GCRによる 共和国の復元 2018年11月16日 | CGRによる共和国

GCRによる 共和国の復元 2018年11月16日

CGRによる共和国
Pexels / Pixabay

GCRによる 共和国の復元 2018年11月16日

驚いた沈黙の中でペンスとボルトンは、トランプ大統領が、現在は米国憲法を守るという宣誓を支持することに専念していたと確信した。ー本文より、抜粋ー他。

 

GCRによる 共和国の復元 2018年11月16日

 

GCRによる 共和国の復元 2018年11月16日

jplenio / Pixabay

 

GCRによる 共和国の復元:2018年11月16日更新

 

11月16日12:01 am ESTに編集されました。by Judy Byington

MSW、LCSW、ret。最高経営責任者(CEO)、児童虐待の復旧、著者、「22人の顔」、Byingtonによる悪魔のカバ―ルCIAとバチカンが主催する国際的な小児愛者に関連するニュース記事

Ring: http://beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/stories.html

 

出典:ディナールクロニクルズ

以下は、インターネットからの情報の要約です。個々の読者が自分の研究を行い、それが有効かどうかを判断するのは、個々の読者の責任です。忍耐は美徳。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

 

A. Judy Note – 私たちが早朝11月16日までに知っていると思うこと:

 

パソコン

Free-Photos / Pixabay

 

1.

11月11日の日曜日、 Qは、これが「覚えておく1週間」であり、同じ11月11日に、RVが始まったと言われたことを発表しました。

2.

翌日月11月12日、Qは、「何か大きなものが落ちようとしている」と言ったが、同じ11月12日に中国では、元金が金/資産担保であったと発表しました。

3.

11月13日火曜日、午後3時15分 EST 午後3時15分、USTノートは資産担保でした。

4.

11月14日までに、より多くの国の通貨が金/資産支援を受けた。同じ11月13日から14日にかけて、西からのいくつかのグループは液体であり、いくつかの通貨交換についてですが、明らかに5つの州で行われていました。

5.

USTのメモは水曜日に公式に発表されたと思われる。世界的に活性化されています。

6.

ブルースは11月15日の今日のように見えるようになった情報を受け取りました。今日はまだ終わっていません。

7.

ディナールとドンを除いて、すべての新しいレートが戻った11月15日まで、料金は堅調で黒字になりました。(それらのレートは依然として変動していた)。

8.

主要銀行は、11月15日に新しいUSTドルを受け取りました。

9.

11月16日の午後、償還センターがコール(ハイアラート)されています。

10.

11月17日まで夕方、ディナールとドンは料金を提示します。

11.

感謝祭の11月22日前に、私たちは交換し、完全に資金を提供します。

12.

一部の人は、RVが、株式市場の暴落を待っていると言いました。これは、先週の作品に登場したようです。

13.

800#が期待され、11月末までにRV結論が出た場合、Tier 5(一般市民)とTier 4(インターネットグループ)は同時に取引を開始されます。

14.株式市場:

株式市場のクラッシュは、連邦準備制度理事会のドルが無くなったことを保証し、新しいクォンタム・ファイナンシャル・システムの金資産担保USTNに道を開くことを保証しました。先週以来、株式市場は下降していて、景気は回復していません。ほとんどの日に赤字になった11月15日に、ダウは、市場終値でわずか200ポイントを復活させました。

S&P500は11月14日の終値で、Appleと、銀行株を中心に5日連続で0.75%(20.36ポイント)減となりました。ダウは0.81%(205.25ポイント)、ナスダックは0.9%(64.48ポイント)低下しました。

15.景気後退:

過去2、3年の景気後退は、完全に消え去りました。多くの人が、すぐにウォールストリートに出ると信じていました。 2008年に数ヵ月以内に数百万人が雇用を失ったように、経済は息をのむペースで崩壊する可能性があり、予想以上に、早く再び(景気後退が)起こる可能性が、高いでしょう。

16. NESARA / GESARA:

(フルフォードによると)トランプ大統領と右翼勢力が、個人所有の中央銀行のコントロールを準備していたのに対し、ペンタゴンのホワイト・ハットと軍工複合施設は、グローバル通貨リセットと、NESARA/ GESARA法の実施を準備していました。とのことです。

17.大量逮捕:

(フルフォード)ペンタゴンによると、民主党は中期選挙詐欺行為に夢中になったときに罠に陥った – 不法な反逆行為が、FISA機密解除が下院を取り下げた際の訴追につながるとのことです。

中期はまた、トランプ大統領が大量逮捕と訴追のために裁判官と検察官を選ぶことを許した抗トランプ共和国の上院議員を掃討しました。現在、検事総長のマシュー・ウィタカー氏は、カバールの連邦告発61,000件を開封し、大量逮捕を開始する可能性があるとも説明しています。

18.戒厳法:

(フルフォード)最高選挙は、最高の民主党員を含む政治エリートが、61,000件を超える連邦告発の開封で逮捕された後に開催されるとのことです。これは、中期選挙の結果を無効にする必要があり、市民の不安を引き起こす可能性があるでしょう。

第三次世界大戦を開始しようとする試みでは、カバル/ハザ―ルのマフィアがカリフォルニア州の野火を起こし、大量の銃撃を上演したという十分な証拠が浮上しています。

カバールはまた、米国の国境で孤立している何千人もの不法移民の背後にある、と考えられていました。これらの出来事のいずれか、またはすべては、大量逮捕、GITMOおよび軍事裁判所での介入に必要な戒厳法に容易につながる可能性が、あります。

11月15日、プーチン大統領は、米国のマイク・ペンス副大統領とジョン・ボルトン国家安保補佐官と会い、トランプは米国の軍事的買収を準備していることを確認しました。

 

B. Big Call, Bruce  2018年11月15日  :

 

銀行

Comfreak / Pixabay

 

Thebigcall.net: 712-770-4016 pin123456# (712) 770-4014

 

1. 11月13日午前3時に東アジアは資産担保であったが、11月13日午後3時15分火曜日(EST)UST債は、資産支援でした。 

2. USTのメモは、水曜日に正式に発表されたと思われます。世界的に活性化されています。

3.Bruceは、これも11月15日の今日のように見えるようになったという情報を受け取りましたが、今日は、まだ終わっていません。

4.ディナールとドンを除いてすべての新しいレートが戻った11月15日まで、料金は堅調で黒字になりました。(そのレートはまだ変動していたため)。

5.主要銀行は、11月15日に新しいUSTドルを今日受け取りました。

6. 11月16日の午後現在、償還センターがコールされています(ハイアラート)。

7. 11月17日まで夕方、ディナールとドンは、料金を提示するはずでした。

8.感謝祭11月22日前に、私たちは交換し、完全に資金を調達するでしょう。

 

C.  Intel Alert  2018年11月15日 pm 6:06 EST  :

 

Foundation

dewikinanthi / Pixabay

 

Operation Disclosure: GCR/RV Intel Alert for November 15, 2018 

Operation Disclosure

RV / INTELLIGENCE ALERT 「基礎」2018年11月15日

 

(免責事項:以下は、いくつかの情報源から受け取った情報漏えいに基づく現在の状況の概要であり、正確である場合もあれば、正確でない場合もあります。)

 

1.すべての国は、GESARAに準拠し、Quantum Financial Systemと互換性を持たせるために、ここ数年で改革を進めています。 QFSの基盤は地政学的に設定されていた。 Brexitはカバールの影響を受けたEUに対する地政学的なチェックメイトでした。

2.ディープ・ステートは、彼ら自身が失敗する運命にあることを知っているにもかかわらず、制御を維持するためにできるすべてをやっていた。米国のディープ・ステートの触手は解き放たれていました。

3.米国の共和国に対する、ディープ・ステートの腐敗、犯罪、反逆が露呈するでしょう。

43ディープ・ステートを公開することは、株式市場の健全性を崩壊させ、フィアット金融システムを「死んだ」ものにします。

5.フィアット金融システムが「死んだ」と宣言されると、新しいQFSは世界中のすべての国で正式に採用されます。

6. QFSが採用されると、資産担保型USNは準備が整いました。

7.株式市場が崩壊した後、民間通貨償還イベント(RV)は論理的に開始するための準備が整いました。

 

d. 透明性、X22 Report (video)  2018年11月15日 EST:

 

(Video) X22 Report — Episode 1716: Use Transparency | How do you Catch a Fish

 

Bringing The [CB] To It’s Knees, Use Transparency – Episode 1716a

 

ドイツ経済は3年ぶりに縮小しました。他のEU諸国は痛みを感じ、成長を遅らせていました。多くの分野において、成長はマイナスに転じるであろう。

メイシーは、レンガとモルタルの売り上げを実際よりも良く見せるために、巧妙なレポートを使用していました。住宅ローンの借り換えは減少しました。ホームデポは、減速している住宅販売について報告しました。

経済は減速していて、CBはそれについて何もできない、という明確な兆候がありました。システムが崩壊すると、透明性がCBを膝に持っていくために使用されます。

すべてのMSM店舗のそばで、提出された訴訟は失敗するでしょう。

ホワイトハウスは、第一改正、または第五改正に違反しませんでした。選挙の詐欺が注目され、選手たちが暴露されていました。不法行為者は、サンディエゴに到着し、国境警備隊は彼らが国に入るのを妨げていました。

ウィタカーは、法律の下で取り除かれませんでした。彼をAG代理店として雇うことは完全に合法でした。トラップが設定されました。あなたはターゲットを固定したままどのように魚を捕まえますか?

 

How Do You Catch A Fish, Target Locked On – Episode 1716b

 

E. 劇的に減速する経済、噂 Mills  2018年11月15日

 

11 Signs That The U.S. Economy Is Starting To Slow Down Dramatically
Alternative News and Views, Reported by Agents Around the World, 24 hours a day

 

ここ2、3年の景気の低迷は完全に消え去った。すぐにウォールストリートへの出口のための熱烈なレースがあると多くの人が信じていました。

来るべき危機のためにあなた自身をまだ位置付けていないなら、今がその時間でしょう。 2008年に見てきたように、市場は上がったよりもはるかに速く低下する傾向がありました。

ウォールストリートで物事が狂ったら、経済は、息をのむようなペースで崩壊する可能性があります。2008年に何百万人も数ヶ月で雇用を失いました。これは再び起こり、予期していたよりずっと早く起こるという兆候が増えています。

 

F. 米上院議員、米国、ソルチャ・ファールの軍事的買収を準備するトランプを確認  2018年11月15日:

 

putin-etal

 

SORCHA: Top US Officials Confirm To Putin That Trump Is Preparing For Military Takeover Of United States
Alternative News and Views, Reported by Agents Around the World, 24 hours a day
Top US Officials Confirm To Putin That Trump Is Preparing For Military Takeover Of United States
Sorcha Faal, Whatdoesitmean.com

 

11月15日、プーチン大統領とマイク・ペンス副大統領とジョン・ボルトン米国家安全保障アドバイザーは、トランプ大統領が米国の軍事買収を準備していることを確認しました。

トランプ大統領の義務は、アメリカの憲法を「保護し、擁護する」ことであり、トランプ大統領を破壊しようとする、急進的な左派勢力による激しい攻撃の下にある「ステート」と呼ばれる文書があります。

3. 2018年中期選挙で、アメリカが寒冷な内戦にあったことが明らかにされた後、脅威は深刻化し、基本的に2つに分割され、妥協の余地はありません。

4.プーチン大統領は、アメリカ合衆国が、なぜヨーロッパから大量の軍備と武器を本国へ送っていたか、そして、先週不思議なことに世界中から退出しているトランプ大統領と、この不可解な行動が、親族だったかどうかに関して、最高の米政府当局に尋ねました。

5.驚いた沈黙の中でペンスとボルトンは、トランプ大統領が、現在は米国憲法を守るという宣誓を支持することに専念していたと確信した。

 

G.  Vincent Fusca(JFK Jr.?)Tweet、Reader 11月15日2018 pm 6:27 EST  :

 

 Reader: 3 Interesting Tweets from Vincent Fusca 2024

 

Updates for the week prior:

 

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 15, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 14, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 13, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 12, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 11, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 10, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov.9, 2018

 

その他

 

こういうストーリーも予測できるかな、と思いました。うーん。妄想力が発達しているからかもしれませんね。

 

プロジェクトが起こったとしても、私たちはゆりかごの中で生活するような、ゆるゆるなことにならない。選択によれば、最初はそうなるかもしれません。でも、そうでも、またもとに戻るかもしれません。宝くじをもらった人たちのようにジェットコースター波の速度かもしれませんし、ゆっくり一生涯味わうかもしれません。

その世界は、奴隷と雇い主の世界なので、自分が良い結果を残せても、隣の人は病気や、貧困で苦しんでいるかもしれません。

選択は自由です。(*‘ω‘ *)。

 

2008年から2018年の選択。

日本での貧富の二極化は、これからさらに顕著になる。労働を売ろうとする人間は、ますます経済的&時間的不自由に陥り、それにより学びができず、結果負のサイクルを繰り返す。

学ぶことにどれだけの価値があるかをもっと知るべきなのかもしれない。人の自由というのは、学ぶことでしか実現できない。

 

 

 

私の選択?うーん。

 

6年前の私は、アセンションから三次元の世界に住むというの選択選びました。気が付くと、すごい道を歩んでいることに気付いたのです。はっと我に返り、ここがまさに地獄というところなんだと、職場で休憩している最中目が覚めました。

すぐに、仕事を止めました。そして、今に至るのですが今は地獄と思いません。信頼できる感覚が生まれました。だから新しい世界に進んでいるという事実について、怖くないし、そっちの選択を迷わず選ぶ自分がいる。

宗教とかでなく、そういうものがボロボロ崩れた舞台セットの裏から、垣間見えるという感じ。

 

三次元を選んだ人といえば、映画マトリックスのサイファーですよね。

サイファーの気持ちも、分かります。サイファーは裏切者と言われていますが、サイファーの選択した気持ちも分かる。

「ステーキ、おいしいよね。お金持ち、あこがれていたよね。」と、ここにいたなら、伝えたい。

 

 

サイファー(裏切り者):
俺はな、このステーキが存在しないことは知ってるんだよ。口に入れると、マトリックスが俺の脳味噌に、これが肉汁たっぷりで最高に美味いと教えてくれるんだってこともな。9年かかって俺が何を理解したか、アンタ分かるか?

サイファー:
無知の至福さ。

エージェント・スミス:
では取引成立だな?

サイファー:
俺は全部忘れるぞ。全部だ! いいな? それから俺は金持ちになりたいんだ、誰か重要な人間にな。俳優とかよ。できるんだろう、えっ?

エージェント・スミス:
何なりと君の望むままだとも、ミスター・レーガン。 

 

映画「マトリックス」—現実とは君の脳が解釈した電気的信号に過ぎない (2) より

 

こちらの抜粋記事のロングバージョンについても、転記させてもらいました(*’▽’)

 

映画「マトリックス」のDVD版を大学生の息子の介解説付きで観た。

昼はプログラマー、夜はハッカーという二つの顔を持つT・アンダーソンは、エージェントという敵に追いかけられてモーファイスという人物に出会い、本当の肉体の存在する場所に連れて行かれる。

そこはコンピュータ人間を栽培し、人間の熱を核融合させ電力に変換している。人間は電力をコンピュータに提供する電池となっていて、そのことを知らずに眠り続けて一生を終える。

人間が住んでいると思っている世界は実は仮想世界というプログラムの中にある。人間が現実と考えているのは脳による電気信号が作り上げた虚像である。その仮想世界が間音リックスである。

このことに目覚めてた人々が少数いて人類の自由のために抵抗運動を続けてている。この人々が信じているのが救世主が現れるという預言者の言い伝えだ。

エージェントは「マトリックスは理想郷だ。環境と共存できない人類は恐竜のように滅ぶ。人類はウイルスだ。われわれは治療薬だ」という。アンダーソンは彼らの間でネオと呼ばれているが、戦いの中で超人になっていく。

彼こそが救世主だったのである。彼の目には敵は全てがプログラムに見える。その時点であらゆる攻撃に対処できるようになって、プログラムを全て破壊する。

こういう筋であるが、1999年に公開されたこの映画のことは本を読んでいてもよく出てくる。

また若い人たちの会話の中にも登場する。インターネットが登場して数年の時点で、現実の世界が実は仮想世界であるという逆転の世界観は衝撃を与えた。この映画はアクションを伴うサスペンスであるが、実は世界観をめぐる構造の中での意味が深い会話が交わされる。哲学的な言葉が飛び交うのも魅力で、考えさせられる。

セカンドライフの登場によって、現実世界に近い3D仮想世界が私たちの視野に入ってきた。セカンドライフを旅していると、どちらが現実で、どちらが仮想かという疑問がわいてくる。こういった世界の先取りをしていたのがこの映画である。

映画の中で交わされる印象に残った会話や言葉を以下に記しておく。
(「マトリックス公式サイト」より)

————————————————————
モーフィアス:
君は夢を見たことがあるか、ネオ、それを現実だと確信した夢を?

モーフィアス:
君がその夢から決して目覚めないとしたら? ネオ、君はどうやって夢の世界と現実世界とを識別するんだね?
—————–
モーフィアス:
マトリックスとは何か? 支配だ。

モーフィアス:
マトリックスはコンピュータによって創り出された夢の世界だ。我々人間を支配し、これに変えるためのな(と、乾電池を掲げる)。
——————–
サイファー(裏切り者):
俺はな、このステーキが存在しないことは知ってるんだよ。口に入れると、マトリックスが俺の脳味噌に、これが肉汁たっぷりで最高に美味いと教えてくれるんだってこともな。9年かかって俺が何を理解したか、アンタ分かるか?

サイファー:
無知の至福さ。

エージェント・スミス:
では取引成立だな?

サイファー:
俺は全部忘れるぞ。全部だ! いいな? それから俺は金持ちになりたいんだ、誰か重要な人間にな。俳優とかよ。できるんだろう、えっ?

エージェント・スミス:
何なりと君の望むままだとも、ミスター・レーガン。 

 

映画「マトリックス」—現実とは君の脳が解釈した電気的信号に過ぎない (2)より

 

 

この世は、まさに、色即是空、空即是色ですからね (*‘ω‘ *)♡

でも、銀河系の支援を受けたからといって、すぐにハイテクな世界に進むとも思っていません。今食べているご飯も当分食べるだろうし、お金のシステムがどう変わるかとか、あまり分かっていません。

でも、過去に選択した方向について、もう二度と選択する気もないという感じでしょうか?

一瞬、仕事も成功しましたし、お金もたくさんもらったのですが、下降していきました。でも、当時成功していたときと比べると、今の自分の感覚の方が、楽です。誰にも支配されていない。自分が選びたいことを選べる自分を見つけたという感じです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました