GCRによる 共和国の復元 2018年9月9日 | CGRによる共和国

GCRによる 共和国の復元 2018年9月9日

CGRによる共和国
geralt / Pixabay

GCRによる共和国の復元 2018年9月9日

今回は、RV関連の情報C、ティア1グループと、ティア2グループの内容が具体的でした。Intelサイトでは、個々の情報交換の様子もうかがえました。FISA文書に関するQ情報、サドル首相発言、Q+に関する情報が注目されていました。

 

GCRによる共和国の復元 2018年9月9日

 

GCRによる共和国の復元 2018年9月9日

JohnsonGoh / Pixabay

 

GCRによる共和国の復元:2018年9月9日更新

 

9月9日12:01 am ESTに編集されました。by Judy Byington

MSW、LCSW、ret。最高経営責任者(CEO)、児童虐待の復旧、著者、「22人の顔」、Byingtonによる悪魔のカバ―ルCIAとバチカンが主催する国際的な小児愛者に関連するニュース記事

Ring: http://beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/stories.html

 

出典:ディナールクロニクルズ

以下は、インターネットからの情報の要約です。個々の読者が自分の研究を行い、それが有効かどうかを判断するのは、個々の読者の責任です。忍耐は美徳。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

 

Judy Note:

RVはまだ火曜日に設定された最新の終了日で、今週末にはまだ行き詰まっていたと噂された。9月11日ジンバブエとトランプ大統領の両方が金/資産支援通貨へのリターンを発表すると予想されています。 9月11日は、9月11日の災害17周年です。

グローバル通貨制度が金/資産支援に戻ることなく、米国の決済通貨の支配を維持したいと考えている人たちによって災害が引き起こされたと考えられています。

 

A. Q+ からのメッセージ Sierra 2018年9月8日 pm 11:22 EST:

 

https://qanonposts.com/ Q2108

Q2108 Qmap#2119

 

多くのQフォロワーは、Q +がトランプそのものだと信じています。 Q投稿番号 2107(Qmapでは2118番になります。)はQ +からの強力なメッセージです。非常に大きなことが起こっているという印象を与えます。

https://qanonposts.com/

 

Qポスト番号2107の最後の部分から抜粋…( Qmapでは2118番になります。)

 

‘…It is time, WE, THE PEOPLE, reclaim what is rightfully ours.
MAY GOD BLESS AMERICA AND ALL THOSE WHO DEFEND
AND PROTECT HER AGAINST ALL ENEMIES FOREIGN AND DOMESTIC.
WE STAND TOGETHER AS PATRIOTS.
WHERE WE GO ONE WE GO ALL.
HOME OF THE BRAVE.’
Q+

「私は、アメリカ合衆国の旗、そしてそれが立っている共和国への忠誠を誓う。すべての人に自由と正義を与えて、神の下にある一つの国家。

それは時であり、われわれは、正しいことを私たちのものに取り戻す。

神を賛美し、すべての敵、外国人、国内の人々を擁護し、守ってください。

私たちはパトリオットとして一緒に暮らしています。

どこに行っても、私たちはすべて行きます。

HOME OF THE BRAVE (勇者の家)」

Q +

2107 Q+

 

PATRIOTSの前のASという単語には、その下に点線があります。カーソルをASの上に置くと、Adam Schiffという単語が表示されます。 Qはこれらの点線を使用して追加情報を提供します。

もう一度、聞く耳と見る目を持つ人のために…

Qポスト番号2108( Qmapでは2119番になります。)には、アメリカの国旗が描かれています。

https://qanonposts.com/ Q2108

Q2108 Qmap#2119

 

写真のタイトルは「フリーダム」です。それは、トランプ大統領と同盟国がアメリカの人々に彼らの国を与えているという、感動的な刺激的なイメージです。 2108という数字は、最大数のイベントが行われる9/11の壁面を指しています。

 

私たちの誰もが、9/11に向かって驚異的なエネルギーの蓄積を否定することはできません。私たちの銀河ファミリーがフィニッシュラインに向かって私たちを鼓舞するように、私たちが経験しているエネルギーが何百万倍になると想像してください。

ありがとうございました。Anonymous が、AAGの任命について間違った日を数えている、ということを指摘してくれた匿名の方に感謝します。

Qは、編集された20のFISAページが、人類に降伏する真実のD5雪崩を開始すると断言したと、Qは言いました。

 

準備はできましたか?

私は!真実の私の剣は私の側にあります。

明らかにされることについての圧倒的な情報への答えを求める人々をサポートし、快適にする準備ができています。

 

無条件の愛と思いやりは、数日、数週間、数ヶ月のうちに私たちの最大の同盟国になるでしょう。

 

B. インテルアラート 2018年9月8日 pm1:29 EST:

 

 Operation Disclosure: GCR/RV Intel Alert for September 8, 2018 Operation Disclosure 

RV / INTELLIGENCE ALERT コンバージョン 2018年9月8日

 

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確である場合もあれば、正確でない場合もあります。)

 

1. Cabalとの17年間の秘密戦争の後、9/11の記念日までの3日間。

2.進行中のFISA文書の明示的な機密解除と明らかにされる啓示。

3.SoLの検疫違反が犯され、CIAメインフレームのスーパーコンピューターとサテライトがオフラインになっていた。

4.ホワイトハットのサイバー浸透が成功した。

5.完了する金融システムの転換(QFS)。

6. QFSに必要なジャンプスタート(RV)。

7.カバールは彼らが蒔いたものを収穫するだろう。指が引き金を引いた。

 

C. 銀行のルーティング番号 2018年9月8日 am 11:29 EST

 

“Regarding Routing Numbers” by Fireswan – 9.8.18

 

1. 第二層(ティア2)の信用組合などの小切手に印刷されているものとは異なるオンライン番号のルーティング番号が表示されている可能性があります。

2.小​​規模なIT部門を持つ銀行は、シームレスな移行のためのリソースやITインフラストラクチャーを持っておらず、また、2つのシステムを維持しておらず、既に切り替えられている可能性があります、その場合、新しいシステムになっていることを示します。

3. ティア2の銀行を確認しました。新しい銀行口座番号はオンラインバンキング画面にありました。

4. ティア1には、新しい電話番号を他のポスターと同じように「バックスクリーン」に隠す方法があると思われます。

5. ITの観点から、私は「バックスクリーン」は本物で、一般に公開されている「スクリーン」は、フェイクだと言いましょう。(眠っている大衆や彼らがやりとりする窓口を動揺させないようにするために)。

 

D. TNT、RayRen 2018年9月8日 am 10:40 EST :

 

 Saturday Update from TNT RayRen98 9-8-18

 

1.サドル首相 は、土曜日にすべての国会議員のために緊急会議を開催し、バスラ市 の状況やその他の問題について話し合いました。彼は出席していないどのメンバーも責任を負うことになる、と警告しました。

2. Alaq が新しい番組と国民のための新しい国家Eカードを、イラクTVで共有していました。

3.土曜日の朝、9月8日 – クルド人は憲法上の懸念を主張する議会に出席しませんでした。サドル氏 は、クルド人が重要なセッションに参加していないと、イラクのテレビ公開で厳しく伝えました。

4.土曜日午前7時45分、サドル氏は、明日9月9日、新しい大統領と新しいスピーカーに任命し、うまくいけばクルド人の出席を表会議で表明するとしました。

 

E.  FISA文書の次週に分類解除される 2018年9月8日 am4:14 am EST Sierra:

 

“Documents Declassified Next Week?” by Sierra (NZ) – 9.8.18

 

1. Qは、トランプ大統領がFISA文書の20ページの編集ページを機密解除するタイミングを決定すると述べています。QはD5の雪崩を開始すると言います。

2.大覚醒評議会のアナウンサーは、来週に機密解除される文書を支持する理論を策定した:

reddit: the front page of the internet

3. Anon:Qは、「考えてみよう」、「大統領は210日までの間、一時的にAAGとして行動する代理を選ぶべきだ」と述べています。

「いつクロックが切れるの?」

レイチェル・ブランドの副社長は2018年2月6日に辞任しました。(Anon氏によると、今日9月8日が210日となるだろう、とのこと。)

https://www.convertunits.com/dates/210/daysfrom/Feb + 6、+ 2018

4. Anonは、2017年10月28日の最初のQ投稿について議論します。

この記事では、Qは「HRC犯罪」(Hillary Clinton)と10月30日の日付です。この記事では、国家警備隊と米軍の配置について言及しており、暴動の可能性があります。 Anonは、Qが2017年ではなく2018年10月30日を指していたと推測しています。

5. Anonはいくつかの911コネクションがポップアップしていることを指摘しています。例えばトランプは、Montana Rallyで pm 9.11に発言し始めました。 Qは最近ニュース項目を公開する際に、breaking911.comのウェブサイトを使用しています。

6. D5の雪崩が勢いを増し、Cabalを直進して山腹を轟音しています。彼らが隠れるところはどこにもありません。

GITMOへの片道チケット。

 

F. ドルのリセット緊急 Grass 2018年9月7日 pm 11:51 EST :

 

スイスのミーゼス研究所と長年の市民であるクラウディオ・グラスは、直接的な民主主義、世界経済、今後のドルの再設定、世界の暗号化通貨、そしてそれが世界の自由を意味するかもしれない世界で、最も近い国家であるスイスがいかにユニークであるかを論じています。

 

Wealth Moving East, Dollar Reset Imminent w/ Claudio Grass Part 2

Part 2:これは、ミーゼス研究所の大使であるクラウディオ・グラスとスイスの長い間の市民との2部会です。

彼はこのプログラムに参加して、まずスイスが直接民主主義を持つ世界で最も近い国であることについて議論する。パート2では、トピックをグローバルな経済学とドルの再設定に変えます。これはどういう意味ですか?また、世界的な凍結癖がどのように見えるのか、それが世界中の自由に何を意味するのかについても議論します。

 

Updates for the week prior:

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 8, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 7, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 6, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 5, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 4, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 3, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 2, 2018

 

その他

 

RV速報

 

1. 第二層(ティア2)の信用組合などの小切手に印刷されているものとは異なるオンライン番号のルーティング番号が表示されている可能性があります。

2.小​​規模なIT部門を持つ銀行は、シームレスな移行のためのリソースやITインフラストラクチャーを持っておらず、また、2つのシステムを維持しておらず、既に切り替えられている可能性があります、その場合、新しいシステムになっていることを示します。

 

RV関連で、C情報がかなり具体的だと思いました。昨日、Intelサイトをパラパラ確認していたのですが、ティア2グループの方と思われる投稿で、小切手とオンラインルーティング番号に変更がない、などの内容です。

かなり、情報内容にバラつきがあるのは、致し方ないと思うのですが、上記の情報は、それについての補助的説明だったのかもしれません。小さな波紋を感じられました

 

こういう経験は当たり前ですが前例がありません。本当に裏方でそういう準備が行われているのか、と感じそうと不思議な気持ちになる人が大半だろうと思います。情報と生活のギャップが大きすぎるため、情報に対してとても慎重になっている人が多いかと思います。

日本は昨日、メディアの情報(フェイクも含めて)更新が少ないと昨日思いました。今朝になってから、金正恩委員長情報が流れているのを確認しましたが…昭和にタイムスリップしたのか、というイメージでした。

 

小さい経験で似たようなイメージを探してみようと思いました。うーーーーん。そうですねぇ、個人的に体験したことといえば、携帯ショップのニューデバイス登場のときや、店内新装の準備などの前段階位ですかね。

といっても、こういうニュースは、ネットで流れるため、たいていお客さんは知っています。(;’∀’)。

なので、どう考えても比較出来そうな対象が見つかりません。(;^ω^)小さい経験しかしていませんので、発想が貧困ですね。ごめんなさい。

 

Q+の話

 

シエラさんが、+はトランプ大統領かもしれない、と、いう話を何度か話されています。

最初シエラさんが、そのことについて教えてくださったときは、えぇ?と驚きました。

 

ですが、コーリーさんが、2016年の時点で、トランプ大統領の裏情報について語っておられる点や、今回のプロジェクトについて、さらーっと教えてくれていたこと、マイケル・サラ博士による、トランプ大統領と二コラテスラの関係性について書いた記事を思い出しました。

 

そうだ、あり得ると思いました。

Q Anon トランプ氏情報 コーリーグッド サラ博士2018年4月15日

 

今回のQ+についての関連ツイートを紹介させていただきたいと思います。

Twitter / ?

 

Kausさんのツイートには、https://qanonposts.com/の#2108 (https://qmap.pub#2119 ) の国旗には、次の記事が関係しているかも、とリンクされていました。

今、確認したのですが、こちらのリンクになります。https://www.becketlaw.org/case/newdow-v-rio-linda-union-school-district/

確かにこの記事について、Qは投稿したのかもしれません。紹介された記事には、同じ画像がありました。

 

ケースサマリー

米大統領訴訟で敗北したちょうど1年後、ニュードウ博士は、Allegianceの誓約から「神の下に」という言葉を削除しようとしていました。

ベケットはカリフォルニアの公立学校の両親に代わって介入し、その子どもたちは学校で誓約書を自発的に唱え続けようとしました。ベケットの創始者であるSeamus Hasson は、「これは、学校の子供たちがどのように始まるかということだけではありません。それは、次世代の権利が、クリエイターまたは国家から来ると思うところです。」

ニュードウ博士が連邦地方裁判所で勝利した後、ベケットは第9巡回控訴裁判所に上訴しました。

2007年12月には、ニュードウ博士の豪々な支持者のいくつかを含む詰め込まれた法廷の前で活発な議論の中で、 Hasson氏はアメリカの歴史の中で「神の下に」という言葉は常に権利を保護し、 Hassonは、独立宣言、ワシントンの別れの住所、リンカーンのゲティスバーグの住所での「自然の神」に対する歴史的な魅力は、主に宗教的ではないことを実証しました。

代わりに、そのようなフレーズは創業者の政治哲学を体現しています。議会は、1954年に「忠誠の誓約」に「神の下に」を加えることによって、米国とソ連が意図した相互に排他的な人権概念を対比するだけでなく、国よりも高い権威を持っていると断言したのです。

2010年3月、第2巡回控訴裁判所は、ほぼ2年半の間、事件を検討した後、「神の下に」という言葉の合憲性を確認し、それ自体を逆転させた。誓約書は政治哲学であるというベケットの立場を採択した。

ニュードウ博士は最高裁判所にその決定を訴え、手続上の理由で彼の試みを棄却した。それ以来、ニュードウ博士は他の州でも「忠誠の誓い」を変える試みを同様に行ってきました。

Newdow v. Rio Linda Union School District - Becket
“This is about a lot more than just how school kids start their day. It’s about where the next generation thinks its rights come from – the Creator or the State...

 

 

関係ないかもですが…。この裁判の勝訴した日にちは、偶然かもしれませんが、福島地震のちょうど1年前の、2010年3月11日でした。

 

Q+の#2108(#2119-Qmap)は、良く読み込まなければ、アメリカの保護的な宣言というニュアンスにもなりそうですし、そう翻訳する人もいるかもしれません。でも、ここで、リンク記事をよくよく読みこなしていくと、この「神の下に」という意味がどのように使われるべきかを理解することができるかと思います。

 

代わりに、そのようなフレーズは創業者の政治哲学を体現しています。議会は、1954年に「忠誠の誓約」に「神の下に」を加えることによって、米国とソ連が意図した相互に排他的な人権概念を対比するだけでなく、国よりも高い権威を持っていると断言したのです。

 

Jordon Satherさんのツイートより

自由、強さ、名誉、絶対に敵からの保護。

私の気持ちは、私の目を覚ましているプロセスが、ナショナリズムの考えを共鳴させなかった方法で私の意識を揺さぶったと思います。

私はこの地球上に人類を見ており、私たちの惑星を再び宇宙にする手助けをしたいと思っています。

 

 

 

 

Q:世界を救う計画

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました