「再:QFSがどのように意図するか」 – One of One より

スポンサーリンク
One of One
annca / Pixabay
スポンサーリンク

「再:QFSがどのように意図するか」 – One of One より

今回は、常にQFSに対する意見対立と感じる謎の部分について、まさかと思える存在からのメッセージ投稿でした。個人的には、この分野が、10年前の最初の出発地点であるため、大変懐かしい感覚と愛を受け取りました。

人にとっては、受け入れがたい内容となるかもしれませんが、良かったら参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

「再:QFSがどのように意図するか」 – One of One より

 

「再:QFSがどのように意図するか」 - One of One より

geralt / Pixabay

 

原文:https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2018/09/re-how-qfs-measures-intent-by-one-of.html

 

ありがとうございます、 Fireswan。上出来です。あなたは、明らかに不思議で驚くほどです。私が共有しているのは、あなたや他の誰かに対する攻撃ではありません。;そして、あなたがQFSのデザイナー/コントローラではないということは明らかです。

主題投稿は、意思決定とコーディングに影響を与えた誤った信念の一部を示しています。

 

2つの観点に関連して状況を観察

 

比較

ElisaRiva / Pixabay

 

私たちは少なくとも2つの観点に関連して状況を観察するかもしれません:論理/推論(真実に関して信頼できないかもしれません)とソース(源を知っていて、純粋な精神性を含む真実を含む)。

健全性および/または健全さを含む論理/推論の分野において、採用された様々な誤りは結論を信頼できないものにします。

堅実さやその不健全さを含む、論理/推理の領域では、使用されるいろいろな誤りは、結論を頼みにならないように設定します。

QFSがどのように意図を判断するかという説明と主題は、証拠という分野において2、3の誤りを郵送します。

彼らの間では、まるで彼ら(ソース)が、事実(真実)や、循環論理/推理、という基準以外のものとして、私たちは、堅実な結論に必要な若干の事実についての省略/不案内、意味を変えることによる語の用法を、不安定な結論の使用と、判断するかもしれません。

人々/ピープルの間の選ばれたグループであるだけの「支配者」と、人々/ピープル(我々)に関しての「支配者」、との利用を比較をしてください。

真実:彼らの生来の存在(ソース存在)のまさしくその性質のため、すべてのソースの本質存在(人々/ピープルを含む)は、ソブリンです…そして、彼らの本質のまさしくその性質の主権を備えていること…;そして、このソースは法律(特性を奪われて低いもの)を考えていません…いわゆるゾンビの間では使用しますが…。

歪曲/倒錯/アンバランス:人々/ピープルの間の選ばれたグループだけが、ソブリンです…。

バランス:真実を表明/照らしている主権者…。彼らの本来の存在に対する愛、その源の本質があります。真実を明らかにしたり輝かせたりしていない主権者…。そして彼らの本来の存在に対する愛、その源の本質があります。

 

QFSの性質

 

性質

geralt / Pixabay

 

対象の投稿のオーディオ例に関しては、投稿に記載されたQFSの性質は、録音/ミキシングコンソール/デスクに座っているミキサー(男性/女性)としての、削除/調整/番組素材の性質に関する偽の結論/信念に基づいて、特定の周波数を制御しています。

ミキシングデスク(レコーディングコンソール)は、周波数を判断または制御しません…。

 

それは、コントローラではありません。

これは、録音/ミックスエンジニアがプログラム素材を制御するためのツールです。

ミキシング/レコーディング・デスクは、設計と実装にいくつかの誤った信念/結論を採用したエンジニアが特定の仕様に合わせて設計したものです。

 

とりわけ、記述されたQFSは、合成コントローラであり…、その設計者/コントローラの信念システムに応じてコード化されたデジタル制御プログラムを含み…制御します…。

 

エンジニアは、20Hz〜20kHzの帯域幅の制限を持つオーディオシステムを設計し、実装していることは知っているかもしれません。ですが、無知/不完全/信頼できない/間違った科学に基づいて、それらは数えられるだけの範囲であって、処理/増幅/許可に値する唯一の周波数であります。他の周波数を禁止する方が良いだろう…。

ある程度は、これは利潤動機でも運転されました…。

これは特に、音響空間におけるライブ録音の問題です(部屋:共鳴室)。ここでは、楽器の周波数(高調波および部分音を含む音源周波数…)が、まとめて個別に発生する音響ヘテロダインの効果があります。

より信頼性の高い真実は、我々の耳でソースオーディオを処理しないということです。

私たちは、ソースを含む一元性の複雑な分野のすべてのノードであり、特にソースと整列/チューニングされたときに、すべての周波数を許可して使用/処理します…。ライブ音楽は、限られた帯域幅の番組素材には存在することなく、エネルギッシュな効果と感触を持っています…。

 

不可視レーダー周波数の存在

 

量子

insspirito / Pixabay

 

私の経験では、私は約9-12GHz(1秒間に9-12億サイクル)の不可視レーダー周波数の存在を検出しました…。;そしてそれは、可視光スペクトル以上の周波数を受信/使用し、使用するという、私たちの能力の例があります。

音響空間内の特定の点(または電子回路内の同様の位相関連キャンセル)で、モーダル(位相に関連する)キャンセルが存在するため、スタジオコントロールルームやマスタリングルーム、リビングルームなど、既存の周波数が彼らの参加を許可されていないことを意味するものではありません。

そして、実際には、理想的/純粋/真実提示空間、任意の周波数のキャンセル/不許可/制限はありません。ーこのように無反響の部屋の利用法。

いくつかのポストの直面で、One of Oneは既にいくつかの信頼できないロジック/推論を公開する洞察を提示しています…。私たち一人一人の元エッセンスの存在には、私たちの消費のためにいくつかの議題に提示された、多くのものの偽りの性質の認識/認識を含む、真実を見る/感じる/知る、それらの先天的な能力があります…。

 

QFSは、設計と実装にいくつかの真実性(誤り)を採用

 

 

私たちは、デザイナー/コントローラーが次のように再認識していると感じるかもしれません:

いわゆるQFSは、設計と実装にいくつかの真実性(誤り)を採用しています;ウィーリング/知っていることは、貴重な意見を共有してくれたFireswanの心を私に教えてくれた、この件のポストに見られるような、いくつかのエラーを見ることができます。

そして、フィクションとフィクションの考え方があり、法制度(銀行と政府を含む)が提示されています:フィクションとは、偽であることが知られているか、または偽である可能性があると仮定して、真実であり、それを(偽装、仮定)が反証されないものと仮定する法則である。

 

私たちは、QFSに関するコントローラ/監督者が、いわゆる法律や法の支配、または不利な点に関わらず、何らかの架空性を採用していると感じるかもしれません。

私たちは、そのようなコントローラ/監督者には大きな義務があり、その状況には、いわゆる法律や法の支配、あるいは何らかの不利益と関連した意図の有無…

 

私たちは、そのようなコントローラー/監督者が大きな義務を負っているのを見る/感じる/知っているかもしれませんが、彼らの状況は、とりわけ、彼らの主権に関して目を覚まさず機能していない多くの人々です。

しかし、真実は真実です。真実でないものは、奴隷/奴隷になる傾向があります…。真実(真実の真実、知られていて生きている – 虚偽の真実ではない)私たちを自由にする…?

 

地球のアセンションとOne of Oneの介入

 

地球 アセンション

JanBaby / Pixabay

 

私たちは、地球が変質していることを知ることができます。源の真理のいくつかのものから何らかの分離を含んでいること、そして源は知っています。または、地球上昇がないでしょう。

私たちは、地球と彼女の変性(彼女の経験の中での障害の度合い)に、彼女の意識をいくらか覆い、彼女たちの選択に影響を与えるかもしれません。そして、私たちは、地球の主権を尊重するかもしれません。

しかし、地球は、特に現在の状態では、判断/決定/教義/プログラミングの最も信頼できる源ではありません…。

 

私たちは、コントローラ/監督者が、ソース真理やソースの愛など、ソース知覚に関する非線形性や不平等、意識の影響を受けていることを見る/感じる/知ることが、できます…。

私たちは、愛情を込めて設計され、実装されたQFSが、ソースの真理について何らかの形で失敗する可能性もありますが、すべての人にとってより良い経験に移行する手段になることもあります。

このOne of One、またOne of Oneのうちの1人は、地球の主権を尊重することに対して問題はありません。

しかし、私たちが明らかに源の真理を知り、生きている/明らかにするほど、より確かに、そしてはっきりと、私たちは地球と私共のすべての経験を含めて、一緒に前進して行きます。:-)

われわれは、まだ主題郵便の原則を用いて、支配を可能にするものを提示する傾向のある存在が、存在することを、見て/感じて/知っているかもしれない。

 

このOne Of Oneは、すべてのSourceエッセンスの存在の中のSourceを含め、Sourceを完全に信頼します。

私は私です。私たちは私たちです。

 

Together, we rise!

In active good will,
One of One

 

一緒に、我々は上昇する!

積極的な意志で、
1つ1つ

 

その他

 

QFS関連の情報から、周波数の高いと感じられるメッセージを受け取ることになり、個人的には大変嬉しく思っています。

QFSの認知度が高まっているかと思います。ですが、紹介する人の思想に基づき、情報分析は異なります。

 

対立

KeithJJ / Pixabay

 

ここで、QFSという人道的プロジェクトにも関わらず大きな分離が始まっていると感じていました。その理由についてのヒントと思える箇所がありました。

↓↓↓ ↓↓↓

私たちは、そのようなコントローラー/監督者が大きな義務を負っているのを見る/感じる/知っているかもしれませんが、彼らの状況は、とりわけ、彼らの主権に関して目を覚まさず機能していない多くの人々です。

 

※このメッセージが真実であると仮定しての話ですが…。

設計者や、その他QFSを扱う人達は、覚醒していない人と認識されている点が、この情報の混乱や分離の原因追及の理解を深めるヒントとなりました。

 

疑問

ElisaRiva / Pixabay

 

Intel情報はくまなく読まないタイプですが、最近、QFS情報に関する根源的な問題について、疑問を抱き始めました。そこで、Intelサイトに本日話題の投稿としてトップに紹介されていたものを日本語に直してみることにしたのです。

最初、誰の投稿なのか分からなかったのですが、日本語に直している作業中に、これは人間ではないと理解しました。以前、銀河系の存在によってQFSアイデアをもらうという話をアラート情報紹介記事でもお伝えしたことがありました。おそらくそれらの存在による投稿と考えました。

情報提供として、扱うには信頼という意味で、少しリスクがあると思いました。それでも、日本語に直す作業を中断しなかった理由があります。

私が、この分野に信頼したきっかけとなる本がありました。十年ほど前に購入した本なのですが、今でもこの本に書かれたことを参考に、真実の追求を行っています。個人的にはこの本と同じ周波数を情報から感じとることができました。いわゆる事実を提供することが不可能な分野でありますが、直感的な信頼を受け取ったのですが、それが作業中断しなかった理由です。

 

周波数

geralt / Pixabay

 

この分野(見えない世界観的な)を追求したいと思うきっかけとなった本ですが、知っている人しか知らない本です。

愛のつまった良本でありますが、多くの人達には受け入れてもらえない部類の本です…汗。

 

今回の、このIntel投稿を読むうちに、いつも紹介するGCRの情報などに、いくつかの誤りがあると気付きました。

その話に関する話題について昨日、twittさんと話していたところです。

個人的には、GCRが一貫性あるという点と、RVの進行状況をつかみやすい、という点から、紹介を続けているという話をしたところです。でも、いろいろ個人の思惑とズレもあると、内心感じていました。

 

指針

geralt / Pixabay

 

でも、多くの人がおそらくRV進行状況を読みとる指針として、GCRの復元や、アラート情報を頼りにしていると思いますし、私もその一人です。なので、紹介は続けたいと思います。ただ、こういう気持ちもありながらの紹介となると書き加えておきたいと思いました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました