GCRによる 共和国の復元 2018年11月8日

スポンサーリンク
CGRによる共和国
geralt / Pixabay
スポンサーリンク

GCRによる 共和国の復元 2018年11月8日

.ほとんどの州では、オバマ政権下でヒラリー・クリントンによって設立された選挙投票を検証するために、国外の第三者が利用されています。ー本文より、抜粋ー 他、リー・ワンタ氏に関する情報など。

 

スポンサーリンク

GCRによる 共和国の復元 2018年11月8日

 

GCRによる 共和国の復元 2018年11月8日

skeeze / Pixabay

GCRによる 共和国の復元:2018年11月8日更新

 

11月8日12:01 am ESTに編集されました。by Judy Byington

MSW、LCSW、ret。最高経営責任者(CEO)、児童虐待の復旧、著者、「22人の顔」、Byingtonによる悪魔のカバ―ルCIAとバチカンが主催する国際的な小児愛者に関連するニュース記事

Ring: http://beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/stories.html

 

出典:ディナールクロニクルズ

以下は、インターネットからの情報の要約です。個々の読者が自分の研究を行い、それが有効かどうかを判断するのは、個々の読者の責任です。忍耐は美徳。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

 

Judy Note:

 

パソコン

Life-Of-Pix / Pixabay

 

The Bottom Line (噂については、あなた自身で調査をしてください。)

  • いくつかの筋によると、今週は800#のリリースが予定されているとのことです。
  • トニーは、イラクは現在から、11月11日の日曜日の間にいつでも行くことができると主張しました。
  • 11月11日に行こうとしている人もいます。
  • ペンタゴンの報道によると、11月11日にカバルの撤去が始まるとのことです。
  • 11月14日の公開のためのバックウォールがあったとの見方もあります。
  • 香港は10月31日に資金を出しました。
  • 一部は資金が限られていると言われました。
  • リリースコードは銀行にあり、企業の為替レートは、銀行の画面に表示されていました。
  • (中間)選挙が、オバマ/クリントン政権によって調整された可能性がある、という噂がありました。
  • 払い出された暴動家がカオスを引き起こした場合、全国放送システム警告が発動され、戒厳令につながる可能性がある。すぐにGESARAの発表が予定されていた。
  • 雇われた暴徒がカオスを引き起こす場合、国家放送システム警報は起動するでしょう、そして、それは戒厳令につながる可能性があります。
  • GESARA発表は、すぐに発表される予定がありました。
  • リー・ワンタは、連邦準備制度の崩壊を求めていました。
  • リー・ワンタとは誰ですか?連邦準備制度理事会(FRB)の腐敗に関する「すぐに公開予定のドキュメンタリー」のこの予告編を参照してください。「Eagle One to Wanta」http://eagleonetowanta.com/

800#のリリースは、テキスト、電子メール、または投稿されます:

DC: http://www.dinarchronicles.com/intel.html intel dinarchronicles.blogspot.com
The Big Call, Bruce: Thebigcall.net
TNT: https://twitter.com/the_tnt_team

 

A. 予測

 

(以下は、日々変化する日付を用いて、異なる知人の意見です。)

 

11月5日の週:10月31日には、11月5日の週に予定されていたリミテッド・ファンドで、限られた資金を払った人もいました。(11月14日のバックウォールに変更されました)。

11月11日:Qは、新たなクオンタム・ファイナンシャル・システム(Quantum Financial System)の発表とともに、グローバル・通貨のリセットを公表する予定です。ペンタゴンの報道によると、11月11日には、61,000件以上の起訴、犯罪容疑者の逮捕、GITMOへの移送などの非公開でカバールの撤去を開始するとのことです。

また、11月11日には、イラクでは、最終8人の閣僚全員、投票するとのことです。新しい堅実な金利を保有している銀行が彼らの画面を握っているので、これは現在から、11月11日の日曜日の間に進むことができるとのことです。

11月12日:Tier 5(一般市民)が交換を開始する(今は、すべてが同時に移行する可能性がある)。

11月14日:RVのバックウォールが、11月14日に移動された可能性があるとの意見があります。

11月26日:11月26日までに、民間取引が清算されます。

2019年1月-2月:軍事法廷。

 

B. B. TNT Call Ray, Tony 2018年11月7日:

 

TNTSuperfantastic Conference Call - Wednesday, November 7, 2018
TNTSuperfantastic Conference Call - Wednesday, November 7, 2018

 

1.イラクでは最後の8名の閣僚がすべて選出され、彼らは11月11日の日曜日で投票される予定です。 

2.今日の11月7日、銀行は、新しい堅実な金利が画面上に生き残っていると報じました。

3.これは、現在から11月11日の日曜日の間に進む可能性があります。 

 

C. Biggest Cover-up, Lee Wanta  2018年11月7日 pm 7:30 EST  :

 

wanta

http://eagleonetowanta.com/

 

“Biggest Cover-up” – Lee Wanta Update 11-7-18 Dinar Recaps 

 

TRUMP、Ok、選挙は終わった。元政治家からの大規模なRICO&Title 18の違反に至るまでの時間。非連邦準備制度である米国史上最大の隠蔽を公開する時間。盗まれたリー・ワンタの資金を解放する時間。リー・ワンタ。

 

イーグルワン・トゥ・ワンタ

Gibby Media Group、Incは、「Eagle One to Wanta」というタイトルのドキュメンタリー映画を制作しています。レーガン大統領についての説得力のある話であり、ソ連の崩壊をどのようにもたらし、冷戦を終結させずに終わったのか。

レーガン大統領と彼の秘密機関代理人、リー・エミール・ワンタは、ソ連の経済を経済的に崩壊させる創造的な道筋をつくり、ミハイル・ゴルバチョフ国連事務総長と協定を交わしました。

その結果、ロシア連邦が生まれ、世界中の未来の世代がこの努力のために核兵器大虐殺からより安全を享受してきました。レーガン大統領のもとで直接民間人として働いている人には、リー・ワンタ大使という人がいます。

リーは、レーガン大統領によって、この努力を担当する秘密の代理人として Totten Doctrine [92 US 105,107(1875)、国家安全保障意思決定指令第166号、1985年3月27日付)を義務づけられました。

この過程で、リー・ワンタは、レーガン大統領によってアメリカ人に帰国するように指定された何十億ものドルを増やしました。彼の任務を果たすための努力の中で、リー・ワンタは投獄され、計画どおりに配給された金銭的資金は、連邦準備制度として知られる組織によって盗まれ、不正に改宗され、現在までに使用されたのでした。

続きはこちらから

 

d. Q Thanks, Sierra  2018年11月7日 am 11:17  :

 

 “Q: Thank you, Patriots!” by Sierra (NZ) – 11.7.18

 

1.Q post #2444:

Q

「必要なものを手に入れました。 ありがとう、パトリオット! (リンク)上院はすべてを意味する。判事(最高裁)と内閣を考える。 DECLASは、すべての潜在的な衆議院封鎖を上回ります。ポータスは究極の権限を持っています… …軍事計画されています。影響はありません:進行中の調査。チームはより強力です[PRO]。」 Q

 

(#2444内)リンクはトランプからのつぶやきだった: ‘今夜は大成功。みなさんありがとう!’

3. EyeTheSpy:

17:17 1:7(@RealEyeTheSpy)さん | Twitter
17:17 1:7 (@RealEyeTheSpy)さんの最新ツイート。Grace period expired

「必要なものを手に入れました。」

https://twitter.com/RealEyeTheSpy/status/1060051019927900161

4.Qは確認する:読む、吸収する、学ぶ、信頼する!忠実な愛国者を呼吸。あなたはよくやった!
皆さんありがとうございました!

Q:「FISAが家を引きます。最近のポストでは、Qはハウスを「カードハウス」と呼んでいます。カードハウスをノックするのは簡単です。

 

E. クリントン選挙への干渉(ビデオ):

 

 (Video) American Intelligence Media — Foreign Election Meddling: Happening Now

 

Foreign election meddling – HAPPENING NOW

 

1. Michael McKibben と Douglas Gabriel は、選挙プロセスにおける腐敗の層と層について議論する。

ALERT: Foreign Interference of Mid-Terms.Votes are being counted outside of the United States.
Foreign election meddling- HAPPENING NOW These insider digital certificate authorities appear to be a very sophisticated Man-in-the-Middle network set up for th...

2.ほとんどの州では、オバマ政権下でヒラリー・クリントンによって設立された選挙投票を検証するために、国外の第三者が利用されています。

 

F. QFS導入のために選挙詐欺の使う、Fireswan  2018年11月7日 11:21 am EST  :

 

 “Using Election Fraud to Introduce the QFS” by Fireswan – 11.7.18

 

1.この選挙の計画が、全世界の前で「誰もが投票するようにする」ことはどうでしょうか?

2.次に、MSMは、選挙制度が改造されているため、後に挑戦される選挙「結果」を発表する。

3.サイバーセキュリティの専門家は、「結果」が操作され、広範囲に及ぶ違法な「死者投票」やネットワークセキュリティ専門家がサイバー改ざんの実体的な証拠を示しているという証拠を提示する。(多くのハニーポットやトラップが設置されているため。)

注:今日私が投票したとき、私は選挙管理官に票をどのようにカウントするか尋ねました。彼女は、彼らは別のベンダーの2つの別々の計数機でそれらを稼働させると言いました。彼らがまったく同じように装備される可能性は極めて低いです。彼らがまったく同じ結果に終わらなければ、マシンは押収され、再投票のために投票が保存されます。

私は死者が投票できるかどうか尋ねました。彼らは署名を確認しており、生きた人だけが「アイデンティティ・スキャナー」(QFSのような手続きのように聞こえる)によって検証されますとのことでした。

4.法執行機関や選挙当局者は、詐欺を宣言する記者会見を行い、証拠について議論し、犯人が赤い手で逮捕され、カメラで逮捕されるとのことです。

5.アメリカの公衆は、「ゲームの中の皮膚」を詐欺や犯罪によって、個人的に犠牲にしていると感じています。残りの政府に対する信頼は崩壊しています。間違った有権者は、正義を要求します。

6.一方で、株式市場の崩壊や米国に拠点を置く他の電子システムの完全性は、「調整された」とみなされています。市場は、崩壊または崩壊する。

7.選挙/デジタル詐欺を解決するために、誰もが慣れている問題解決のための解決策のパラダイムを使用して、QFSのようなハードウェアのないシステムを導入するのです。

一方、詐欺と腐敗の深さが消耗できる赤い錠剤で届けられて、世界中の人々は変化を要求します。 「スプーン一杯の感覚が信じられないほど、下がる。」

世界史における以前の革命の代わりに、真の犯人が非難されています(裁判所のために、設定されています)。今回は、サイバー犯罪が拡散標的であるため、怒っている暴動はありません。

ヒラリーのサーバーや、その他のサイバーベースの犯罪を、より理解しやすくします。すべてを掘削する深い国の関与は、ディープ・ステートを暴露するために表面に露出させます。

 

G. 2018年11月7日連邦準備制度の終了:

 

Finishing off the Fed – The Final Wakeup Call – English

 

金融システムは、誰もが負債に陥るように設計されています。

破損した銀行家は、世界的に財政的に破壊したい。

 

H. 点検中、 GCRによる新共和国 – 235 2016年6月3日現在の事実 :

 

 New Republic via GCR — 235 Points of Fact as of June 3, 2016

 

Updates for the week prior:

 

Restored Republic via a GCR:Update as of Nov. 7, 2018

Restored Republic via a GCR:Update as of Nov. 6, 2018

Restored Republic via a GCR:Update as of Nov. 5, 2018

Restored Republic via a GCR:Update as of Nov. 4, 2018

Restored Republic via a GCR:Update as of Nov. 3, 2018

Restored Republic via a GCR Update as of Nov. 2, 2018

Restored Republic via a GCR:Update as of Nov. 1, 2018

 

 

その他

 

おはようございます。GCRの共和国復元の8日分が更新された後、Qは、「戒厳令」に関する投稿をしています。ここ何週間かにわたって、「戒厳令」がJudyさんの注意書きのまとめに書かれていたこともあったため、Q投稿を見て驚きました。

 

Qの「戒厳令」と、関連することについて

 

下記がJudyさんによる、様々な情報をまとめている注意書きに書かれた抜粋です。

雇われた暴徒がカオスを引き起こす場合、国家放送システム警報は起動するでしょう、そして、それは戒厳令につながる可能性があります。

 

Qの「戒厳令」に関連するpostです。すぐに投稿しました。今から15時間前です。

 

13時間前にJoe Mさんが、QPostの「戒厳令」に関連するツイートを発信されてます。

https://twitter.com/StormIsUponUs/status/1060441134785167361

 

同時間、ニュースが流れました。Joe Mさんのリツイートから確認しました。

カリフォルニア州サウザンドオークスのBorderline Bar and Grill( チェーン店 )に、活発な発砲がありました。報告によると、30発のショットが発砲され、多くの人が負傷した可能性があることが示されています。

 

 

中間選挙の後、これからどうなるのかな?と思っていた矢先に「戒厳令」に関する投稿があり、中間選挙のあと、カリフォルニアでこの事件が起こったことが偶然とは思えないと感じました。

 

民主党による不正選挙に関する情報

 

日本でも早い段階で、民主党による不正選挙に関する情報ツイートが発信されていました。それを皆さんがしっかりキャッチされていたものを確認させていただき、まさか気持ちと、そういえばという気持ちが起こりました。

中間選挙当日の投票の確認は、QアカウントさんのツイートとFOXニュースをメインにチェックしていたのですが、日本時間の午後になって、FOXに電話がつながらなくなったという内容、不穏なツイートが流れてきました。何かおかしいことが起きているということが分かったのですが、投票結果のことだったのかもしれないと思いました。

次の日、不正選挙に関するツイートを見て、これが不穏な原因だったのかもしれない、とも思いました。

 

 

ポニョさんの中間選挙の見解など

 

 

Qは昨日の投稿記事の中で、我々は必要なものを全て手に入れた。愛国者の皆さんお疲れ様でした。と言って支持者達をねぎらっていましたね。

今回の選挙で、上院で勝てた事だけで十分ですよ。とも言っていました。下院で民主党に接戦して過半数を奪われたけれど、その下院の事を全然意に介していないような事を言っていますが、それって何か変ですよね。

ねじれ議会になって政権運営が大変なのに。

トランプも、下院五十議席以上を擁する大票田のカリフォルニア州には、選挙応援演説をする為に一度も足を運んでいませんでした。カルフォルニアは民主党の地盤ですが、それでも五つぐらいの議席が取れました。

カリフォルニア州では、支配層が経営する会社や政府がこぞって人々に投票に行かす為に、あらゆる手段を使っていましたね。その日は有給休暇を与えるとか、政府も電車やバスなどの公共交通機関を無料にするとか、ウーバーも投票所に向かう客は10%引きになっていましたね。

それでもトランプが応援演説に行くと、五議席どころかもっと取れたでしょうね。トランプは下院の事はどっちでも良かったのでしょうか。

 

聖書にも下院のしるしってありますよね…。字が違っていますが。聖書のカインのしるしって、悪者に印が付いている事でしょう?親父ダジャレでした。すみません。(笑)

 

いつも詳細な情報を提供してくれるポニョさんですが、現地におられるのだろうか(・。・;…と思いながら読んでいます。ありがたいです。「下院のしるし」個人的に、ヒットしてしまいました汗…反省。

 

ポニョさんは、いつからトランプ大統領についてご存知なのでしょうか。過去からトランプさんを知る人達の情報は、誤情報を伝える人達に惑わされる私たちにとって、目が覚める情報です。

今回ポニョさん情報で、過去トランプ大統領が、大統領に当選する前からこう説明していたという部分がありました。オバマ氏の出生に関する話です。この話は、最近知ったものだったのですが、トランプ大統領は、そうなる前からこの発言をされていたとのことです。

個人的に、私はオバマ氏と安倍さんは似ていると思うことが多々あったのですが、ポニョさんの今回の記事を読んでいると、やっぱり何か通じるものがあると、思いました。また気になる方は、ポニョさんの記事を見てみてくださいね^^

↓↓↓ ↓↓↓

Qアノン情報11/8下院のしるし

 

リー・ワンタ氏

 

リー・ワンタ氏のサイトは、 New Republic via GCR — 235 Points of Fact as of June 3, 2016 で知ったのですが、あたらめて、今回初めてサイトに書かれたリー・ワンタ氏に関する文章に目を通しました。

情報Cでは、リー・ワンタ氏からトランプ大統領にあてたメッセージと思われるものが紹介されています。

 

TRUMP、Ok、選挙は終わった。元政治家からの大規模なRICO&Title 18の違反に至るまでの時間。非連邦準備制度である米国史上最大の隠蔽を公開する時間。盗まれたリー・ワンタの資金を解放する時間。リー・ワンタ。

 

この盗まれたお金というのは、下記の情報に書かれたものです。

 

この過程で、リー・ワンタは、レーガン大統領によってアメリカ人に帰国するように指定された何十億ものドルを増やしました。

 

リー・ワンタ氏の紹介を読むと、すごい人物であるということが分かりましたが、リー・ワンタ氏のトランプ大統領にあてたメッセージが流出していることも驚きですね。

GCRの共和国の復元情報、2016年6月3日に更新された235ポイントが、情報Hで点検中ということです。現段階の状況と、過去に掲載された235ポイントを照らし合わせて検討中ということでしょうか。

また、この情報に関連する内容が更新されるまで、待ってみたいなと思いました。

 

ファイナル・ウェイクアップ・コールさんの最新翻訳。spiritual-lighterさんが投稿されています(*’▽’)

コメント

タイトルとURLをコピーしました