同じ道にいることを一般に証明しています。

彼は巧みに、中央銀行と深い国家が過去にやっていたすべてを使用しています。だから、彼は明日がないように借金を上げているのです。その間、彼は、TTIPやWTOのようなグローバリストの中央貿易取引を取り除くために、製造業を米国に持ち帰るための重要な取引を行っています。

そして現在、連邦準備理事会(FRB)は、彼らが間違った動きをしていると批判しているのですが、これらはすべて巨大な計画の一部なのです。

腐敗した政治家を取り除きつつ、国民によって支配された新たに支配された国家貨制度で、新しい人民経済全体を創造できるようにするためです。これは、金融システム全体をリセットして、世界が経験している、他のすべての腐敗を終わらせることを可能にするための、究極の計画です。

 

 

だからこそ、彼は借金を稼ぎ、統計的数値を操作しなければならないのです。システムがダウンすると、それは大きなショックになり、人々はそのとき、トランプ大統領を見ないでしょうが、これを真に責任を負う犯人であると信じて、答えを見つけるために中央銀行に視点を向けます。

中央銀行は、金利引き上げのためにシステムをクラッシュさせた責任を負う。

中央銀行システムは政府システムではないため、修正することはできません。このシステムは、過去に何度も何度も何度も起こりました。最終的にクラッシュする前に、特定の期間だけ働くことができる債務ベースのシステムであることを忘れないでください。

ディープ・ステートの中央銀行は、通常、システムを十分に長く稼働させたまま、同時に戦争などのシステムの崩壊を覆う大きなイベントを作成します。

戦争が終わったとき、彼らは再び店を開設しました。彼らは誤った装いの下で、新しいシステムを導入し、彼らは、再び何度もスタートさせます。

2008年のクラッシュで、彼らは自分自身を非常に裕福にすることに決めました。 1%は、納税者の​​お金と、様々なQEプログラムの助けを借りて、TBTF銀行を救済することによって、すべてを得る態勢を整えました。

 

金融システムはクラッシュしなければならない

 

この、悲惨なシステムがついに崩壊すると、最終的に新しいシステムが、金で支えられたお金、もしくはお金が、紙の代わりに実際の資産によって支えられて、最終的に導入されます。

今まで、トランプ大統領は、経済が偽造品だと完全に偽ったと言った彼の選挙キャンペーン中に、彼が過去に話したのと同じ計画に従っています。しかし、彼は巧みに偽の経済を使って計画を進め、システムをリセットしました。

 

 

最終的には、今までの制度が中央銀行経済であり、経済が意図的に爆破され、中央銀行を廃止して、人民経済である、全く新しい制度を開始する理由であることが、歴史的に記録されます。

自らの資産担保資金を発行する民衆によって支配されている、金融システムを備えています。しかし、時間が経つにつれて、今から50-60年後には、人々は経済的悲惨さのために過去に誰が責任を負っていたかを忘れ始めるでしょう。

そのとき、犯罪マフィアの暴力団が政府の汚職、脅威が再び始まります。これは人間の本質であり、人々が政府の腐敗について何度も何度も何度も何度も話していない限り、それについて何かをすることは非常に困難です。

 

なぜ起こったのかについての歴史

 

ディープ・ステートは、メディア企業を引き継ぐことから始まりました。

それが歴史の中で過去に戻ったので、人々が過去について話すのを止める瞬間、誰かが来て、「経済を支配するために中央銀行が必要だ」と言って、すべての同じ詐欺行為が繰り返されます。

 

unnamed (16)

 

残念ながら、これは確実に起こるものです。

だから教訓として、私たちは、自由を絶えず守り続けなければならないということです。 アンドリュー・ジャクソン大統領(1829 – 1837年)が、これまでに一度この混乱を解消したことを覚えています。

しかし今のところ、私たちはまずその移行を経なければなりません。それは、十分な食べ物と水、そして日々の使用に必要なすべてのものを保管することによって、自分自身を準備しなければならないことを効果的に意味します。

さらに、ドナルド・トランプ大統領に、悪魔のイルミナティ犯罪ディープ・ステートのカバールから、世界の人々を救う努力に非常に感謝しています。

トランプ大統領は、現在、彼の全ての在任期間で最も素晴らしい動きの行動を起こすところです:
彼らが「ロコ(変な人など)」であるー連邦準備制度理事会を訴えることによって、それが属する(来る)株、不動産、債券市場崩壊と壊滅的な景気の失速のために、彼は真正面に非難を行っています。(すなわち、私有の中央銀行に。)

 

unnamed (17)

 

長い間、私たちの多くは、深く陰気な犯罪組織の連邦準備制度理事会システムについて、人々に教育しようとしていました。
ロン・ポールがかつてとても機敏に述べたように、中央銀行は、フェデラル・エクスプレスと同じく「連邦」です。

連邦準備制度理事会は、経済を地上に運んでいる銀行家の選択されていない、マフィア・カバレッジであり、この長期経済的および財政的災害を解決する唯一の方法は、すべての中央銀行および、その関連会社の廃止です。

これらのことを理解している私たちのために、このようなトランプ大統領の使用言語を聞くことは非常にエキサイティングです…

「FRBは、間違いを犯していると思う。彼らはとてもタイトです。私は、連邦準備制度が狂ったと思う。」彼は、エリ、ペンシルベニア州での集会のためにエアフォースワンを踏み出した後、彼は言った。

これは、ドナルド・トランプがこれまでに大統領の任期中に言われた、最大のものの一つかもしれない。

ここには、連邦準備制度を閉鎖すべき101の理由のリストがあります。

 

その他

 

前回、紹介しました、ゴールドフィッシュ企画、「ホワイトドラゴン、レッドドラゴン対談」の紹介記事を読んだあと、この記事を見て、あの対談の流れを綺麗にまとめた記事みたい、と思ったためです。

注意;といっても、そういう意図で書かれたものではありません。

 

 

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その4…こちらの記事ですが、最後の4人の話し合いのシーンが、とうとうここでか書かれてました。重要な部分が多い、対談ですが、特に興味を抱き、またポジティブな気持ちになれた記事です。

 

ということで、どういう辺りが、今回の記事とリンクしているような気になったかについてですが、気になるポイントを抜粋させていただきたいと思います。

 

まず、現在の状況の進行状況について、こういうことを説明されています。

↓↓↓ ↓↓↓

フルフォード氏:「今何をすべきかについてです!」

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その4

 

で、どういう方が参加されているかという内容はこちらです。

↓↓↓ ↓↓↓

 

スティーヴ氏:「ベンジャミンはこの件について具体的に何かありますか? 背後の動きについて」 

フルフォード氏:「えーと、軍事法廷が米国でもうすぐ始まります。あの国では偽金の大規模な収縮も見られます。まず影響が出ているのは周辺部分からですが、あらゆる部分に及んで確実にシステムを破壊するでしょう。そして彼らは犯罪者連中を逮捕して検挙していっています。

私の方も話せないことがありますが、日本其の他でしっかり動いていますから怠けている訣ではありません。我々の道を阻む者は何らかの形で排除されます」 

スティーヴ氏:「整理しましょう。海兵隊が、あるいは海兵隊と海軍大将たちなど軍隊がトランプを支えていると。バチカンもいますが、そちらの立ち位置は?」 

フルフォード氏:「信じられないかもしれませんが、彼らも我々側についています。私があちらの内部の人々と接触していますから。

彼らも宇宙への拡張を望んでいます。人類で一杯の方舟を送り込んで、宇宙をコロネイトしたいのです」……コロナイズ(植民地化)の言い間違いでしょうか。

スティーヴ氏:「英国王室も一緒に?」 

フルフォード氏:「えっとP2が。そしてグノーシス・イルミナティ中国のフリーメイソンも、其の他沢山の強力な団体が我々側についています」……スティーヴ氏がP2が出たときに「あー同じことですね」と頷いていますが、英国王室=P2でしたか?

ルイーザさん:「米国で引き金が引かれることになりそうです。何故なら世界に波及効果を及ぼす必要がありますから。そうですよね、大使? ベンジャミン?」 

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その4

 

と、この辺りとても驚きの内容です。うすうす気づいていましたが…。そういうオチが待ち受けていたのかという、なんというか、疲れが吹き飛んだ瞬間でした。

で、最後に、こうベンジャミンさんがコメントされていたようです。

これが今回プロジェクトに参加された方の思いです。

↓↓↓ ↓↓↓

我々は基本的なところでは同意に至っています。この惑星の運営方法を改善させて、貧困を終わらせて、環境破壊を阻止して、地上の楽園を作りたいのです。全ての禁じられたテクノロジーを解放して。それを実現しようじゃないかと

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使再び その4

 

今回、final wakeup call さんの記事でもありましたように、とりあえずこの金融リセットなくして、次に進めないということです。ここで私たちは、私も含めて、汗、腰を落ち着かせてしまいがちです

安心感は、大切なことです。

ただ。

残念ながら、人々はすでに2008年と2009年にどれほど嫌な思いをしたのか忘れてしまいました。彼らはまた、なぜそれが起こったのか分かりません。

http://finalwakeupcall.info/

 

何度も、何度も、痛い目に合っても一般の善人たちは、水に流して忘れてしまうようです。もしくは、喉元過ぎれば熱さを忘れる。です。

最終目的は、たびたびベンジャミンさんが記事に書かれている「惑星の解放」です。でも、物事には順番があります。また、お昼間に記事紹介しました、「USAF中佐 アポロ13号の間に 本当に起こったことの説明

 

秘密の宇宙計画がある場合、政府が複数の種の存在をカタログ化している場合、「自然の輪の仕事を利用する」新しい技術と、新しい推進システムがあれば、この件に関する秘密をどのように制御するか、単にそれを開示するか?

 

ソフト開示と、full開示を行った場合の、世の中の崩れ方について、説明される箇所ですが、おそらくfull開示できる情報があるということと、そこに伴う責任について説明されておられたのかもしれない、と思いました。

という…。個人個人いろいろな性格や思想、思考があって、みんな同じではないところからの、大きな改革が始まったわけですが、最終目的はどこにもっていくか、ひとそれぞれかもしれません。ですが、知っているか知らないかは別にして、私たちが経験したことのない、進化したものがすでに存在しています。

そこにたどり着くためには、精神的な痛みが伴うようなのです。

 

なので、「今まずできること。」と、確実路線を、ベンさんは語られて。

final wakeup callサイトで、こう説明されたのだろうなぁ。

と、勝手に想像しながら、読ませて頂きました。違っていたらごめんなさい(;’∀’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました