RV / INTELLIGENCE ALERT「プロキシ」2018年9月5日 | インテル アラート

RV / INTELLIGENCE ALERT「プロキシ」2018年9月5日

インテル アラート

RV / INTELLIGENCE ALERT「プロキシ」2018年9月5日 

今回は、二日ぶりのアラート情報です。ニュースでも取り上げられていた。シリア空撃に関する真相についてです。他、地政学ニュースも紹介させてもらいました。

 

RV / INTELLIGENCE ALERT「プロキシ」2018年9月5日

 

RV / INTELLIGENCE ALERT「プロキシ」2018年9月5日

thommas68 / Pixabay

 

RV/Intelligence Alert: “Proxy” — September 5, 2018

 

 

Operation Disclosure

RV/INTELLIGENCE ALERT – September 5, 2018

(Disclaimer: The following is an overview of the current situation based on intelligence leaks received from several sources which may or may not accurate. Other confirmed sources may also be included in this overview.)

A global take down operation of the Cabal has been on-going for the past several days since the Cabal’s communications and satellites were taken offline.

The termination of the Cabal’s communications and satellites was timely for the offensive on Idlib. The city of Idlib is the last remaining major city of the rebel opposition in Syria.

The offensive of Idlib is a significant geopolitical event that signifies a proxy battle between the BRICS and the Cabal.

Mechanisms have been put into place by the White Hats to trigger an instantaneous transition of the current financial system to the new quantum financial system (QFS).

The mechanisms will be triggered once the RV begins.

Sources continue to be told to stay alert for the next 24-48 hours for the RV exchanges/redemptions to begin.

FOR MORE INFORMATION ABOUT THE RV/GCR VISIT:

Intel | Dinar Chronicles
Find all the latest updates on the Global Currency Reset here. Dinar Chronicles Blog page has all the greatest Dinar stories and rumors from all the major Dinar...

 

RV / インテリジェンスアラート:「プロキシ」 – 2018年9月5日

 

9/05/2018 12:53:00 PM Dinarland、GCR、地政学、RV、秘密のニュース

操作の開示

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確である場合もあれば、正確でない場合もあります。)

カバルの通信と衛星がオフラインになってから、過去数日間、カバールのグローバルなオペレーションのテイクダウンは継続中です。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

 

Idalb市攻撃のときに、Cabalの通信と衛星の終了はタイムリーでした。Idalb市は、シリアで反政府勢力の最後の残りの大都市です。

Idlibの攻撃は、BRICSとCabalの代理戦を意味する重要な地政学的イベントです。

 

現在の金融システムの新しい量子金融システムへの瞬時の移行を引き起こすために、ホワイトハットによってメカニズムが導入されました。

RVが開始されると、メカニズムが起動されます。

ソースは、RVの交換/償還が始まる24-48時間の間、警戒を続けるように指示され続けています。

 


 

 

地政学から見る流れ

 

今回のアラート情報にあった地政学イベント的イベントという情報ワードですが、なんとなく気になっていました。後ほど、今から紹介する記事が更新されていました。

今回、世界通貨リセットが起こるまでのプロセスを、スプートニクインターナショナルの記事から抜粋して、情報提供された記事です。ディープステートの金融システムから解放に向けて、他国がどのように過去から準備してきたかという点が、まとめられたいます。

ということで、こちらもご紹介します(^^)/

 

スプートニクインターナショナル https://sputniknews.com/

Sputnikは、ニュースフィード、ウェブサイト、ソーシャルネットワーク、モバイルアプリ、ラジオ放送、マルチメディアのプレスセンターを含む最新の通信会社です。Sputnik HQはモスクワにあります。米国(ワシントンDC)、中国(北京)、フランス(パリ)、ドイツ(ベルリン)、エジプト(カイロ)、英国(ロンドンおよびエジンバラ)を含む主要地域および主要国に地域事務所があります。 。この機関は、国際的な視聴者を対象とした世界の政治・経済ニュースを扱っています。

 

大規模な多発攻撃の後、ディープステートは死の淵に

 

Pope Francis passes by a banner of a protester as he leaves after visiting St Mary’s Pro-Cathedral, in Dublin, Ireland, Saturday, Aug. 25, 2018. Pope Francis is on a two-day visit to Ireland. (AP Photo/Matt Dunham)

 

 

新しい金融システムを確立する世界的な努力のまわりに10年前漏らされたこと(すなわち至る所で戦争を蒸し続けた銀行家の保証されない力を切り詰める世界的な交換のために自主豊富ベースの通貨を含んでいる世界的なリセット)は、現在速く現実になっています。

イランとイラクだけの間で、外国の大国を彼らの相互の境界の中で行われる商業に巻き込むのに十分それが愚かであるように、彼らは「相互に有益な」協力において、そして、米ドルを使用をやめることにしました。

テヘランの国際貿易相手国は、イランとのビジネス関係を解消するというワシントンの圧力に反し、イスラム共和国との相互利益のある協力を維持することを決意しています。

イラクとイランの商工会議所のヤハ・アル・イシャク会長は、イラク当局は、イランとの貿易作業に米ドルとユーロを使用することを中止したことを明らかにしました。

「我々はドル取引を断念し、貿易取引の大部分はユーロ、イランのリヤルとイラクのディナールになるだろう。」と、あるケースでは相互に有益な交換制度が想定されていると指摘しました。アル・イシャク氏によると、イランとイラクの年間平均貿易総額は80億ドルとのことです。

イラクのハイダール・アル・アバディ首相は、バグダッドがイランに対する米国の制裁措置を、銀行部門だけで実施し、ドルを放棄することを確認したとのことです。彼は、制裁の観点から、イランとの金融取引について議論するため、ワシントンに代表団を送ると付け加えました。

 

https://sputniknews.com/business/201809021067688904-iraq-iran-trade-dollar/

 

「イランに対する米国の制裁措置を、銀行部門においてのみドルを放棄して実施することは確かである。それは、旧式の『サダムフセインの独裁者の救い主』に対する敬意を失い始めるときの1つの方法だ」

トルコは、NATO同盟に利便性を保つよう圧力をかけるため、金融機関を標的とした米国の制裁に対応して、金額のドルからも遠ざかっています。

今週、トルコのレプ・タイイップ・エルドガン大統領は、ムーディーズやフィッチなどの欧米の格付け機関において、トルコ経済についての否定的見直しを行って、銀行セクターを混乱させている、と非難しました。

レフ・タイイップ・エルドガンは、キルギス首都ビシュケクのトルコ・キルギスビジネスフォーラムで、通貨操作が「トルコの強固で安定した経済に疑念を投げかけよう」と述べました。

アナドル報道官は、「ドルの独占を徐々に終わらせる必要がある」と指摘しました。

また、ロシアや他の国との貿易でドル以外の取引を追求することを誓いました。

「アメリカは野生のオオカミのように振る舞い、信じてはいけません。ドルを使うだけで、私たちは傷つけられますが、私たちはあきらめないでしょう。」

 

https://sputniknews.com/business/201809021067684721-turkey-dollar-monopoly-national-currency-trading/

 

ドルの支配を終わらせる動きは、10年前にアジアから始まりました。

そこでは、世界の金融システムのバックボーンを形成したハード資産のほとんどが当初から始まっていました。

このイニシアチブは、ロシアが加盟した後、BRICS同盟の設立に至り、残りは歴史につながりました。

 

昨年、インド準備銀行(Reserve Bank of India)は2009年以来の初めての大規模購入で8.6トンの目標を買いました。

ニューデリー(Sputnik):インド準備銀行(RBI)は、前会計年度(2017年4月から2018年3月)に8.46トンの金を購入した。

RBI(インド準備銀行)は、年次報告書で、2017年6月30日の557.77メートルトンと比較して、2018年6月30日現在で566.23トンの金を有し、2009年以来初めて金を購入したことを示したアメリカのサブプライム危機に続き、200メトリックトンの貴金属を購入しました。

インドは、国際的な準備資産の一部として物理的な金を積極的に積み重ねている中国やロシアといった他のBRICS諸国のリーグに加わりました。

 

https://sputniknews.com/business/201809041067734784-india-accumulates-gold/

 

2012年初めには、金融監督者と高位の銀行家が大量に辞任し、最終的にはラッツィンガーのローマ法王が辞任しました。

 

今や、ロシアは、決済システムとの一貫性を維持しています。

ロシアは、中東、東南アジア、ラテンアメリカ、アフリカ諸国との間で、通貨の決済に移行するため積極的に取り組んでおり、デニスマントローブ商工大臣は、スプートニクに語りました。

「このプロセスは迅速ではなく、国家通貨への移行」であり、制裁への対応ではなく、商業銀行の業務に関する数年にわたる体系的な実践と蓄積された実践経験を有しているそして中央銀行は、我々がこの作業を行うことが有利な国々で働いている」と述べました。

「これは欧州諸国に適用され、中東、東南アジア、中南米、アフリカ諸国の国々には適用されない」と彼は付け加えました。

ロシアの自動車メーカーは部品供給のためにトルコとの支払いで国の通貨に切り替えており、多くの企業がそのような計画を発表している、とデニス・マントロフは述べた。

閣僚によると、トルコの生産者たちは、「現在、大きな喜びで国の通貨での取引に切り替える」と述べた。

 

https://sputniknews.com/world/201809041067727936-russia-national-currency/

 

反Deep State財政攻撃に関連して、ルシファーの家での誤った預言者の高度に調整された公開が、最終的に主流の意識に突き当たった。

もはや、アイルランドで召されたイスラエルの大使は、もはやアイルランドでは歓迎されず、カトリックの司祭たちはどこにいても、老人のように逃げ始めています。

 

The Luciferian Vatican Empire is Imploding

 

上記のすべてと、深い国の武装した傭兵に残るものに対する強力な抑止力を提供しようとする軍事同盟の継続的な再編成と相まって、現在最も重要な発展の1つになっています。

この線に沿って、1960年代のロシアと中国を忘却しようとする計画について、もうひとつの大きな暴露がなされました。これは、今や、世界中のディープステートの傲慢さを終わらせるための最終的な強制的措置に強い刺激を与えるはずでしょう。

 

しかし、多極化したユーラシアとASEAN諸国との間のこの前例のない協調が成功したとしても、これは私たちが受け入れられる理想的な状況ではありません。

 

最後に

 

今日、再び日本で地震が発生。北海道全域、停電に見舞われて新千歳空港閉鎖、巨大な台風が過ぎ去った後にこれです。

 

 

本日の地震は、日本のみではなかったと先ほど知りました。RVの朝の情報から 、一気に落ち込みそうになりました。つい、感情的に情報にしがみついていたのですが、こういう時こそ、やれることをしておかないとなぁと、気持ちを切り替えることに。

ここに来て、日本のQanonを応援する人も増えてきましたが、陰謀論情報を分析して、反論する人も少しずつ目立ってきているといった感じです。

日本では、この情報を読み取り、理解するくらいしか、何もできないため、賛否両論が出ても仕方がないですし、それがプロジェクトの足かせになるほどの力があるとは思えません。ただ、そんな中でも、信頼できると個人的に思う情報を伝えられればいいなぁと思っています。

 

アメブロは、おっさんみたいなことしか書いてませんが(;’∀’)…

おばちゃんですけれど。おっさん風味です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました