ベンジャミンフルフォード イルミナティ情報

スポンサーリンク
ベンジャミン フルフォード
skeeze / Pixabay
スポンサーリンク

ベンジャミンフルフォード イルミナティ情報

私が読んだ記事では、あなたはイルミナティの一員であると主張しています。私はそれが「ロイヤルイルミナティ」と述べた一箇所で見ました。これらは同じですか?ー本文より抜粋ー

 

スポンサーリンク

ベンジャミンフルフォード イルミナティ情報

 

ベンジャミンフルフォード イルミナティ情報

skeeze / Pixabay

 

ここ数週間、ベンジャミンさん週報は、イルミナティ情報が続いているという感じでしたが、これって情報そのものの信ぴょう性を伝えることが目的なのか、それともイルミナティ情報の拡散なのかどっちなんだろうと思いました。

ベンさんがイルミナティの情報を流した後、イルミナティ関連記事が増えていたような気がします。今までイルミナティ情報が影に隠れて流されなくなったのに、また浮上したため気になったという感じです。

 

連日、ベンさんの記事に書かれたイルミナティのキーワード

 

嗚呼、悲しいではないかさん「フルフォード・レポート2019/3/4」より

このプロセスはある種のジュビリー、つまり債務の一時的な帳消しと資産の再配分によって開始されると言う合意もある。

しかし、この仕事を始める前には、西側での事実上の内戦は終わらなければならない。この戦争は、深層では実力主義のグノーシス・イルミナティ(軍産複合体)に対して血統貴族を戦わせている。表面的には、イギリスのテレサ・メイ、フランスのエマニュエル・マクロン、ドイツのアンゲラ・メルケル、カナダのジャスティン・トルドーなどの血統の傀儡統治者が激しい攻撃を受けている。同時に、血統家族はイルミナティ前衛の米大統領ドナルド・トランプに対する執拗な攻撃を続けている。

トランプとの戦いがどのように進んでいるのかを見ることから始めましょう。トランプは彼が犯した複数の犯罪のために血統によって脅迫されています。以下のゴードンダフによる物語はいくつかの詳細を持っています、その多くは我々が独自に確認しました。我々はダフはクリントン/ロックフェラーグループのために働いていると理解しているが、それにもかかわらず、トランプが彼を訴えた場合法廷で耐えれないと思ったならば、彼はこうこれを公表しなかったでしょう。(ダフがロックフェラーの手先?)

 

ベンジャミンフルフォードサイト:CIAとMI6の間で、西側の権力の最先端と舞台裏で何が起こっているのかについてのトップレベルの議論 より

「世界未来計画庁」について教えてください。

カザフスタン・マフィア管理マトリックスが急速に崩壊するにつれて、平和時に提案された新しい経済計画機関です。マーシャルプランに似ていますが、それは、アジア経済計画機関に似ています。

私が読んだ記事では、あなたはイルミナティの一員であると主張しています。私はそれが「ロイヤルイルミナティ」と述べた一箇所で見ました。これらは同じですか?

ロイヤルイルミナティとは、300委員会のはるか上にある13の支配的な血統のクラウン評議会のことで、ビルダーバーグに似た政府間の権力団体です。

ロイヤルイルミナティが正確に何であるかを私に説明してください。

人類と世界の向上のために共に働く、非常に強力で裕福な家族の非常に目立たないネットワーク。

このヴァイスハオプトのイルミナティのことですか、それとも他の支店ですか?あなたは説明しますか?

アダム・ヴァイスハオプトは、バイエルンのイルミナティのイエズス会によって制御された創設者でした。陰謀論は別として、それは本質的に現代の反復の多くと同じように、地政学的なシンクタンクでした。また、クーデターやその他の軍事的黒人作戦を担当する準軍事情報機関でもありました。

 

ベンジャミンフルフォードサイト:教皇フランシスは13の血統として解雇され、グノーシスティックイルミナティは西部の内戦の終わりを交渉する より

教皇フランシスコはグノーシスティックイルミナティと13の支配的な血統との間で交渉されている取り決めの一部として権力から解放された、と2つの情報源が言っています。情報源の1つはヨーロッパの王室で、もう1つはペンタゴン(国防総省)の上司からです。

 これらの二つの情報源ですが、片方はメリトクラシーに基づいていて、もう片方は、歴史的支配に基づいている2つの西部の発電所は、ジュビリーと「地球を救う」という大規模なキャンペーンに同意している、と情報筋は述べています。

 

イルミナティは滅亡ではないのかもと思わずにいられない

 

勝手なイメージですが、イルミナティ=悪魔崇拝であり、イルミナティは今回の大きな改革によって生命線を絶たれるという印象があったのですが、イルミナティ=滅亡、ではないのかももしれない、という気持ちがモワモワとよぎってたところです。(勝手な推測ですけれど…)

昨日、久しぶりにTwitterをチェックしたのですが、やのっちさんのここ最近の情報が カレイドスコープ情報を使われていることが多い、ということに気づき、情報過多と流れがどうなっているのか、さっぱり 推測することができなくなった私は、カレイドスコープさんのサイトにお邪魔することにしました。

(思考の壁を崩壊させるべく。)

今まで読んできた情報と違うアプローチをされているカレイドスコープさんのサイト。思った通り、思考の壁が崩れて頭が回転し始めました。

カレイドスコープさんのサイトと、ベンジャミンさんのサイトを読み合わせると、方向性がなんとなくみえてくるような気がしました。ベンジャミンさんのサイトの イルミナティの簡単な構造説明にあるように、上層部と 下層部は つながっているように見えて そうでない (役目が全く異なるというか…) ということを感じることになったというか。

 

イルミナティの内部 6000人

 

ベンさんの前回の週報タイトルにあった 6000人についてですが、カレイドスコープさんの2010年の記事 たった6000人が世界を支配しているに説明がありました。それから、カレイドスコープさんのサイトによると、ペンタゴンの上層部は フリーメイソン、また今回、13の血統から解雇された教皇フランシスコもフリーメイソンだと 説明されています。

 

カレイドスコープさんの情報と、ベンさんの最近の変化球的な情報を組み合わせると…(・_・;)

ジュビリーと「地球を救う」という大規模なキャンペーンを行うペンタゴン(フリーメイソン)、人類と世界の向上のために共に働く、非常に強力で裕福な家族の非常に目立たないネットワークであるロイヤルイルミナティをベンさんの広報力を使って、多くの人に認知させる。

また、トランプ大統領はイルミナティと説明している部分ですけれど、これは、そのこと自体が情報ではなく、暗号的なものとして表現したんじゃない?という感じがしました。この情報そのものが、同じ秘密結社からの情報と考えることもできますし、イルミナティやフリーメーソン経由からの情報と考えることもできます。で、トランプ大統領を英雄的な立場から秘密結社のメンバーであると立ち位置を変えるように、周囲を認識させる理由が、今から権力が西から東へと移動する。と印象つけたかったのでは?

そんな風に感じました。考えすぎかもですが。

…と、遠回しに説明していているのかもしれないなぁと思いました。なぜかというと、ベンさんの週報の流れが、唐突すぎる方向転換でしたから…。噂通り、ベンさんのサイトがもしかすると、誰かに乗っ取られたのかもしれないとも考えることもできますけれど(^^;。

でも、うーん。

世界平和に向けて、今までと違う方向に進むけれど、惑星を支配してきた上層部はそのまま変更はない(この先も、世界のハンドルは、イルミナティとフリーメイソンが握る。)という感じなのでしょうか。また、6000人のイルミナティは権力を失うという感じに進むのでしょうか。うーん。だとすれば、めっちゃ嫌ですけれどね。

 

本当に喜んでいいのか、日本は。

 

ベンさんは、惑星開放という視点が最優先だと考えているために、この計画に信頼を置いているのかもしれません。計画通りなら、ジュビリーによって、経済的負担を強いられてきた奴隷的な扱いの私たちは解放される方向に進むだろうと思うのです。

ですが、カレイドスコープさんは、日本人は喜んでいられないということも説明されていました。この話(日本人は喜んでいられないという内容の記事)にたどり着いたとき、なるほど~と目から鱗って感じでした。

それに、この話が本当だった場合。もしかすると、イルミナティとフリーメイソンの真の目的を果たすために邪魔な存在として、日本はターゲットになっているとも思えるのですが…。細かく言うと、日本人特有のDNAを抹消するというか。

うーん。でも、ちょっとなぁ…。とも…。世界中にいる日本人の人口の数は少ないですし、標的するメリットが本当にあるんだろうか、という気もします。でも、秘密結社の人たちは血統が大事なグループと言われています。ですし、あり得るかもしれません。考えれば考えるほど、よくわからなくなります。(;’∀’)

 

気になる方はチェックしてみてください(*’ω’*) 知っている人は知っているかもですね。私は偏った情報家のため、昨日知ったばかりなのですが(^^;。

↓↓↓ ↓↓↓

量子論・グノーシス・古神道 日本人の「神の遺伝子」と女系天皇・皇位継承の「罠」

日本人のDNAにまつわる話です。この話、なかなか面白いと思いました。これが本当だとすれば、かなり貴重なDNAなんだろうとも思いましたし、もしかすると世界を平和に導くためのDNAなんじゃないとも思えなくないとも。

こういう話が嫌いな主人に日本人のDNAの話をすると、ありえるかもと言っていました。(;’∀’)

 

その他

 

3/11のベンジャミンさん記事、Q&A

 

最近、ベンジャミンさんの内容が、思いっきり方向転換しているところから、多くの方が彼の情報は別の人物が書いていると感じているようです。それから、ベンジャミンフルフォードサイト:CIAとMI6の間で、西側の権力の最先端と舞台裏で何が起こっているのかについてのトップレベルの議論 より のQ&Aの回答者をそのままベンジャミンさんに当てはめて考えると、ベンジャミンさんは、イルミナティに採用されたとなるかと思います。

これについて、カウイラぺさんが こう説明されていました。

私はベンジャミンのウェブサイトをチェックしていました、そして これは現れました。私は それがかなり魅力的であることに 気付きました、そしてそれを投稿することに夢中になりました。答えはMI6の人(British Intelligence- イギリスのインテリジェンス )からのもので、質問は CIAの人からのものです。

 

なるほど。そう考えると、内容が すんなり理解できますね(^^;。

 

イルミナティ情報 浮上により、デンバー空港ネタも 再びに浮上

 

最後に。びっくりした動画を 見つけたのですが、デンバー空港に動くガーゴイル像 です。デンバー空港と イルミナティ について カレイドスコープさんが 何部に渡って メルマガ発行されておられました。 その紹介記事を読み ようやく デンバー空港と イルミナティの関連性について 飲み込めたというか…。

デンバー空港のエイリアンと壁画に描かれている金髪碧眼のドイツの少年、バロン・トランプ①

 

動画を紹介している記事

 

トランプ大統領とイルミナティについて カレイドスコープの見解

 

ディープステートの定義とトランプ・ファミリーの実像

ホワイトハウスー10万人署名で辺野古埋め立てをSTOP!

と、カレイドスコープさんの過去記事をさかのぼるとグノーシス・イルミナティとトランプ大統領について、説明されてました。ただし、トランプ大統領とイルミナティの関係性が本当であるから、トランプ大統領が敵というニュアンスではないと、いう印象の内容でもあると思いました。

 

この辺り、コスミックディスクロージャーの過去情報でコーリーさんが説明したこととなんとなくリンクしました。トランプさんが、大統領として候補が上がったという経緯の辺り、なんとなく似ているとも思いました。

うーーーーん。「イルミナティ」という言葉が、くせ者なんだろうという気もします。イルミナティという言葉に大衆がどう反応するかを理解して、情報源が使用していると考えると、いいかもしれないですよね。イルミナティの情報が流されるときは、情報混乱させる意図もあると考えて、距離を持って情報と向き合う必要があるのかも…と思いました。

 

ワードプレス関連 コメントについて

 

まったく話が変わります。すみません。コメントをくださるときに、非公開したいという方もおられるということに気づいたために、コメントカスタマイズしようと、いろいろ調べてみたのですが、一番いいなと思ったのがラジオボタン設定をワードプレスコメントに組み込ませることではないか?(´・ω・`)と。

WP Advanced Comment
WP Advanced Comment is a powerful and easy to use comment system for wordpress with drag and drop custom fields builder.

ですが、このプラグイン最新更新が2年前ということで、もしかするとサイト自体問題が発生する可能性があるということでした。

恐ろしい…(;・∀・)…以前、プラグインでサイト表示がおかしくなってしまった事があったため、ちょっとできそうにないと思いました。(小心者ですみません汗)

で、非公開希望とコメント欄に書いておいてくださると、公開しないという選択にしようかと。…当面はそういう感じで対応したいなと思いました。(^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました