USAF中佐  アポロ13号の間に 本当に起こったことの説明

スポンサーリンク
宇宙
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

USAF中佐  アポロ13号の間に 本当に起こったことの説明

宇宙船が、アポロ13の救助に行き、アポロ13号を月面の航海に伴って地球へ戻しました。 2つの機会に、乗組員を宇宙船に乗せなければならないかもしれないと思ったが、安全に地球に戻ってきたのを彼らは見ました。ー本文より抜粋ー

 

スポンサーリンク

USAF中佐  アポロ13号の間に 本当に起こったことの説明

 

ーQによる、アポロ13関連POST抜粋ー

 

偽の月間着陸は本当です。
プログラムはパブリックドメインの外に存在します。
Q

 

Q

私たちだけですか?

ロズウェル?

最高分類。
空間の広大さを考えてみましょう。
Q

 

 

USAF中佐  アポロ13号の間に 本当に起こったことの説明

https://www.collective-evolution.com/

 

https://www.collective-evolution.com/2018/10/22/ex-usaf-colonel-boeing-engineer-explains-what-really-happened-during-apollo-13/
Ex-USAF Colonel Explains What Really Happened During Apollo 13
People who are faint of heart, turn away NOW. This website contains top secret and classified information. See people exposed of fraud and crimes.

 

Source: Stillness in the Storm  By Arjun Walia

Ex USAF Colonel & Boeing Engineer Explains What Really Happened During Apollo 13

2018年10月22日

Ex USAF中佐とボーイングのエンジニア、アポロ13号の間に本当に起こったことを説明

 

dedrickson

https://www.collective-evolution.com/

 

IN BRIEFー文字通りー

 

geralt / Pixabay

 

事実:

ロス・デドリクソン大佐は、1950年から1958年の間にエネルギー委員会と長期間奉仕した高級軍人で、アポロ13号の問題は、地球外生命体によって注意深く扱われたと主張しています。

 

反映する:

UFOはもはやタブーではなく、数十の政府によって公開された文書、写真、ビデオを通じてその存在が確認されています。これを補うために、証言があります。共通のテーマは、多くのクラフトが、地球外であるということです。

今や主流のUFOの開示が行われ、より多くの情報が引き続き明るみに出るようになった今、レーダーで追跡されているこれらのUFOの、写真を撮られて、ビデオテープに録画されてることによって、起源が地球外であるという考え方に、ますます多くの人々の意識が開放されています。

disclosure 関連記事:

 

この信念は、何十年にもわたって何百人もの軍人、その他の研究者、学者、諜報機関の職員、宇宙飛行士などからの証言の証拠となる複数の要因によるものです。これらの証言は、それはすでに収集されています。

「UFO問題」は、誰が、何を、なぜ、いつ、どこで、唯一の問題は、黒い予算特別アクセスプログラム内で働く人々によって質問され、回答された問題、それほど敏感なプログラムこの文書で説明されているように、議会からの標準的な報告要件から免除されています。

 

メインストリームのUFOの最新の更新については、これらのオブジェクトから収集された資料、主流のUFOの開示に関する最新の更新について説明するこの記事を参照することができます。

だから私たちは何十年も嘘をついたことがありますか?元NASAの宇宙飛行士とプリンストン物理学の教授であるブライアン・オリアリー博士(コーネル大学で教授するためにカール・セーガンによって募集された)は、この情報を隠蔽することにセーガンが関与していると主張しています。

彼は「火星の顔」に関する証拠を偽ってセーガンを訴えました。あなたは彼が言ったことを見ることができ、その詳細については、ここで詳しく読むことができます。

 

UFOが本物であるという、そして、彼らの一部が本当に地球外であるという事実をかばうための嘲笑と秘密の公式運動があったと、一番最初の中央情報局(CIA)(ロスコーH. Hillenkoetter)長官は、世界に話しました。

彼は、1960年にニューヨークタイムズにそうしました。

 

最近では、複数の国によるUFOの存在が認められていて、米国のTo The Stars Academy が率いる 別の要因として、UFO研究の1つのディレクターをしていた Louis Elizondo 物理学と、空気力学の法則に反する操縦を行うことが観測されている、という事実があります。

これまでCNNの声明とは別に、彼は、自らのグループが意図的に地球外の質問から遠ざかっていることを強調していて、このトピックについて議論するときに、多くの気持ちがあるため、単に対象に焦点を当てています。

 

私は、これを見るために適用された科学的方法論を観察して、明白に言います…。これらの航空機は現在、米国の在庫や外国の在庫にない、特徴を表示しています…私の個人的な信念は、それが何であれ、私たちは一人ではないかもしれないということを意味している、ということです。

残念ながら、常に主流からの「脅威」の物語があるようです…

 

あなたが想像することができるように、この主題の秘密は非常に深刻です。

すべてが区画化されており、これらのプログラムを経験したか、またはその一部であったすべての人が、それを認識しています。

確かに、私たちは主流の開示を見ていますが、このトピックでは人類の何の面も、触れられていません

秘密の宇宙計画がある場合、政府が複数の種の存在をカタログ化している場合、「自然の輪の仕事を利用する」新しい技術と、新しい推進システムがあれば、この件に関する秘密をどのように制御するか、単にそれを開示するか?

 

私たちは、当初から大衆の透明性を持っていたはずですが、この秘密の世界は非常に発展していて、この主題の中の複数のことについて真実を出すことはほとんど不可能です。

テクノロジー、地球外情報、そしてあなたが考えることができるすべての質問は、何年もの探求の対象であり、私たちは完全に暗闇の中に置かれています。

開示は、石油産業のような、企業の崩壊につながるでしょう。それは、様々な民間軍事請負業者からの訴訟につながるだろう、リストは巨大であり、開示の意味はまったく同じです。

 

最大の利益は、人間の意識や、形而上学的な領域への意識に最も影響する可能性がありますが、非物質科学は、大きなブーストを受けることは間違いありません。

企業/政府の利益を守るためにこれが行われたのか、それとも人間の心が理解し受け入れられるのが「大きすぎる」ために単純に行われたのかは、大気中に浮かび上がっています。

 

アポロ13

 

アポロ

WikiImages / Pixabay

 

宇宙飛行士に関しては、選考された少数のメディアが、メディアの注目を集めているのは面白いことですが、通常はufo /地球外現象を、暴露しようとしています。

一方、私たちには、おそらくUFOが現実であることを知っていることを、世界中に語っています。

米国の50%以上の宇宙飛行士がいて、そのうちいくつかは、宇宙のどこか他の場所からの存在によって、操縦されています。なぜ、これらの宇宙飛行士は、あまり注意を払わないのですか、なぜ、彼らの言葉は信頼できるものではないのですか?

また、これらの主張を暴露した宇宙飛行士は、なぜ瞬時に信じられたのですか?

控え目に言っても明らかに奇妙です。

 

しかし、下のビデオは宇宙飛行士のものではなく、ロス・デドリクソン大佐の証言です。

彼の証言だけでなく、死亡記事の状態:

彼は、米国原子力委員会に就任しました。

1950-1958年のエネルギー委員会との長期にわたるサービスには、ネバダ州の試験場での契約管理業務、ハワイ西部の太平洋原子力試験場、アルバカーキでの核兵器製造と品質保証、全国の原子力施設と非原子力施設の検査。

彼は、日本の第5空軍と、後にハワイの太平洋統一司令部の代わりの指揮統制司令官を担当する、大佐の役を務めました。 1962年には、ニューメキシコ州クロービスのキャノン空軍基地で、832空軍部隊の教員に譲り受けられました。

彼は1964年に、USAFを引退しました。

 

私たちは月に行きましたか?

私たちはなぜそう思ったのかを説明する多数の記事を書いてきましたが、私たちが、月ついて話す公式の話は、実際には足りません。これらの主張の源泉は、軍事要員から元NASA従業員、諜報担当者など、業界内からのものです。デドリクソン大佐は素晴らしい例です。

ハリウッドで人気を博したアポロ13号は、技術的な困難を経験した月への旅として知られていたため、船が帰宅することは困難で不可能でした。

デドリクソン大佐によると:

宇宙船が、アポロ13の救助に行き、アポロ13号を月面の航海に伴って地球へ戻しました。 2つの機会に、乗組員を宇宙船に乗せなければならないかもしれないと思ったが、安全に地球に戻ってきたのを彼らは見ました。

彼は、以下のインタビューでもっと多くの情報を提供していますので、それらの情報をあなたがつかみ取ってください。私は、地球外生命が、自分たちの科学的測定のために月に核兵器を爆発させないと主張する声明について、この記事の前に記事を発表した。

 

sirius exclusive interview Saucers Over DC Col Ross Dedrickson Testimony

 

The Takeaway

 

TweSwe / Pixabay

 

このメッセージは、私たちが一人ではなく、このトピックが議論の余地のある領域の外に毎年移動している、というメッセージです。

ETの開示の意味は、巨大であって、実際にすべてを変えて、多くの疑問が提起します

私たちの文明は、完全な透明性の中で働くべきであって、秘密は、個人的利益を保護するためのものに過ぎません。

しかし、世界は混乱していて、これは、長年にわたるプロセスでなければならないかもしれません。私たちが正しい変化をしてより平和な人になれば、私たちに待っているのは、技術的なもののようなものの他、形而上学的および、精神的な意味合いがあります。

 

Source: Collective Evolution

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました