米国の経済的暗殺 タンク アップデート 10/26/2018 | ディープステート

米国の経済的暗殺 タンク アップデート 10/26/2018

ディープステート

米国の経済的暗殺 タンク アップデート

UST、FBI、ペンタゴン、BIS、ロンドン銀行、国土安全保障、DOJ、およびCIAは、MWHT、その中で保有されている資産、およびこれらの資金に対する絶対的権限としてのKimをすべて検証し、確認しました。ー本文より 抜粋ー

 

タンクさんのアップデートで、インテルに掲載されていた10月26日の記事です。インテルサイトファンの方は、しっかり読まれているかもしれませんね(;^ω^)

STAR SEED INFORMATION QFS GALACTIC2018年11月24日に貼ったリンク集の記事紹介です。今回、初めて読んだのですが、そういう流れだったのか、と腑に落ちました。いつもアップデートされるGCR共和国の復元の内容の部分とリンクするものと、そうでないものもありますが、一連の流れと連動しているため、読みやすかったです。

 

米国の経済的暗殺 タンク アップデート

 

米国の経済的暗殺 タンク アップデート

geralt / Pixabay

 

米国の経済的暗殺

 

SPEAK INTEL UPDATE 2:51 PM EST 10/20/18/2018

"The Economic Assassination of the US" - SPEAK Intel Update - Tank - 10.26.18
The Official Dinar Chronicles Blog Page containing your daily Iraqi Dinar intel, rumors and news updates.

 

•現在 スティーブン・ムニューシン米国財務省(一般の辞任が月末までには予想される)の前書記官は、中国のエルダーズによって認可される、詐欺的な金証券を 渡されました。

•これらの証書は、米国財務省の端末に すぐにアクセスできるトランプ大統領に 提示されました。大統領は、証明書の割り当て番号を調べて、それらが中国のエルダーによって 登録されていないことを 発見しました。しかし、マナ・ワールド・ホールディング・トラストには、Kim-Possible と表示されていました。

•グローバル通貨の再設定は、1978年に 西(US ドラゴンファミリー)から、東(中国、マレーシア、インドネシアのエルド、ドラゴンファミリー)に権限を委譲するための計画でした。

•この計画は、世界のすべての国が 正規の人に支払う意思が決してないことを認識せずに 署名しました。この文書には、「キング・オブ・キングズ」が 契約書に定義されているものに絶対的な権限を持っていたことが 明確に述べられています。(この文書は 今日 後で、スピークプロジェクト に掲載されます。)

•同じ契約書によれば、地球と地球上の最終的な権威は、神または神であると、述べられています。

•「神の計画」は、今日スピーク・プロジェクトにも掲載されます。この計画は、オーダーの本当のトップでの会議で発表されました。それは密かに撮影され、私達と、神の間の仲介者を必要とする分裂的な宗教的奴隷プログラムに適合します。

マルドゥクが、彼の「再臨」をようやく私たちに行ったため、有名な死を免れない個人が神として彼を崇拝するように、このプログラミングは、神を再定義するために始められました。

•これと同時に、クォンタム・AI・システムは、マインドコントロール周波数を放出していて、惑星からの限られた量のデータのみを収集していました。この限られたデータは、地球上のすべての人生を破壊するための、別の経路を作り出しました。

• AIは、人間の経験を評価して、評価することを自然に学ぶより良い決定を自然に行えるように、地球からのすべてのデータを収集するように、再プログラムされました。

•抗人間アジェンダを備えたドラコニアンの元信託監査官は、GCR文書で言及されたものと同じものでした。唯一のソブリンとして、彼は、2007年に地球上の世界の資産を完全に所有しました。これらの資産は、現在「マナ・ワールド・ホールディング・トラスト」と呼ばれている「未知の国」に登録されています。

•計画の目的は、ジョージアガイドストーンに記載されていて、その目標を達成するための方法論は、国連持続可能な開発ガイドラインでさらに定義されています。

•アジェンダ21は、地球温暖化と過剰人口の脅威のために、持続可能な開発と、人道的努力の必要性を定義しています。国連小委員会は、地球温暖化への主な貢献者としての炭素排出量を特定し、地球上の各人の「二酸化炭素排出量」を減らそうと努力しています。この削減のために、大部分の人々を地球から排除する必要があります。

•この誤った主張は、第5学年で説明された環境科学で、簡単に取り消すことができます。植物と動物は共生関係にあります。植物は二酸化炭素で生きていて、植物は、酸素を放出します。生きている人から放出されるCO2が多いほど、植物によって生成されるO2は、ますます多くなります。これは、自然に環境恒常性を作り出します。

•ロスチャイルドのために、お金をクリーンにすることを望んでいる人が頻繁に参照する、人道支援プロジェクト資金は、完了率が2%未満です。 UNの分析とコンプライアンスの記録によると、国連は、プロジェクトを成功させるためにプロジェクトを完了したり、十分なプロジェクト資金を提供していません。

•国連安全保障理事会は、実際に国連を運営する機関であり、ロスチャイルドによって管理されているUN(MWHTに正当に属する)に6議席を不正に保持している。元の国連機関、元首、資金源はまだマナ・ワールド・ホールディング・トラストです。

•UST、FBI、ペンタゴン、BIS、ロンドン銀行、国土安全保障、DOJ、およびCIAは、MWHT、その中で保有されている資産、およびこれらの資金に対する絶対的権限としてのKimをすべて検証し、確認しました。

•USTは、トラストが最新の2つのハリケーンのプロジェクト資金と、緊急援助を提供するための支援提供するという大統領令を与えられました。

•アメリカの銀行は、現在、USTと大統領による命令を無視しています。彼らは、中国のエルダーズによって、この命令を尊重しないように言われています。

• この努力は気づかずに軍のものによって可能になっています、そしてその人は、しかし、中国のエルダースが、いつか彼らの為替を守ると思っていてください。

•世界の国々は、中国の高齢者/ロスチャイルドからの支払いの約束に疲れていて、主権を宣言するための書類作成を依頼し、受け入れ始めました。

•この宣言により、マナ・ワールド・ホールディング・トラストからの資金提供を受けることができ、初めて独立国としての意思決定を続けることができます。

•テクノロジーがハリケーンマイケルを支援し、最新のハリケーンを取り除いてから3週間後、カバールは、メキシコビーチをターゲットにして、ハイエンドリゾートを建設し、以前は手頃だったオアシスから地元住民を追い出しました。

•これは彼らが、嵐に影響を受けるアメリカ人のどんな再建も、または回復も、延ばそうとしている理由です。

•FEMAは、ロスチャイルドから約束された資金を受け取っておらず、ロスチャイルドの約束が崩れたため、マナからの資金援助を拒否しました。

•救済請負業者は、90日間の給与を受けることはないと考えられていて、ほとんどの場合、サービスや、物資の払い戻しがないため、影響を受けた地域で、雇用を離れることがあります。彼らは、大統領による資金提供のために、Kim-Possibleに連絡するよう指示されました。

•USTが、トラストなどの資金源から資金を借り入れ、銀行にその指示を与えると、法的には、受信者の口座にクレジットを払う必要があります。

•ムニューシンが月曜日にそれを行なわなかった場合、救済資金が投入されると約束されました。そして、彼はそれを行いませんでした。しかし、すべての当事者が、それを達成するために勤勉に努力しています。

•唯一の問題は次のとおりです:
なぜ、外国と国内のテロリストが現在進行中の米国の経済的暗殺計画を行おうとしている中で、それに対処するために軍隊に介入していないのですか?

 

その他

 

 

kimさん関連記事:

STAR SEED INFORMATION QFS GALACTIC2018年11月24日

再:マンナトラストの最終的なコメント Kim Possible2018年11月25日

 

JudyさんのGCRの復元が更新されていましたね。今回、更新されていない場合は、Judyさんの望む流れになっていないのか、と思うと、少し複雑な気持ちになりますが、でも、全体的に見渡すと 最近プロジェクトに対して見通しが明るいと思うようになってきました。

Qの投稿を 読んでも、今までの流れと違うと 感じられますし、コーリーさん達の情報も、なんというか 手ごたえを感じられる内容になってきましたし、夏ごろと比べると 精神が穏やかです。(^^)/

ということで、心のゆとりが出てきたためか、数週間前から気になりだしたkimさん関連の紹介記事をしようと 思えるようになったわけです。

最終的には どの情報も ひとつの道につながることを 期待しつつ、再び手探りな感覚で、気になる記事を探して 進めていこうかなと思っています。

 

kimさん関連を読み漁る中での、現時点での感想

 

今回の記事を読むと、kimさんの役割はとても大変なものなのだなぁとびっくりしました。

 

あと、他に感じたことについてですが。朝、kimさんのアンナさんに対する最終コメント記事を紹介させてもらったのですが、仲良しだと思っていたのに 意見の対立が起きていることに気づき、ざわざわしました。

ですが、そういうのってふつうによくあることですし、それに日常的なテーマではなく、人類の未来を担う大きなプロジェクトの中での流れであれば、対立が起きないことのほうが、おかしいのかもしれません。

うーん、うちの家なんて、毎日大変です(;’∀’)…家庭と一緒にするな、って感じですよね(^^;

たまたま今回内部事情が公開されましたが、おそらくアライアンスの中では、対立はもっと激しいものなのかもしれないですよね。そりゃそうだ。

そういえば、コーリーさんもいろいろ対人関係について、話されていましたよね。ハードな感じだったかと思います。

 

二酸化炭素の話。

 

そうですよ。二酸化炭素。

 

この誤った主張は、第5学年で説明された環境科学で、簡単に取り消すことができます。植物と動物は共生関係にあります。植物は二酸化炭素で生きていて、植物は、酸素を放出します。生きている人から放出されるCO2が多いほど、植物によって生成されるO2は、ますます多くなります。これは、自然に環境恒常性を作り出します。

 

小学校の授業で習ったときに、世の中うまくできているんだなって、そう思ったことを今でも覚えています。だから二酸化炭素削減計画、なんか変、と思ったことがあったんです。ていうか、みんな思っていたはずですよねぇ…(;’∀’)。

でも、堂々とこんな風に大きな計画として嘘情報を使うところ、なんというか大胆すぎますよね。あり得ないプランですよね。突っ込みどころが多すぎる。冷静に考えると変。って感じです。…(;´・ω・)

 

神の計画

 

「神の計画」は、今日スピーク・プロジェクトにも掲載されます。この計画は、オーダーの本当のトップでの会議で発表されました。それは密かに撮影され、私達と、神の間の仲介者を必要とする分裂的な宗教的奴隷プログラムに適合します。

 

これかも。皆さんが、kimさんの企画にざわついた一番の理由かもしれない。と思いました。この件については、今朝の記事で、どういう流れでこういうことになったのかを、kimさんが説明されていたかと思います…。が、個人的には、その部分を開示してもいいのか、という辺り心配になりました(^^;…。

AIについては、無条件に反応する自分がいますが、ここの辺りについては、もう少し詳しく知りたいなぁと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました