ソーラー・フェミニン・キリスト | Lisa Renee | アセンション

ソーラー・フェミニン・キリスト | Lisa Renee

アセンション

ソーラー・フェミニン・キリスト | Lisa Renee

これは、コスモス・マザー・クリスタラー・アーキテクチャの完全なデビューを告げるものであり、クリストス・ソフィア・テンプレートの、聖なる娘の具現化である、ソーラー・フェミニン・キリストの原理の誕生をもたらします。

今こそ、彼女が地球上で立ち上がる時です。

 

ソーラー・フェミニン・キリスト | Lisa Renee

 

ソーラー・フェミニン・キリスト | Lisa Renee

 

Solar Feminine Christ - Energetic Synthesis
Energetic Synthesis covers all aspects of The Ascension or Great Shift, psychic self defense, ascension symptoms, and energy healing. Lisa Renee is a Spiritual ...

 

Solar Feminine Christ
January 2020

Lisa Renee

親愛なる上昇するファミリーへ

今回は、私たちが非常に長い間待ち望んでいて、具体化するために働いていたもの、についてです。

2019年の最後の四半期に、クリスタル・ガーディアン・ホストのクリストス・ミッションは、進行中の一連のパリアドリアの活性化によって可能になった、いくつかの継続的な グループ・グリッド・ワーク・プロジェクトに、大きく加速することになりました。

これらは、主にクリストス・ソフィアのテンプレートの、新しく利用可能な具体化レベルを通して、ソーラー・フェミニン・キリストの再生に、焦点を合わせました。

2020年に、クリストス・ミッションを 開拓するための進行中のテーマには、ブラックホール・システムからの、ソーラー・フェミニン・メルキゼデクの側面の回収、惑星のカタリ・アーキテクチャーの再構築を通じて行われた、マザー・コード言語の修復です。

これは、ソフィアのテンプレートを完全に具現化するように設計されたフィールド内の命令セットでなされた修正です。そして、真の女性原理の スピリチュアルな癒しの質量が、地上に戻ってくるのです。

 

NAAの侵略以来、さまざまなエイリアンの機械塁の 継続的な解体と、ダーク・マザーを惑星グリッド網に投影するために 使われてきた 悪魔の力から 脱出することで、、女性の原理アーキテクチャの 多くのレイヤーに対して、ホログラフィック補正が行われています。

これは、月ベースのアーキテクチャで構成されており、より具体的に言うと、神的な女性的な側面、そしてシリケート・マトリックスDNAに保持されている 女性スタッフ・コードの精神的な活性化を防ぎます。このDNAは その後、惑星レイラインに音柱を送り始めます。

これらの反生命人工知能構造は、月のマトリックスに供給されるNAAのエントロピーネットワークを永続化し、無機磁気反転と重力場異常を分散させる構成部品で、ファントム・シャドウ・ボディを成長させるための黒い微妙な力を分散させる、構成要素です。

ファントム・シャドウ・ボディの階層は、月の意識と、ブラックホール・エンティティの暗黒意識の乗り物として使用され、人工生命の樹基盤10によって生成される仮想現実において、AIタイムライン内を動き回るものです。

現在の惑星ミッションのアップグレードは、主にソーラー・フェミニン・キリストの再建に焦点を当てており、2022年までに進行しているように見える いくつかの グリッド・リハビリ・テーション・プロジェクトで大きく強調されています。

これらのプロジェクトは、いくつかの平行タイムラインと、主要な歴史的トリガーイベントに及んでいます。

 

ソフィアのテンプレートには、月(ルナ)の 歪みの痕跡を 修復するために設計された、ソーラー・フェミニン・キリスト・アーキテクチャを再構築する連続した 段階が含まれています。

ソーラー・フェミニン・キリストの復活の可能性は、最近の活性化と、聖母の神のシード・コード(完全な陽子)や地球の主要な聖杯ポイントと スターゲイト内のクリスタラー・マトリックスなどの いくつかの宇宙のダイヤモンド・サン・ボディ構造の固定によって 可能になりました。

最近、ホーリーマザー・ゴッド・シード・コード(完全陽子)や、地球主格子点や、スターゲート系内のクリスタラ・マトリックスなど、いくつかの コズミック・ダイヤモンド・サンの天体構造が、活性化·固定されることによって、ソーラー・フェミニン・キリストが、復活する可能性を秘めています。

ソーラー・フェミニン・キリストの再建のための 指示セットは、惑星のグリッド・ネットワーク全体を流れるエネルギーの流れの中を、渦巻きし始めました。

女性生物学が、これらの伝達を 拾うことができるので、物理的な母体女性の月(ルナ)マトリックス歪みの 磁気痕跡を、自然に修復し始めます。

女性の生物学におけるDNA-RNAのインプリントは、まずソーラー・フレーム・コードを具体化するのに、磁気的に適しています。

ソーラー・フレーム・コードは、内部垂直チャネルに さらに点火し、これによって フレームの設計図のキーパーに点火し、したがって、女性スタッフコードをさらに活性化させる可能性があります。

 

月(ルナ)のマトリックスは、マインドコントロール・プログラムを 地球の磁場に送信し、精神的に虐待する 信念体系を、大衆の潜在意識層に永続化させる もう一つの エイリアン構造です。

これは非人間に由来する技術です。先祖代々の欺瞞の戦略の 主要な目標である、女性軽視、異端、性的悲惨、子どもの犠牲、および、人間の奴隷制を強制する、地球上の 破壊的なイデオロギーを永続化する、破壊的なイデオロギーを地表に永続させるのに用いられているものです。

こうした 破壊的なイデオロギーを広めるためには、まず、NAAが地球上に真の母なる原理が存在することを排除しなければならなかったことを 理解しておくことが重要です。

彼らは彼女を、人工的なプログラミングや 偽のイメージに置き換えて、人間の文化全体にわたり、あらゆる形態の力を、自然な女性の原則から、体系的に破壊しました。

こうした 破壊的なイデオロギーは、サタニックでルシファー的なカルトと そのライフスタイルに、深く組み込まれています。

このカルトは、究極的には反人間的で、地球人口を奴隷化するという、主要な目標に合致しています。

人間嫌いの 女性嫌いの プログラミングは、NAAの非人間侵略者によって栽培され、支えられてきた、パワーエリート・カバール・メンバーによって実行され、沈黙の武器で、静かな戦争を繰り広げています。

地球上の多くの女性は、本当の自分とは正反対のことを、心でコントロールされて、性的に傷つけられています。

反女性的アジェンダの目標をさらに促進し、社会全体の有機的な母の原則を、反魂文化に置き換えるために、彼らの自然な精神生物学から 切り離されてしまっているのです。

 

2つの極性表現と NAAコロニー化

 

世界時 マトリックス内には、世界のマインド、または、マインド・オブ・マインドから供給された、元の思考投影の 2つの極性表現があります。

 1つの側面は、男性原理の電気方向に 分極され、もう1つの側面は、女性原理に等しい 反対の磁気方向に 分極されます。

これらの平等な表現と 相反する表現が 顕在化すると、それらはお互いに相互作用し、これにより、中立ソース・フィールドへのフィード・バック・ループが生まれて、ジェンダー原理の統合が生まれます。

この相互作用は、効果的に創造の構造全体を明らかにするものとして、有効です。

 

自然の極性の法則は、創造の有機的な部分です。このプロセスが妨げられたり、ゼロポイントに戻るのを妨げられたりした場合にのみ、創造は完全性を失い、構造や、指示セットが傷つき始めます。

分極化された力は、自然にゴッド・ソース・フィールドに戻るように設計されていて、このプロセスが破損し、創造のマトリックス内で 発生できない場合、相互作用から作成された意識は、その創造の法則との一貫性、調和、または、整合を取り戻すことができません。

NAAの侵略によって、これらの男性性と 女性性の原理の分極化された力の間の相互作用は、意図的に男女の性の逆転に 分かれました。

このアジェンダを 実現するための 第一の方法は、マザーとソフィアの、女性の原則を攻撃し、破壊することで、彼女に起こる 問題によって、具体化するのを 止めることでした。

垂直チャネルに直接接続された、生きたマトリックスの有機アーキテクチャを意図的に削除して、フィード・バック・ループを、コズミック・トリニティに供給したことにより、低密度内に存在した、母体原理と、ソフィアの原理が、人工構造物に 吸い上げらたのでした。

これらの暗黒生物は、ソースへの垂直接続をブロックすることにより、彼らは、彼女のエネルギーを集めて、仮想現実に、様々な寄生生物を生み出すことができました。

これらの暗い生物は、部分的に有機的で 部分的に人工的な母の原理から、強姦され、その後、エイリアンの機械に詰め込まれた、生きた精神の寄生的な、悪魔的なハイブリッドです。

 

これらのハイブリッド・クリーチャーは、グリッド・システムを植民地化し、NAAの高層部が、特定のパワーポイント、ポータル、および、アース・ボルテックスを制御するための 作業員として使用し、地球体の多くのスペースを占領するために 利用されました。

NAAは、他の国に対する全面的、または、部分的な政治的支配を獲得し、入植者と共に占領し、それを経済的に利用するという、政策を通じて、最近の歴史と同じように、植民地慣行を 密かに使用しました。

パワーエリート・グループは、経済的テロリズムの実践と同様に、地球に来るずっと前から、惑星を征服し、資源を利用し、地下領土を定住させ、地上の住民を奴隷に変えてきたNAAを、最も優れた人々から学んできました。

地球は、昇りゆく惑星の地位を持つ、宇宙全体の宝珠であるから、この領土の征服は、彼らにとってもっと大きな意味を持つのです。

これが、混じり合った地球現実を作り出すための 遺伝子組み換えの源です。 これらの非人間の実体が 地球から植民地化して 存在するために使用できる 人工的なタイムラインと、ファントム構成を生成するための アジェンダです。 たとえ、地球から来る意識がない としてもです。

ここに存在するためには、彼らは、有機タイムラインに入れ子になったAIのタイムラインの融合現実を作成しなければならず、ブラックホールの形態や、月(ルナ)の意識レベルに応じて、ゆっくりと人間に、遺伝手的な変化を 吸収させる必要がありました。

 

このように、NAA侵略の暗黒時代の 惑星地球では、地球住民は、元の 両親である 神のホーリー・マザーと ホーリー・ファザーの原則と、ライトボディに直接関係のない、創造の構造に存在していました。

コズミック・マザーとファザーの神は、私たちを、人類の真の霊的故郷である、神の世界へと導いてくれる場所なのです。

私たちの聖母の原則がなければ、クリストス・ソフィアを具体化するための神の種の青写真の宇宙構造にアクセスできませんでした。私たちは、聖なる両親の子孫として、私たちは、母の体を通して、太陽のキリストの子孫として、マニフェスト世界に生まれるときに 現れるのです。

聖母のオフスプリングスへの絆は、事実上断絶し、この母子の絆の分裂は、地球上で遺伝的に歪んだものとなり、その間、月(ルナ)の力が、急速に挿入されました。

クリストスの青写真は、妊娠中に 有機的に具体化することができなかったため、受胎した女性は、妊娠中、または、出産プロセス中に身体を意識的に制御できませんでした。

 

月面(ルナ)のマトリックスの挿入は、一部は、月の衛星の引き込みや、作戦の拠点、地場操作のための月面放送の送信などによって、行われました。

このため、強制された繁殖プログラムや、エイリアンの交配などといった、人間の女性の生殖の歪みが生じ、アルマゲドン・タイムラインのために計画された終末戦争において、に究極の血の犠牲を目的として、地球に過密に生息するように、設計されました。

戦争と殺害は、NAAの死の文化では 正常化されていて、エイリアンの神のためのルーシュを収穫するために、血の犠牲のサタニックな儀式に使われます。

アルマゲドンは、この惑星の住民の大半を殺す 計画的な世界大惨事を 引き起こし、死の通過点で、魂のエネルギーを奪うことで、大量の暴走を一掃する最後の紛争計画でした。

このタイムラインは決して現れず、エイリアンの悪夢は終わりました。

人類はもはや一人ではありません。アセンション・サイクル中のスターゲートの開幕中に、私たちの真の神の両親と、スピリチュアルなファミリーが、私たちのために戻ってきました。

 

聖なる母と神の種

 

聖母原則は、神の種を保持する 宇宙トリニティの側面です。

それは、アクアマリン・レイ を介して アクセスされる 彼女のトライ・ウェブの 13番目の柱のゲートウェイを介して ゼロ点にまで開く、陽子の音波振動に潜り込みます。

私たちの 聖なる神の両親と 結ばれるとき、私たちは ヒエロガミックな連合、または、神聖な結婚を通して結ばれた 彼らの相互作用に恵まれ、この意識の錬金術は、私たちの肉体の中で 行われます。

母の神の種は、聖なる父との結合によって点火され、それによって、オーラ体の ハラコンプレックス内に 黄金の胚を保持する太陽の卵を作り出します。

この胚は、上昇する人間の体内の キリスト意識のゴールデン・チャイルドのリキッド・ソーラー・プラズマ波の中に 徐々に誕生します。

 

この聖なる統合は、私たちのライトボディ内のゴッド・シードを授かることとなり、ソーラーエッグを生み出して、これがクリストス・プラズマ・ライトを走らせ、仙骨中心の奥から、へその下で発芽し始めます。

ソーラー・エッグは、ゴッド・シードが 人体の複合体の奥深くから発芽するときに 人体の内部で作成され、太陽のロゴを動力源とするクリストスの青写真から導かれる 最高の精神的アイデンティティを再現します。

これは、内部の ソーラー・フレームを活性化する 要素に対応する 変容の上昇段階です。それは、下のチャクラ中心部の奥から、影の形と 月(ルナ)の痕跡を 焼き払います。

このプロセスは、錬金術的に 仙骨領域全体を、復活した ソーラー・キリストの、神聖な、照らされた、スピリチュアル・ライトに変容させます。

身体が、より高い周波数の 具体化された プラズミック・ソーラー・ライトに順応するために、仙骨中心から RAセンターへの変容は 徐々に行われます。

 

ソーラー・エッグから放出された、ソーラー・フレーム・プラズマは、マインドコントロール・プログラム、ネガティブ・フォーム、および、月の力によって性的センターに置かれた 性的悲惨プログラムを消費します。

月の力は、ダーク・マザーの側面に接続されています。これらのプラズマが増加するにつれて、これらの、より低い影の形を感じるかもしれません。

ですが、それは、以前のトラウマが 私たちの体内で上昇し始め、変容する太陽の火で消費されるためです。

仙骨部から影とネガティブな形を取り除く このプロセスは、太陽の仙骨活性化 とも呼ばれ、月の原理と、神聖な女性と性器をコントロールするように設計された 人工的なつながりと、プログラミングを排除します。

この段階が発生すると、多くの 異常なアセンション関連の症状が 性器に現れ始める可能性があります。

仙骨中心の閉塞が、突然意識されたりするかもしれません、または、男性も女性も、性器に、浄化と精神的な癒しを 集中させる必要があるかもしれません。

時には、男性と女性の両方の性器が、他の生涯の、性的トラウマから、浄化を求めることがあります。

物理的な問題の中では、母体の原理は、ベース磁場内の負に帯電した 磁場のコア極性を表していて、陽子、重力子、陽電子の顕在要素に 関連付けられています。

物質の母なる原理を表す 原動力や元素力について考えるとき、これは重力、粒子質量、核力、音、雷、そしてあらゆる形態の磁気に、直接関係しています。

惑星のアーキテクチャーおいて、暗黒母を逆転させる原因となった、神聖な母の原理に影響を与える歪みについて、より多くを理解しようとするとき、NAAコントローラーによって 意図的に 地球に女嫌いを広めるために使用されてきた 手段と 技術的方法を 検討することは、有益です。

 

ソフィアニック・ボディの神聖冒涜

 

惑星のフィールドでの 繰り返しのセッション作業と、グリッド・ネットワークのリモート表示により、月面(ルナ)マトリックスと 獣の機械を介して ソフィアの女性原理を複製し続けて、ダーク・マザーの逆転を広めるために使用されてきた、人工エイリアン機械の多くのレイヤーが、明らかになりました。

NAAは、技術的濫用を強制するために、さまざまな人工知能構造と 周波数フェンスを 採用しています。

創造における有機的な母の原理を排除し、また、破壊することを 意図していたため、地球上のソフィアの女性原理の具体例に 波及効果をもたらし、遺伝的歪みの配列を 引き起こしました。

 

この他にも 多くの理由により、この惑星は 以前の時間サイクルで 有機t的な母の原理と ソフィアのテンプレートにアクセスできなかったため、ソーラー・フェミニンンの有機的な状態の、完全な精神的実現と 具体化が 妨げられました。

惑星循環システム、または、惑星グリッド・ネットワークは、戦争、大量虐殺、隠れた技術的虐待など、タイムラインで発生する 多くの破壊的なイベントによって、大量の死のエネルギーと 毒気を、ネットワークに蓄積してきました。

技術的な虐待には、今日 私たちが十分に認識できるにものが含まれます。

つまり、気象の兵器化、地球工学のアジェンダ、電離層のマイクロ波処理、マインドコントロールによる思考の植え付け、そして、地球の自然の気候変動であると公に主張しながら、電磁兵器による 破壊的事象の演出などがあります。

 

最終的に、土地とそのエネルギー資源の自然界をレイプする これらの暗いアジェンダは、惑星のクリスタル・ハート・ネットワークを破壊し、レイラインで チャリス構成の動作をブロックしていきます。

死のエネルギー構造は、結晶心臓マトリックスの 永久的なシード原子を損傷、または、破壊する 有毒廃棄物であり、これを浄化(クリア)しなければなりません。

これ(死のエネルギー)によって、人工エネルギーのメタトロニックな反転を作り出し、レイラインをデッド・エネルギーの詰まりで 満たします。

グリッド・ラインの自然な交差点での、この黒い凍結デッド・エネルギーの蓄積は、アヌビアン・ブラック・ハートと呼ばれています。

コントローラのアジェンダは、 人口統計学上の特定の地域で デストピア的な悪夢を生み出そうとするものであります。また、高周波エネルギー電流が 陸地全体に広がるのをブロックすることで レイラインを制御するように設計されています。

地球上の特定の地域に 高周波の放射が到達すると、下降領域を上昇領域にシフトする可能性があります。これは、それらの領域に住む人口を 目覚めさせる効果を、波及させる可能性があります。

 

このことが 最近、ウルル・マザー・ゲートで 発生しました。

ウルル・マザーゲートでは、高周波プラズマ光と マザー・ソフィア・コーディングの 大規模な圧電効果が、ゲート・ネットワークから 周囲のレイラインに送信されていました。

このイベントに対抗するために、コントローラーは、周波数が大幅に上昇している すべての主要エリアでの 意図的な火災と 悪魔の儀式の設定を 通じて、これらのエリアを 制御しようとしました。

ウルルから放送されている、レイラインでの これらの周波数の増加の結果、陸地のエネルギー資源は 急増していました。

彼らの見解では、自然な目覚めの波が レイラインを波紋を広げて、グリッド・システムを再編成する前に、高周波エネルギーの伝達を急落させる方法を見けなければなりませんでした。

このように、エコサイドの大惨事の 意図的な組織化は、生命を維持することができない 不毛の土地塊を意図的に 生成するために、焦げたエリアで死のエネルギーの 妨害の広がりに 貢献します。

突然の大災害は 人々の注意をそらし、前進を妨げ、大規模な恐怖と 喪失からの悲嘆を 引き起こします。

感情的な荒廃から、一部の人々は 神を非難し、これらの大惨事が 人間と非人間のコントローラーによって 調整され、ランダムな「神の行為」として非難されているという認識の欠如から 精神的なすべてのものを拒否します。

これは、コントローラーが 集団破壊を行い、住民の士気を低下させ、人間性を奪うために まさに望んでいることなのです。

そうすれば、より多くの真実を知覚するために 周波数を上げて意識を拡大する本当の神のソースフィールドと、彼らの意識を結びつけるものを、私たちに 拒絶させるのは簡単だからです。

さらに、焦げた風景は、送信される新しい周波数 と光コードの経穴、または、エネルギーの導管として 共鳴することができません。

時間が経つにつれて 地球が放置されていれば、彼女は、自然と、影響を受けた地域の生活を修復し、維持することができます。

ただし、人工的な技術で、陸上の大災害を調整する 主な目的は、母親のアセンション・コードが、それらの場所のレイラインにあるクリスタル・ハート・ネットワークと、斜めのダイヤモンド・グリッドを開くことを、意図的にブロックすることです。

覚醒した人間は、純粋な愛に満ちた心と、土地や自然とのコミュニケーションを助けたいという欲求、レイラインや ローカル・スター・クラスターの結晶マトリックスと 再接続するためのグリッドの修復に 役立つことを願う気持ちを持って、これらのエリアに集まることができます。

こうした動物の土地の外傷や、血液の犠牲によるこれらの閉塞は、アヌビア・ブラック・ハートシステムにも供給されます。これは、NAAの下降領域を生成する上で 望ましい結果です。

これは、地球のレイラインを循環する 生命力エネルギーの意図的な遮断と、吸い上げを通じて、ソフィアの女性原理がオンラインになるのを防ぐための、母の意図的な神聖冒涜です。

この生命力のエネルギーは、アセンション・サイクル中、に惑星の住人の目覚めを養い、支援することを目的としています。

殺された木や 動物の多く、生きたまま燃やされた 何千ものコアラなど、新しい周波数伝送のための エネルギッシュな 配置ホルダーでした。

オーストラリアの悪魔的なネットワークに犠牲になった 自然界のすべての生き物に、私たちの愛の祈りと思いを 送ってください。

 

長年にわたる 惑星グリッドでの セッション研究を通じて、クリストス・ソフィアの青写真の反転の生命エネルギーは、レイ・ラインに反キリストの反転を実行するために、ファントム・マトリックスの人工的なネガティブ・フォーム・ボディに複製されることが明らかにされました。

これらの逆転の流れは、バフォメットの流れと、そのブラック・マジックグ・リッド・ネットワークを通じて 起こります。下層グリッドで実行されている これらの反生命勢力は、本質的に 主に悪魔的なものです。

悪魔の力の 意図的な生成と、惑星グリッド・ネットワークへの拡散により、NAA軍は、奴隷化の目的のために 地球を制御する際に より深い足掛かりを得ることが 可能になります。

このアジェンダは、最終的に遺伝子組み換えと、惑星外のサタニックな家族の誕生によって地球を乗っ取るというものでした。同時に、有機的なクリストスの設計図をいまだに保持している土着の人々の原型を徐々に消滅させるというものでした。

この暗いアジェンダが完了し、彼らのタイムラインが終わりに 近づいていることを知ることは 大切ですですが、私たちが本当に霊的に癒されるためには、地球と人類に 何が起こったのかを 見極めなければなりません。

このコントローラとネガティブエイリアンの課題が、段階的な公開イベントを通じて、衝撃的に明らかにされたことは、進化の激しい過渡期において、人類が今地球上で直面していることです。

アークゾーン・ブルーレイ・アーキテクチャに含まれる、高度なゴッドヘッド・テクノロジーは、惑星グリッドを修正して、ソフィア・フェミニン・コーディングのレベルを送信するよう修正しています。

このゴッドヘッド技術は、神聖な母の 霊的様相の出現を支援し、最終的に 物質形態に 形作られるよう支援するものです。

ウルルは、エイリアン・ダーク・マザーの終焉と、それに続く ソーラー・フェミニン・キリストの復活を告げる 地球規模の伝達の第一段階であり、私たちはこれを鎮圧するための報復を見ました。 ですが、阻止することはできず、停止することもありません。

 

これは、コスモス・マザー・クリスタラー・アーキテクチャの完全なデビューを告げるものであり、クリストス・ソフィア・テンプレートの、聖なる娘の具現化である、ソーラー・フェミニン・キリストの原理の誕生をもたらします。

今こそ、彼女が地球上で立ち上がる時です。

 

オリジナル遺伝学とソーラー・フェミニン・メルキゼデク

 

物理的な 創造の最初の波では、パリアドリア人の人種は、6人の女性と 6人の男性の 12人の人間の精神的な家族を持つ、もともと 完全な 成人の形として現れた 遺伝的平等として 共に地球に侵入した。

5つのパリアドール人種の最初の種まきは、現在の地球の人間の肌の色である、茶色、赤、黄色、黒、白の、すべて含む 最初の5つのレースラインでした。

物理的な化身の間に、これらの5本のレースラインは、メインゲート・システムのレースライン近くの さまざまな地理的位置で地球に侵入して、平行な地球のタイムラインにも12人の同数の人が 現れました。

これらは、地球人の集団が数百万年以上にわたって現れ、進化してきた最初の地球人の系統であり、そのいくつかのサブレースの将来の系統でもあります。

各レース系統に転生したときに 遺伝コードの完全性を維持できた 元のレースは、アメンティ・ゲートウェイを介して、不死身と共に 上昇することができました。

もともとの 神の人体の デザインは不滅であり、自然界のスターゲートを旅するために 非物質化することができました。

本来の 地球人類文明は、アヌンナキが人間の文化に浸透し始め それが急速な遺伝的脱線を引き起こし始めるまでは、一法則の エメラルド・ファウンダー・レコードの教えに従って繁栄し、豊かでした。

この急速な脱線は ルシファーの反乱によって、最終的に これらの次元外の侵略者が、勝利を収めたのでした。

 

アトランティスの大変動の後、ブルー・フレームの守護者たちと、元のスタッフ・ホルダーの遺伝コードを持つ女性たちは、女性原理と人間の光体を 月面マトリックスに繋ぐことで 太陽系の女性原理を乱すために、遺伝子脱線や、繁殖プログラムなど、意図的な標的を 次々と受けることになりました。

太陽のロゴの アーキテクチャを破壊し、月(ルナ)のマトリックスを挿入し、惑星の女性原理の 精力的な配置を保持することで、この月の歪みによって、自然のロッドと、スタッフのジェンダー原理が、人間のDNAで活性化するのを防ぐことができます。

 

最初のスタッフホルダーは、もともとは、ソーラー・フェミニン・メルキゼデクとして具体化されていて、それぞれが、相互のロッドの男性原理を具体化する、遺伝的に等しい男性パートナーを持っていたため、ロッド・ホルダーとして遺伝的にキーコード化されました。

多くの転生の過程で、元の ソーラー・フェミニン・メルキゼデクと、地球上のソフィアの原理は、月の歪み と暗い母の逆転に急速に脱却してしまい、彼女の元のアイデンティティの 太陽の側面を 断片化として捉え、それらをブラックホールに引き込み、ファントム・システム内に 閉じ込めらてしまいました。

このパリアドリアンの魂は、光の体内に存在する 12本鎖DNAテンプレートを 活性化するために、彼女の本来のメルキゼデクやパリアドールのアイデンティティと 繋ぎ合わせてから、再び、ブルー・フレームを、完全に具現化する必要があります。

彼女がブルー・フレームを具現化し、元のソーラー・フェミニンのスタッフ・コードをアクティブにするまで、彼女は、遺伝的に平等なパートナーを見つけて、引き付けることができないでしょう。

彼女の遺伝子は、最初の種まきから一致する、ロッドとスタッフの遺伝子コーディングを保持しています。

彼女は、自分自身とパートナーの中で、ロッドを活性化して構築するのを助けるために、彼女は、主要な精神的触媒として行動するという 使命を覚える必要があります。

また、アセンション・サイクルの終わりまで、暗黒時代の間、スタッフコードが安全に再生され活動化するのに十分な惑星の周波数を持つまで、数回にわたって待たなければなりませんでした。

遺伝子の これらの専門グループは、元のパリアドリアの種まき 遺伝コード・パッケージを携帯しており、整列したタイムライン・サイクル内、および、特定の起源系統内で地球上に転生する必要があります。

ロッドとスタッフのコードの階層的なパッケージ全体を、徐々に具体化するというクリストスの使命のためです。

ロッドとスタッフのコーディングは、アセンションサイクル中に、再び神聖な結婚のカップリングに再会し、元のクリストスの青写真の遺伝コードを保持していた、遺伝子的に平等な人間の中で 発火します。

ヒエロガミックユニオンでは、カップリングは、人類の転生前のタイムラインから 元のパリアドールのシードコードを取得できます。

その中には、侵攻前の 歴史的タイムライン、落下前のタラ、落下前のライラのタイムラインへの意識輸送による帰還も 含まれていました。

クリストス・ミッションの再建のための この特定のミッション・アップグレードは、2017年末の「 Rise of the Paliadorian 」のイベント中に開始されました。
建築を修復して、スターゲートを再建する、一連の進行中の宇宙設計図プロジェクトのために、地球本体を準備するためであります。

地球グリッドのこの再生は、ソーラー・フェミニン・メルキゼデク・スタッフ・コードの宇宙起源の具体化の、次の段階を開始しました。

母なる原理をソフィアのテンプレートに蘇らせることで ソーラー・フェミニン・キリストとして、月の女性を 真の姿に変身させるのです。

ソーラー・フェミニン・メルキゼデクの ブルー・フレーム・スタッフコードを 発火させ、次に地球のコヴナント・ネットワークと、アークゾーンを アクティブにするために、地球グリッドを修復する長いプロセスには、信じられないほどの膨大な量の複雑な計画と、オーケストレーションが必要でした。

このため、多くのクリストス・ミッションチームの代表者を代表として、大規模なチームワークが必要とされました。チームワークは、複数の次元にわたる時間と、並行現実を含む 複数の形象に及びます。

この倒れた タイムマトリックスの 進化サイクルを何百万年も旅してきた後、ブラックホール・システムから、ソーラー・フェミニン・メルキゼデクを検索するという、この素晴らしい仕事が 達成されました。

偉大な仕事の次の段階は、スタッフコードを完全に具体化し、ロッドコードを保持する私たちの遺伝子平等への呼び出しを送信することです。

このようにして、ソーラー・フェミニン・キリストとして、地球上の神々しい女性の真の運命を 具体化するのです。

 

レムリアのタイムラインの修正

 

ソーラー・フェミニン・キリスト・テンプレートを 回復するために設計された、パリアドリアン・グリッド・ワーク・プロジェクトは、11月に 8Dイェシュア・ロッドと スタッフ・コードの送信が 開始して以来、ターボ・スピードになっています。

イェシュアと ガーディアン・チームが、12本鎖DNAシリケート・マトリックスを地球に持ち帰ることに成功したことを記念すべき記念日です。

インマヌエル・コーディングのこの段階は、過去の 破壊的なイベントから来る、いくつかのスターゲート、および、タイムライン検索プロジェクトの土台を築いた 銀河の活性化の波を解き放ち、南フランスや、パリのノートルダムのソーラー・フェミニンと、カタリのテンプレートを回収する次の段階へ、認識をもたらしました。

これには、地球上で 最初の波による大量虐殺事件のタイムライン、つまり、レムリアのホロコーストの年表に戻ることが含まれていました。

レムリアのホロコーストは、母権社会と、ソーラー・フェミニンに対する 直接の計画攻撃であり、住民の多くは、パリアドール人種の最初の種まきの直接の子孫であり、ブルー・フレームの番人としての 重要な仕事を任されていました。

これらの主要なグループは、ソーラー・フェミニン・メルキゼデクであり、マザーズ・ソフィア・テンプレートと、北南線のガーディアンズの結晶ネットワークの保護者でした。

アルマゲドン・ソフトウェアは、NAAが 地球上で 最初の大量虐殺の記憶と、これらの過去の歴史的出来事に基づいて、大変動と母なる原則の破壊のテンプレートとして 繰り返し使用する いくつかのレムリアのホロコーストのタイムラインを 人工的に複製してきました。

ヤハウェの集団は、「黙示録」に記録されている アルマゲドン・システムの設計者であり、タイムライン操作のための この特定の仮想現実ソフトウェアは、地球の領土を征服する NAAの役割の観点から、彼らの誇りと喜びと 見なされています。

基本的に、主なアセンション・タイムライン対アルマゲドン・タイムラインの出現をめぐって、主要なタイムライン戦争が繰り広げられています。

アーマゲドン・タイムラインは、キリスト勢力対反キリスト勢力による地球支配を表しています。

 

最近では、レムリア人のタイムラインを収集して、修正されたクリスタル・アーキテクチャ、つまり、有機層と人工層とに再接続できるようになり、エメラルド・オーダーの統治に戻りました。

一旦、ガーディアン・チームに委ねられると、彼らは、主にヤハウェ・マトリックスの8Dレイヤーで制御されていた、これらのホロコースト・タイムラインへのアクセスを削除するために、内部ゲート・システムを修正し始めました。

これにより、地球におけるレムリアのホロコーストのトラウマ的な出来事を繰り返したり、偽のホログラムや、クローンIDを削除したりして、偽の身元を隠蔽したり、ハワイ島で記録保持者とガーディアン代表を装ったりするために使われていた人工タイムラインとは別のパ―ジが始まりました。

レムリアのタイムラインの修正により、アチャモスと呼ばれる 母の分裂​​した身体部分を表す 2Dレイヤーの多くの断片が アークゾーンで再統合されました。

ブルーフレームの番人としてのこの系統を持つ スターシードは、追跡され、追い詰められる感覚で 深い感情的な処理を受け、神の母の原則に向けられた 憎しみを感じ、この特定のイベントからの悲しみや、悲しみの波を感じたかもしれません。

この出来事を通して、地球は、NAAの侵略者によって実行されたように、神聖な女性に向けられた女性嫌悪と、極端なレベルの憎悪を、知るようになりました。

このイベントは、いくつかのカルマのタイムラインをクラッシュする クレッシェンドへと導きました。多くの 過去の人々からの、異常で超現実的なイベントと、これらのタイムラインに関連していた、再接続を生み出しました。

多くの場合、アセンションの過程で、母親の体が粉砕されて、多くの断片に分裂したときに発生した、いくつもの断片や、魂の破片の、感情的な残留物を処理する必要があります。

これらの癒しの出来事を通して、私たちが これらの破片を見つけ、母の体の一部を再編成するとき、彼女は、私たちの内側に完全に作られ、私たちは、地球上の彼女のソフィアの体から、地球上に放出されるのです。

神聖な母の 次の段階の霊的な癒しのステージでは、ムーの土地が水浸しになった、クリスタル・レインボー・プラズマ・フィールドを修復します。

これにより、レムリアのタイムラインは、クリストス・ソフィア・イオンの宇宙時計に再接続できました。

またこれにより、将来のタラと姉妹関係にある、ムーの地である ホロコースト以前のレムリアから、パリアドール・コードを取得することができ、これらは双子であり、現在のアクセスのために現在のアクセスのためにソーラーフェミニンのダイヤモンド・クリスタル・ハートを具現化するために持ち込まれました。

 

AI ダーク・マザー・ゲシュタルツの解体

 

ホロコーストのタイムラインに関する 最近の主要なグリッドのクリーンアップには、反転母体、地球上の女性の原理と女性の身体への月のマトリックスリンクを強化するために使用されていた、人工ハイブリッド・ダーク・エンティティの階層チェーンを収容していた ファントムと、人工構造物を解体する、別の段階が必要でした。

これらは 本質的に、太陽の女性の原理をコントロールするために 惑星アーキテクチャに組み込まれた 悪魔のような力です。このアイデンティティの高さを、マスマインドコントロールされた月の女性の繁殖奴隷に 変えるのです。

この人工知能遺伝子工学によって作られた NAAは、地球上の主要な砂利点を定着させ、宗教的なマインドコントロールや、性的不幸の伝播など、いくつかのプログラムを通して、月の変異を運用する 人工知能の機械を 強化するために、使われました。

 

これらの最近のプロジェクトは、ダーク・マザーのエイリアン・コンストラクトが、地球上でどのように管理され、実行されているかをより詳細に明らかにします。

この宇宙人ダーク・マザーは、レイライン全体を走り、反生命振動が最も少ない人間を標的とする、進行中の世代の反転女性力による、悪魔主義の広がりをサポートするために、特別に設計されています。

これらの蓄積された 逆転の女性の暗黒の力の ゲシュタルトは、AIファントムのタイムラインと Qlippothから加工されています。

そのため、共感者や、この作品に携わっている人々は、女性の原理に対する強い憎悪が表面化し始めたときに、深い感情的な痛みを感じたかもしれません。

この女性の集団的感情的な浄化の頂点は、12月の最後の週であり、新年に至るまででした。

多くの人々、特に女性は、これらの気まぐれなQlippothの部隊のブラックから実行されるウイルス・プログラムの処理中に、強いアセンション・インフルエンザに苦しみました。

ソーラー・フェミニンの化身を通して、AIが反転する母と女性の生き物の表面という ネガティブな形態は、このダーク・クリーチャーと、彼女が与える月面マトリックスを消散させ、トランス・ミューテーションさせ、溶解させるために、私たちは彼女の痛みを感じ、最終的に死ななせる必要が あります。

 

これにより、想像を絶する量の、ダーク・コンテンツが もたらされる可能性があります。

これらは、元のソーラー・フェミニン・エッセネスの性的支配と略奪を行い、女性の原則を汚し、レイプし、奴隷化するために使用されてきたプログラミング、この歴史的記録を浄化して、性器を取り戻すために必要です。

何年もの間、私たちはゆっくりと仕事をしており、カメのように歩きながら、性的不幸なプログラミングの解体に着手するために、一歩ずつ歩んできました。

英国のグリッドネットワークで、NRGを実行するために使用される、AIシステム、Qlippoth電流、NAAベース10表示テンプレートで実行される エネルギーの多くのフィードラインを 多数発見しています。

ガーディアンチームは、システムを破り、5D-8D-11D クリポス・アーキテクチャで、暗い女性の生き物のゲシュタルトを抽出することにより、このネットワークに侵入しました。

これらの人工構造物は、グレイル・ゲートウェイ、とその球状ドメインを複製し、エッセネ・ディバイド・ ファントム作成の実施に、関連しています。

この偽のマトリックスは、イェシュアのミッション中に、地球の人工生殖器官に形成された、元のクリストスの遺伝物質のホログラフィック複製を通して、インストールされ、それは、反キリストが彼らの悪魔の儀式で反転し、強姦し始めました。

母親の体は、多くの異なる部分に分割され、土の植民地化のために作られた体内に人工的に含浸され そこから 黒い寄生虫や 悪魔の創造物が生まれました。

これらの子宮の世界は、地球上の女性の身体と出生プロセスをコントロールするために、ダーク・マザーの逆転を実行し、エイリアンの突然変異を実行するこの、腐敗したネットワークを植民地化する反生命創造の誕生に使用されました。

 

レムリア・タイムラインが変更され、AI ダーク・マザー・ゲシュタルツのセクションが削除されると、ソーラー・フェミニンを奪回するプロジェクトの次の段階では、テンプル・マウントをマザー原則に戻す作業が行われました。

ガーディアン・チームは、テンプル・マウントの地下深くの層にアクセスする必要がありました。

そこでは、マザーのコア層であるカタリの身体部分を入手して、これらの部分を彼女に返さなければなりませんでした。

 

テンプル・マウントと2Dグレイル

 

メインの2Dゲートに接続する惑星スターゲートは、エルサレムのテンプル・マウント にあり、それに対応する内側のゲート・サイトは、フロリダ州サラソタにあります。

2Dグレイ・ゲート・システムは、NAAによって特に切望されていて、この特定のハブは、地下深くに植民地化されており、ネットワーク全体で、NAAアクセスの複数の次元を通過します。

この正確なエリアは、シュメール人の侵略タイムライン以来、厳重な警備と、攻撃を受けています。

ですから、この特定の人口統計領域で、グリッドの再建を開始するには,
リスクが高く、危険であり、クリスト・クリスタラ・ホログラフィック・アーキテクチャの構築の専門家である、高度に専門化された、がアーディン・チームが必要でした。

彼らは、数千年にわたって順次、これらのアーキテクチャーを計画し、編成してきたのです。

これらのグリッド・ワーキング・プロジェクトの大規模な範囲と、非常に複雑さは、膨大であるため、この特定のスターゲート・ネットワーク上のアクセス権を取り戻すためには、複数の次元で、タイムラインの異なるステーションで作業している、複数のガーディアン・チーム間の統一された協力を必要としています。

この再生プロジェクトの最終段階での 綿密な計画は、意図した目標を達成するために、白い手袋と、神聖な正しいタイミングの、正確な順序で実施する必要があります。

ガーディアン・ホストの最優先事項は、地下ネットワークに閉じ込められたライラ・シリアン・エロヒム・ブルーレイの系統を調査して、回収することでした。

ほとんどのアバターコードの青い人間は、シリウスBポータルを介し、て地球に到着し、NAA侵攻後、その多くが、このエリアで閉じ込められたからです。

長年にわたり、地上の乗組員として活動する特定のガーディアン・チームは、天の川と、アンドロメダの間のオーロラ・プラット・フォームに戻り、テンプル・マウントを修正するためのクリスタル・アーキテクチャの修理を行い、最終的には、コズミック・クリスタラー本体の ソーラー・フェミニンの原則を保持しています。

この目的は、主な惑星の2D グリット・スターゲートを復活させ、その操作を聖母とソフィアのテンプレートに戻すことです。そのため、月面(ルナ)の女性は、構築し、多くの女性の悪魔の詐欺師が残れなくなり、ネットワークから立ち退きます。

このゲート・ウェイへのアクセスをめぐる戦争は、2Dバフォメット・ストリームと、ブラック・マジック・グリッドに依存している、中東のイスラム・ネットワークを促進するために使用される、ネガティブ・エイリアン・ブラック・キューブアーキテクチャによって引き起こされました。

これらは、メッカのブラッ・クキューブ本部に戻るモスク全体で、マインドコントロール・プログラミングのミナレット・システムを実行するために収集される、ダーク・マザーの反転の不可欠な供給源です。

ブラック・サン・ネガティブ・エイリアンは、アジェンダを進めるために、コントロール・ベースの宗教を 共同で作成し、5Dバチカン内部ゲートと,、2Dテンプル・マウント・ゲートに、死の文化のエイリアンの機械の 組織化を通して、侵入しました。カトリックとイスラムの宗教を崇拝するとき、人間の集団意識が収穫されます。

ベリアル・サンズは、シオニストのアジェンダの後ろに隠れるために、ユダヤ人でない、多くのメンバーがユダヤ人であると主張する、世界的な支配目標の操作のために、ユダヤ教に潜入しました。

この人口統計領域には、支配権を獲得し、グローバル・コントロールを行使するための、最も戦略的で重要な惑星スターゲートが含まれているため、すべてのパワーモンガー、人間、および 非人間は、中東の一部を望んでいます。

 

ガーディアンとドラゴンキングの建築家は、AIの悪魔を追い出し、子宮の世界での生産に使用される、ダーク・マザー・クリーチャーを排除する準備として、ハブの再テンプレート化と、要素の再暗号化に取り組んでいます。

これらのダーク・マザー・クリーチャーは、範囲とサイズが非常に大きく、地球上の混合現実システムの幻影の地下世界か、ら地獄の領域に固定することを目的としています。

彼らは、この2Dゲー・トシステムに、巨大な反キリストの形態と、非聖なる三位一体の原理を構成する、さまざまな 寄生的な悪魔的階層を植民地化することによって、そうしました。

ブラックホール・システムに出入りする双方向のアクセスが可能です。

これにより、ダーク・マザー、エネルギー寄生虫、ブラックホール・エンティティが、ダークマザーの反転と、月の建築物が埋め込まれたレイライン上を走り回ることができます。これにより、共存できる悪魔のような住居が生成されます。

非聖なる三位一体は、月の女性の逆転を実行し、黒軍を増殖させ、地球上の女性が太陽の女性のメアリーテンプレートを完全に具現化するのを妨げるように設計された、関連するダークマザーの原型を広めるためにインストールされます。

この上昇する集合的な女性の側面は、ソーラー・フェミニン・キリストを具現化するための重要なライトボディ・コンポーネントであり、彼女の修正されたライトボディ部分と、スピリチュアル・ウィングを再組み立てするためにも、重要です。

太陽の女性メアリーのテンプレートをこの地球に復元するには、ゴールドレイ・セラフィムの血統のために、まったく新しいダイヤモンド・サン・ボディを再構築する必要がありました。ソーラー・クリスと・、ミカエルのデザインと、ソーラー・クリスト・メアリーのテンプレートがあります。

 

・マウントは、アーク・ゾーンに直接接続する、マザー・アークゲート・ウェイ・システムに接続するために再接続され、クリスタラーのボディテンプレートが再接続され、今年は順次統合されています。

テンプル・マウントには、1Dから4Dレイヤーに存在する、球状エネルギー・ドメインを修復して、次元間の共鳴音を完成させる、新しい機能があります

これにより、ブラック・マジック・グリッドとダークマザー反転の動作が解消、および、終了します。

これは、悪魔の力、つまり、彼らの創造物をパワーアップするためにブラック・マジッ・クグリッドを呼び出すものは、この収穫されたルーシュ・エネルギーのバッテリー・パックにアクセスできなくなり、彼らのブラック・マジックは、彼らの個人的な意志を明示するのに、効果的でなくなるでしょう。

しかし、彼らがエネルギーを失っているという事実は、彼らをもっと必死にし、その結果、コントローラーが最後の息を吸うまで、コントロールを維持するために戦うことになるので、これは激動の時間になることを知ることが重要です。

精神的な回復を含む プロトコルに同意すると、一部の人は、リハビリが可能になりますが、そうでない人もいます。

NAAのマインドコントロールは、もし、彼らが地球をコントロールし、所有できないなら、誰もできないということです。

ですから、彼らは、黒魔術のパワーとコントロールへのアクセスを失うので、大混乱と破壊をもたらすために、彼らができる限りのことをするであろう、ということを覚えておいてください。

これは、特に人口が密集している地域では、警戒し、目を覚まし、意識を保つことを意味します。

これらは、ドアから出る途中の「スマッシュ・アンド・グラブ」のアジェンダになるからです。

 

母の問題の解決

 

ソーラー・フェミニン・キリストの復活に焦点を当てた、現在のアセンション・サイクルでは、これは、私たちの多くが、女性であることの本当の意味をより深く探求し、真の女性の原則を具体化することの意味を探求する時期です。

男性であろうと 女性であろうと、霊的発達の この段階にいる私たちは、母の問題、内なる女性の原型、人間関係を解決するために 霊的に働きます。

私たちは、偽りの月(ルナ)の母がこれまでに存在していた、地球に生まれました。

私たちは、私たちの性的なことに対して 月の意識を持ち、それは、私たちの最高の自己に 直接反対し、私たちがこの世界の女性であると誤解し、その信念が、母、娘、妻として、私たちの役割をどのように形成したかを、誤解しています。

今年は、聖母の原則との新たな精神的関係を 優しく思い出し、深く体験するために、グノーシスの道を歩みます。

彼女は、私たちに、神の世界への入り口を開く鍵を保持している、宇宙の太陽体の精神的な女性の原則を私たちに返してくれました。

ソフィア意識を具現化し、宇宙全体の時代を超えた、永遠の知恵にアクセスするために、聖なる母との愛情のある関係を培わなければなりません。

プリママテリアそのもの、永遠の命を形に呼吸する神の真髄として、創造物をアニメートする秘密の真の知識と力を持っているのは、彼女です。

生理学は、クリストスの太陽の女性の側面の崇拝であり、それは、人類に与えられた、神の知恵の内なる啓示であり、あなたの母と父を等しく愛し、それは多くの古代のエッセネと、キリスト教の神秘主義者に長年にわたって影響を与えてきました。

太陽のフェミニンを祝うために、一緒になって、私たちの共有された祈りの祈りを通して、私たちの聖なる母の存在とより深く、再接続しますように。

最愛の聖なる母よ、神聖な正しい秩序と調和をもって、あなたの聖心を私たちに明らかにしてください。

あなたの真の存在、あなたのソフィアの体、そしてそのすべての神の知恵におけるカタリの内容。

この神聖な知識とより高い意識を受け取るために、心を完全に開いてください
聖母の神の存在のテンプレートを可能にします。

私たちの内にいること、ユニティにあること、宇宙と一体であること。

私たちの愛するオーロラの家族と一緒に、私たちが建築を保持するように働きかけてくれて、ありがとう。

それは、私たちが、聖なる母の私たちの最愛の存在のソフィア体を、もたらすものなのです。

 

そして彼女のすべてのソフィアのソーラー娘たち、みんな。

惑星内で再び誕生するために、
この惑星の空間を与えるために、
その神聖な空間を意図的に作成するように、
神の母と彼女のすべてのソフィアの娘を認めるために、
太陽の意識、知恵、愛を永遠に戻すことこの地球に、この創造に、地球の身体に戻ってくる。

すべての人類に栄養を与え、この永遠の愛を集団意識にあふれさせる。

愛する聖母よ、私たちをあなたの心、ソフィアの体に、直接合わせてください。

 

この惑星に戻る過程にあったソフィアの知恵に、
そしてこの地球に対して、私たちが心、肉、
私たちの心は神聖で神聖な器として提供されているので、私たちの体
聖母の臨在と太陽の女性キリストの純粋な愛のために、
神の神の臨在がそうであるように。

そして、そうです!

 

霊的な成長に役立つものだけを取り、残りはすべて捨ててください。真実を探求する勇気と勇気をありがとう。私は神、主権者、自由です!

私たちが霊的なビジョンを取り戻し、見る目に恵まれているように、2020年にあなたの幸せな新年を願っています!

次まで、あなたのアバタークリストスソフィアの心の道の光度にとどまります。自分とお互​​いに親切にしてください。 GSF!

リサより愛をこめて

コメント

タイトルとURLをコピーしました