GCRによる 共和国の復元 2018年9月17日 | CGRによる共和国

GCRによる 共和国の復元 2018年9月17日

CGRによる共和国
nvtrlab / Pixabay

GCRによる共和国の復元 2018年9月17日

緊急警報システムの「大統領警戒」テスト、トランプ大統領は大統領令に署名、.量子金融システムに関する情報、Q MOAB、FISA機密解除、一斉検挙が来ている、などの情報と考察などが更新内容となっていました。

よかったら、参考にしてみて下さいね。

 

GCRによる共和国の復元 2018年9月17日

 

GCRによる共和国の復元 2018年9月17日

niekverlaan / Pixabay

 

GCRによる共和国の復元:2018年9月17日更新

 

9月17日12:01 am ESTに編集されました。by Judy Byington

MSW、LCSW、ret。最高経営責任者(CEO)、児童虐待の復旧、著者、「22人の顔」、Byingtonによる悪魔のカバ―ルCIAとバチカンが主催する国際的な小児愛者に関連するニュース記事

Ring: http://beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/stories.html

 

出典:ディナールクロニクルズ

以下は、インターネットからの情報の要約です。個々の読者が自分の研究を行い、それが有効かどうかを判断するのは、個々の読者の責任です。忍耐は美徳。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

 

A. GCR/RV 9月15日のハイライト:Dan 2018年9月16日 am 5:06 EST:

 

 Dan’s GCR/RV Highlights for September 15, 2018

 

1.米国、欧州、アジアのいくつかの情報筋は、 9月17日の月曜日より、前に両替のための資金を公開すると言っていた。

2.量子金融システムに関する情報と、銀行が大量の通貨を保管する方法は以下の通りです。

Saturday Morning 15 Sep 2018.pdf
Saturday Evening 15 Sep 2018.pdf

 

B. インテルアラート:2018年9月16日 am 1:51 EST

 

超音速

skeeze / Pixabay

 

 Operation Disclosure: GCR/RV Intel Alert for September 16, 2018 

Operation Disclosure 

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確である場合もあれば、正確でない場合もあります。)

 

1.ジンバブエは移行への触媒として残っています。ジンバブエだけが緑色の光を与えることができます。ジンバブエが緑色の光を出すと、800#はジム債券の償還を管理するHSBCに払い出されます。

2.あなたの通貨の償還は、新しい量子金融システム(QFS)を通じて処理されます。

3.あなたのQFSアカウントへのアクセス方法に関する指示が公開されます。

4. ZIDERA改正法案は、ジンバブエが資産担保の新しい通貨をすぐに公表することを可能にする上で重要であり、これはUSDと1:1で評価されるでしょう。

5.ジンバブエの新しい資産担保通貨は、あなたが現在保有している債券とは異なります。あなたが保有する債券は、ジンバブエに国家債務を清算する鍵です。

6. BRICSは、すべての国をGESARAに準拠させるために離散的に改革しています。

すべての地政学的問題は、中国の高齢者、BRICS、共和国(別名アライアンス)の裏で処理されている。私たちの鼻の下で世界平和が達成されています。

私たちは15,000マイル以上の超音速ロケットを使い、RVは最初のステージです。

注:「共和国」とは、米国政府と米国軍のすべての善良な人たち/ホワイトハットを表すための用語です。

 

C. 緊急放送テスト9月20日 Dave Bertrand 2018年9月16日1 am 2:04 EST:

 

 Sept 20th Emergency Broadcast Test — Get Ready for all Hell to Break Loose 

Before It's News | Featured | True News| Alternative News | People Powered News

 

1.最近の「大統領令」は、今年11月中旬の選挙をめぐりそうとしている「ディープステート」共謀者のためのものの、始まりです。

2.スパイ、リークインル、米国の人々を弱体化させるための試みを共謀したFBI、DoJ、CIAのある種のメディアタイプおよびその他の者は、反逆罪に直面する可能性があります。

3. SCOTUS(最高裁判所)にブレット・カバノーを任命し、9月20日に予定されていた(EBS)緊急放送システム “test”の後、午後に起訴される可能性がありました。

4.このいわゆるMOAB爆弾は、「ディープステート」に大規模なグリッドクラッシュ(北東と西海岸)が関与する、偽の旗を打ち始める可能性が高いでしょう。

5.他の偽の可能性は、MOABが反逆に直面している人々の間でパニックを引き起こす可能性があります。

(これは、十分な水と食料を貯蔵し、ガスタンクをいっぱいにするのに良い時期である)。

6.パニックは、世論を振り回して、自分自身とこの大統領に対して政治的支持を奨励しようとしている時に、共産主義ディープステート民主党がストローを把握するにつれて、毎日増えていました。

このクーデターは、米国の歴史の中で、共産主義のように以前には見られなかったレベルまで進んでいました。社会正義/進歩主義は、真実のメディアに、強制された真実が崩壊すると予想されました。

彼らは真実を隠すことはできませんが、ファシスト独裁者のトランプを宣言しています。

7.しかし、トランプは一歩前進しています。我々は反逆的なプレーヤーのトップがリアルタイムでダウンするのを目の当たりにするだろう。大きなボーナスは、彼らがすべて、フセイン(オバマ)とヒラリーに縛られているという事実でした。

8.共産主義者による明白な試みを目撃していたため、中期選挙の前にトランプと軍事情報(FBIとセッションの下でのDoJ)によるカウンタークーデターの動きが起こっていなければならない私たちの憲法共和国を支配する。

我々は、憲法上の共和国をコントロールする共産党による明白な試みを目撃していたので、中間選挙(歴史が対立する政党が通常議会を支配することを示すとき)の前に、トランプとミリタリー・インテリジェンス(FBIとセッションズの下のDoJとともに)による、報復クーデターの動きは起こらなければなりません。

9.それで、最新の「執行令」では、扉を開け、検察への道を開くためのものだった。(軍事法廷が来る。)

 

D. トランプは、今後の選挙の緊急事態を宣言する(ビデオ)マウント 2018年9月14日 am 1:12 EST

 

President Declares State Of Emergency

 

William Mount: President Declares State of Emergency

 

 

9月12日、トランプ大統領は大統領令に署名しました。選挙中のメディアによる誤った報告は、投獄と資産の捕獲につながる反逆行為と宣言しました。オーダーは、主流とソーシャルメディアに向けられていました。

 

E.  EST全米大統領警報9月20日 ギッドマン 2018年9月14日 am 12:12 :

 

 Nationwide Presidential Alert Next Thursday 

Newser 

Jenn Gidman 

FEMA website

 

1.次の木曜日、9月20日 pm 2:18、FEMAとFCCは、全国のすべての携帯電話にラジオとテレビでメッセージを送りました。

緊急警報システムの「大統領警戒」テストは、「インフラストラクチャーの運用準備状況を評価する技術的な改善が必要かどうかを判断することができる」と述べました。

WEAの試行テキストの見出しには、「大統領警報」と「国家の無線緊急警報システムのテストです。何もする必要はありません。」と記載されています。

3.ワイヤレスユーザーは、WEAシステムに参加しているすべてのワイヤレス会社(およびAtlas Obscuraによると、ほとんどの米国のワイヤレスプロバイダーが参加している必要があります)のため、差し迫ったアラートを無効にしたり、無効にすることはできません。

4.テストを延期する必要がある場合は、10月3日に別の日付が設定されます。

 

F. Q MOAB、FISA機密解除、一斉検挙が来ている(ビデオ) 2018年9月16日 pm 10:44 EST:

 

(Video) Q: MOAB Coming, FISA Declassification Coming, Mass Arrests Soon — Good is Winning

 

Q: MOAB Coming, Fisa Declassification Coming, Mass Arrests SOON (Vindication) Good is WINNING

 

Qpost#2172:
逮捕は、スタート、FISA Declassification、MOABリークに利用できました。

 

Qpost#2173:
QイメージQ人々は、潔白を証明されようとしていました – We Go One(We Go All)でそこであります、あるいは、悪を無視しません。

 

Qpost#2176:
大統領命令:

 

G. Q投稿への最新リンク(他のQリンクは削除されました)2018年9月16日:

 

Q Posts:https://qntmpkts.keybase.pub/

Trump’s Tweets: https://twitter.com/realdonaldtrump

 

Updates for the week prior:

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 16, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 15, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 14, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 13, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 12, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 11, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Sept. 10, 2018

 

その他

 

今朝、Qmapが使えなくなりました。と書こうと思いつつ、もう一度確認したところ、エラーはなくなりました。

ドキドキしました。

 

今回のGCR復元は、木曜日の緊急警報システムに関する情報、それに伴って、一斉検挙という内容がメインでした。

ですが、個人的には、ダンさんのPDFと、Jordanさんが昨日更新されたイリュージョンを破壊するのビデオです。

この件について、どちらが先に更新されたのか、いまいち分かりませんが。

 

ダンさんの20日夜というタイトルだったかと思います。こちらのテキストをスマホで文章起こしして、内容チェックしたところ、Jordanさんが説明している内容と一致するものがありました。

さらに、ダンさんは、テキストをJordanさんに送ったと説明していました。

う—ん?どういう繋がりになっているの?(=_=)⁇

 

このダンさんのPDFですが 、スマホ翻訳のため、文章のつながりが解読しにくい状態なので、内容そのものが 理解できなかったのです。

でも、なんとなくクローンをイメージする内容であったりとか、(おそらく地下の)シェルターについて書かれていました。

twittさんに、おそるおそるこの内容を説明したところ、cobraの台湾カンファレンスノートにも、確かシェルターについて、書いてありましたよね(・・?)

とコメントしてもらえました。

 

そうなんですよ。

私も、ダンさんのPDF、同じ感想を抱いたのです。うーーーーん。

 

ネットダウン

 

ネットダウンといえば、このブログ更新しているときだけ、ネットダウンします。気のせいかもしれません。

コメント欄でも、書きましたが、デバイス関係で、不可解なことが?身近で起こりました。

さきほどベンさんの最新更新を読むかぎり、カバールからのいたずらではないと思いつつ、なんだったんだろうと思っています。(だいたい、そこまで注目されていませんしね^^;)

 

さきほどは、下記の文章を強調しようと太字にしたとたん、Amazonアプリの翻訳機がとたんに使えない状況に陥るという、偶然ですが、タイミング良すぎな反応に驚いてしまいました。(;^ω^)

↓↓↓ ↓↓↓

9月12日、トランプ大統領は大統領令に署名しました。選挙中のメディアによる誤った報告は、投獄と資産の捕獲につながる反逆行為と宣言しました。オーダーは、主流とソーシャルメディアに向けられていました。

 

あとは、2日前に更新したテレサさんのブログ記事の紹介に関する記事について。

世界的な太陽天文台の閉鎖 : 何が起こっていますか?

皆さんが注目してくださるテーマだということを理解しました。

思った以上の反応にびっくりしています。

 

(;^ω^)…。乗り遅れているのは、私だけ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました