RV / INTELLIGENCE ALERT 「運命」2018年9月19日 | インテル アラート

RV / INTELLIGENCE ALERT 「運命」2018年9月19日

インテル アラート

RV / INTELLIGENCE ALERT 「運命」2018年9月19日

ジンバブエから読み取るRV進行状況、ジンバブエと米国の経済関係性に関する情報、連邦準備理事会に関するIntel情報、ダンさんのPDFに関するもやもや解消した件などを紹介したいと思います。

 

RV / INTELLIGENCE ALERT 「運命」2018年9月19日

 

RV / INTELLIGENCE ALERT 「運命」2018年9月19日

mploscar / Pixabay

 

RV/Intelligence Alert: “Fate” — September 19, 2018

 

Operation Disclosure

RV/INTELLIGENCE ALERT – September 19, 2018

(Disclaimer: The following is an overview of the current situation based on intelligence leaks received from several sources which may or may not accurate. Other confirmed sources may also be included in this overview.)

 

The fate of America’s economy is in the hands of China and Zimbabwe.

The U.S. economy is doomed to collapse without an asset-backed currency.

The U.S. requires Zimbabwe’s rare earth minerals to support an asset-backed currency.

China is Zimbabwe’s supplier of rare earth minerals.

Zimbabwe is currently in limbo until the country’s national debt is cleared.

The RV is the cure to Zimbabwe’s national debt.

 

Once Zimbabwe’s national debt is cleared upon the worldwide redemption of Zim bond notes, the country will begin issuing a new asset-backed currency under the QFS.

The QFS is key to supporting each country’s asset-backed currency.

The U.S. is next after Zimbabwe to issue a new asset-backed currency under the QFS.

The Cabal’s fiat monetary system has been keeping Zimbabwe and all of Africa from utilizing its vast mineral wealth for the QFS.

Signs of economical collapse may begin to occur by October if the RV does not begin.

GESARA demands all sovereign nations to have asset-backed currency.

All is being done to make this massive transition a reality.

Zimbabwe President Mnangagwa is scheduled to speak at the UN next week.

Zimbabwe is the real life Wakanda.

"Black Panther at the UN" - GCR/RV Thought (Video) - 9.19.18
The Official Dinar Chronicles Blog Page containing your daily Iraqi Dinar intel, rumors and news updates.

 


 

RV / INTELLIGENCE ALERT :「運命」2018年9月19日 日本語訳

 

インテリジェンスアラート「運命」2018年9月19日 pm 01:16:00 

 

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確でない場合もあります。)

 

アメリカ経済の運命は中国とジンバブエの手にあります。

米国経済は、資産担保通貨なしで崩壊する運命にあります。

米国は、資産担保通貨をサポートするためにジンバブエの希土類鉱物を必要とします。

中国はジンバブエの希土類鉱物のサプライヤーです。

ジンバブエは、国の国家債務がクリアされるまで、現在どっちつかずです。

RVは、ジンバブエの国家債務に対する治療法です。

ジンバブエの国家債務がジム債券の世界的な償還に伴い解消されると、国はQFSの下で新たな資産担保通貨の発行を開始します。

 

QFSは、各国の資産担保通貨を支援する鍵です。

米国はジンバブエに次いで、QFSのもとで新たな資産担保通貨を発行します。

カバールのフィアット金融システムは、ジンバブエとアフリカ全土が広大な鉱物資源をQFSに利用することを妨げてきました。

RVが始まらない場合、経済的崩壊の兆候は10月までに起こり始める可能性があります。

GESARAは、すべての主権国に資産支援通貨を要求している。

この大規模な移行を実現するために、すべてが行われています。

ジンバブエ大統領エマーソン・ムナンガグワは来週国連で話す予定です。

ジンバブエは現実のワカンダです。

 

ワカンダ(Wakanda)は、マーベル・コミックより出版されているアメリカン・コミックスに登場する、アフリカの架空の国[1]。アフリカ先住民の国々の中でも主要とされ、スーパーヒーローのブラックパンサーの本拠地およびヴィブラニウムの原産国でもある。

Wikipediaより

 

"Black Panther at the UN" - GCR/RV Thought (Video) - 9.19.18
The Official Dinar Chronicles Blog Page containing your daily Iraqi Dinar intel, rumors and news updates.

 

ジンバブエ大統領エマーソン・ムナンガグワは来週国連総会で演説する予定です。

ムービープレビュー… https://www.youtube.com/watch?v=jsOun4fQ0PMhttps://youtu.be/fxkZ4MF36KQ

 

Marvel's Black Panther: "UN Meet and Greet" Exclusive Deleted Scene

 

Black Panther At UN

 

RV / GCR訪問の詳細については:

http://www.dinarchronicles.com/intel.html

 

その他

 

昨日、インテル情報を拾い読みしていたのですが、RVに関連する情報がざわついている様子を感じ取りました。今回リンクした動画に関して、まだしっかり読み取っていません汗。

Operation disclosure では、たびたびノースカロライナ州の情報で、危機感を覚える記事が投稿されていたのですが、Intel内に報告された情報を読む限り、なんとなく大丈夫な印象も読み取りました。

 

連邦準備理事会(FRB)の免許が取り消された

 

記事がインテルで紹介されていたTankさんのサイトの読み、凄いと思いました。見落としているような内容でした。

紹介された記事によれば、「先週金曜日、連邦準備理事会(FRB)の免許が取り消された2018年9月14日、これらの鏡はすべてダウンしました。」との事でした。

 

記事を抜粋したいと思います。

↓↓↓ ↓↓↓

銀行は現在、何もないクレジットを発行している。基本的には、法的権限なしでシステムに入力されたデータエントリです。長い間、Rothchild’sは実際に割り当てられた資金があるかのように見せかけて「鏡」を持っていました。

先週金曜日、連邦準備理事会(FRB)の免許が取り消された2018年9月14日、これらのミラーはすべてダウンしました。

“銀行にはお金がない” – SPEAK Update – Tank – 9.18.18

 

進展ある内容だと思いました。反対意見も投稿されていましたが…。

この件も、アラート情報で伝えられるのか、と思っていましたが、その情報ではなかったです。

 

今回のアラート情報で、強いインパクトを受けた部分ですが、米国の運命が、ジンバブエによるものというニュアンスからすると、あとも先もジンバブエの流れしか選択がないという箇所です。RVプロジェクトにおいて、計画の一環なのだろうと思っているのですが…。

 

米国はジンバブエに次いで、QFSのもとで新たな資産担保通貨を発行します。

カバールのフィアット金融システムは、ジンバブエとアフリカ全土が広大な鉱物資源をQFSに利用することを妨げてきました。

 

ダンさんのPDF情報より

 

GCRによる 共和国の復元 2018年9月17日 より

–ダンさんのPDFによるるもやもや感について–

 

ダンさんのPDFと、Jordanさんが昨日更新されたイリュージョンを破壊するのビデオです。

この件について、どちらが先に更新されたのか、いまいち分かりませんが。

 

ダンさんの20日夜というタイトルだったかと思います。こちらのテキストをスマホで文章起こしして、内容チェックしたところ、Jordanさんが説明している内容と一致するものがありました。

さらに、ダンさんは、テキストをJordanさんに送ったと説明していました。

う—ん?どういう繋がりになっているの?(=_=)⁇

 

このダンさんのPDFですが 、スマホ翻訳のため、文章のつながりが解読しにくい状態なので、内容そのものが 理解できなかったのです。

でも、なんとなくクローンをイメージする内容であったりとか、(おそらく地下の)シェルターについて書かれていました。

 

個人的にいろいろ気になり、しっかりテキストをパソコンに移してから内容を読み込むことにしました。その結果、私の心配していた事柄は、翻訳機によるものだということが分かりました。

 

Jordanさんとダンさんの情報交換の件

 

テキストをしっかり調べてみて分かったのですが、どうやらダンさんが、Jordanさんにテキストを送付したのではなく、Jordanさんからダンさんに情報提供したということが分かりました。

後、今回のテキストを読み、アラート関連がテキストには書かれていませんでした。ということで、いつも紹介しているアラート情報提供者さんが、ダンさんの可能性が低くなりました。

 

そうなってくると、また別の問題です。天文台の閉鎖に関連する情報の真相についてです。

昨日は、ダンさんのテキストの日本語に直すという作業で一日終わってしまったため、他の情報には全くもって目を通していないに等しく、目の前に霧がかかってしまったような気分です。

ダンさんの情報は、これはこれでとても勉強になったため、良かったと思ったのですが(*‘ω‘ *)。

 

不安要因–クローンの話の勘違い

 

クローンをイメージする内容は、書かれていませんでした。どうやらダンさんが台風のために体が衰弱した箇所で、もとの体に戻すという意味だったらしいのです。

この箇所をスマートフォンで調べてみた結果、「私たちの遺体を再生します」と翻訳されていたのです。

Σ(゚Д゚)…。衝撃的でしたし、大丈夫なんだろうか、と大変不安に思いました。

 

内陸という箇所を、勝手にインナーワールドと思っていた件

 

度々、内容説明のイメージが、高次元的なメッセージと重なる点がいくつかありました。そのため、内陸に関して、「インナーワールド」と思いながら、読んでいたような気がしました。

cobraや、コーリーさんが説明する地下社会というニュアンスです。

 

うーーーーん。

ですが、そういえば、内陸の洞窟の中という説明がありました。

ちなみに、私が読んだテキストは、2018年9月16日の20時のものです。

また、テキストを機械が読み込めないような書き方でしたので、読み取るのは時間がかかるものでした。

という意味から、ブログにはアップしない方がいいのかな?と思いました。うーーーーーん。テキストを自由に使ってくださいという箇所もありましたが。ちょっと分かりません。

 

気になるツイート

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました