周波数の高さ を感じ 頭にまとわりつく不快感が消える

スポンサーリンク
インスピレーション
USAGI_POST / Pixabay
スポンサーリンク

周波数の高さ を感じ 頭にまとわりつく不快感が消える。前回、読んだ本マルコニクスをブログで取り扱ってみたくなった一番の理由について、今回まとめておきたいと思いました。

年末にかけて、宇宙人UFO問題などの情報を取り寄せて、記事に書き続けていたことが原因ではないかと感じているのですけれど、頭の辺りにベタっと貼り付く不快感が消えない状態で、次第に目の奥が痛くなってきたのです。

それが消えた理由も一緒に考えてみようと思います。

 

スポンサーリンク

周波数の高さ の定義

 

周波数の高さ

geralt / Pixabay

 

周波数の高さを数値にして割り出して、いろいろな周波数の領域音源を作った動画が挙げられ、この周波数がいいとか、世間では物議を醸しだしているようです。

正直、どの音源も高い周波数でありますし、問題のある周波数に今まで出会った事はありません。

正直、どこからどの周波数がベストか、とか、どんなテイストの音が高次元のソースと繋がっているかとか、数値や音色にして「これです!」と伝えられないもどかしさがあります。そして、実際、よく分かりません。

 

どんな物にも周波数がある

 

ですが、これだけは感じることできる。ときっぱり(; ・`д・´)…と、自信はありません(;^ω^)。が、あります。

どんな物も周波数を発しているということです。

 

水晶

monicore / Pixabay

 

例えば、クリスタルは、わかりやすいかと思います。持ってみることで、独特の周波数を発していると感じることができる人がおそらく20年前と比べると増えているんじゃないかなぁと思っています。

全く感じられそうにない物もあるかもしれませんが、神経を研ぎ澄ましてみると、案外高い低いというのを抜きにしても、持った感の心地よさとか、心地悪さを実感できるかと思うのです。

 

マラカイト 探そうと思っていた理由と解決方法

 

ここからは、周波数の高さを感じるものに出会って、救われた話につながっていく前に起きた話を書いてまとめていきます。

…ので、ちょっと話が変わります。

 

冒頭でも書きました…

年末にかけて、宇宙人UFO問題などの情報を取り寄せて、記事に書き続けていたことが原因ではないかと感じているのですけれど、頭の辺りにベタっと貼り付く不快感が消えない状態で、次第に目の奥が痛くなってきたのです。

という事について、そろそろなんとかしなくてはと考えていました。

 

UFOネタを書くと不調になる原因

 

今年に入って、夢を見続けて体調を崩したのだろうか、といろいろ考えてみたのですけれど、UFO関連のことを書くと、昔から不調になる傾向があったことを思い出しました。

 

頭痛

MikeRenpening / Pixabay

 

その原因は、UFO関連に対してネガティブな気持ちを持っている部分があるために、低い周波数のビーイングが近づくことが原因だということが、前回のフォビドゥン・ノレッジ 封じられた叡智 の本や、マルコニクス本を読んで気づきました。

UFO関連自体を取り扱うことが問題なのではなく、取り扱う意識に問題があったというわけです。(;^ω^)ですが、安易に笑っていられない状態が起こりました。子どもに異変が起きたのです。

 

2年前の悪夢

 

実は、2年前も子どもに異変が起きたことがあったのですが、その当時、ブログに状況を説明したところ、「ビーイングに乗っ取られている」と言われたことがありました。

まさか、と思ったのですが、最悪の事態が起こったのです。子どもは瀕死の状態に陥ってしまったのでした。あのとき、しっかり忠告を受け入れていれば、こういう問題は未然に防げたかというと、それも違うかと思っています。

 

そのことは、なんというか、起こるべくして起こったような感じもしたからです。

その後、子どもはみるみる回復して、今では風邪もひかず健康そのものになりました。また以前と比べると意思表示もしっかりしてきましたし、別人のようになってしまいました。

結果、これはこれで良かったのかもしれないなぁと、最近になって思い始めたのです。だから、きっかけは、ネガティブなことによるものだったのかもしれませんが、起こるべくして起こったのかも。と思うようになったわけです。

 

悪魔祓いならぬ、ビーイング払い成功

 

今回、子どもの状態は、てんかんによる態度の変化に近いものでした。まる悪魔にでもとりつかれたか?(; ・`д・´)という感じがしました。が、ふと、ビーイングを追い払う方法を思いついたのです。

 

ロザリオ

pompi / Pixabay

 

手を振りかざして、「元にいた場所に戻れ。子どもにかけたマインドコントロールをそのまま受け取りなさい」と、ゲド戦記でテル―がやっていたような感じで、念じてみました。なんとなくそのときは、上手くいくと思いましたし、これは正しい方法に違いないと迷いもなくやった…という感じです。

はたからみると、単なるあやしいおばさん(;^ω^)です!!

誰も見ていないから出来たとも言えます…。

 

しかし。信じられないくらい効き目がありました。

嘘でしょ。と思うと同時に、やっぱり出来ちゃったとも思いました。どっちやねん。

 

子どもの状態がコロっと変わりました。まるで天使のように、「お母さん」と声をかけてきたのです。

ここで、怖がるとよろしくないと思いつき「わはは。大丈夫。大丈夫。」と関西のおばさん丸出しに振る舞いました。

 

朝も、子どもの状態はかなりよい状態のままでした。ほ

 

目が覚める

Counselling / Pixabay

 

正直、何かに憑依されたとかどうかなんて、わからないまま解決したため、原因がなんだったのか…(。´・ω・)?ハテナなままですが、とにかくイイ感じに戻り良かった。

あんな変なこと(悪魔祓いのマネ)をした自分を振り返ると恥ずかしいという気持ちは残ったままですけれども(〃ノωノ)。

 

自分の調子は一向に上がらない。助けてドラえもん的な気分

 

子どもの危機?を救ったところで、自分についたネガティブなエネルギーを追っ払うことができませんでした。もしかすると、年末年始などの疲れ?それとも家族にこき使われたせい?と自分以外に問題を探しては、イライラすることが増えてきたのです。

「助けて~。ドラえもん」っと叫びたい気分です。

そのとき、ジェイソン・クイットさんの「ビーイング払いに効果的なストーン」が書かれた本の一部を思い出しました。

 

何っだったけ?と、ページを探してみたものの、見つかりません。そこで、石の種類をネットで検索することにしました。

 

マラカイト は、ヒーラーが無人島に持っていきたいストーン

 

マラカイト

marsjo / Pixabay

 

グリーンメノウ,マラカイト はヒーラーが無人島に持っていきたい石という紹介を見て、すぐに欲しいと思いました。ヒーリングにかけては、水晶と並ぶ石です。魔除けとして12月生まれの誕生石という内容も書かれていました。

そ、そんなに効果がある石なら、きっとこの頭にとりついたベタっとした気色の悪い感じを取りのぞいてくれるに違いない。と考えたhukuだったのです。

 

マルコニクスの周波数に癒された

 

ですが、相当窮地に立たされていたのかもしれません。ハイヤーマインドが、すぐにこの状態を解決しないといけないと感じたのでしょう。

再び、ハイヤーセルフの介入によって、マルコニクスの本を読むように仕向けられたみたいでした。というのは、読むつもりでなかったのに、再び間違ってkindleアプリにダウンロードしたマルコニクスを読み始めていたのです。

私が読もうと思ってkindleアプリを開いた理由は、前回紹介したフォビドゥン・ノレッジ 封じられた叡智 の本でした。

間が抜けている私です。マルコニクスをダウンロードしたことを忘れていたため、違和感を覚えることなく、フォビドゥン・ノレッジ 封じられた叡智 だと思い込んで読み始めていたのでした。ばかですよね~(*ノωノ)

 

頭のベタっと感がキレイに取れた

 

途中で、気づいた私です。「読んでいる本、マルコニクスだ。間違っている」と…。

しかも天使とか書いている。地球外知的生命体の話が読みたいのに。と思ってしまいました。ですが…。アリエルが相変わらずのたとえ話をしている、と思い、これはほんとのチャネリング本だと感じて読み続けることにしたのでした。

 

すっきり

elounge / Pixabay

 

読み込み始めると、頭に流れる周波数の音に変化が起こり始めました。なんというか、キレイなハーブ音という感じです。調和のとれた音が頭に流れ込み、気分が楽になってきたのです。

そして、この本がヒーリングに関する本だと知ったのは、だいぶ後になってからでした。でも、内容の目的が分からないのに、読み続けた理由は、面白かったためです(*´з`)~

 

本にもマルコニクスの周波数が流れているのかもしれない

 

本の周波数が、私を癒したと実感しました。

そして、もしかするとなんですが。ちょっと私にまとわりついていたエネルギーは、ビーイングがとりついていたせいかもしれない。と、読み終わってから振り返って考えてみました。

 

本書にあるビーイング払いの事例が…。

 

正直、マルコニクスの大半は、キレイな感覚で読めますが、ビーイングに取りつかれた模様の詳細が、「うわ…いやや~。」と声を上げそうになりました。

自分もそうだったとすれば、キモイ。と正直思いました。ごめんなさい。訂正します。気持ち悪い…(; ・`д・´)何とも言えない感じです。ぞっとしました。ぞぞぞ……。正直、こういうのが苦手な人は、よくよく考えてから「マルコニクス」を、読んだ方がいいかもしれません。

 

ゲド戦記で例える、げんなり感

 

例え話なんですけれど。「ゲド戦記が、ジブリだし。」と喜んで観たものの、うわ~と思いそうになる」みたいな。

そういうえげつないシーンとか、ちょっとグロテスクなテイストが度々隠れていたかと思うのですが、あーゆー、げんなり感を味わうかもしれません。

ちなみに。先日放送されたことによって、ゲド戦記の奥深さにようやく気付き始めました。気持ち悪いと思っていたけれど、しっかり学ぶことがたくさんある作品だと気付いたという感じです(;^ω^)。

 

個人的にはそういうのも込みで、「マルコニクス」を、読んで良かったと感じています。

 

そんなこんなも書かれていつつも本全体に漂う周波数の高さが、不要なエネルギーを取りはらってくれるということを体験できたという久々なヒーリング体験。

意図していなかったことですが、実際に癒された私は、すっかりマルコニクスの虜になっていたのでした。

 

ヒーリング

dayekim728 / Pixabay

 

ちょっと本格的にヒーリングを受けたいと、つい思いそうになりました。

 

ということもあって、この本に注目してしまったという訳です。

この本、天使のことだけではなく、スタービーイングに関することや、後、今まで読んだり得た情報と共通の内容もかなりてんこ盛りに盛り込まれています。

なので、前回のジェイソンさんと、アリソンさんのこの本で気づいたことなど、今後まとめていきたいと思いました^^。

 

 

ふふ…(*´з`)~

マルコニクス・ヒーリング関する情報と、前回、日本のライトワーカーさんにメッセージが本書を購入すると読むことができる、と言ったニュアンスをちらりと書きましたが、こちらからのアドレスから、日本のライトワーカーさんに送るメッセージを読むことができるみたいです^^

↓↓↓

http://wwwtta.voice-inc.co.jp/documents/vp/Message%20from%20Grace.pdf

気になる人はチェックしてみてくださいね(‘ω’)ノ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました