サイモンパークス Q DCデモ FEMAキャンプ | ディープステート

サイモンパークス Q DCデモ FEMAキャンプ

アメリカ国旗 ディープステート

サイモンパークス Q DCデモ FEMAキャンプ あなたにとって 興味深いニュースが いくつかあります。1月の大統領トランプの最初のニュースです。法律に 署名しました。 大統領命令は、3、4、1、8でした。これを読むと かなり無害に見えますが、これは 現在の FEMAキャンプ※ の活性化 であると言えます。

本文より

 

サイモンパークス Q DCデモ FEMAキャンプ

サイモンパークス Q DCデモ FEMAキャンプ

 

2nd January Update Current News

 

こんにちは、2021年1月2日の別のクイックアップデートへようこそ。ええと ニュースをすぐに公開します。必要以上に 長くあなたを待たせたくありません。

ええ、1月6日に自由を支持しようとしている皆さん、ワシントンDCに行く場合、「民主党の知事と 民主党の役人が、すべてのゲストハウスが通り抜けるすべてのホテルを閉鎖するために 最善を尽くした。」ということを 知ってもらいたいためです。

ですから もし あなたが行くつもりなら、あなたが プレッパーなら 食べ物と水を持って行ってください。

そして もし あなたが行くつもりなら、親切のため、多くの州を何マイルも運転した人のために 余分に それを持っていってください。

あなたが プレッパーなら、水も食べ物も 何も手に入れることは できません。多分 はるかに遠くから来るであろう愛国者と 共有するために、 あなたが持っていくものより 少し余分に 持って行ってください。

ですが、数十万人の人々をそこに 行くことは 非常に重要です。意識をつなぐメンバー達が、運転しながら旅しています。

「共和国を救いたい、憲法を救いたい、これが 選挙公認の詐欺システムであるため、必ずしも そこに行くのは トランプ大統領のサポートになる とは限らない 」ということを 忘れないでください。

 

はい、それとは別に、あなたにとって 興味深いニュースが いくつかあります。1月の大統領トランプの最初のニュースです。法律に 署名しました。

大統領命令は、3、4、1、8でした。これを読むと かなり無害に見えますが、これは 現在の FEMAキャンプ※ の活性化 であると言えます。

※FEMAキャンプ理論は、米国連邦緊急事態管理局(FEMA)が米国市民を、強制収容所に投獄計画していると考えている計画のこと

オバマが大統領が古き良き…古き良き時代 クリントンがそこにいたときに、悪者が、FEMAキャンプに善人を拘留するつもりだ、と、私たちは 思っていました。そして、実際に 彼らがやろうとしていたことだと思います。

しかし 彼らはそれを決してやめなかったので、もう片方のブーツは 「善人が、悪人を FEMAキャンプに入れたい」と考えていると 言えるでしょう。

そのための資金が 州に割り当てられました。これが目的であり、3200件ほどの未開封の起訴状があり、リストには、220000件の名前があります。これは 約3年前のことです。

私は 働く特権を持っていましたが、適切な用語ではありませんが、すべての起訴状のタブのタグを 公式に保持していた Qムーヴメントの枝派とのセッションが いくつかありました。

そしてそれが、50ほどに達したときのことを 覚えています。1070万、ええ、あなたが知っているように、彼らはそれを分類し、実際に 記録を保持していました。

代替えメディアでリリースするように 言われているので 名前は見せられませんが、州と、 それをチェックした人達は 私が話していることを知っていて、各州の下に提出された多くの論文が 実際にあります。

だから 私は、「s3418が 大統領命令で1月1日に法に 署名された という命令」について伝えたい と思ったのですが、それを読んだとき それを言うことは ありません。でも、それがまさにその通りだと言っているので、「それは とてもエキサイティングなことだ ということを知ってもらいたい 」と思いました。

イギリスと ヨーロッパの主流メディアが動いている という噂には、真実がありません。それは「 副大統領が辞任した 」ということですが、これは本当ではありません。マイク・ペンスは辞任していません。

彼がトランプ大統領のところに行って、もうあなたと一緒に仕事をすることはできない と言ったという話が広まっているのは 間違った話です。「彼らは まだ100% 取り組んでおり、6日目にはトランプ大統領が提唱され、20日には さらに4年間休む 」と 確信しています。

ですから、それはあなたに伝えるニュースでした。

 

主流に耳を傾けないでください。それは ますます奇妙になり、ますます クレイジーになっています。人々が 私に言っていたように、多くの活動が 行われています。

 

彼らは、州兵がカリフォルニアのいくつかの地域で 活動していると聞いていました。州兵は すでにカリフォルニアにいる と言えます。彼らは すでにそこにいるところもあります。

州兵が 正しい対応をしているかもしれません。他の場所では 正しい対応をしているのは 通常の軍隊かもしれません。

そして、1月6日に解散するときに 共和党の憲法への支持を示すために行く人たちのために、別のグループに参加しないでください。ブラック・ライヴズ・マター・アンティファは、あなたを攻撃しないから です。

ええと、何十万人もいるでしょうが、理解しているかと思いますが、あなたのグループで 取り残された人と、あなた自身が 取り残されている可能性があるので、お互いを保護して お互いが グループにとどまるように 気をつけてください。

ワシントンDCの市警察や、共産主義社会主義警察が、あなたを止めようとした場合に備えて、あなたに あなたの国の憲法について 覚えておいてもらいたいと思います。私は、あなたにあなたの周りの証人を連れて行き、そして、あなたには、グループとして 働いてもらいたい と思います。

あなたが不法に、分かっているかと思いますが、もし誰かに攻撃された場合、あなたが 自分自身を守ることを 期待します。そっとしているような時代は 過ぎ去りました。ご存じの通り、あなたの権利は何であり、あなたが 、あなた自身を守る権利が あります。

しかし、警察が障害物を放り投げた場合、それは、警察側の問題となります。

そうすれば、知っているかもしれませんが、あなに 問題はありません。分かっているかと思いますが、これは 集会ではありません。これは 平和的に抗議している抗議デモ です。

10万人が特定の道路を歩いていて、パトカーが並んでいる場合は、基本的に 歩き続けることをお勧めします。出来れば、そこに 100万人の人々がいることを 願っています。

ワシントンDCの 共産主義社会主義警察が、何らかの情報を 持っていれば、彼らは ただ 通りを降りることになるでしょう。

地上の警官が ワシントンDCの共産党知事、または、トランプ支持者、または、共和国の支持者を防ぐように 警察に指示する役人から 命令を受けた場合、その後に ついてです。

それら警察官への私からの アドバイスは、トランプ大統領の後に 仕事をしたいのかどうか?ということです。リセットされたので、それらの注文を無視して、みんなで病気にならないようにすることをお勧めします。

それは実際に良い計画です。あなた方全員が 中央エリアの周りで病気になる必要は ありますか?、ただ、それを 平和的なデモンストレーションのままに しておいてください。ええ… 私はあなたに、社会主義者、または、共産主義者の知事、または、地方自治体のメンバーが、確かに 数週間と数ヶ月先に話されることを保証することができます。

ワシントンDCの警察への私のアドバイスは、自転車を盗んだり、家に帰ったりした人を知っているかどうかを 確認することです。その日は、人々を通りに置いておくだけです。

これは、平和的なデモンストレーション であり、率直に言って、自分よりも はるかに大きな何かに自分自身を巻き込むことは、しばらくの間 価値がありません。

 

確かに。このように、6日までに みんながあなた方に話しかけることは 幸運なことです。

 

最後に

 

あけましておめでとうございます。昨年もたくさんの方にブログを読んでもらえてうれしく思いました。ありがとうございました。

今年は、フェイスブックにも書いたように、多くの人達が、メインストリートメディアに踊らされないよう、フェイクニュースの存在を理解してもらえるような情報発信や、ディスクロージャー関連情報を 意識的にマイペー 発信できればいいな と思います。

 

精神世界ブログ
新年、あけましておめでとうございます。 今年は、「フルディスクロージャーが起こりますように✨」 えっとですね。今年は、ブログ発信をどんな形にしようか、なんてことをちょっと考えてみたのですが…。 不正選挙問題は、よくも悪くも今月で決着がつくのだろう、と思うと、その後、どう活動すればいいのか、…と考えてみたときに、日本...

 

 

今回のサイモンさんの動画は、気になっていた3年前のリストの件について触れられていたため、とても心躍りました。

3年前のとき、私が主に参考にしていた方が シフトチェンジして の件について報告することが少なくなってから まったく状況がわからないままになって以来、その件について情報入手する活力が落ちたということもあり、過去の情報として放置したままでした。

でも、ようやく偶然ですが、今回、この動画をチェックし その後の新しい情報を入手できたということで嬉しく思った という感じでしょうか(;^_^A。

 

あと、いつも動画で現地紹介されている我那覇さんなど、今回の1月6日トランプ大統領が呼び掛けている抗議デモに参加されるだろうと思うのですが、昨日、戒厳令を体験された退役軍人の方のお話を聞いた限り、アンティファよりも警察官などの行動が気がかりでした。

それについての忠告もされていたので、できるだけ多くの方に…この動画を見てもらいたい、と思いました。

私が心配するよりも、すでに現地も、また、抗議デモに駆け付ける、全国、もしくは、他の国から応援に駆け付ける方たちには、おそらく、そういうアドバイスや、食料水の確保などの情報もすでに出回っているかと思うのですが…。

「どうかケガのないよう、お気をつけいただきたいなぁ、」と、祈るしかありません。

 

関連記事

サイモン・パークス 2020年11月29日2020年12月31日

コメント

タイトルとURLをコピーしました