GCRによる 共和国の復元 2018年11月13日 | CGRによる共和国

GCRによる 共和国の復元 2018年11月13日

CGRによる共和国
andreas160578 / Pixabay

GCRによる 共和国の復元 2018年11月13日

Qはパンを落としました。計画を説明し、起訴は開封され、宣告は来て、この瞬間にすべてが準備されています。すべての部分が所定の位置にあります。世界は真実を目撃します。ーx22 reportよりー

 

GCRによる 共和国の復元 2018年11月13日

 

GCRによる 共和国の復元 2018年11月13日

susan-lu4esm / Pixabay

GCRによる 共和国の復元 2018年11月13日更新

 

11月13日12:01 am ESTに編集されました。by Judy Byington

MSW、LCSW、ret。最高経営責任者(CEO)、児童虐待の復旧、著者、「22人の顔」、Byingtonによる悪魔のカバ―ルCIAとバチカンが主催する国際的な小児愛者に関連するニュース記事

Ring: http://beforeitsnews.com/contributor/pages/243/590/stories.html

 

出典:ディナールクロニクルズ

以下は、インターネットからの情報の要約です。個々の読者が自分の研究を行い、それが有効かどうかを判断するのは、個々の読者の責任です。忍耐は美徳。徳を持つことは、良い道徳的存在の兆候です。良い道徳的存在は悪を克服し、世界を変える力を持っています。

 

Judy Note ー  私たちが知っていると思うもの:

 

パソコン

Pexels / Pixabay

 

1. 11月12日に見つかる新しい情報が、ありませんでした。

2. 準備しておいてください。Qは、「覚えておく1週間」であると発表しました。その間に、RVと800#が出てくるでしょう。

3. 11月12日の月曜日に、ダウは開幕から300ポイント以上下がっていて、一日中赤字のままでした。600ポイント以上となり閉鎖しました。-予想されていた黒い火曜日、または水曜日に対する、準備中であるように見えたことから、株式は暴落します。

4. カバールグループは、偽旗シューターを組織しました。そして、カリフォルニアでの人工火事は続きました。

5. 国中の民主党の当局による不正投票は、ホワイトハウスによって、大規模なスティングオペレーションで暴露されていました。

6. 政治/ビジネス/ハリウッド/世界のエリートに対して今年に提出された61000件以上から超える連邦告発の結果、予想される一斉検挙の知見がありませんでした。

このCIA/バチカンは悪魔の崇拝関連のあるインターナショナル児童労働搾取、誘拐、小児愛と人間の犠牲を組織しました、しかし、児童虐待罪に関する証拠を得ることが困難であるために、加害者はおそらく他の犯罪で告発されていました。

6. 少なくとも二週後にのために結果として生じる混沌を予想して、NESARA/GESARA発表は未完了でした。

NESARA/GESARA説明(2007年7月に書かれる):
http://alcuinbramerton.blogspot.com/2007/07/nesara-announcement-expected-in-run-up.html

 

A. 経済崩壊、X22 Report (video)2018年11月12日 pm 9:44 EST

 

X22 Report: Let the Economic Collapse Proceed

 

Let The Economic Collapse Proceed, Central Banks Begin To Panic – Episode 1714a

 

 

連邦準備制度理事会が金利を引き上げるにつれ、住宅市場は爆発し始め、現在加速しています。世界の中央銀行はパニックに陥っていました。 ECBは停滞し、連邦準備制度理事会がやっていたことをすることができませんでした。

たぶん、連邦準備制度理事会が満場をうならせる間、ECBは景気刺激策を訴えるでしょう。これは、物語をコントロールして、中央銀行にパニックを持たらし、彼らを一般に露出させる計画でした。

 

Let The Unsealing, Declas Begin, Let The World Witness The Truth – Episode 1714

 

退役軍人の日、すべての退役軍人に、私たちはあなたに敬礼します。 リンゼー・グラム上院議員は、マシュー・ウィタカー弁護士とトランプ大統領の後ろに立っています。

フランスの外相は、エルドガン大統領から、ジャマル・カショギ氏の録音を受け取ったことはないと言います。トランプ大統領は、パリのプーチンと握手しました。

Qはパンを落としました。計画を説明し、起訴は開封され、宣告は来て、この瞬間にすべてが準備されています。

すべての部分が所定の位置にあります。世界は真実を目撃します。

 

Updates for the week prior:

 

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 12, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 11, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 10, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 9, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 8, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 7, 2018

Restored Republic via a GCR: Update as of Nov. 6, 2018

 

その他

 

今回、ベンさんの情報は、紹介されていませんでした。おそらくGCRの共和国の復元から、脱線した流れについての計画をホワイト・ドラゴンが表明したためではないかと思っています。(本当のところ分かりませんが汗)

ということで、個人的に今回更新された11月12日のベンジャミン・フルフォード(抜粋)アップデートについて、感じたことを書いてみたい思います。

インテルでもこの情報に対するコメントが寄せられて、そちらも紹介したいと思います。いくつかは否定的な気持ちがあったという内容ですが、個人的に共感できる部分を抜粋させていただきました。

最後に、今回の情報で予想される展開と、マイナスに展開されることを未然に防ぐために考えられることについてのアイデアをまとめられた、フィレスワンさんの記事を紹介したいと思います。個人的にはざっくりとですが、フィレスワンさんのアイデアが、これからの時代に欠かせないことだ、と思いました。

 

以前も紹介させていただきました、今回話題となったベンジャミンフルフォード・最新アップデート情報ツイートです。

 

ベンジャミン・フルフォード最新アップデートに関する疑問

 

実は、私自身今回のアップデート抜粋を読み凄い展開だと思う反面、不穏な気持ちになりました。またQアカウントさんの中にも、この件について触れていている人がいました。

個人的に今回のレポート抜粋の中で、最初に疑問を抱いた点は、NESARA/GESARAの説明でした。

 

The white hats in the Pentagon and the military-industrial complex are promoting their NESARA and GESARA Global Currency Reset ideas.

ペンタゴンの白い帽子と陸軍工業団地は、ネサラとGESARAのグローバル通貨のリセットのアイデアを促進しています。

https://benjaminfulford.net/

 

NESARA / GESARAについて、距離感がある説明だと思いました。確かにベンジャミンさんのレポートに(知っている範囲ですが)NESARA/GESARAについて書かれている箇所を読んだことがありませんでした。

ただし、GCRも含まれている点は、おかしいと思いましたけれど。どうしてかというと、先々週だったかな?レポートでグローバル通貨リセットに関する紹介をされていたためです。ちなみに、ベンジャミンさんは、他・クォンタム・ファイナンス・リセット・レプリケーター・自由エネルギーについての紹介もされています。

この流れだと、おそらく「この分野について、レポートで証言していないし、言っていない。」と言いそうな雰囲気だ、と感じました。ベンさんに寄り添って情報を共有することにしようと考え改めて読み直したのですが、よくわからないがっかり感は、消えませんでした。

 

 

他の人たちの、今回のベンジャミンフルフォードアップデートに関する感想

 

今回のアップデートは、何か引っ掛かると思いました。今回、インテルサイトを通していくつかのコメントが寄せられていました。その中のいくつかの感想は、私のモヤモヤがこれかもしれないと共感できる内容があると思いました。

 

インテルサイトに寄せられているコメント記事ですが、数件寄せられていました。ということで、その中の二つの記事の共感できる文脈を抜粋させていただきました。

 

匿名さんからの感想

Secret Societies want to save the world?

Do not fall for it for one second. They had thousands of years to show any inclination at all of giving a crap for common people and starving children. They want to be our new slavemasters.

They have wanted to be the ones calling the shots for a very long time and now that the Galactics are removing their masters they see this as an opportunity to be the new bosses. 

 

秘密結社は、世界を救いたい?少しもその情報に魅かれないでください。

一般市民達と、飢えている子供たちのために、たわごとを与えるために全てでどんな傾向でも示すために、彼らは、何千年もの間、存在していました。彼らは、私たちの新しい、slave masters (奴隷たちの雇い主)でありたいのです。

彼らは、非常に長い間、取り仕切っている人でありたかった。そして、銀河系が、彼らの主人を追い出している今、彼らはこれを新任のボスとなる、機会とみなします。

続きはこちらから

 

これ、なんとなく予想できるなと感じました。奴隷とまで考えませんでしたが。

例えば、日本で今後の予想のオチを想定して考えてみると。今、日本メディア支配人はロスチャイルドという説明を読んだことがあると先日も書いたかと思います。(ポータルサイトでもメディアとロスチャイルドの関係性について、先日説明があったかと思います。)

仮に今回のプロジェクトでメディアの雇い主が退場されられたとします。ですが、犯罪として罰せられなかった似たような思想の人が大勢残っているのではないかと思うのです。トップのポジションを維持したい人がすぐに後釜に入ろうとするのではないかと思いました。

 

[st-kaiwa2]しめしめ、トップの座が空いたぞ。ふふふ…(という輩がまだまだいっぱいいると思うのです。)[/st-kaiwa2]

 

支配人が変わっただけで、結局私たちは別の洗脳を受けることになるのではなかろうか、というところまで考えました。私だけが心配しているわけではないと思い、この感想を読み、ほっとしました。

 

Geneさんからの感想

Its important to not believe anything that doesn’t pass muster through your heart.

“THEY” are coming at us like gang busters and are trying to confuse and overwhelm us with BS information (which speaks volumes as to how close to the checkmate move we are at this point).

We can’t let their incessant BS derail us. Trust your heart, NOT your head.

 

その重要なあなたのハートを通して、検閲を通らないことについては、何も信じていないでください。

「彼ら」は、ギャング・バスターのような私たちに向かって来ていて、BSインフォメーション(私たちが、現時点でチェックメイトの動きにどれくらい近付いているかについて、大いに物語ること。)で、私たちを混乱させて、困惑させようとしています。

私たちは、「彼ら」の絶え間ないBSインフォメーションによって、私たちを脱線させることは不可能です。
あなたのハート(あなたの頭ではなく。)を、信頼してください。

続きはこちらから

 

この後、まだコメントは続きますが、抜粋した箇所は、自分的に共感できると思いました。要は、ナイスアイデアにも関わらず、心の警告音が聞こえることを無視できないという部分でです。

 

フィレスワンさんによる、ベンジャミンフルフォード、11月12日アップデートに関する感想

 

否定的な色合いが濃厚と感じるコメントだけではないようです。いつも、投稿されている、フィレスワンさんが、ベンジャミンさんの抜粋レポートに、コメントされていました。不安要素とそれを防ぐためのアイデアを提供されていました。

これを読んで、曇りがちだったレポートに関するモヤモヤが消えました。

また、QとQフォロワーの活動について、とてもポジティブに受け止められていて、未来が見習うスタイルといったニュアンスで説明されている辺り、とても好感を持てました。

となどなど、いくつか共感しました。こちらの記事については全文を紹介させていただきます。良かったら参考にしてみてくださいね(*’▽’)。

 

“Re: Benjamin Fulford” by Fireswan – 11.13.18

 

Entry Submitted by Fireswan at 9:26 AM EST on November 13, 2018

“Secret Societies Agree to Save Planet” – Fulford Report (Excerpt) – 11.12.18

"Re: Benjamin Fulford" by Fireswan - 11.13.18
The Official Dinar Chronicles Blog Page containing your daily Iraqi Dinar intel, rumors and news updates.

 

私は昨日ベンジャミン・フルフォードのポストでこのニュースを熟考しました。彼は今、世界を救うために設立された3つのグループがあることを明らかにしました。

1. P2 – これはKim&COである必要があります。
2.ホワイトドラゴンズ – ベンジャミン&CO。
3.トランプとパトリオット – Q&CO。

どうやら、Kim&COは、彼らの銀河の友人や家族と一緒に、独自の金融システムを作り出したようです。

私は、White Dragonsについては、彼らが独自の金融システムを持っているかどうか、わかりません。彼らは計画代理店を行いたいために、おそらく何らかのQFSを持っている可能性があるでしょう。

トランプ大統領とパトリオットは、NISTと世界の同等の規制機関と協力して、金融テクノロジーの主導権が、開発中の新しい金融システムのユーザー(または、ここでは、既に秘密スペースプログラムを通じて。)に、付加価値を与える方法を定義しています。「SWIFT Cheese」

これら全ては、眠っている大衆を邪魔しないために、目に見えないように隠されています。ですが、広範な詐欺が選挙の改ざんの開示によって明らかにされるにつれて、信頼できる解決策に対する幅広い要求が(今後)存在してくるでしょう。

信頼できる解決策は、すべての人が利用可能である必要があり、「目覚めている大衆」が、その完全性をチェックするための仕組みを持つ必要があります。ーその中には、ハイテク業界の人々を含まなければなりません。 私は、ロバート・デイビット・スティールのオープンソース社会を思い出します。

信頼できるソリューションを保持するには、ユーザーと参加者を同様に教育するために、多数の会議やセミナーが必要になります。権力は分配されなければなりません。そして、権力(の分配)を少数の手の中で行いました。

 

私は、博士号はありませんが、または、何らかの方法で重要だと考えます。

ちょうど、私がフィンテックの溝の視点から見えるピクチャーを共有することのように。私は、規制された報告会社のために働いているので、何が舞台裏で起こっているかという、いくつかのピクチャーを得ることができます。

私は多くの理由で、「何?」と「どのように」の背後にある「なぜ?」の多くが除外されている場所でトレーニングを受けます。誰もKim&COに直接言及する人はいませんでしたが、高度なハッキングが可能な古いシステムから、ハードウェアではない新しいシステムに移行する必要があるだけです。

私の直感と論理は、彼らが、何らかの「クリーン・スレート」に取り組んでいる、と私に伝えています。

 

 古いシステムは、このような高額の痛みや、苦しみを作り出していて、NPTB は、それをアップグレードしたり、血統の人たちを交換することはありません。

人民による制度は「国民よるに、国民のための」ものとなるでしょう。 Qの動きは、私たちに、これの例を示しています。 4チャンネルと、8チャンネルのほかに、多くの 「ボード」が存在していて、監視は、有機的に草の根レベルで行われていました。例えばIDC。数百万のうちの1人。

未来は分散され、壊れる可能性のある単一のコントロールポイントは、存在しません。権力は腐敗します。それが再び起きないようにするには、力を分配することです。

 

後方に進まない。
上向きではない。
我々が行くところで、我々はすべて行きます。
私は私たちだからです。

 

最後に

 

どうやら、Kim&COは、彼らの銀河の友人や家族と一緒に、独自の金融システムを作り出したようです。

 

kimさんが、銀河系とコンタクトをとっている。ということが分かりました。…そうだったのか ;。たびたび記事を更新されるkimさんですが、あまり読んでいませんでした。これからは、どの記事も読もうと、思いました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました