RV / INTELLIGENCE ALERT 三部作 2018年8月21日 | インテル アラート

RV / INTELLIGENCE ALERT 三部作 2018年8月21日

インテル アラート
TravelCoffeeBook / Pixabay

RV / INTELLIGENCE ALERT 三部作 2018年8月21日。 昨日20日分のアラート情報は更新されていなかったために、GCR経由で復元された共和国:2018年8月21日更新 させてもらいましたたが、新しく更新されていたため、紹介させていただきます。

 

RV / INTELLIGENCE ALERT 三部作 2018年8月21日

 

RV / INTELLIGENCE ALERT 三部作

Free-Photos / Pixabay

 

RV/Intelligence Alert: “Trilogy” August 21, 2018 原文

 

8/21/2018 11:23:00 AM Operation Disclosure

RV/INTELLIGENCE ALERT – August 21, 2018

 

(Disclaimer: The following is an overview of the current situation based on intelligence leaks received from several sources which may or may not accurate. Other confirmed sources may also be included in this overview.)

Western nations have been used by the Cabal to serve as their main platform to financially dominate the global economy.

BRICS (the East) was formed back in 2006 to specifically counter the Cabal geopolitically and financially in order to remove Western (Cabal) dominance over the global economy.

The transfer of wealth from Western nations to Eastern nations is now occurring at a rapid pace.

The stage is being set to usher in the new Quantum Financial System (QFS).

The ushering of the QFS begins with the RV.

The first movie of this epic trilogy has begun and you have front row seats.

‘Enjoy the Show. Q’

FOR MORE INFORMATION ABOUT THE RV/GCR VISIT:

Intel | Dinar Chronicles
Find all the latest updates on the Global Currency Reset here. Dinar Chronicles Blog page has all the greatest Dinar stories and rumors from all the major Dinar...

 

RV / INTELLIGENCE ALERT「三部作」  2018年8月21日 Google翻訳

 

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確である場合もあれば、正確でない場合もあります。)

 

西洋諸国は、世界経済を財政的に支配する主要プラットフォームとしての役割を果たすために、カバールによって使用されてきました。

BRICS(東部)は、世界経済を支える西洋(にあるカバール)の支配力を排除するために、2006年に地政学的かつ経済的にカバールに対抗するために設立されました。

 

BRICS

BRICS (Brazil, Russia, India, China, and South Africa)

 

西欧諸国から東の国への富の移転は、今急速なペースで起こっています。

舞台は、新しい量子金融システム (QFS) の到来を告げるように設定されています。

 

QFS の先導は RV から始まります。

 

クオンタム

insspirito / Pixabay

 

この叙事詩三部作の最初の映画が始まっており、最前列の席を持っています。

‘ ショーをお楽しみください。Q

 

三部作 qanon

 

[映画1]
ショータイム。
>> BO >> CS >> BO >> NO >> CS >> NO >> BO >> [] [] [] [] [] []
のテキストメッセージを’選択’リリースするDOJを指示?
ときでした[ RRは ]関与を知る[ BO ] [ NO ][ RR ]CP FISAに署名する前に知ってい
たらどうなりますか?なぜ[ RR ]
議会の証言の下で質問に答えることを拒否する:実行前のFISAの読書?
誰がpg 380に署名したのですか?
誰がPG 389に署名したのですか?
誰がpg 390に署名したのですか?
誰が391ページに署名したのですか?
誰が396ページに署名したのですか?
https://vault.fbi.gov/d1-release/d1-release/viewは📁
誰である[4 1]ファイアウォール?
誰が署名しましたか?
ファイアウォール?
誰が署名しましたか?
ファイアウォール?
FISA [20]
「TRILOGY」。
ムービー1 [フル]: ‘スタート’
PLUS:HUSSEIN [ WH ]HRCと協力して指導したように、(x)第一外国仲間+他の隠密資産と共同して、米国の情報機関、国務省、(HRC)を設置するために、2016年の大統領選挙でRIGに共謀され、共謀され、フレームPOTUS(PROJECTION!)が作成され、緊急事態が発生する:緊急事態が発生する:曝露を予防するためのSAFEGUARDSおよびFIREWALLSのインストール、 、電源のエージェント、過去と現在、コントロールに残して、戦略的コーディネイト[ガイド付き]の XフレームのバラツキをキャッチするためにFAKE NEWS MEDIAのソース/ COVERT ASSETSを使用する暴力的、犯罪的、脅迫的な行為の公的な意識を妨げるように努力している。[映画1〜3件の全リスト]
あなたの近くの劇場にすぐに来る。
ムービー2 – このFALLに来る。
MOVIE 3 – TBA
ショーをお楽しみください。
Q

 

さいごに

 

Q投稿内容が、アラート情報に盛り込まれている

 

Qpostで三部作の投稿があり、QとRVの関連性が気になる人も多かったのではないか、と思います。

 

ですが、Qpostに書かれていたtrilogy(三部作)というキーワードが、今回のインテリジェンスアラート情報タイトルでした。

ということで、知りたかったことの答えが今朝の情報で分かったという意味で…。個人的には驚いています。

ただ、(見落としている内容が大半の)Q投稿内にRV情報が書かれているか個人的知らないため、なんとも言えない部分がおおいにあります。

なので、情報を冷静に受け止めて様子を見守りたいという感じです(*‘ω‘ *)

 

BRICS(東部)は、世界経済を支える西洋(にあるカバール)の支配力を排除するために、2006年に地政学的かつ経済的にカバールに対抗するために設立されました。

RV / INTELLIGENCE ALERT「三部作」  2018年8月21日 より

 

今回も、BRICSの話が登場しました。そして、Qpostの三部作。

今回のRVアラート情報では、この、二つの情報源(BRICSとQ)が織り込まれていました。

 

Qプランの動画より

 

Q投稿を読むと、現在大量逮捕に向けて計画が進んでいるということだけは理解できますが、RV情報は書かれていません。

ここで再び、Qプランの「世界を救う」を再び思い出してみたいと思います。

 

Q:世界を救う計画

 

動画の8分09秒辺りの箇所。

 

⑦(8:09)

良い人間たちは、世界を悪の組織から人々に取り戻す『計画』を立てた。

この『計画』には、たくさんの国々の協力がある。

なぜなら、犯罪者たちは国際的に連係していて、貿易やその他のインフラが連動し合っていたからだ。

 

アメリカは2つの選択肢に絞った。

 

ホワイトハウスに入り込んだ秘密結社の傀儡から政府を奪い返すために軍のクーデターを起こすこと。

または、NSAを手中に収め、奴らの犯罪を暴露して犯罪者を一網打尽にし、合法的に勝利することだ。 明らかに、最初の選択肢の方がかなり多くの人々の迷惑にはなる。

まだ多くの人々が、秘密結社がでっち上げた社会システムを信じ込んでいるため、暴動が起きかねなかった。

 

やはり、2番目の選択肢でなければならなかった。

 

そこで、良い人たちは大勝できる候補者を必要とした。

カリフォルニアなどの多くの州では犯罪者たちが圧勝しており、どちらに投票しようが、投票機は自動的に犯罪者に多く票が入るように設定されてさえいた。(不正選挙) 圧倒的勝利をおさめる必要があった。

アメリカ軍の心正しい愛国者と、彼らの世界的協力者たちが、トランプに大統領選に出馬するように依頼した。

人々を驚かすことなく、合法的にアメリカを国民の手に取り戻すために。

 

抜粋引用元:めざまし政治ブログ さんより

 

この動画のこの部分。

良い人間たちは、世界を悪の組織から人々に取り戻す『計画』を立てた。

この『計画』には、たくさんの国々の協力がある。

なぜなら、犯罪者たちは国際的に連係していて、貿易やその他のインフラが連動し合っていたからだ。

 

改めてなのですが。

インテリジェンスアラート情報に再び登場したBRICSが、Qプラン動画に登場する「良い人間」と考えることができるのではないかと思いました。

 

そしてこの部分。

NSAを手中に収め、奴らの犯罪を暴露して犯罪者を一網打尽にし、合法的に勝利することだ。

 

Qanonと密接に関わって現在活躍されているトランプ政権は、「NSAを手中に収め、奴らの犯罪を暴露して犯罪者を一網打尽にし、合法的に勝利することだ。」選択の結果。

また、Qanon情報は「良い人間」が考えた計画の中の一つであり、RVもそうなのだろう。

と、動画内容を改めて読み直し、そうではないか?と考えました。

 

連載されているこの「インテリジェンスアラート情報の情報源」は、「良い人間」に当てはまるであろうBRICS から間接的に受け取った内容である。と考えられるのではないか、と…。

 

この叙事詩三部作の最初の映画が始まっており、最前列の席を持っています。

‘ ショーをお楽しみください。Q

 

というQのアドバイス通り、ゆったりした気持ちでショーを楽しみたいな、と。

ちょっと早起きしすぎたので、とりあえず…もう一度寝ようと思います。

 

コメント

  1. 名もなき覚醒者 より:

    睡眠時間を削っての深夜に及ぶ重要情報の翻訳及び分析と考察、誠にお疲れ様です。(^^)/
    今回は特にRVに関するワードが随所に見られましたね。
    ところでそのRVの件なのですが…。確か先月の末にジンバブエで
    今後のイベント成功を左右する極めて重要な大統領選があり、
    結果、人類解放側の候補者が無事大統領に当選しましたよね。
    あれから約1ヶ月弱経ちましたが、何かジンバブエで大きな動きはあったのでしょうか?何しろspiritual-lightさんの分析では
    ジンバブエからRVの動きが始まるとのことでした。
    ここ最近はトランプさんの動向とQ情報にばかり関心が向いていて、
    ジンバブエ情勢のことをすっかり忘れていました。(;^_^A
    それぞれに別個に動くこれらの情報が、ある日、ある瞬間に
    一見無関係に思えたものが全て一つの線で繋がり、ピースがカチっと揃う時が
    極めて近い時期に訪れると信じています。
    その瞬間こそが私達が信じる「イベント」なのでしょうね。o(^▽^)o

    • huku より:

      名もなき覚醒者さんへ

      ありがとうございます(*’▽’)

      え?え?ジンバブエ?

      この件は、もしかすると、すでに計画通りに進んでいるような…(´・ω・`)うーーん。

      2016年から2017年にかけて、トランプは改装された選挙で勝った。
      カバールはそれをヒラリーに有利にした。 3人の手紙代理店の間で秘密の戦争が起こって、
      ヒラリーが義務付けられた選挙に勝利するのを防いだ。
      操作は成功し、トランプが発足した。

      2017では、BRICS の選択 ムンガガワ は、ムガベ以上のジンバブエの制御を前提としています。

      現在、ムンガガワはジンバブエ初の総選挙で勝利しました。

      ジンバブエの通貨が合法的入札になることを可能にする、ジデラ改正法案が署名された。
      これにより、BRICSはジンバブエの資産(同意を得て)を利用して
      RV / GCRとGESARAに資金を提供することもできます。

      https://olive.99huku.com/olive/rv-intelligence-alert-2018-8-11/

      ↑↑↑ ↑↑↑
      そうそう!

      この記事に書きました。そうです(^^)/。

      そう、今日のGCR経由のIntel情報が、すごいんです。RV情報なのですが…。

      ちょっと、もう寝ようかな?と思いつつ、

      割とこのブログ経由で、Intel情報を読む人もいてくださるので、
      かけるところまで書いちゃおうかとも…。

      うーーん。書くまで、もたもたするのですが、書き始めると書けるタイプです(;・∀・)
      と、コメントと関係ない話を書いてしまい、ごめんなさい。

      最近。自分で調べつつ、こうやって書いていると。
      なんとなく前より、イベントが信じられるようになってきた、ということだけは言えます。

      そういう意味でも、書けるときはメモ書きのような形になるけれど、書こうかな~と…。

      とりとめのない事を書いてしまい、すみません。

      ではでは~

タイトルとURLをコピーしました