RV / INTELLIGENCE ALERT「柔軟」 -2018年11月11日

スポンサーリンク
インテル アラート
kudybadorota / Pixabay
スポンサーリンク

RV / INTELLIGENCE ALERT「柔軟」 -2018年11月11日

これはカバールが蔓延した政府をさらに暴露し、現在の財政システムが世界を負債と貧困に陥らせないようにするスキームとして暴露されるようにします。ー本文より、抜粋ー他、進行状況分析などなど

 

スポンサーリンク

RV / INTELLIGENCE ALERT「柔軟」 -2018年11月11日

 

RV / INTELLIGENCE ALERT「柔軟」 -2018年11月11日

MichaelGaida / Pixabay

 

RV/Intelligence Alert: "Soften" -- November 11, 2018
People who are faint of heart, turn away NOW. This website contains top secret and classified information. See people exposed of fraud and crimes.

 

RV/Intelligence Alert: “Soften” — November 11, 2018

 

Operation Disclosure

RV/INTELLIGENCE ALERT – November 11, 2018

(Disclaimer: The following is an overview of the current situation based on intelligence leaks received from several sources which may or may not accurate. Other confirmed sources may also be included in this overview.)

 

Massive voter fraud during the US midterm elections is set to be revealed via a massive sting operation.

This will further expose the Cabal-infested government which will also lead to the current fiat financial system being exposed as a scheme to keep the world in debt and poverty.

The integrity of the stock market would then be ruined thus causing it to collapse and therefore making way for the new quantum financial system (QFS).

The private currency redemption event (RV) will begin during this time.

The way of life as we know it will be exposed as a lie to keep us enslaved for the Cabal to profit.

This would cause worldwide public anger and unrest which is when GESARA will come into play to soften the blow.

The main goal of the Alliance is to provide reason to the global population for sudden change.

GESARA will be introduced at the right time when the world needs it.

 

FOR MORE INFORMATION ABOUT THE RV/GCR VISIT:

Intel | Dinar Chronicles
Find all the latest updates on the Global Currency Reset here. Dinar Chronicles Blog page has all the greatest Dinar stories and rumors from all the major Dinar...

 

RV / INTELLIGENCE ALERT;「柔軟」 -2018年11月11日

 

soft

Nietjuh / Pixabay

 

 

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確である場合もあれば、正確でない場合もあります。)

 

米国中期選挙中の大規模な有権者詐欺は、大規模な刺し作業によって明らかにされる予定です。

これはカバールが蔓延した政府をさらに暴露し、現在の財政システムが世界を負債と貧困に陥らせないようにするスキームとして暴露されるようにします。

株式市場の健全性が損なわれ、それが崩壊し、新しい量子金融システム(QFS)の道が開かれます。

 

この間、民間通貨償還イベント(RV)が開始されます。

私たちがそれを知っているような生活様式は、カバールが利益を得るために私たちを奴隷にしておくための嘘として公開されます。

これは世界的な公的怒りと不安を引き起こし、GESARAが打撃を和らげるために出場する時です。

同盟の主な目標は、急激な変化のために世界人口に理由を提供することです。

GESARAは、世界が必要とする適切な時期に導入されます。

 

RV / GCR訪問の詳細については:

Intel | Dinar Chronicles
Find all the latest updates on the Global Currency Reset here. Dinar Chronicles Blog page has all the greatest Dinar stories and rumors from all the major Dinar...

 

その他

 

こんにちは。

お昼までに終わらせたい家事が、やっと終わりました。アラート情報の紹介記事の作業が、お昼に回るなんて(;’∀’)

ですが、今回のアラート情報と、あたらしいQの更新情報、twitterのタイムラインと照らし合わせができました。答え合わせが出来ているため、「これはこれでいいのかもしれない」、と思いました。

 

中間選挙不正事件は、カバール追放のための道筋

 

米国中期選挙中の大規模な有権者詐欺は、大規模な刺し作業によって明らかにされる予定です。

 

日本メディアは、この情報を流していないのではないかと思いますが(;’∀’)おそらく、今のところ耳にしていません。ですが、かなり大きな問題になっているようです。

 

ポニョさんの解説で、Qの不正選挙関連投稿について見てみたいと思います。

 

今、フロリダやアリゾナ州で、トンデモナイ日本では考えられないような不正選挙がまかり通っていますが、Qは白票は一体どこから持って来たんだ。それを突き止めればよいのだ。それがキーだ。と投稿していましたが、Qがそのように投稿した時は、Qはすでにそれらがどこから持ち出されたかを知っているのです。

Qアノン情報11/12機密書類の開示が迫る

 

実際の投稿です。↓↓↓

 

Q#2479

WHAT IF THE BELOW COULD BE PROVEN?
1-Election + D party officials filled out many thousands of blank ballots?
2-Election + D party officials removed and destroyed ‘legal’ ballots?
3-Election + D party officials deliberately organized non-citizen voting?
4-Election + D party officials in [XX] locations across the US [under lock & key] stored many thousands of ‘blank’ ballots for purposes of ‘altering the vote total’?
Who safeguards ‘blank’ ballots?
Who issues ‘blank’ ballots?
Who controls ‘blank’ ballots?
How many ‘blank’ ballots are generated vs. total county pop?
THE CONTROL AND ISSUANCE OF BLANK BALLOTS IS KEY.
Why did the same counties [under dispute today] REFUSE to turn over voter registration information upon request to the Voter Fraud Commission?
Why was the Voter Fraud Commission disbanded and turned over to DHS?
What vested auth does DHS have compared to a commission body?
https://www.washingtonpost.com/politics/without-evidence-trump-and-sessions-warn-of-voter-fraud-in-tuesdays-elections/2018/11/05/e9564788-e115-11e8-8f5f-a55347f48762_story.html?utm_term=.db84f6960764📁
Enemy @ the Front Door.
Q

 

もし下が判明したらどうなりますか?
1-Election + D党の関係者は、何千もの空白の投票用紙を記入しましたか?
2選挙+ D党の職員が「合法的」投票用紙を削除して破壊したか?
3選挙+ D党の関係者は意図的に非市民投票を組織した?
米国の[XX]拠点の4選挙+ D党の関係者は、「投票総数の変更」の目的で何千もの「空白」投票用紙を保管していましたか?
誰が「空白」の投票用紙を守るのか?
誰が「空白の」投票用紙を発行するのですか?
誰が空白の投票用紙を管理していますか?
総郡ポップと比べて、いくつの「空白」投票が生成されていますか?
ブランクボールの管理と公表は重要です。
同じ郡がなぜ今日紛争を起こしていたのですが、投票者詐欺委員会への要請に応じて有権者登録情報を引き渡すことを拒否したのはなぜですか?
投票者詐欺委員会が解散し、DHSに引き継がれたのはなぜですか?
DHSは手当委員会の身分と比較してどのような優先権を有するのですか?

https://www.washingtonpost.com/politics/without-evidence-trump-and-sessions-warn-of-voter-fraud-in-tuesdays-elections/2018/11/05/e9564788-e115-11e8-8f5f-a55347f48762_story.html?utm_term=.db84f6960764📁
Enemy @ the Front Door.
Q

 

 

単純に、アメリカの不正選挙として片付けられるのではなく、これはプロジェクト進行中の流れですよ。とアラート情報で説明してくれています。この11月11日に、どかーんと、GESARA発表を待っていた人たちにとっては、忍耐が持たないかもしれません。(;´・ω・)

 

アライアンス情報の流れ、進行状況、コーリーさんの証言

 

この辺りを先回りして、コ―リーさんがアライアンスからの情報をあえて説明しています。というよりも、文脈からしておそらく「アライアンスから情報をもらう=拡散よろしく!コーリー✋」みたいな感じだったのかな?と、コーリーさんの様子を見ていると、そう感じました。

そう感じたのは、私だけでしょうか。(;’∀’)

 

いくつかの選択された情報源から、特定のアライアンス・インテリジェンス・アイテムを漏洩させ、情報を一般公開して、インテリジェンスをより高いレベルのアライアンス支部に広めるように言われました。

 

コーリーさんが、アライアンスの情報の道筋を説明しています。

このややこしい、情報拡散方法の理由は、こうです。

 

アライアンスが、この仕事の大部分を完全に秘密裏に行うことを望んでいる

 

わたしたちは、知らない間にアライアンスの枝葉となって、情報拡散していたわけですが、緻密な計画のもと私たちは、予有通り行動していたということにもなります。

それって、なんとなく嬉しいような気がするのは、犬っぽいからでしょうか。革命のお手伝いを知らない間にしていのかぁ~(*’▽’)と、単純思考な私は、そう思ってしまいます汗。

 

プロジェクトは見えない部分で進行している、という内容とともに、拡散情報が今回、アライアンス活動の大切な要因であるということを教えてくれています。これは、ピンポイントに表面的に、状況が発表される可能性が低くなりますが、だからといって、進行していないというわけではないということも、この辺りから理解できます。

それでも、11月11日は、大切なキーとなる日であることは間違いないかと思います。

 

アラート情報、カバール追放活動に選挙がキーとなると前振り説明

 

これ(中間選挙の不正事件)は、カバールの追放活動の一環だと、前回、アラート情報で説明がありましたが、再び。

↓↓↓ ↓↓↓

これはカバールが蔓延した政府をさらに暴露し、現在の財政システムが世界を負債と貧困に陥らせないようにするスキームとして暴露されるようにします。

 

日程予測は、難しい、それなりにGCRの共和国復元で説明

 

がーんと来る人も多かったかもしれません、11月11日、普通じゃん。と。

 

でも、これはGCRの共和国復元に、それとなくこの情報に関連するメッセージが毎度毎度盛り込まれています。なので、ここは私的には、そうだよね、となりました。(^^;。

皆様は、今回の状況をどう判断されましたでしょうか?

 

GESARAは、世界が必要とする適切な時期に導入されます。

 

しつこいようですが…「だからといって、進行していないわけではない」と、あちこちで説明されています。

 

もし、心配になったときは、Qアカウントを拾い読みすれば、進行状況が止まっていないことを確認できるかもしれません。

とにもかくにも、タイムリミットを正確にするべきなのか、プロジェクトを完全に完了させるべきなのか、どちらが大切かを考えてみると、再び忍耐が戻ってくるかもしれないと、忍耐が取り柄の私は、そう感じます。

 

この人生耐えに耐えてきたので耐えることが普通になってきたから、そういえるのかな(;’∀’)アハハ…

どういう心境かといえば、ランニングハイみたいな感じでしょうか。

それが、今ずーっと昨年の夏くらいから、起こっている状態です。(;^ω^)

 

 

 

https://twitter.com/RealEyeTheSpy/status/1061703167950405633

 

ベンジャミンさんの11月11日の話

 

このタイミングで、@PFC JAPAN1さんから、フルフォードさんの最新情報記事が更新されました。嬉しいですね。夜か、明日には、「嗚呼、悲しいではないかさん」も、きっと更新してくれると期待しているのですが、今回は、動画による最新情報です。

 

第一次世界大戦終結から100周年を迎えた今年11月11日、世界権力の最高峰で「新たな国際的枠組み」の方向性が決まったと複数の東西結社筋が伝えている。

その方向性とは、欧米側の結社筋の言葉を借りれば「キリストと観音様の結婚」なのだそうだ。まだ詳しいことを発表できる段階ではないが、地球改善のため、無制限に資金が拠出される道筋もおおよそ見えてきたという

米中間選挙の結果と司法長官セッションズ更迭の意味より

 

驚きです。何それ。って、ここは純粋につっこみたいと思いました。

別に、いいとか悪いとか、そういうことではなく、なんというか、すごく抽象的っぽい説明です。面白いとも思ってしまったのですが。

 

ということで、今後も目が離せません。

ああ、子どもが帰ってくるΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)…

コメント

タイトルとURLをコピーしました