GCRによる 共和国の復元 2018年9月26日 | CGRによる共和国

GCRによる 共和国の復元 2018年9月26日

CGRによる共和国

GCRによる 共和国の復元 2018年9月26日

RVリリース進行が遅れていた原因となっていたのが、米国務長官ムニューシン氏が米国財務省をコントロールしていたため、という部分が今回の記事で理解できました。昨日から、関連ニュースとして挙げられていましたが、ここに情報がつながっていて、不明点がクリアになったと思いました。

 

GCRによる 共和国の復元 2018年9月26日

 

GCRによる 共和国の復元 2018年9月26日

Comfreak / Pixabay

 

GCRによる共和国の復元:2018年9月26日更新

 

9月26日12:01 am ESTに編集されました。by Judy Byington

MSW、LCSW、ret。最高経営責任者(CEO)、児童虐待の復旧、著者、「22人の顔」、Byingtonによる悪魔のカバ―ルCIAとバチカンが主催する国際的な小児愛者に関連するニュース記事

Ring: http://beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/stories.html

 

出典:ディナールクロニクルズ

以下は、インターネットからの情報の要約です。個々の読者が自分の研究を行い、それが有効かどうかを判断するのは、個々の読者の責任です。忍耐は美徳。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

 

2018年9月26日 早朝の要約:

 

情報

MichaelGaida / Pixabay

 

1.匿名:800#は今夜9月25日午前12時から午前1時までに掲載されます。

2. Dan:GCR / RVリリースの日程は、月曜日までに800#のリリースが起こり、今週は非常に良く見えると感じられていましたが、ムニューシン財務長官の不名誉によって変更された可能性があります。

我々はリリースコードを待っていましたが、9月25日にはうまくいけば、今日のことです。

米財務省のムニューシン司法長官はRVを握っていたため、9月24日までにムニューシン氏は、米国財務省を支配できなくなりました。彼は、同盟に協力を中止するか、起訴されるまで、事務所に残されていました。

3.インテルレポート:2018年9月26日の朝、トランプ大統領は国連安全保障理事会に出席する予定であったが、午後ジンバブエのムナンガグワ大統領は国連総会で話し合います。

ソースは、GCR / RVが、UNで話すㇺンマンガワ大統領の直前に始まると信じていました。彼は新しい投稿されたRBZレートを発表し、GESARAは落ち着くだろう。と話していました。

4. Dan:GESARAの制定国連での法開示が、水曜日に起こる可能性がある。

9月26日POTUSは、第3層と第4層の人々が会計年度末までに交換を開始することを希望しました。 9月30日。Tier 5の一般大衆は、10月1日に始まる来年度まで交換しないだろう。

5. TNTトニー:今月は、このような事態が起こらないうちには外に出られないだろう。

6.ブルース:木曜日。 9月20日、米国財務省とトランプ大統領の間で、カナダと米国の20の銀行と7200の償還センター/交換所に通話がありました。

彼らはこれが行なわれるべき日付を(日以内に)設定しました。中国の長老たちは、木曜日に支払われました。9月20日の朝、その夜に出ていた金の21トランシェがありました。 ジムのプラットフォームは9、月21日金曜日に払い出されていました。

ジンバブエドルと呼ばれる、ジム金利通貨は、9月25日午前11時(米国東部標準時間)、午前11時現在、米ドルとカナダドルの両方で1.00ドルでありました。する。彼らは、9月26日までに新しいディナールの金利を知って、それを木曜日に国際的に知らせることになっていました。

これは1日か2日、あるいは9月27日までに完了するはずです。

すべてのシステムは、次の26〜43時間または、9月27日に準備が整うとのことです。

7.ブルームバーグTV:土曜日9月22日の朝、ジンバブエのムナンガグワ大統領、Ncube財務大臣、Mangudya準備銀行大臣は、Zimが金資産支援を行っていることを(ソフト開示で)示しました。ブルームバーグTVにいました。

8. カバールが、011年9月11日のようにRVを停止しようとした場合、Cabalアムネスティ契約は無効になり、西側世界の金融システムは会計年度末に崩壊します。2018年10月1日の月曜日の朝。中央銀行家は、システムが爆発する日(10月1日)を設定しました。

9. GCR / RV / GESARAの改革は、このCabalシステムが、12月1日(月)EST月までに無効になるまで有効であると言われています。朝2018年10月1日。

10. 800番代は10月1日より前に出て、経済が破綻する前に大部分の通貨交換/債券償還が処理され、多くの人道的プロジェクトに資金提供されるようになるだろう。

11.国家緊急検査は、10月3日pm 2:18 EST に予定されていました。  – それまでにない場合は、NESARAが発表される予定でした。

12.約2年間、それに続くかもしれない混乱時に備えて、現金、食料、水、ガスを準備し貯蔵するようにと、言われてきました。

 

Qは9月22日にMOABの爆弾を約束した – 9月22日以来の7つのBOOMS:

 

BOOM:土曜日。 9月22日、ハンガリーのビジネスマンジョージ・ソロス氏が、米国財務省のムニューシン長官を買収したことが判明しました。ムニューシン氏は、16の財務担当者とともに、刺す作業に巻き込まれました。

ムニューシン氏は解雇されなかったが、財務長官のオフィスでは活発ではありませんでした。

ブルース・オール氏、リサ・ページ、ピーター氏・ストルゾク氏、その他の協力しているDOJクーデターのように、彼は協力したり、起訴されたりするまで、退職していました。

BOOM:早朝の時点でプエルトリコ、コスタリカ、ワシントンDCで9月24日IRSサーバー、サン・ピエール・カナダ、アラスカ、ワシントン州、ベルギー、フランス、香港、スイスは、トラスト取引を阻止するために降ろされていました。

BOOM:ユタ、ホンジュラス、パナマ、カラバサス、コスタリカ、プエルトリコの9月24日の早朝までに、NSAのサーバーも停止されました。

BOOM:9月24日早朝までに、連邦準備制度の許可が取り消されました。

「Fedは連邦政府ではない”」- Lee Wanta Update 9-24-18 Lee Wanta:連邦機関は、連邦政府ではなく、準備部でもなく、銀行でもありませんでした。

それは、お金、手数料、デリバティブのためのエリートクラブと、クリアリングハウスでした。中央銀行は、非連邦準備制度によって支配される豊かな操り人形でした。

BOOM:9月24日、米国の副大管長であるロッド・ローゼンタイン氏(Rod Rosenstein)は、木曜日にトランプ大統領と会談するように約束した。ローゼンタイン氏はロバート・ミュラー氏のロシア調査と、2016年の米国選挙の監督を監督していました。

前FBIアシスタントディレクターが、POTUSを降ろすため、第25改正案を使用するために、法外なコメントをPOTUSから引き出すために、ローゼンスタイン氏が司法省官僚に提案したという物語を、マケイブ氏は、ニューヨークタイムズに伝えました。

BOOM:マッケイブ氏はすでに降ろされていて、彼は、彼と一緒に他の人も降ろすようでした。

BOOM:CIAのマインドコントロールは、保守派最高裁判所の候補者、ブレット・カバナフ氏の性虐待告発者の背後にある疑いがあります。

次回の議会審問が木曜日に設定されています。 9月27日、カザフスタンのマフィアを崇拝するサタンは、保守派の最高裁判所への任命を脱線させるために、広く嘲笑された汚れ撲滅キャンペーンを行っていました。

彼の告発者(ブレゼーゲートと呼ばれる)の研究は、彼女が前スコットランド候補のGorsich氏に、レイプされていると宣言するよう申し出たことを明らかにした。彼女の高等学校は、子供たちが性奴隷に変身した学校として浮上していました。

彼女は現在スタンフォード大学で、CIAとのマインドコントロール実験に携わっている男性のために働いていました。また、彼女の父親は、以前はマインドコントロールグループのCIAの納税者のために、働いていました。

BOOM Fulford:サタンを崇拝しているカザフスタンのマフィアは、軍事裁判が繰り広げられているため、恐怖の狂気に陥っていました。

彼らはグノーシス・イルミナティとアジアの秘密社会の情報筋によると、保護のために世界に(まるで彼らのものであるかのように)、中国に提供していた。

ブレット・カバナフの最高裁判所への指名を狂わせるために、パンデミックを解消し、イエローストーン・カルデラを爆破し、大規模なEMP攻撃を始めると脅迫しました。無駄な努力を払うことを脅かす、愚かで広く嘲笑された汚職キャンペーンを行っていました。

(これらの試みは中立化されるだろうから)長い間遅れていた、正義の手の届かないところから彼ら自身を脅かすことになるでしょう。

事実:米国は2001年9月9日の攻撃以来、宣戦布告の状態で活動してきた。

事実:米国は2017年12月20日にトランプ大統領が署名した宣言された国家緊急事態のもとで活動しています。

 

A.これは今夜起こるつもりです、匿名 2018年9月25日 am 8:55 EST:

 

 

 “It’s Gonna Happen Tonight, Period” by (Anonymous) – 9.25.18

 

数日前、私はRVが9月24日/ 25日に起こることをIDCに掲載しました!

今日は25日ですが、私はRVに関する私の直感を繰り返し述べたいと思います。あなたの息を止めて、私が発言しようとしていることを注意深く聞いてください!

#800sは今夜9月25日の午前12時から午前1時までにリリースされる予定です。

 

B. Intel Alert 2018年9月25日午後2:30 EST:

 

jeonsango / Pixabay

 

 Operation Disclosure: GCR/RV Intel Alert for September 25, 2018 Operation Disclosure

 

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確である場合もあれば、正確でない場合もあります。)

1.報道関係者によると、世界最大の償還イベント(RV)は今月9月25日にマンガングワ大統領の国連発言の直前に、始まると考えられていた。

2. RVが始まると、ムナンガグワ大統領は、新しく掲示されたRBZ率を発表することができます。

3.残りのGESARAのパズルピースが落ちます。

 

C. GCR / RV ハイライト Dan 2018年9月25日 am 12:41 EST:

 

情報

Free-Photos / Pixabay

 

Dan’s GCR/RV Highlights for September 24, 2018

 

1.米国務長官ムニューシン氏が米国財務省をコントロールしていないので、RVをもはや完了することができました。

2.ムニューシン氏は解雇されなかったが、刺す作業に巻き込まれ、もはや財務長官の事務所では活動していませんでした。ブルース・オール氏、リサ・ページ氏、ピーター・ストルゾク氏、その他の協力しているDOJクーデターのように、彼は協力したり、起訴されたりするまで、退職していました。

ロバート・ミューラー氏のロシア調査と、2016年の米国選挙の監督を監督するローゼンタイン副大統領検事総長は、9月24日までに問題を提起され、彼は解雇されようとしていました。  ローゼンタイン氏は、POTUSに9月27日の木曜日、状況について話すための予定を持っています。

4. RVのスケジュールは、米国財務省のカバールスパイの問題によって遅れました。私は先週以来、現在のスケジュールについての詳しい情報は聞いていません。

 

5.続きを読む:

Monday Morning 24 Sep 2018.pdf
Monday Evening 24 Sep 2018.pdf

 

D. 2018年9月25日ビッグコール、ブルース:

 

お金

image4you / Pixabay

 

 Thebigcall.net: 712-770-4016 pin123456#

 

1.イラクは、彼らが必要とするすべてのことに同意しました。彼らは明日9月26日に知られ、世界的には、9月27日の木曜日に知られることになる、彼らの新しいディナール率を作ることになっていました。 

2.ジンバブエドルと呼ばれるジム・ゴールド・バック通貨は、今日の9月25日の午前11時現在の米国ドルとカナダドルと同水準で1.00ドルでした。

3.ジム・ボンドはジム・ドルとは異なり、金に裏打ちされ、価値がありました。

4.ジンバブエ大統領は、明日午前10時に9月26日に国連で話し合う予定です。その演説、がRVと一致するかどうかは知られていません。

5.これは、一両日に我々の期待に添わなければなりません。

6.銀行のほとんどは静かになりました。

7.ティア3が行われなかった場合。今はもう完了しています。彼らはまだ流動性を受け取っていません。

8. ジムプラットフォームは、まだ支払っていませんが、非常に短期間でRVリリースと一致します。

9.大量のクリーンアップが行われていますが、次の26〜43時間ですべてのシステムが使用できる状態になっています。

 

E. Fedは連邦政府ではありません Martha 2018年9月25日 pm 2:19 EST:

 

“Re: Fed is Not Federal” by Martha – 9.25.18

 

F. 国連のトランプ・アドレス、ロイター2018年9月25日 :

 

Trump, Iran's Rouhani exchange threats, insults on U.N.'s world stage
U.S. President Donald Trump and Iranian President Hassan Rouhani exchanged taunts at the United Nations General Assembly on Tuesday with Trump vowing more sanct...

 

ドナルド・トランプ米大統領は、イランの「汚職独裁」を攻撃するために、国際連合への年次演説を火曜日に使用し、昨年の北朝鮮戦線の北朝鮮を賞賛し、グローバリズムを拒否しアメリカの利益を守るという挑戦的なメッセージを掲げました。

 

G. 沼地の構造、Beckow Sept. 25 2018 8:22 am EST:

 

 Steve Beckow — Organization and Communication Structure of the Swamp Revealed

 

H.Targeted Individuals 2018年9月25日 am 12:17 EST:

 

 Targeted Individuals Need the Awakening Community

 

Updates for the week prior:

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 25, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 24, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 23, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 22, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 21, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 20, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 19, 2018

 

その他

 

イラクは、彼らが必要とするすべてのことに同意しました。彼らは明日9月26日に知られ、世界的には、9月27日の木曜日に知られることになる、彼らの新しいディナール率を作ることになっていました。 

 

この情報が、個人的にはフィットする感じなのですが、世界的な舞台でGESARA法案が発表されるという情報もありますが、この情報は、えぇ?凄い!と思いつつ、感覚的にはなんとなく、ついていけていません。

昨日のアラート情報は、警告的に投稿されたと思います。昨日のアラート情報などは、「誤報」ではなく、「アラーム」なのだろうと思いながら更新しました。

 

ただ、具体的な内容が昨日から、報告されているところをみると、流れは止まっていないという感覚を受け取りました。

でも、読む人によっては、大きな発表があるのかもしれない、と寝られなかった人もいたかもしれないですよね(;´・ω・)…。

 

気持ち分かります!!!

次の日4時起きで、弁当を作らないといけなかったため、寝てしまいましたけれど汗…。

 

それでも今の流れは、過去何年もGESARA情報が伝えられてきたときと、違うんじゃないかと思っています。

私のブログから情報を拾ってくださる読者さま達の気持ちを察すると、なんとなく落ち込みそうになるんですが、そうなると更新する気持ちも半減してしまうため(;”∀”)!期待しすぎることなく冷静な気持ちをもって、これからも情報を読んでいきたいと思います。

多くの方が情報発信されているため、きっと皆様、冷静に判断されているかとも思ってます。

 

 

でも、RVリリースが、どこかえ邪魔されていたか、という新しいニュースに、曇っていた部分がクリアになった、と思いスッキリしました。

  • RVリリース進行が遅れていた原因となっていたのが、米国務長官ムニューシン氏が米国財務省をコントロールしていたため。
  • その米国務長官を買収したのが、ハンガリーのビジネスマンジョージ・ソロス氏だった。

隠れて見えなかった影の存在が、表に出てきたという印象を受けた昨日から、RVリリース進行の遅れの原因が今朝更新している記事によって、鮮明に見えたという、あーーー、すっきりです。一方、日本メディアでは、うんともすんとも情報が見えない感じに伝わっています。

なのですが。

最近中国の超有名女優さんの脱税問題の背景を説明しているジャーナリストさんが、中国は現在貧困の差をなくす経済政策を行っていて、今回このようなニュースがクローズアップされたと説明されていました。

それは、GESARAの方向に進んでいると考えてもいいニュースなのか、どうなのか。うーーーーん。と思いながらも反応してしまいました。テレビから遠く離れた台所から、聞いた情報ですけれど(;”∀”)

うーーーーん。今日も、モヤモヤいろいろ考える一日となりそうです。…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました