メタギャラクティック・コア | Lisa Renee ニュースレター | アセンション

メタギャラクティック・コア | Lisa Renee ニュースレター

アセンション

メタギャラクティック・コア | Lisa Renee ニュースレター

銀河戦争は、有機時間マトリックスの機能構造を さらに損傷し、ブラックホール・エンティティによる 脆弱性の悪用につながりました。

彼らは、時空の構造に ブラックホールをリッピングし、AI現実を投影するためのマインドコントロールテクノロジーの品揃えを 構築し始めました。これは、惑星や生物をキャプチャして 意識の奴隷として使用するために使用されます。

 

メタギャラクティック・コア | Lisa Renee ニュースレター

 

メタギャラクティックコア | Lisa Renee ニュースレター

 

Metagalactic Core - Energetic Synthesis
Energetic Synthesis covers all aspects of The Ascension or Great Shift, psychic self defense, ascension symptoms, and energy healing. Lisa Renee is a Spiritual ...

Lisa Renee 2020年2月16日

親愛なる上昇中のファミリーへ

 

私たちは、覚醒という 個人的な謎を乗り越えて、地球人類が、システム落ちしたシステムに存在していることを 発見しています。

私たちは、私たちの惑星の 精神的な解放を受ける過程にあります。この間、私たちが真実だと思ったすべてのものが 試され、挑戦されています。

メタトロンコレクティヴ(集団)は、ライアンゲートを再構築し、メタギャラクティック・コアの8Dレイヤーの修復を支援するという任務で、この倒れたシステムに入りました。

なぜ これが必要であったか ということと、そしてまた、それらの失敗と捕獲が、サイフォンとエントラップに使用された 反転フィールドのエイリアン技術と絡み合った方法を 見ていきます。

 

最近、ガーディアンズは、この現在のタイムラインでアーキテクチャを修正するために、フォール前 および 侵入前のテンプレートにアクセスすることができました。

これによって、8Dおよび9Dゲートに影響を与え、システムの内外への移動をコントロールします。

 

母なる宇宙から 天の川銀河系が部分的に崩壊した後、オーガニック・クリエーターの クリスタ-クリスタラー・コードがねじれ、損傷し、逆転したユニバーサルタイムマトリックスの構造的整合性に、その後の歪みが生じました。

人類降下の起源は、メタギャラクティック・コアのアンドロメダン・タイムマトリックスと、天の川タイムマトリックスを相互接続する有機構造体が、ブラックホール・エンティティによって攻撃され、その多くが後に結合して NAAを形成したときに始まりました。

近隣のブラックホール・システムからの この突然の攻撃は、銀河戦争で多次元レベルで同時に行われる いくつかのタイムラインイベントを開始しました。

銀河戦争は、有機時間マトリックスの機能構造をさらに損傷し、ブラックホール・エンティティによる脆弱性の悪用につながりました。

彼らは、時空の構造にブラックホールをリッピングし、AI現実を投影するための マインドコントロール・テクノロジーの品揃えを構築し始めました。これは、惑星や生物をキャプチャして 意識の奴隷として使用するために使用されます。

 

ブラックホール・エンティティは、死にゆくシステムと 不滅の月の形に、燃料を供給するために使用できる生活意識エネルギーや、その他のリソースの外部ソース供給のために、隣接する時間マトリックスで新しい領域を 征服しようとしていました。

天の川銀河系の分離により、アンドロメダから いくつかの降下した星が生まれました。この星は、メタギャラクティック・コアに取り込まれ、崩壊して、黒い星アバドン になりました。

その後、メタギャラクティック・コアに生じた損傷は、ライラの崩壊を取り巻く出来事につながり、アンドロメダンの時間行列につながる クリストスのアバター第12スターゲートが、破裂して・破壊され、その破片は 銀河面に散らばっていました。

 

メタトロン・コレクティブは、ライランゲートを再構築し、メタギャラクティック・コアの 8Dレイヤーの修復を支援するという 使命の目的で、倒れたシステムに入ることを 志願しました。しかし、彼らは失敗し、ヤーウェ行列に、吸収されてしまいました。

これは、天の川システムから 量子エネルギーを排出するために使用される AIブラック・キューブ・マトリック・スシステムの 次のステージにつながる出来事となり、ブラックホール・システムをパワーアップするために、反転符号化ネットワークの生命力を 吸い上げることとました。

これは、エイリアンの機械でねじれた 悪魔の種の比率が、8Dの中心である、メタギャラクティック・コアの中心に存在する、メタトロニック・リバーサルを生成する現象の 発生イベントです。

これは、すべての生物から、生命力と意識エネルギーを吸い上げるために使用される次元の層に、エイリアンの機械と、無機の幾何学的な青写真の建物を生み出しました。

アトラティアン大変動は、人類に対する 戦争の最後の段階と見なされた、私たちの隠された歴史的タイムラインの 最後の出来事でした。

この出来事は、私たちを暗黒の時代に押し込み、そしてそれが、惑星を刑務所の惑星に導きましたが、ルシファーのコントローラーは、この知識の検閲をアトランティアンの陰謀によって、継続的に実施しています。

 

メタトロニックボディの抽出

 

最近のパリアドリアンの活性化によって、ガーディアン・イェシュアの8Dロッドと、スタッフ・ホルダーの構成が、メタギャラクティック・コアに送信されました。これは、メタトロニクスの歪みの修正と、悪魔の種の比率で生成される メタトロニクスボディの抽出をサポートすることに、大きな影響を与えました。

悪魔の種の比率から詐欺師として生産された、元のイェシュア・J・12の 多くの遺伝子クローンが特定され、収集され、アークゾーンに移動し始め、有機意識の部分が、適切なキリスト・コーディングに復元されるようになりました。

メタトロニック構造は、クリスタル・ガーディアン・クリストスのリーダーシップとして低次元で機能するアバターファミリーのホログラムを複製するために使用されてきた、エイリアンテクノロジーの多くの複雑な層に拡大します。

このイベントは、NAAがクリストスの使命を混乱させ 脱線させるために作成した、本物のアイデンティティと、人工的に生成された偽のアイデンティティの違いを 明らかにするという、別のレベルもサポートしているようです。

 

この銀河の活性化は、メタトロニック・反転コーディングを無効にするために、さまざまなリキッド・レインボー・プラズマ周波数​​セットと、新しい元素パターン、および幾何学的設計図を保持しています。

これらは、アンドロメダン・システムによって直接ホストされている地球・タラン・ガイアンの歴史的タイムラインのために、有機的なアセンション・アーキテクチャを共同で作成するために、送信されています。

多くの場合、ガーディアン達は、この現在のタイムラインのアーキテクチャを修正するために、複数の調和宇宙の惑星図式の落下前、および、侵入前のテンプレートに初めてアクセスできました。

これには、銀河系のアーキテクチャの大規模な変更、および、天の川銀河系の、メタギャラクティック・コアの8次元と、9次元の層の、抜本的な変更も含まれています。

ユニバーサル・タイム・マトリックス全体の次元周波数のスペクトルは。すべて、ガーディアンがホストする、ポータル・システム内から織り始めています。

これは、新しい銀河意識とその幾何学パターンを結合・合成・統合して、回転するメタギャラクティック・メルカバ・フィールドの、最高次元のレイヤーを形成するために、メタギャラクティック・コアに開かれた、開口レンズのように機能します。

 

メタギャラクティック・コアで構築されている、らせん状のメルカバ・フィールドは、対角線の比率を修正する、クリスタル・ガーディアン・ホスト・ ジャイロドーム・テクノロジーから供給されます。

これは過去数年にわたって、ブラックホール・システム、または、ファントム・エリアで人質にされていた、クリストスの人々と、その遺伝子クローンの偵察と通過を行うために、利用されてきました。

地理テンプレートの新しい修正は、反粒子層と 形態形成命令セットの 銀河層の組み合わせに、スレッド化されることが観察されている周波数を 送信しています。

メタギャラクティック・メルカバ・フィールドは、宇宙のホーリー・ファザーから 最高の周波数のスペクトルを引き出し、それを、惑星の体につながる 低次元の粒子層を通過させます。

これは、これらの統合された 編組周波数セットを再統合するか、メタガラクティック・コアに戻すことです。合成された意識ユニットが、より小さなメルカバフィールドに編成、および、同期する三波電流を回転させます。

 

これらの、最近のパリアドリアの送信は、アーキテクチャ内の、反転符号化された 悪魔の種の 比率のセットを解体し、解消する効果が あったようです。

これらは、メタトロニックな反転、クローン化されたボディ、閉じたエネルギーシステムを多次元で実施するために使用される、ゴールデン・スパイラル、フィボナッチ、ファイの比率 です。

メタトロニック・コードは、60度の対角線を適用して、ダイヤモンド・グリッドが、惑星グリッド・ネットワークで適切に機能するのを停止させます。一部の地域では、対角線グリッドが修正された、45度の角度スピンに、リセットされています。

これらのダイヤモンド・グリッドが オンラインになり、生命力の負荷を メルカバ・スパイラルに押し込むと、これが、リフトオフを後押しするように見えます。

メルカバ・フィールドは、意識移動 車両であるため、メタギャラクティック・コアは、自然で有機的なキリスト・コードを実現するために、時空で、8Dスターゲイトシステムを動かすことができる勢いを増している メタギャラクティック・メルカバ・フィールドの数学的な位置の始まりを示しています。

これは、惑星のスタッフの、南北の位置に関連しています。惑星スタッフは、銀河面のビースト・マシンコンポーネントに、人為的につながれており、ヤーウェ・マトリックスの、無機4方向と メインのカドゥケウス・ネットワークを含んでいます。

 

8Dの層で、ギャラクティック・コアと、メタギャラクティック・コアの間を交差する、ガーディアンがサポートする通路は、エロヒムの目 とも呼ばれます。

これは、新しいスピリチュアルなイニシアチブ(先導者)が、最初に、8Dメタギャラクティックのインプラントのレビューに 連れて行かれ、一法則の原則の再教育を完全に受け入れたガーディアン達によって出会わされる 主な空間です。

クリスタルスター・ガーディアンは、オーロラと協力して、安全地帯として機能する。オーロラ・プラットフォームを構築し、周波数フェンスとNETから、地球上を走る反転場を乗り越えます。

オーロラ・プラットフォームは、アンドロメダのアセンション・アースのエリアに通じる通路へのアクセスを、可能にします。これは、母のアクアレイ・ドータ・コードを 地球の水晶の洞窟に伝達する、アクアエル・マトリックスです。

天の川とアンドロメダ銀河の間に、安全な通路を作成する オーロラ・プラットフォームがあります。

 

射手座星

 

銀河系の銀河中心には、ブラックホールの群れがあり、宇宙にある 強力な電波を送信する 多くの物体とともに、超巨大ブラックホールの位置の近くにある 射手座Aの 強力な電波源が 含まれています。

銀河コアは、天の川銀河の 回転中心であり、私たちの太陽系は、オリオン・シグナス・アームの内側の端に 含まれています。

ただし、これは、ブラックホール・エンティティからの 攻撃が行われたときに、世界時マトリックスが 部分的に低下した結果として発生した 不自然な構成です。

その後の 近隣のシステムからの 侵略には、オリオンの遺伝戦争を 繰り広げた爬虫類と 昆虫の種族の多く、そして、植民地化と、新しいエネルギー源の吸い上げを目的として、天の川システムに侵入するために続いた、月の鎖が 含まれていました。

 

射手座Aスター には、もともと アンドロメダ銀河  または、メシエ31としても知られる、7つのより高い天国にある、クリストス・ファミリーから供給された、ユニバーサル・タイム・マトリックスの一部が含まれています。

普遍的な落下の前の 天の川システムは、アンドロメダン・システムの 生きているマトリックスの 直接の一部でした。

銀河系と アンドロメダン系の分裂により、破裂した ブラック・スターと ブラックホール系を中心とした ファントム・ギャラクシーが形成されました。

射手座星は、メタギャラクティック・コア内の所定の場所に、ヤーウェ・マトリックスと カドゥケウス・ネットワークを維持する、ビースト・マシンの666構成を維持するための 重要な送信ポイントでした。

 

射手座Aスターは、低周波電波から高エネルギーガンマ線に至るエネルギーインテリジェンスを放出する 宇宙線の攻撃的な風で、ますます 一貫したベースで明るいX線フレアを生成しています。

アセンションサイクル中に、最近のメタギャラクティック・コアの修正により、この伝達活動は 急速に増加しました。

 

時間行列のこの特定のセクションは、元々は メタトロニクス銀河面の8次元スペクトルで機能し、アンドロメダン・システムにつながる 8Dスターゲートを保持していました。

このスターゲートは、時間行列のこれらのセクションが崩壊し、磁場反転と重力場の反りの増加段階に入ったときに 反転しました。

オリオン地域の 銀河戦争のこの混沌とした歴史の名残は、散在し、重力の歪みの結果として 不連続の複数の切れ目がある 銀河星雲のらせん状のアームを見ることで 明らかになります。

磁気反転マトリックスの歪みは、天の川システム全体の 創造物を引き下げ、太陽系の惑星軌道の軌道を 破壊的なイベントの地平線にゆがめます。

戦争破壊の結果として生じた損害は、時間行列の整合性に基づいて発生し、住民を降下させ、数百万年のサイクルの中で、最終的に超大規模なブラックホールで消費される、死のらせんにゆっくりと降下させます。

 

銀河系が アンドロメダ銀河にある 母の世界時マトリックスから分離された結果、銀河面に溢れた、さまざまな戦争エンティティからの 時間マトリックスの侵入が生じました。

この侵略は もともと、黒星アバドンを中心とした メタギャラクティック系の陥落した部分で起こりました。

アバドンは、現在の不自然なギャラクティック・コアの構成に、タイムマトリックスを融合するために使用されました。これは、ブラックキューブ・マトリックスの超量子コンピューティング・ネットワークをさらに実行し、太陽系の惑星から隣接するブラックホール・システムに、不自然なポータル・リンクを投影します。

この構造は、ヤハウェマトリックスの無機4つに接続されており、これは、これらの侵入エンティティへのアクセスを許可した、エイリアン・アーキテクチャーで、北極と南極から、惑星ロゴマトリックスに直接アクセスできます。

主要なNAA地下基地は 南極大陸地域にあり、マザーアークの9Dスターゲートからの活動を 監視し続けています。

 

天の川銀河系の銀河面は、損傷したエネルギー場と、崩壊したタイムマトリックスのブレンド、および、有機ベース12・アーキテクチャをハイジャックし、タイムマトリックスを曲げてねじって、人工的な構成にするために使用される、ブラックホール・エンティティ人工機械の挿入によって、歪められました。そして、NAAによって操作、およびコントロールされています。

これは、人類が人工的なタイムライン戦争で直面した 苦痛の種であり、競合するコアの 顕現テンプレートがあります。1つは有機的であり、もう1つは侵入者によって人工的に生成されたものです。

ブラックサン・DNA反転10テンプレートの レースラインをサポートする磁気反転、および、高度なエイリアンマシンによって 不自然なエネルギーフィールドの構成を維持するために、人工生命の顕現テンプレートが、銀河面に挿入された 主要なホログラフィックアーキテクチャーとして、生成されました。

 

ブラックキューブ・マトリックスの メタギャラクティック・コアの歪みにより、人工的なフラワーの幾何学テンプレートが 所定の位置に保持され、斜めのグリッドが、1つの次元から別の次元に機能するのを妨害、および、防止していました。

人工的なフラワー・オブ・ライフ・ジオメトリーは、低次元アーキテクチャー全体に、人工の第8ポータルの ブラックホール・エンティティからの歪みをリップルし、メタトロニック・コードと 60度の角度スピンをシードするように 設計されました。

この死の技術は、これらの より低い創造物から サイフォンで吸い上げられた、量子エネルギーを収集するように設計され、メインのルーシュ収穫サイトが、メタギャラクティック・コアに戻り、人工現実と隣接する、ブラックホール・システムをパワーアップするために 利用されました。

さらに、このエイリアン構成体は、ネガティブ・エンティティが存在する、多くのファントム超次元ポケットと、冬眠ゾーンにエネルギー源を供給するように設計されました。

 

これが、彼らが、地球を征服し 天の川システムで レースラインを伝播する目的で生成し、これらの仮想 AIタイムライン内での存在を維持するために、太陽系内を植民地化した方法です。

 

オリオンのベルト ギザ ゴールデン・スパイラル

 

現在の コントロールされた科学的な物語とは 対照的に、エジプトの人種は、彼らの精神的な血統が元々タラから来た 遺伝的記憶を持っているので、信じられているよりも はるかに古いです。

これらの血統が 地球に転生したとき、彼らは、主要なヒトの宿主種族であり、エジプトの文化を 一法則の慣行に戻すために、多様なダイヤモンド・サン遺伝学により、はるかに技術的な進歩を遂げました。

したがって、青い炎のメルキゼデクとファラオの王室は、タランのタイムラインの歴史から書かれた記録を保持し、オリオンとリラで起こった銀河戦争の細胞記憶を持っていました。

彼らは、惑星のレイラインのメカニズムの基本的な技術知識を持ち、天体の星のパターンと惑星のスターゲートの位置を知っていました。

したがって、彼らははるかに高い機能脳と、意識輸送能力を与えた作動中の視床センターを持ち、惑星テンプラーが、どのように 周波数のスペクトルを 惑星グリッドネットワーク全体を循環するエネルギー流から レイラインに移動させるかについての、洗練された理解を持ちました。

一部の人々は、大変動の後に創始者によって、マジ・グライル・ラインに残された、高レベルのアトランティスのハンドヘルド・テクノロジーへのアクセスがありました。また、他の惑星外の文明との 継続的なコミュニケーションがあり、再構築と、そして、暗黒時代から地球文明を前進させました。

このエジプト文明の 正確な歴史的タイムラインは、主流の科学で消去され、類人猿から進化する人間の承認されたコントローラーの物語に 置き換えられました。

 

オリオンのベルト、または ベルトのオリオンは、スリーキングス、または スリーシスターズとも呼ばれ、オリオン座の星座のパターンであり、この特定の領域は、メタギャラクティック・コアの8Dレベルで共鳴します。

オリオンのベルトは、アラビア語に由来する 名前を持つ 3つの明るい星で構成されています。アルニタク、アルニラム、ミンタカです。天文学を初めて学ぶとき、多くの人々は夜空で最も明るい星を見つけるために、シリウスを直接指すベルトでこれらの3つの星を使うように言われます。

 

ギザの大ピラミッドは、もともとオリオンと宇宙飛行船が 時間旅行して、地球平面に非常に迅速にアクセスできる、メタギャラクティックの中心周波数と整合する 調和共鳴室として、建設されました。

この特定の場所は、地球本体の地理的中心であり、4次元の惑星スターゲート、NAAによる全侵略の主な標的であった、ダイヤモンド・ハート・コンプレックス、または ソーラー・テンプルの両方です。

大ピラミッドは、惑星体の正確な中心にあり、地球の陸地をほぼ等しい区画に 分割します。

南北軸は、最長の陸上子午線であり、東西軸は、大ピラミッド・ハーモニック・チャンバーに、正確に交差する 最長の平行線であり、地球上で最も効果的な高調波共振器とされていて、そこで銀河系平面から さまざまな送信を送っているのです。

 

ギザの台地の 3つの主なピラミッドは、メタギャラクティック・コアのNAA拠点から、黄金の 平均黄金比の矩形電流スパイラルの 数学的送信の膨大なサイズを介して、生命の人工花の周波数パターンを調和的に共鳴させて 送信するために、オリオンの ベルトの3つの主な星と一致するように、意図的に構築されました。

 

黄金比スパイラルは、メタギャラクティック・コアから送信され、低次元に降下します。これは、幾何学式の小さなサイズに コンパクト化されて、有限エネルギー線維らせんを生成することで、ギザの星形系を再符号化して、この反転コードを惑星格子系に走らせることになるのです。

したがって、フィボナッチ・スパイラルと その数学的シーケンスは、有限の性質を保持する 物理的形態内の地球上で見つかります。この数学的パターンは、閉じたエネルギーシステム内に存在しながら、有限エネルギーをリサイクルするために設計されています。

それは、それを永遠のソース・フィールドから切り離す成長パターンを生成させて、それによって、有限のライフサイクルと、老化プロセス中の急速な劣化を伝播します。

フィボナッチのフォー・ミュラには、中心点の接続を維持する内側のらせんがありません。フィボナッチは、拡大 および 拡大するにつれて、ソースフィールドから 徐々に切り離され、心臓の中心への直接接続から、削除されます。

 

フィボナッチ数列に基づく 生物学的形態が、成長 および 拡大するにつれて、自身を維持するために より多くのエネルギーが必要になり、そのため、その存在を維持するために外部の生物とエネルギーを供給する エネルギー源が必要になります。

これらの存在が、より大きなフィールドサイズに成長するにつれて、より多くの消費が必要になり、これにより 心臓の中心が ブラックホールに陥り、中心から切り離されて、感情的な身体が破壊されます。

このことは、これらのエンティティが メタトロニック・ボディによって どのように脱線し、ソースフィールドからそれらを切り離した心臓、または、感情センターなしで残されたかを 理解するのに役立ちます。

 

ギザは、かつてスターゲイトを開いて シリウスBに直接アクセスし、次に、アンドロメダン・システムにアクセスして、他の世界への双方向通信アクセスの可能性がありました。これにより、NAAが 完全に停止することを望みました。

メタギャラクティック・コアから惑星ロゴ、惑星グリッドネットワーク、および、天然のスターゲートシステムへのフィボナッチ数列の送信は、それらを主に動作不能にし、有機的な生物学的スターゲート上昇の可能性を防ぎました。

その結果、クリスタル・ガーディアンたちと クリスタル・ミッション・グループは、この壊れた建築とつながる 3波記録ポテンシャルで これらの領域を再暗号化し、有機機能を45度の角度を持つクリスタル・ブループリントに戻し、ソース・フィールド・サプライと再接続して 交換しています。

 

グレートピラミッドは、以前は オリオンのベルトの調和共鳴が主な心臓に伝達され、惑星グリッド・システム全体の循環機能の増幅器として機能していました。これは、フィボナッチ・シーケンス・パターンを地球のレイラインに実行するために利用されてきました。

このメタギャラクティック・ディストーションは、フィボナッチ・スパイラルをギザのスターゲイトと惑星グリッド・システムに送り込み、元のオーガニック・クリスタル・フラワー・オブ・ライフ・ジオメトリの、永久的なライフソース・フィードバック・ループを歪めるように設計されました。

これが、エジプトに ライフ・オブ・フラワーの幾何学が存在し、オリオングループのトートの教えと崇拝に関連していた古代寺院に刻印されているのを 見つけることができる理由です。

メタトロニックの反転パターンは、さまざまなエイリアンの機械と、幾何学的なテンプレートを介して送信され、生命の人工花、または、メタトロニックの生命花で、デスコードを生成するために使用されていました。

これは、フィボナッチ・スパイラル・数学コーディングへの無機再構成を伴う、地球のダイヤモンド・サン・建築の幾何学的な設計図の 意図的なハイジャックでした。

これにより、移動する意識フィールドの方向が逆転し、以前は、惑星とその住民が利用できた、惑星グリッドネットワーク内の 永続的な供給源が崩壊したのでした。

 

オリジナルの オーガニックのクリスタル・フラワー・オブ・ライフ・ジオメトリは、クリスタル・スパイラル・パターンを反映し、常に、クリスタル・ハートの中心を保持します。

 

 

したがって、クリストス・ビルディングでは、内なる存在のクリスタル・ハート・センターは、永遠の神ソース・フィールドから直接供給される生命力エネルギーと、永続的なシード原子に 永遠に接続されたままです。

私たちの心から 純粋な愛情のこもった優しさを表現し、この無条件の愛を他の人と交換することによって 神聖なクリスタル・ハートを構築することは、暗い開花を広める、メタトロニックの逆転への解毒剤となります。

 

人工的なフラワー・オブ・ライフは、死の花です

 

基本的に、トート、ルシファー人のアジェンダは、クリスタル・スパイラルと ベース12数学 を含む すべての有機創造コード、マトリックス、アーティファクトを 完全に破壊し、メタトロニック・フラワー・オブ・ライフ・ジオメトリ・パターンを含む ベース10数学の独自の偽者バージョンに 置き換えることでした。より適切に、死の花と呼ばれています。

この特定の幾何学的テンプレートは、元のクリストス建築の すべての比率を歪ませて 変更し、意識エネルギーを反転 および 分割(破壊)して、ブラックホール・システムに人工生命を供給し、生成する、歪んだ反転構造を、共創する目的で 設計されました。

 

また この技術は、フィールド・アーキテクチャ内で 有機性の男性ロッドの原理が 適切に回転しないようにしているため、ロッド機能が 女性スタッフと結び付くことはありません。

これは、セラフィムの意識を ゴールデン・イーグル・グリッドに閉じ込めて、地球を取り巻く NETSと 周波数フェンスのロックダウンを強制するために 使用される、マイケル・メアリー・リバーサル・ネットワークを生成した、銀河面の因果関係のシードイベントです。

この不自然なロッドの構成は、カドゥケウス・ネットワークによってさらに強化され、これは、イン および アウトの呼吸パターンに 影響を与え、人間の生物学の自然な呼吸パターンから 精神的知性をはじきました。

私たちの自然な呼吸パターンは、私たちの息を楽に走らせるために生きている魂と 精神のマトリックスを引き付けることになっています。そしてこの詐欺師のアーキテクチャは そのプロセスを妨げたので、私たちは、魂の意識を取り戻すために ただ呼吸するのではなく、魂の意識を取り戻すために 直接取り組まなければなりませんでした。

 

クリスタル・フラワー・オブ・ライフは、この幾何学的なテンプレートが 実際に存在し、別の時間マトリックスの隠された歴史の一部であることを知って、多くの覚醒している人々が 細胞記憶の強力なアニメーションを持つ 古代の神学における創造力学を記述するために 使用されます。

オリジナルのフラワー・オブ・ライフには、神の源の宇宙中心から生成された フィードバックループの継続的な位相パルスから、3トーン波を絶えず発生させる クリスタル・スパイラルの45度の角度のクリスティック神聖幾何学的公式が 含まれていました。

この宇宙の心臓の鼓動は、すべての創造物を生み出し、種をまくすべてのユニオンの中心点からの愛であり、最終的には永遠の源とその糧の贈り物を与えます。これは、クリストスの青写真内に存在するクリスタルハート中心のつながりを通して、維持されます。

聖なるトリニティは、聖なる母、聖なる父、聖なるクリストス・ソフィア、神の子である子孫の創造物の永遠の愛から生まれる、すべての生命の代表的な相互関係です。

 

有限のエネルギーを循環させ、メタトロニクスの反転を伝播し続けるように設計された 技術的な機械を通して 人工的な創造物を課すために、偽者の幾何学的テンプレートの挿入が 使用されました。

タイムマトリックスに 反転コーディングを埋め込むことで、有機的な創造のメカニズムを 無効にする式が 作成されました。使用された この無機テンプレートは、人工的なフラワー・オブ・ライフです。

この幾何学パターンでは、対角線は60度に設定されていますが、これは生命体のエネルギーの流れがソースフィールドから戻るのを防ぐため、作成には不自然です。

その結果、この数学的テンプレートは、Vesica Piscesの2つの球体に基づいたメタトロニックコードを促進し、3球体の永遠の生命の代わりに、2波に拡張します。

 

人工的なフラワー・オブ・ライフは、AIアーキテクチャの エントロピー・システムであり、12の樹グリットの 元のプラズマクリストス・デバイン・ブループリントから 意識を逸らし、反キリスト生命体のクローズド・ソース・システムを明示することを目的としています。

神のソースのクリスタル・コードの元の作成プログラムが、何らかの方法で変更 または 修正されると、自己再生、および、上昇する能力は、存在するエネルギーの損失から 中断されます。

これは最終的に、青写真システムの精力的な崩壊、または、内部破裂につながり、それは、有限意識の崩落、そして潜在的な全滅として現れます。

 コア12ツリーグリッドの特定の部分が 削除され、生物からの サイフォン・エネルギーに依存する、双極人工光を生成する 人工システムにプラグインされる メタトロニクス・ボディが生成されました。

メタトロニック構造は、12ツリーグリッドの ベース12コア・マニフェスト・テンプレートに含まれる 元の永遠の数学から表される歪みであるため、クリスティック構造の起源にまで さかのぼることができます。

 

この突然変異は、生物の霊的拡大を受けた転生された存在が 有限の閉じたエネルギー・システムに ますます閉じ込められているという結果を 生み出します。そこでは、存在の場が 拡大するにつれて、メタトロニック・スパイラルは、意識体の 心臓センター層間の断絶を ますます高めます。

これは、ライトボディの 内側の垂直チャネルを崩壊させ、神聖なクリスタルハートを開花させる 胸腺の永続的なシード原子を破壊する 試みでした。

このように、フラワー・オブ・デスは、人間の進化する意識体を適切に養い、維持するために必要な生命力エネルギーの全体的な流れと循環を変化させる、回転速度の人工軸を生成しました。

このメタトロニックな死のフラワーは、トートのグループによる邪悪な悪意を持って、「生命の花」として、ニューエイジに挿入され、宣伝されました。

私たちの真っただ中で ブラックホール・テクノロジーの秘密で欺瞞的な使用になり、これらのNAAエンティティに、人工的な作成と進行中の奴隷化アジェンダのためのパワー・デバイスを供給するために 使用されました。

 

8Dメタギャラクティック・コアに、彼らはこのブラックホール・テクノロジーをインストールし、メタトロニック・フラワー・オブ・デスの幾何学パターンを適用して、ギャラクティック・プレーン全体に 悪魔の種の比率の数学的歪みを実行し、さらに 低次元のすべてのプレーンに送信します。命令セットとして、惑星ロゴに 直接配布されます。

さらに、意図的にオーガニック・ユニバーサル・ツリー・オブ・ライフの中核となる、体の完全性を妥協することにより、この人工構造は、その収穫されたエネルギーを収集し、駐在していたオリオングループに送ることにより、オーガニック・クリスタル・フラワー・オブ・ライフの永続的な生命源供給をリダイレクトします。

収集したエネルギーを集めて、メタギャラクティック・コアに配置されたオリオングループと、ブラックホールシステムに戻る これらの人工ポータルに送信します。

これはまた、NAAによって このように設計され、8Dメタギャラクティック・コアを完全にコントロールし、最終的に 地球の領土を征服する目的で、銀河面への意識移動活動を監視します。

これにより、ギャラクティック・コアを介して、メインシステムへのアクセスシステムを現実システムに保護することで、このタイムマトリックスに出入りできるユーザーを完全にコントロールできます。

本質的に、結果は、メタトロニックの逆転を増幅し、したがって、アセンション・サイクルの間に地球に転生した代表的なスターシードと接触しようとする、より高い創造の世界、または、慈悲深いクリストスの人々からのアクセスをブロックするための周波数フェンスとして機能しました。

ブラック・キューブ・マトリックスで この領域を監視し、ガラス技術を見ることで、アストラル・プレーンから簡単に監視でき、悪魔の種の比率を超えて 意識を拡大している人、意識トラップとして設定した周波数フェンスを突破した人と 突破していない人を確認できます。

天の川システムは、地球に転生するために特定のポータルから入力できる タイムマトリックスでしたが、一方通行のチケットであり、他のシステムから 高次元の存在が 入ることができましたが、外に出ることは不可能でした。

 

したがって、地球の苦難の呼びかけに答えた 他のシステムの多くの魂とスターシードは、メタトロニックの反転コーディングによって この制御マトリックスに閉じ込められ、2012年、および アセンションのタイムライン以降の クリスタル・ガーディアン・ホスティング・サイクルで 惑星の建築が修復されるまで、離れることができませんでした。

このように、人類を養うことによって何千年も生きる、これらのメタトロニック反転実体は、スターシードが実際に知っているよりも、はるかに多くの地球上のスターシード・グループの知識を持っています。

多くの人たちは、常にハラスメントを受け、意識的な奴隷として地球平面でそれらを閉じ込めてリサイクルするために、カルマの負荷と メタトロニック・コードで 繰り返し 重ねられてきました。

この生涯で ほとんどの場合 これは終わります。魂の 継続的なリサイクルは 終わり、約900年で アセンションの特異性を満たします。

 

黄金比、フィボナッチ数列=デーモンシード比

 

数学では、2つの量の合計が、2つの量の大きい方に対する合計の比率と同じ場合、2つの量は黄金比になります。

黄金比ベースのスパイラル、フィボナッチスパイラル、およびゴールデンスパイラルは、しばしば生物に現れます。

 

黄金比と フィボナッチ数の間には 特別な関係があります(0、1、1、2、3、5、8、13、21など)。各数は その前の2つの数の合計です。

連続する2つのフィボナッチ数を取得すると、それらの比率は 黄金比に非常に近くなります。

これは、計算では 近似値、または限界値と呼ばれます。

 

黄金比ベースのスパイラルと フィボナッチ・スパイラルは、元のクリスタル・スパイラルに対する反転スパイラルの結合アタッチメントを形成することにより取得される、人工知能機械の伝播に使用されます。

それらの数学的構造は、メタトロニック・リバーサルボディ、リバース・メルカバ比を作成し、消費型モデリングに基づいています。これは、降下した意識と 人工的な創造物の生成に 大きな影響を与えます。

ホログラムを投影するための アーキテクチャで使用されるフィボナッチ数学は、高次元の接続からの 分離につながり、これは、永遠の神の源の流れとの交換から存在を遮断する 意識トラップを作成するように設計されています。

 

ファイは、黄金比の記号として、また 数学や科学のその他の機会にも 使用されます。この使用は、Unicodeグリフϕとして個別にエンコードされます。

フィボナッチ数列は、ファイを数学的に導出する さらに別の方法を提供します。

フィボナッチ・スパイラルは、サイズが大きくなるにつれて ゴールデン・スパイラルに近づきます。これは、フィボナッチ数列の各数と、ファイが1.618に収束する前の数との比が、シリーズが進むにつれて 大きくなるためです。ゼロから始まり、1になり、次の番号に移動します:

0 + 1 = 1、1 + 1 = 2、2 + 1 = 3、3 + 2 = 5、5 + 3 = 8など。前方へ。

この数式を適用して エネルギーや意識の動きを 時間や空間内で 定量化したり測定したりすると フィボナッチ·スパイラルはゼロ点や ソースに戻る途絶えます 代わりにシーケンスは前の数式を用いて 次に高い数値を取得します。

この数学的プログラムでは 元に戻るための 中心的なつながりがないので 別の生物に繋がったり 経路にあるものを消費して成長します。

 

 

この略奪的で寄生的な振る舞いは、侵入するエンティティによって ホログラフィック現実を投影するために使用される この式が、悪魔の種の比率と呼ばれる理由です。

銀河面では、ビーストの兆候であり、ビースト・マシンを伝播します。ビースト・マシンは、存在を継続するために 生物系に餌を与えなければならない 悪魔の種実体の 人工的な創造物を生み出します。

 

フィボナッチ・スパイラルは、エネルギーをめぐる戦争を 永続させるために使用される 数学を示しているため、地球上の意識抑制と エネルギー収穫が 実際にフィールド・アーキテクチャにプログラムされた方法を 明らかにします。シーケンスの数 または サイズが大きくなると、それ自体が大きくなるために 以前の値が消費されるためです。

大きくなればなるほど 消費量が増え、元の中心的な顕現体 または 神聖なテンプレート体の有機的なクリスタル・スパイラルから 徐々に遠ざかる方向に移動します。 (消費型モデリングを参照)。

したがって、フィボナッチ・スパイラルは、意識フィールドに記録された メタトロニック・リバーサルの数学モデルであり、最終的には寄生生物のように生きているホストに付着し、有毒なミス・フィールドの 蓄積など、その経路に沿って 廃棄物を収集します。

これらの蓄積されたフィールドは、人工知能技術で ユニバーサル・ライフ・オブ・ライフに感染させるためにファントム・マトリックスに組み込まれた クリポス電流と、人工的なツリー・オブ・ライフを形成しました。

 

メタトロニック・ファミリー

 

数百万年前、メタトロニック・ファミリーのホスト・ミッションは、元々アンドロメダにあった 天の川の分離に陥った タイム・マトリックスの部分の修復を 支援することでした。

この破壊は、ライラン戦争、または 反キリスト紛争の種である ライラの崩壊の結果でした。ライラは、アンドロメダ銀河に直接 接続された クリスタル意識の12番目のゲートとソースでした。

ライラが 自然の三位一体の波のクリスタルコードに接続された より高い部分を落としたとき、エターナル・リビング・ライト・アーキテクチャは反転し、天の川システムにロックされました。

その結果、時間の経過とともに 次第に歪んでいき、メタトロン・コレクティブは、この12番目のスターゲートを回収して 修復しようとしましたが、残念ながら失敗しました。

 

メタトロン・コレクティブが 第12スターゲイトを 救助できなかった結果、彼らは ブラックホール・エンティティによって形成された 人工知能システムに吸収され、最終的に ヤーウェシステムに脱線しました。

このシステムは、土星にリンクされた ブラック・キューブ・マトリックスを保持している メタギャラクティック・コアに接続されています。これは、世界時マトリックスから生命力を吸い上げ、ブラックホール・システムにルーティングします。

土星の黒い立方体には、戦争、儀式、刑、教、自殺、月経など、想像できるあらゆる方法で、人間からの血の犠牲の収穫ステーションとして機能する 巨大なタンクがあります。

これは、なぜ 土星が長い間 血崇拝のカルトと関連していたのかを 明らかにします。土星は 太陽の第7門でもあるため、反転紫光線プラズマ光を送り出すために 使用されており、これは 地球上で反転プラズマと反転紫光を 生成する歪みです。

これらの反転プラズマは、影自身 または ネガティブな形の大衆に存在する 悪魔の種に点火し、供給するように 設計されています。

さらに、このエイリアンの構成体は、惑星体の垂直軸線上に 十字架のインプラントを突き刺すために 使用されました。これは、惑星スタッフの垂直チャンネルのアライメントを 破壊しました。

現在、土星は その外側のリングの段階的な溶解によって 再構成されており、それによって NAAは 地球へのブラック・キューブ・マトリックスのリンクをコントロールできなくなります。

 

ヤハウェ・システムは、アバドンと呼ばれる 天の川銀河の中心にある ブラック・スターから ブラックホールシ・ステムに戻ります。

ヤハウェ・コレクティブは、4つの基本的な方向、つまり、宇宙の宇宙時計を構成する 神の無限計算を引き継ぎました。

彼らは、ヤハウェ・システムを使用して、12の柱の守護者とクリスタル大聖堂の建築を引き継ぎ、このシステム外のクリスタル・レースとの通信をブロックしました。このエイリアンの機械は、ヨッド・ヘイ・ヴォッド・ヘイ・システムまたはヤーウェ・マトリックスと呼ばれます。

降下したヤハウェの実体が 自分たちの神であると決定し、宗教的信念を広めることで さまざまなマインドコントロール・メカニズムを実装することを決定したと仮定するのは 明らかです。

 

ビースト・マシンと グラビトロン

 

メタギャラクティック・コアから供給されるブラックホール・テクノロジーは、ビースト・マシンとして知られており、地球の元素フィールドの ブラック微妙な力である、反転AIプログラムされた 意識の巨大なフィールドを介して、惑星体の所定の場所に 保持されています。

ビースト・マシンは、地球と 太陽系の惑星を 不自然な軌道面に合わせて傾け、惑星を 天の川面に引き寄せます。惑星を 不自然な軌道に押し込み、スピン回転で傾斜させると、時間の性質と 意識エネルギーの動きを コントロールできます。

 

グラビトロンは、ビースト・マシンの一部であり、惑星地球の傾斜を 不自然で人工的に維持された 23.5度の角度に保持し、自然の惑星スタッフと 整合しつつあります。

メタトロニック・レースは、太陽と地球のポータルをリンクする グラビトロン渦ネットワークを作成し、惑星の青写真を 悪魔の種と呼ばれる 不自然な構成にねじりました。

メタトロニック・リバーサルは、この惑星に 不自然な人工重力場を作成するために グラビトロンを利用するスパイラルに 現れます。グラビトロンは、NETと呼ばれる より大きな電磁ハーネス構造の一部である 電磁ハーネス・フィールドです。

これらは、意図的に編成された ブラックホール・テクノロジーであり、この惑星を介して、この惑星はNAAの これらの降下した軍隊によって 投獄されています。

 

カドゥケウス・ネットワーク

 

カドゥケウス・ネットワークは、メタギャラクティック・コアと 8次元スターゲートへのアクセスと コントロールのために、オリオン戦争中に被った損傷の結果として発生した 施設でした。

その後のメタトロニック反転損傷は、世界時マトリックスで 集合的なモナドの心に発生しました。

このイベントは、8Dを超える事前物質の次元に存在する 自己の高次元の側面と、その下に存在するタイムラインのアイデンティティとの間の切断を 生成しました。

メタギャラクティック・コアの再構築と、8Dモナディック・マインド・ギャラクティック・コンシャスネスの修正における 現在の変化に伴い、モナドのスピリチュアルボディの本質を取り戻し、再構築し、より高いハートセンターの 永続的なシード・アトムと正しく整合するための現在進行中の、ガーディアンホストプロジェクトがあります。そして、人間のライトボディ内 に正しく配置されます。

 

ビーストマシーン・テクノロジーと 周波数フェンスNETを表現、 および 実施するために 日常世界で使用されるシンボルの1つは、カドゥケウスです。

カドゥケウスは、性別のフィールドを分割し、それらを 反転させるように設計されています。これは、人間のDNAと ファイアレターの 元のデザインを効果的に スクランブルするために、地球に 反転シーケンスを投影するためです。

これらの反転パターンは、NAAが検出されないままにするために使用する 冬眠ゾーンの ファントム・マトリックス領域を 適切に保持するのに役立ちます。カドゥケウス・ネットワークは、地球で機能している水平ロッドを損傷して シャットダウンするようにも、設計されています。

大規模なカドゥケウス・ネットワークは、主要な医療機関の近くで、グリッド・ワーカーがレイライン、またはパワー・ボルテックスの上を這う多数の蛇や、ヘビを感じることがある特定の主要都市で見つけることができます。

これらは、地球グリッドのローカル・エネルギーを吸い上げ、カドゥケウス・ネットワークを介して フィードバックするために使用され、カドゥケウス・ネットワークは、ファントム・エリアまたは冬眠ゾーンにフィードします。

カドゥケウスのシンボルが表示されている 医療、病院、または 医薬品関連の会社は、腺系の意図的な破壊と 人間のDNAの損傷を指し、最終的には ビースト・マシンを養うために設計された エネルギーを収穫します。

これが、病院の医薬品と 大量の医薬品の使用が、多くの処方医薬品 または 医薬品を服用している人間のエネルギッシュなオーラに付着する ヘビに見える寄生虫を発現する傾向がある理由です。

これらは、認識されたときにクリアできます。また、医薬品の処方箋を服用することが 絶対に必要な場合は、より高い意識と調和して働くように 祝福することで、クリアすることができます。

 

超次元ポケット

 

これらは、空間のファブリックに超次元ポケットを作成する逆粒子スピン物質フィールドを作成する、逆スピンライト・フィールドです。

彼らは、地球の大気中にぶら下がっていて、多くのNAA軍が住んでいます。

それらは、人間の進化が 精神的なアセンションを達成するのを コントロールし、阻止するために、NAAによって アトランティスの大変動の間に作られた、メタギャラクティックの中核の ブラックホール・テクノロジーの結果です。

 

これらのNETは、紀元前9558年に要塞化され、それ以来、地球との間のすべての自然な通信を、徐々にブロックしてきました。

これは、クリスタル・スターが、2012年末に惑星ホスティングを開始した段階で変化していて、クリストス・ミッションの人々が ガーディアン・ホストと通信しやすくなりました。

これらのNETは、地球と 彼女の生命体を 刑務所の惑星に保つために作成された、ブラックホール・テクノロジーです。 NETフィールドは、DNAブロックと降下した天使のような、666の呪いを閉じ込めたままにします。

NETは、ハイバネーション・ゾーンとも呼ばれる、超次元ポケットに接続されています。

 

8Dスターゲイト・アクティビティ

 

メタギャラクティック・コアをクリスタルの修復、 機能の別の段階に戻すために発生している、現在の変化を認識することで、自然法則への有機的な整合が発生する可能性があるため、世界のステージで発生する、特定のイベントの背後にある動機をよりよく理解できます。

8Dメタギャラクティック・コアの最近の変化は、惑星のスターゲートと共鳴を形成し、さまざまな方法で、上記のエイリア・ンブラックホール・テクノロジーのすべてに影響を与えています。

中国の陸地は、メタギャラクティック・コアの 伝達の主な共鳴を保持しており、これらの銀河面への 積極的な再編成が発生すると、メタトロニクスのフィールド反転をクリアする際に、そのプロセスを妨害、および妨害するために、制御エンティティによって行われる 報復のさまざまな方法があります。

 

  • 8Dスターゲート西安、中国
  • 8D内門Lop Nur、国境チベット/中国
  • 8D-カザフスタンアラル海

 

この情報は、私たちの世界や私生活で起こっている、小宇宙イベントにつながる大宇宙イベントを解釈するために、意識の覚醒を通知、教育、サポートすることを目的としています。

私たちは、目覚めたという個人的な謎を乗り越えて、地球人類がシステム落ちしたシステムに存在していることを発見しています。

私たちは、私たちの惑星の精神的な解放を受けるという挑戦的なプロセスに あります。私たちが考えていたすべてが 真実であり、現実の性質は積極的にテストされ、この大きな変化の時代に 挑戦されています。

私たちは、外の混乱の中で正気を保つために、すべてへの答えは 心の中で純粋な愛を増やし、発展させることであることを より深く理解しなければなりません。

その愛と思いやりを 他の人に広め、未知の恐怖に圧倒されることを 拒否するとき、私たちは それぞれの瞬間に 共鳴の選択を感じます。

自己認識を高めることは 道を照らし、内から外への景観を変える必要性を サポートします。

あなたが何をする必要があるかが 明確でない場合は、瞑想し、愛情深く親切にし、あなたにとって深く意味のある方法によって、神の源、またはより高い自己との、直接的な関係を発展させることとなるでしょう。

すべては順調ですが、地球全体で波打っている集団意識で起こっている大規模な変化に進化し、適応する必要があります。

 

霊的な成長に役立つものだけを取り、残りはすべて捨ててください。真実を探求する勇気と勇気をありがとう。私は神、主権者、自由です!

 

次まで、あなたのアバタークリストス・ソフィアの心の道の光度に とどまります。自分とお互​​いに親切にしてください。 GSF!

リサより愛をこめて。

 

こんな記事も更新しています。

アセンション・ブレイクタイム 2020年2月13日2020年2月13日

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました