GCRによる 共和国の復元 2018年9月5日 | CGRによる共和国

GCRによる 共和国の復元 2018年9月5日

CGRによる共和国
esiul / Pixabay

GCRによる 共和国の復元 2018年9月5日

今回の情報は、AとBは、RV関連です。内容的に、RVの一般公開 、間近に迫っているというニュアンス 。カナダ銀行 。クリントン氏の不動産の情報ですが、トランプ大統領の情報公開と、クリントン氏関連情報詳細がリアルです。こちらは動画確認で分かりました。

 

GCRによる 共和国の復元 2018年9月5日

 

GCRによる 共和国の復元 2018年9月5日

alsen / Pixabay

 

GCR経由で復元された共和国:2018年9月5日更新

 

GCRによる 共和国の復元 2018年9月5日

Judy Byington、9月5日 am12:01 

MSW、LCSW、最高経営責任者(CEO)、児童虐待の復旧、作者、「20の二人の顔」、バイトンの前それは悪魔のカバ-ルCIAに関するニュースの記事とバチカンのスポンサーを務める国際的な小児愛者の子供の人身売買

Ring: http://beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/stories.html

 

出典: Dinar Chronicles

以下は、インターネットからの情報の要約です。個々の読者が自分の研究を行い、それが有効かどうかを判断するのは、個々の読者の責任です。忍耐は美しい行いです。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

Judy Note:

 

A.2  SWIFT CIPSへの変換 mAdifference 2018年9月4日 pm 10:40 EST:

 

システム

pixelcreatures / Pixabay

 

 “SWIFT System Converting to CIPS” by mAdifference – 9.4.18

 

私はBのAで、私の口座の説明を得ようとしました。

即座に “ランダム”な挨拶があり、顧客に代金の移転に関する問題を抱えている顧客サービス担当者に尋ねてきました。

だから、私はCSRを突き詰めて、彼女に簡単に尋ねました:

 

ME:AのBは、SWIFTシステムからCIPSへの切り替えのために、今日電信送金に関する問題を抱えている可能性があります。あれついては正しいことですか?”

CSR:それは、正しいです。お客様。

ME:その問題は今日だけのことか、もしくは他の日のために起こっているのですか?

CSR: 今日のために、私は問題が完了すると信じています。

 

友よ、私たちは近いかもしれない。他の人は、確認のために銀行に電話をしたいと思うかもしれません。

 

B. The Big Call, Bruce 2018年9月4日 : 

 

セットアップ

Pexels / Pixabay

 

Thebigcall.net: 712-770-4016 pin123456#

 

1.世界のすべての銀行はCBIがイラクディナールの為替レートを変更するのを待っていました。これは今夜9月4日から5日にかけて起こる可能性があります。

2. 9月4日午前11時5分(EST)に、すべての銀行手数料が同時に払い戻されました。

3.すべての銀行からの通信が停止しました。

4.クオンタム・ファイナンシャル・システムは、最後の金の時点で世界中のすべての銀行にリンクされています。 8月31日。

トランプは経済の円滑で成功した展開を確保しようとしていました。

6.経済のために、最初の60-90日間は流動性にいくつかの制限があります。

7.ティア3sは月曜日を包み込みました。午後。

ティア4は並んでいて、行く準備ができていた。グループ4開始したら、すべてが行くだろう(グループ4のB)。

9. Tier 5一般公開日は9月15日、16日、17日となります。

10.今週、おそらく明日の9月5日までにそこにいるはずです。

11. QFSは完全に結ばれ、イラクは準備が整いました。

 

C. George 2018年9月4日 am 9:36 EST:

 

 

“Just a Heads up, Family (Intel, Maybe)” by George, Who Serves – 9.4.18 

 

2018年9月4日現在 am 9:15(EST)、カナダ最大の銀行TDBankの通貨レートはすべて空白でした。

これは私たちの知識の前に起こったことはありません。

 

D. Fulford Report 4 2018年9月4日:

 

英文フルレポ  

Benjamin Fulford Full Report: Good Side of Rothschild Family Says Trump Will Stage Financial Reset
The deadlock has ended in the undeclared U.S. civil war that lasted all summer, and the good guys have already begun a series of stunning moves against the caba...

英文(抜粋)

“Trump will Stage Financial Reset” – Fulford Report (Excerpt) – 9.3.18 

https://benjaminfulford.net/ Benjamin FulfordWhite Dragon Society

 

1.デッドロック(膠着状態)は、夏に終わった未明の内戦で終わりました。善良な人たちは、秘密衛星を撃墜するなど、カバールに向けた一連の驚くべき動きを既に開始しています。

衛星撃墜は、不思議なブロガー「Q」によって最初に報告され、3つの別々の情報源によって独立して確認されています。

“8月30日、CIAの衛星とスーパーコンピュータが墜落し、[米国の]英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、日本、フランス、ドイツ、イスラエルの聾唖者と盲人のカバール要素をレンダリングするためにNSAデータベースからGCHQ [British Intelligence]が削除されました。ソースは説明しました。

3.アジアのCIA関係者は先週、秘密衛星ネットワークを設置し、同僚に次のような警告を出した。

「私たちは危険にさらされている。私はあなたの車に燃料があり、緊急の食べ物と水が手元にあることを願っています。誰がこれをしたのか、なぜそれをしたのかはわかりません。そして、今、私たちの衛星のいくつかがダウンしているので、神は私たちに何が来ているのかしか知りません。」

Nathaniel Rothschild の派閥が、シュートダウンに関与していると、説明する第3の情報源は、「NATは戦場に戻っている。彼は私たちと一緒です。私たちは、ナチス/南極のグローバルな通信網を解体しています。これにはいくつかの周回衛星が含まれており、その1つはすでに除去されています。」

5.通信停止は、カバールに対する軍事的および財政的攻撃の前兆であり、ペンタゴンとCIA筋は同意する。安全保障上の理由から、ペンタゴンの情報筋は、「米軍の攻撃が、無防備で向きを変えたカバルを終結させようとしている。

6.世界的な金融システムの完全なリセットが既に始まっており、ロスチャイルド家の自己記述「良い面」に関連するCIAの情報源を主張している。

7.これは、9月の非常に多忙な1ヶ月になることを約束するものに過ぎない。

8.カバールを終結させるための米軍の攻撃が進行中であった。

9.元CIAの代理人David Steele:「カバールの財産を奪還するためには金曜日にドルを握り、次の週に逮捕する」

10.CIAエージェントはRothschildsにリンクしています:「我々は世界的な通貨危機に瀕しています。それは停止することはできません。財政再建が差し迫っており、2018年12月より前に行われる予定です。」

11. 9月4日2018 2:59 pm ESTトランプの問題国家災害対策諮問 Janda:

 Dave Janda: Trump Issues National Preparedness Advisory :

「9月は緊急事態の月です。真実の爆弾を9/11と3/11に落とすことができます。」

12. Google、Facebook、Twitter、Youtubeは、Alex Jonesのテイクダウンに牽引された保守派による集団訴訟に直面していました。トランプは別のメディアのためにTwitterを出ていた。

 

ベンジャミンフルフォード 2018年9月3日 (抜粋)

 

E. クリントン 現金、薬品押収 2018年9月4日 pm 11:34 EST

 

Special Forces Seize Clinton Cash, Drugs in Borneo

 

20189月4日発行 9月1日の早朝、ドナルド・J・トランプ大統領は、特別部隊の兵士がボルネオ島のクリントン財団所有の不動産を襲撃するための作戦を開始しました。

 

Updates for the week prior:

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 4, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 3, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 2, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 1, 2018

Restored Republic via a GCR: Summary as of Aug. 31, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 31, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 30, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 29, 2018

 

その他

 

今日の情報では、RV一般公開の日程めどがついたという、ニュアンスで、びっくりしました。あぁ、本当に変化がこれから起こるんだなぁという感覚です。

 

 

現場

joffi / Pixabay

 

spiritualな分野を勉強している人達は、いつも未来に意識が向かっているために、この変化後について、議論がされているみたいです。アハハ…。凄いですね。それはそれでありかも。という気持ちもありつつ。

この凄い変化のために、命がけで現場で戦っている人達の心情を考えると。

ここのひとつひとつの状況を分かる範囲でしか、ブログで伝えることしかできませんが…。「そういう部分に寄り添って応援したいなぁ」というのが、今の私の心境みたいです。

 

 

ベンさん、相変わらず何を書いても、いろいろ言われちゃいますね。

そういう私も?度々。レポートを読んでいるうちに「えぇ(; ・`д・´)?」となりますし。

でも、この方が、最終的にどの立ち位置になっているか、という辺りは、置いておき。こうやって発信してきてくれたお陰で、見えなかった事が見えてたことに対して、私個人的には本当に感謝しています。

 

瞑想

Activedia / Pixabay

 

あと、いろいろな考えの人達にもみくちゃにされつつも、昔々から、スピブログを書き続けてきた人も凄いと思います。

「何が、すごいか。」それって、本当に光の灯台なんですよね。

その光の灯台に、「触発され、反発を覚えて、悟りとか目覚めとか起こり続けているのだろう」と思います。2011年より前から、発信し続けてきた人達、とくに凄いなぁと思います。

 

続ける

geralt / Pixabay

 

続けるって、本当にしんどいんです。

その辺りについて、今書いているのです。

間違いないでくださいね。どこどこが良く、どのグループが悪いという判断のために書いているのではないですからね汗。

 

 

だいたい、私はグループの派閥については、全く興味ないです(;’∀’)…小さいころからそうだったから、今もそうなんですよね。

クラス替え、グループ分け、バティとか。もう。いつもいつも勘弁してほしいと思っていました。

 

(; ・`д・´)ひーって感じです。

今は、あかんものはあかんと言えるようにはなりましたが。ハハ…汗。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました