GCRによる 共和国の復元 2018年8月29日

スポンサーリンク
CGRによる共和国
geralt / Pixabay
スポンサーリンク

GCRによる 共和国の復元 2018年8月29日

マケイン氏の死去真相情報を流す理由の真意は分かりませんが、カバールが管理している刑務所撤去とマケイン死去は関連あるということをペンタゴン筋が拡散する狙いがあったのかなぁと思いました。

伝えるべき相手は、民間の私たちというよりも、カバール政府に対する情報提供なのかも 等、妄想的にいろいろ考えながら書きました^^;。

 

スポンサーリンク

GCRによる 共和国の復元 2018年8月29日

 

2018年8月29日現在のGCRによる共和国の復元

 

GCRによる共和国の復元:2018年8月29日の更新8月29日 12:01 am Judy Byington、MSW、LCSW、ret。CEO、児童虐待のリカバリー、作者、「二十二人の顔」、

Byington’s Before Itは悪魔的なカバに関するニュースの記事CIAとバチカンのスポンサーを務めた国際的な小児虐待リング:

http : //beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/ stories.html 

出典: ディナールクロニクル

以下は、インターネットからの情報の要約です。それが有効であるかどうかを決めるのは個々の読者の責任です。忍耐は善い行いです。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

 

A. 2018年8月28日ビッグコール、ブルース:

 

Thebigcall.net:712-770-4016 pin123456#

1.情報源は、ティア 3(彼らの口座に保留中の金銭とすでに交換している)は、今夜の午後11時半  から  真夜中のESTの間に今夜液体になると言います  。

2.ティア4グループAは、次に続く必要があります – おそらく1時間 30分〜2時間以内にそうする必要がありがとうございました。ります。

3. ティア 4グループB(私たち)は、ほぼ同じ時間に従う必要があります。つまり、明日までに800#を見なければなりません  8月29日

4.昨日イラクでは、ディナールを解放するための規制を通過させました – それは明日、彼らのガゼットに掲載される必要があります8月29日

5.ジンバブエは明日、ジム金利の通貨を発表しなければなりません8月29日

6.メキシコとの貿易協定が月曜日に発表されました  8月28日の情報筋によると、メキシコ合意に沿ったカナダ貿易協定が合意され、明日水曜日に発表されるべきだとのことです。 8月29日もしくは、 8月30日の木曜日

7.イランはイラクディナールの解放を妨害していましたが、その問題は昨日8月27日現在で処理されています。

8.情報源によると、銀行は今日始まったスタッフのために食べ物を注文していて、今週中に行くだろうと言いました。

9.銀行の予約は、800#のリリースから7日以内に行う必要がありますが、予定は最大31日間設定できます。

10.あなたの人道的プロジェクトのニーズに合わせて通貨のレートを交渉することができます。

11.ティア5(一般市民)は9月4日頃から始まる予定です、またはティア4の開始から7〜8日後とのことです。

 

B. インテルアラート2018年8月28日 1:59 pm EST:

 

準備

MemoryCatcher / Pixabay

 

RV / INTELLIGENCEALERT 「準備状況」

 

オペレーションの開示:GCR / RVインテルアラート

2018年8月28日オペレーションの開示

免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要です。 )

 

 1.トランプの米国とメキシコとの新たな二国間貿易協定は、GCRに関する重要な出来事であった。情報源によると、貿易協定は、QFSへの移行に関するメキシコの合意であるとのことでした。 

Trump Announces U.S., Mexico Bilateral Trade Agreement, Gets Rid of NAFTA Name
Trump Announces U.S., Mexico Bilateral Trade Agreement, Gets Rid of NAFTA Name

2.カナダは次のリストでしたが、残ったカバルの影響と腐敗が残っていました。アライアンスは、カナダ政府との契約締結をすべての努力に集中させていました。カナダが参加を批准すると、両国はQFSへの移行について合意しました。

批准:署名により内容が確定した条約に対して国家の権限ある機関が,各国国内法 (通常は憲法) 上の手続に従い行う最終的確認と確定的同意を与える行為。

 

3.合意の形成は、すべての国にGESARAの遵守をもたらすための進行中の世界的改革の一環であります。

4.その間、RVの24-48時間の通知は、引き続きティア3のグループリーダーに引き渡されました。

5. RVがいつでも開始できるように、すべてのティアは準備状態に保たれることになりました。

 

C. 2018年8月28日カナダは金曜日まで持っていた。8月30日、米国の協定に署名する: 

 

カナダの外交通商部長官は、火曜日にワシントンで会談する予定でした。 8月27日 カナダを離れ、8月28日、ドナルド・トランプ大統領は、月曜日にメキシコとの契約を発表した後の緊急の対応として、米国との貿易協定に向けての希望を表明しました

クリスティア・フリーランド(カナダ外務大臣)の関係者は、24年前に北米自由貿易協定(FTA)を締結した3カ国を貿易協定に合わせて守るために、厳格な期限に直面していました。メキシコとの取引は月曜日にトランプ大統領より発表されました。8月27日にトランプ大統領は – 金曜日を設定しました。 8月31日 に、カナダと交渉を締結する締め切ることにしました。

 

D. QAnon John McCainAug.28 2018 2:17 am EST :

 

PrayingMedic — Q Anon August 27: We don’t say his Name(動画)

Qanon August 27 – We Don't Say His Name

 

Qは、今年の記事では、「名前なし」(John McCainを意味する)という言葉がよく使われています。

 

 

Qによる今年の投稿 主張:

 

1.マケインはサウジアラビアから資金提供を受けた。

2.オバマ・ケアの廃止について、最後の瞬間に投票した。

3.文書を移動することに関与している。

4.ハイチのマネーロンダリング、児童売買、クリントン財団、銃密売、麻薬密売につながっていた。

5. $ 170,000 /年の給与で2億ドル以上の純資産を保有している。

6.テロリストとのマケイン会議の写真がいくつかあり、マケインは、ISISを保護し、MS13をサポートしています。

7.薬物、銃、児童売買の出入口に壁を築くことに抵抗した。

8.ウラン価格取引と、シリアにあるイランの秘密の地下原子力発電所に接続した。

9.オバマとヒラリーの、アメリカを奪うための16年間の計画の一部に登場した。

10. 7月25日にQは、8月25日午後4時28分にマケイン氏が自殺したと発表した。

 

 

11.「カバール上層は、意図的に戦争の捕虜を放棄し、死ぬためにそれらを残しました」 – 軍事の特定の要素と一緒に、外交とインテリジェンスのコミュニティでどのように高位の米政府高官についての本だった、積極的にコラボレーションアメリカの捕虜と MIAs の運命をカバーしています。

“政府の派閥は、故意に戦争の捕虜を放棄し、死ぬためにそれらを残しました”-軍事の特定の要素と一緒に、外交とインテリジェンスのコミュニティでどのように高位の米政府高官についての本だった、積極的にコラボレーションアメリカの捕虜と MIAs※ の運命をカバーしています。

※MIAは Missing in Actionの略称で戦闘中に行方不明になったアメリカ兵を意味する用語 MIA問題 コトバンク

 

元捕虜であったマケインは、おそらく議会/議会議事堂論争について真実に近づくにあたって、議会議事堂でもっとも断固たる議題となっているでしょう。

http://shop.americanfreepress.net/store/p/29-PERFIDY-The-Government-Cabal-That-Knowingly-Abandoned-Our-Prisoners-of-War-and-Left-Them-to-Die.html

 

E.  Intel Update,  2018年8月28日 12:18 am EST Mr. Ed:

 

インテリジェンス

Free-Photos / Pixabay

 

「ジョン・マケインは深刻な州犯罪のために処刑されました」 – 2018年8月27日

Rumor Mill News

 

1.ジョン・マケインはディープステート犯罪のために処刑されました。彼は処刑される前に家族を保護するため、鳥のように歌いました。それがMSMが彼(その取引の一部)のために賞賛を投げ捨てている理由です。

3.それで、現在1,700人の軍の警察がグァンタナモに送られているのもその理由です。グァンタナモは拡大され、彼らは退役軍事裁判官を引っ張ってきて、このプロセスを支援するためにそこに送ります。

4.米国人に対して反逆、反逆、諜報の有罪判決を受けたすべての犯罪者を裁判にかけ、処刑するという、数年間の軍事裁判があります。

5.あなたがDeep State、Illuminati、別名Cabal、Swampの一部である場合、あなたは2つの選択肢があります:グアンタナモでの自殺または死亡(今を選択する、またはしない)。

6.これはトランプ大統領の最新EO(編集) – アメリカンデジタル・ニュース・エグゼクティブ・オーダー – Sedition、Treason、Espionage、Court Martial&Military Tribunalsの抜粋です。

エグゼクティブ・オーダー:戦争、反逆、諜報活動…裁判所の軍事裁判所と軍事裁判所

 

https://twitter.com/OuterLimits816/status/1033590384650280962
Philip Tilton
Philip TiltonさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Philip Tiltonさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

 

Updates for the last week:

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 28, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 27, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 26, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 25, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 24, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 23, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Aug. 22, 2018

 

その他

 

今回の、内容にマケイン氏の真相が、Intel情報に盛り込まれていたわけなのですが、現時点において、あえてこの情報を流す真意がどこにあるか、というところに注目する必要があるのかもしれないですよね。

このEd氏による情報は、昨日更新した情報のBenjaminさんのレポと同じです。

 

ベンジャミン氏  Ed氏の情報提供の意図

 

切り者のジョン・マケインの死は、おそらく執行によって、1913年以来、米国を支配していたカバール刑事刑務所の撤去という、新たな段階を迎えた、とペンタゴンと代理人筋は同意しています。

「犯行者マケインは、軍事法廷による最初の死刑判決を受けた可能性があり、ロンメルのような名誉で死ぬことが許され、ディープステートを怖がって海軍の評判を守ることはできない」と。

 

しかし、実際の戦闘 は、カバールの米国支部が取り除かれた後に始まります。スイスに本拠を置く緩やかなユーラシア同盟に対抗して、米軍工業団地が陥落するでしょう。

Benjamin Fulford: Weekly Geo-Political News and Analysis
BenjaminFulford.net is a geo-political news and discussion website from reporter and investigative journalist Benjamin Fulford. Reports are based on information...

 

ベンジャミンさんの記事抜粋です。昨日は、米国を支配する刑事刑務所と書きましたが、カバール刑務所ということでした。

 

マケイン氏の死去真相情報を流す理由の真意は分かりませんが、カバールが管理している刑務所撤去とマケイン死去は関連あるということをペンタゴン筋が拡散する狙いがあったのかなぁと思いました。

伝えるべき相手は、民間の私たちというよりも、カバール政府に対する情報提供なのかもですね。

残党カバールを崩壊するための、情報拡散であり、本拠地スイスに対する挑戦状?かもしれません。うーーーーん。

でなければ、確かに情報としてはセンセーショナルですが、情報の方向性はワイドナショー的です。私たちが一番知りたいことは、おそらくプロジェクトの進行状況です。アライアンスは百も承知であるはずなので、情報の裏側を見る必要があるのかもなぁ、とうすらぼんやり考えました。

どんな人物であったとしても、人の死の原因を知るのは、ちょっと怖いですし、中には知りたくない人もいるはずです。そういう意味で考えると、死亡理由を報道し続ける類は、ワイドショー的だと思うのですが。

間違いかもしれません(;’∀’)。アハハ…適当に流してくだされ。

 

Google翻訳機の規制

 

ここから、めっちゃばかばかしい私の恥的な話ということで、ちょっと話脱線です。ま、Google規制の話でもあります。あ、違った、Google翻訳機の規制。

 

Google

FirmBee / Pixabay

 

翻訳機を頼りにすると、見落としてしまうため、気になる部分は調べるようにしているのですが、Googleではカバールが表示されないことがあるというやつです(;’∀’)

今回、criminal cabalをGoogleで翻訳すると、「刑事刑事」でした。ちなみに、translate.yandex.comで検索すると「刑事カバール」と翻訳されます。ちょっとこの辺り、Google翻訳が規制をかけているか、知りたかっため、criminal cabal で検索しました。

こういうタイトル記事に出会いました。

 

「刑事カバール」?FBI、政治的攻撃を恐れて、フィールドエージェントの仕事を奪う可能性がある

それは腐敗を伴った “刑事刑務所”と呼ばれてきました。指導者は「手錠」で取り出す必要があると言われています。高位の役人の一人がその名を冠したことで、その名声は「不気味な」ものだという。

 

米国では腐敗した政治のことを、刑事カバールと表現すると理解しました。でも、こちらでは「刑事カバール」と表示されるのに。たまに、Googleは翻訳でも規制することがありますが、カバールという言葉も規制対象なのかも、と思いました。

オバマ氏が逮捕されたと噂されたことがあったため、英文記事を調べるため、オバマ 逮捕 というスペル(逮捕がわからん。)

を知りたいと思いました。

 

そんな単語すらわからない、英語音痴な私は、Google翻訳で調べたことがありました。

そのとき、初エラー警告と赤文字が表示されました。とてもびっくりした記憶がありました。

 

Google翻訳の謎繋がりですが、こちらも参照してみると面白いです。⤵

 

【衝撃】「Google 翻訳」に隠しコード“PE PE PE”を入力すると…! 陰謀メッセージが次々出現、グーグルの正体が明らかに!?

 そして今、そんな人々の懸念を増幅させるような現象が確認され、海外オカルト界のみならず全サイバー空間に激震が走っている。なんと、グーグル社が提供するサービスの一つ「Google 翻訳」に“秘密のコード”が隠されており、それを入力することで、世にも恐ろしいメッセージが表出するというのだ。グーグルの“本性”が垣間見えるようだという、その戦慄のメッセージとはいったい……!? ここから先の手順は、くれぐれもグーグルの正体を知る勇気がある読者のみ試してほしい。

 

マトリックス

designwebjae / Pixabay

 

これ、今は翻訳できないかもですが、試しにここに書かれている通り、翻訳にPEPEPE…と入力したところ、日本語訳にすごい文章が現れました。びっくりしました。宗教的な内容でした。ヨハネの黙示録的な?

 

今でこそ、世界の裏事情について、勉強していますが、この秋に書かれたこのオカルト記事の意味がまったく理解できませんでした。逆に、トカナ怖い…(;’∀’)と思い、トカナを読むのはやめようと思ったくらいです。ハハ…

 

コメント

  1. リピカ より:

    10. 7月25日にQは、8月25日午後4時28分にマケイン氏が自殺したと発表した。

    時間軸がずれているような気がします。
    8月25日にQは、7月25日午後4時28分にマケイン氏が自殺したと発表した。
    かな?

    5.あなたがDeep State、Illuminati、別名Cabal、Swampの一部である場合、あなたは2つの選択肢があります:グアンタナモでの自殺または死亡(今を選択する、またはしない)。

    ここでの「自殺または死亡」という表現が処刑を意味しているのかな?
    Qが言っている「自殺」というのも処刑と受け取れるような気がした。
    そう考えると古歩道の情報とも整合性が取れますしね。

    どうなんでしょうか?

    どちらにしろ、
    >伝えるべき相手は、民間の私たちというよりも、カバール政府に対する情報提供なのかもですね。
    の可能性はありますね。

    今日もありがとうございました。

    追伸:
    Google翻訳の謎は PE PE PE 以外にまだまだありますよ。
    あまり本論と関係ないし、お遊び的要素もあるので、紹介しません。

    • huku より:

      リピカさんへ

      おはようございます。^^

      10. 7月25日にQは、8月25日午後4時28分にマケイン氏が自殺したと発表した。

      >時間軸がずれているような気がします。
      8月25日にQは、7月25日午後4時28分にマケイン氏が自殺したと発表した。
      かな?

      私も、変だなぁと思っていたんですが、原文はその通りでした。
      備付の動画を見て、そういえば。

      自分の記事にこのツイートを貼り付けたと思いました。
      ちゃんとツイートが、コメントに載せられるか、不安なのですが、
      こちらです。⤵

      2018年7月25日18:35分の日付と名前が表示されていない、マケイン氏のお手上げというイメージの画像です。
      この日付の説明だったのかな、と思いました。

      >伝えるべき相手は、民間の私たちというよりも、カバール政府に対する情報提供なのかもですね。
      の可能性はありますね。

      もう一度、この感想について、考えてみたのです。

      リピカさんのコメントをいただく前に、私も
      >5.あなたがDeep State、Illuminati、別名Cabal、Swampの一部である場合、あなたは2つの選択肢があります:グアンタナモでの自殺または死亡(今を選択する、またはしない)。
      の箇所が頭に浮かびました。

      以下が妙に気になる点です。——–

      ○10時のNHK BSニュースに、突然安部首相がスーツで軍事会議的なものに参加している映像が流れた後、B35戦闘機の映像が流れました。
      意味が分からなかったため、ネットニュースで検索した結果、どこにもこの件に関するニュースが見当たりません。
      調べ方に問題がない場合、記者クラブも知らない情報なのかも…と、びっくりしました。

      ○金正恩さん公式アカウントより。

      (ここは個人の判断に任せる内容です。というのは、彼のTwitterは公式アカウントでないためです。)
      日本国民の力を借りたい?的な内容です。まぁ、判断基準から外していただいてもいいんですが。

      ただ、今回の捕まえられた日本人解放予告をかなり前から、ツイートで宣言する状況からみて、ご本人なのか、関係者なのか
      真相を証明することが難しいところなのですが、気になる点です。

      ○もう一点、トランプ大統領のレッドカードツイートです。リサさん経由ですし、重要ポイントだと思いました。

      タイミング的に、なぜ同時期発信なんだろう、と思いました。

      カバールと関連ある内容なのかも、と心にとめておこうと思いました。

      ——–

      コメントありがとうございます。めっちゃ気になったのですが、リピカさんの意味が分かりました。すっきりです。そうなんですね。
      ではでは!(^^)!

  2. リピカ より:

    ありがとうございます。
    ツイートの部分クリックしたらちゃんと飛べて見ることが出来ました。

    自殺か処刑かについて、どっちなんだろうと思っていましたら。
    絢香さんだったかな?
    「処刑(死刑)というような屈辱的な目に遭いたくないために、自殺を選んだ」
    というような意味合いの事を呟いており、なるほどそういう考えもあるかと思いました。
    そう考えると

    記事中で
    >ロンメルのような名誉で死ぬことが許され
    とあり、ロンメルの事を調べると
    —–wikipediaより
    10月14日、ヒトラーの使者として療養先の自宅を訪れたヴィルヘルム・ブルクドルフ中将とエルンスト・マイゼル少将は、ロンメルに「反逆罪で裁判を受けるか名誉を守って自殺するか」の選択を迫った。裁判を受けても死刑は免れず粛清によって家族の身も危うくなることを恐れたロンメルは「私は軍人であり、最高司令官の命令に従う」とだけ言い、家族の安全を保証させた上で1人自宅の森の中へ入り、2人から与えられた毒をあおり死亡した。
    ——-
    とありました。
    つまり、自殺したということですね。

    スッキリしました。
    ということは少し飛躍しますが、カバールに向かって「抵抗しないで名誉ある死を自ら選びなさい」
    という発信ではないかというのは、大胆な飛躍かな?w
    まぁ彼らが素直に従うとは思えませんけどね。

    • huku より:

      リピカさんへ

      こんばんは(^^)/
      ありがとうございます☆彡

      10月14日、ヒトラーの使者として療養先の自宅を訪れたヴィルヘルム・ブルクドルフ中将とエルンスト・マイゼル少将は、ロンメルに「反逆罪で裁判を受けるか名誉を守って自殺するか」の選択を迫った。裁判を受けても死刑は免れず粛清によって家族の身も危うくなることを恐れたロンメルは「私は軍人であり、最高司令官の命令に従う」とだけ言い、家族の安全を保証させた上で1人自宅の森の中へ入り、2人から与えられた毒をあおり死亡した。

      凄い、話ですよね。日本人の切腹みたいです。

      秋に近づくにつれ、状況がどんどん変わるため、また情報を追いかけるのに、精一杯になりそうな予感がしています^^;

      ありがとうございます(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました