最終開示:2020年の新年、COREY GOODE限定 より | コーリー グッド

最終開示:2020年の新年、COREY GOODE限定 より

コーリー グッド

最終開示:2020年の新年、COREY GOODE限定 多くの場合、古いパラダイムプログラミングを 壊さなければなりません。なぜなら、そのプログラミングは、サイクルの中に「普通だと思う人生」というを私たちを設定しているものだからです。しかし実際には、破壊的なサイクルであって、私たちはそのサイクルの中にいます。

 

最終開示:2020年の新年、COREY GOODE限定

最終開示:2020年の新年、COREY GOODE限定

EvgeniT / Pixabay

 

はじめに

 

今回、更新する内容は、エッジ・オブ・ワンダーのTV動画を企画変更して、YouTubeで無料配信することにしたという動画「 The Final Disclosure: A New Year 2020 EXCLUSIVE with COREY GOODE [Part 2/2] | Edge of Wonder 」の最初の1/3部分です。

個人的な感想ですが、この内容を観て 部分的に ( 原因と結果 というテーマ辺りでしょうか?) 共感できると思うところが ありました。コーリーさんのファンの方は、すでに動画で ✔されているかと思うのですが、コーリーさんが 皆さんに伝えたいと思う部分を、その情報が知りたいと思っている人のために ご紹介したいと思います。

 

The Final Disclosure: A New Year 2020 EXCLUSIVE with COREY GOODE [Part 2/2] | Edge of Wonder

 

動画 1/3 日本語で紹介

 

2020年の春、起訴が発生し始めます。

悪臭漂うようなものなので、物事がかなりクレイジーになる、と期待することができます。私は、それを取り戻そうとします。それは、人々に衝撃を与えます。

これらの多くの人々が、ストレスを感じていると思います。ご存知のように、この情報の一部は明らかになり始めています。より多くの覚醒が起こるでしょう。

より多くの目覚めが起こることはわかっていますが、2020年初頭にこのすべてがここに出てきたときに言ったように、これらすべての人々を何のためにさらすことになります。彼らはそうであり、それは本当に人類の非常に不快な例です。

私たち全員が瞑想し、すべての人にとって正義に満ちた開示に満ちた美しい2020を視覚化するために最善を尽くすなら、私たちは皆それを一緒に明示できると思います。

 

[Music]

 

Rob:

エッジ・オブ・ワンダーからお届けする、コーリー・グッドです、私たちはエッジの外から見ています。

まぁ…それで、あなたがかなり激しく打たれたという件についてですが、つまり、あなたは殴られたような状態だったということについてですけれど、少しばかり後退したようですが、最近は、落ち着き始めているのでしょうか?

 

Corey:

ええ。人々は控えめではありませんでしたし、妻は、いつも物理的な脅迫を受けていました。彼女は私がガレージのドアを開けるたびに、捜査員の一人を置いていく、と言いました。

ガレージのドアを開けると、いつも誰かが外にいるような状態で、すぐに逃げ出さなくてはいけな状況でした。フロリダにいる私たちの弁護士に、大きな間違いで脅迫させようとしていたため、犯罪のレベルにまで上昇しました。

しかし、そうですね、そうですね…。それで、私たちは一歩後退しました。そのことは、私にとっては大きな影響を受けた出来事でした。

ええ。 彼が、PTSDと診断されたのは ずっと前でした。 この攻撃を企てている人たちはそのことを知っていました。 悪意を持った人々は、多くの問題を起こし、PTSDを誘発したのです。

それは、私のチームメイトに問題を引き起こす形となって、私の会社、そして、私のチーム、自宅での関係に影響を与え、その経験を何度もしました。基本的に、神経衰弱に陥りました。なぜなら、私たちにあらゆる方向から、金銭的な面で攻撃してきたためです。

ええ、私は撤退しました。その間、私は非常に混乱した状態にありました。その間、アンシャールからのすべての通信はほとんど途絶え、終了した状態でありました。私はあちこちで夢を見ていました。通常、誰かが話していて、薄暗い洞窟にいる夢を見ていました。

ご存じの通り、情報を取り入れることにより、これらの排水路の1つのカルマに対処しなくてはなりません。チームメンバーのエネルギーが自分のものになり、さまざまな家族とのホームライフ、すべて、自分が焦点を合わせて対処するまで、ビジネスは動き始めることはありませんでした。

あなたが知っているように、私たちが取り組んでいた他のすべてのハリウッドの取引は、すべて停滞していて、彼らは「自分で引っ張る必要がある」と言いました。基本的にこのファンクから抜け出したことによって、再び回転し始めたのでした。

私は自分自身を引き出し、特定のカルマに立ち向かい始めました。自分や、他の人のトラウマとすべてが、再び動き始めたのです。そして再び、アンシャールが現れたのでした。今度は彼らが、実際に私の家の上の階に現れました。ずいぶん経ってから、その姿を現しました。彼らは、昨年からの私の記憶を解き放してくれたのです。

 

私はシャルトル・シティに行き、彼らと3日間過ごしました、そして、そこが第4密度の意識であるということで、あるものが多くにさらされることになりました。その結果、私が覚えているよりもかなり多くを学ぶことができました。

そして、彼らは、「私がそのことをもっと思い出すことができ、それは、波に乗って戻ってきていてるために、それ以来、あなたがそれを知っているのだ」、と言ったのです。

私は、すべてのプロジェクトによって物事が本当に動き始めたとき、その情報をより多く得られるようになりました。それから、「人々が第3番密度から第4番目密度に移行するということについて理解を得るため、手助けする方法を見つける必要がある」という点に達したのでした。

【その移行中、何がもっとも重要になるのか?ある種のカルマのトラウマにどう対処するべきなのか?】

彼らは、「私に教えていたすべての健康面に関して、また、私がそれをすべての人に届ける方法を見つけてスタートさせたい。」と、思っていたようでした。

 

そのため、このプロセスについてさらに情報を公開する予定です。さらに、10週間のコースであると考えているコースを開発しました。私たちはアセンションを加速させることを呼びかけています。これは、私が毎週行っているショーによって、「目にするすべてのことをカバーする」ものです。

 

私は、PTSDの状態から、そして、あなたが知っているように、変形し始めたところにいました。

私が経験したのは、保険会社とのやり取りの結果、、第4密度の意識ではなく、その意識の磁場の周波数でもありませんでした。別のタイプの交流があって、それが私の意識の拡張を加速させたのです。

しかしそれは、私が抱えていた多くの不安のために、痛いと感じるものでもありました。そして、まだ多くのトラウマがあり、処理していない自分の行動から多くのカルマがありました。そして、彼らは、その点で、加速コースに私を置いたのでした。

ですが、私は彼らと過ごした時間、そして、彼らがここで私に行ったことに関連する情報は、すぐに、すべてがこのコースの一部になるだろうし、それは穏やかなアセンションの加速になるだろう。それはとってもクールなことで、凄いことです。

 

Rob:

ええ。

Corey:

私はとても興奮しています。

Ben:

うわー。
ええ、知っています。

あなたが本当に純粋な意図のような良い存在であるような何かに出会うときのような正確な感覚は、あなたもこれを経験したことがあると思いますが、それは非常に圧倒的ですよね。

そして、自分自身や、自分が経験したことすべてを、本当に振り返ることを強いられます。

そして、あなたの心の奥底にあるものを見なければならないので、非常に痛みを伴うプロセスになります。そして変更を加えることになるのですが、、その過程で、価格を考えるのは難しいと思います。

 

Corey:

それは自分自身のいくつかの側面があったことでした。特に最後の4か月か5か月間は、見たり見たりしないように最善を尽くしていました。

それらのものは私の鼻の先に置かれ、私に選択の余地がなかったので、プロセスは続きます。

そして、私たちがアンシャールと呼んでいる、より高い密度の存在であるこの第4の密度のグループである相互作用する存在は、私たちの未来から来たものです。

そして、この意識の拡大をもたらす、この太陽のイベントに備えてもらいたいのです。それは、あなたが知っている通り、彼らが私たちに教えなければならないということを知るために投資、時間を費やすことは、価値があると思います。

 

Ben:

ええ、すごいですね。

 

Rob:

ええ、いやいや、私はただ、それが本当に重要なことだと思います。あなたが話しているのは、これらの経験が異世界のものでありますが、しなければならないことの多くは、内部の問題を修正することです。そして、多くの場合、世の中の人々がこれらの経験と、そのすべてを望んでいると思います。

でも、個人的には、私は好きではない、いつものように好きではない、と言うことができます。私は、あなたが自分自身が経験したように、個人的な種類の経験をしています。

コーリー、彼らは、私に物事を見て、物事を変えることを強制します。変更とプロセスを頑固に拒否します。中を掘って決めなければならないからです。「闇の道に向かうか、光の道に向かうか。」

そして、ご存じの通り、私はまだここにいますが、それは本当に痛いことがあります。

そして、これらの経験のために外を見るのではなく、私たちが生活の中で、物事を同様の方法で見るなら、内側を見て、それらの変更を行い、私たちにとって最善の方法である方法で、アセンションししたい、と思っています。

 

Ben:

ええ。多くの人が、その件について私たちと一緒に成長してくれたおかげで、私はそれを続けていました。

私は、このような経験や、その他について、何も持っていませんし、見る準備ができるまで、これらの経験を本当に得られない、そのようなものだと思っています。

それから、自分自身を変化や、他の側面では、多くの人がこれらの経験を持っていると思います。それは、11:11のように常に見ている、または常に見ている何か、または、いくつかの数字のように、もっとありふれた方法で起こるかもしれない、ということです。

これらは、これらの兆候の始まりであり、次のステップを踏み出す時だということを示している、と思います。

Corey:

コミュニケーションです。これは文字通り、あなた自身が悟りの質をテストして、あなた自身が気付くものを確認し、あなたが正確に見ているそれらの兆候に基づいて、内部の物事をどこまで変え始めるかを確認するようなものです。

 

Ben:

そして、自分が変わるにつれて、自分自身を見始めるようになりますのですね。より大きく、より大きなもの、そしてすぐに、物事はオハイオ州のように…意味を成し始めるということですね。

これが起こっている理由。これが起こっている理由…ですが、それは、自分自身がその自己評価を経なければならない痛みを伴うプロセス、ということですね。

 

Corey:

ええ。最も難しいことの1つは、自分自身が一番の敵であることを認識することです。

私たちは、自分の問題を明示しています。多くの人は、それを信じていません。多くの場合、古いパラダイムプログラミングを壊さなければなりません。なぜなら、そのプログラミングは、サイクルの中に「普通だと思う人生」というを私たちを設定しているものだからです。しかし実際には、破壊的なサイクルであって、私たちはそのサイクルの中にいます。

そして、知っている通り、あなた達は自分自身を見て、自分のプログラミングのすべてを見なければなりません。

子供の頃は、家の周りに座っています。子供が 連れて来る人をチェックするということは、自然なことです。後で エミュレートしようとする行動パターンです。そして 子供たちは、彼らの家で起こっている特定のタイプの行動を持っているかどうかを見て、その後、彼らはそれを使って、自分でプログラミングを作成するのです。

後で、自分の子供と同じように、自分を見て そのプログラミングと、サイクルを破る方法を学ぶ必要があります。それは あなたの不安や トラウマに 貢献していました。そして あなたが知っていることに集中し それに焦点を合わせてなくてはならないでしょう。もちろん それはすべてを経験することは 快適なことではありません。

 

まとめ

アンシャールの未来予想は、ちょっと怖いし、正直、そうなってほしいとは思わない派です。(金属の話とか)。未来に起こりえる出来事に関しては、エイリアン・インタビュー動画の未来人による未来と違います。どっちが正しいか、分かりません。でも、これについては、並行現実の法則を当てはめて考えてみることにしました。

どちらも、未来に起こる出来事のひとつで どちらの未来も存在する、と考えてみる。です。

なので 並行現実という考え方を 用いてみると、両方、もしくはそれ以上の未来があって、どれも正しい未来と考えることができますし、実際 自分たちが本当に経験するか それも分からないし、決まっている訳でもない ということです。

なので、この件に関して 深く悩まないことに 決めました。

 

ですが、彼ら(複数の地球外生命体による)の教えの中で、自分自身、個人的に納得している点があります。それは、第三密度から第四密度に移行中である という点と、密度が薄くなるにつれて「原因と結果」の法則が早まる という点です。( ですが、これが正解であるという証明があるというわけではありません。 )

最近 そう思うことが増えてきていて、自分の過去の考えが原因で カルマ的な結果を、(特に10月の水星逆行時期※)、経験し、最終的に そういう考えに 至りました。

※2019/10の水星逆行は、水星が蠍座のサイン内を 往復するような状態でした。イメージですけれど 蠍座はカルマと関連あるサインでもある と考えているため、今回の逆行の意味を考えてみたとき、[カルマを手放す時期]、と最初 推測しました。

でもまさか、自分がそれに遭遇するとは思っていなくて、かなり混乱しました。

最初、この混沌とした状態に遭遇したとき、自分の行いや、ふるまいに問題があるのかもしれないと思っていたのですが、そうではなく。(大きい意味で考えると自分のまいた種による結果ともいえるため、自分の行いによる結果となるかと思うのですが。)

何かしらの自分の思考の反映の結果、断ち切る必要性がある思考を考えさせるため(思い出させるため )に 起こったことである と推理してみたのです。そしてこの出来事と関連する 自分の中のこだわりをそれとなく思い出すことができました。

この一連の流れを先月辺りまで経験したことで、「今まで以上に 原因と結果の法則が 早まってきているのではないか」 という考えに 行きついたという感じです ( なんとなく受け入れがたいことですが )。

そのように 推測することで、「アセンションの移行中というのは、 事実だと 直感的に考えられる 」という点に最終的に行きつきましたし、また カルマという定義は 在る と考えることができるのではないか、と考え直すことに なりました。

最初、この状況が起こった原因を探るために 占星術的な視点から 検討しました。ですが ここから 宇宙の法則に結び付くような過程に 思考が発展したきっかけ がありました。それは、先日 noteに書いた不思議な夢を見たこと です。

小さい限定された物の測り方ではなく大きなテーマの中にある法則による結果だという感じに思考が切り替わっていきました。最終的に「原因と結果」というテーマを再び認識するようになったという感じでしょうか (;’∀’)。

 

で、最初に部分的に動画内容に共感したというのは、こちらです。文章内で太文字にした箇所です。

 

多くの人は、それを信じていません。多くの場合、古いパラダイムプログラミングを壊さなければなりません。なぜなら、そのプログラミングは、サイクルの中に「普通だと思う人生」というを私たちを設定しているものだからです。しかし実際には、破壊的なサイクルであって、私たちはそのサイクルの中にいます。

 

もしかすると、何も起こらないのかもしれませんが、でも、この普通だと思う人生のプログラムというのは、あり得ると思いますし、故意的に作成されたプログラムだと思います。

最近、気候の変化によって 「普通と思っていたことがそうではない」と認識する人が増えてきているかと思いますし、UFO目撃する人も 依然と比べると断然増えてきているため、普通という概念が 崩れてきつつあるかと思うのですが、でも やっぱり なんとなく難しいことを考えるよりも、いつもと同じ生活について 想像する方が楽ですし そこに引っ張られてしまいがちになります。

このことは、長年作成されて、そこに居続けるしかなかった私たちのプログラムによる思考、と考えることができる、と、個人的に思います。

そういう気持ちを無意識に持っていて言葉にすることはなかったのですが、、この部分を観て 「そうそう こういうこと 」 という感じで 共感できると思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました