元NASAの科学者:巨大なサイズと電力の地球外宇宙船 | 宇宙

元NASAの科学者:巨大なサイズと電力の地球外宇宙船

宇宙

元NASAの科学者:巨大なサイズと電力の地球外宇宙船

別の無関係な例では、直線的な進路をたどる明るく細長い線源がリングAの外縁に入りました。これらの劇的な出来事の後、発光源については、問い合わせが予想されるかもしれないということで、特定の調査の主題にされませんでした。

元NASAの科学者:巨大なサイズと電力の地球外宇宙船

 

元NASAの科学者:巨大なサイズと電力の地球外宇宙船

 

Ex NASA Scientist: “Existence of Extraterrestrial Space Vehicles of Enormous Size & Power Is a Fact”

2019年3月19日 Arjun Walia著

 

UFOの存在に関する信頼できる情報源に関しては、不足はありません。 UFOの存在の証拠は控えめに言っても過言ではありません。

それが何千もの一流の軍人、学者、科学者、宇宙飛行士、および政治家からの信頼できる証人証言、または数十の政府によって出版されたUFOファイルの何百万ページもあるいは、Tom DelongのTo The Starsのようなプラットフォームで、かつては上位の諜報機関職員がチームに所属していました。

主流の世界でのUFOの開示は、さまざまな方法で行われています。そうは言っても、それは常に起こっています。そして、メディア、CNNのような社会的に確立されたマウスピース、そして、New York Timesが、その情報の信頼を得るために、何かに対して注意を払わなければならないということは、悲しい現実です。

主流メディアは、大衆の心をプログラムし、最終的な動機に対する彼らの認識に影響を与えるためのツールとして、常に使用されてきました。現在は、権威ある人物(政府など)が、積極的に情報を検閲していて、物議を醸している問題に対処するための特定のアウトレットに対して、単に企業、政治、エリート主義の課題を脅かすという理由で、「偽のニュース」と見なしています。

主流のメディアジャーナリスト自身でさえ、これらのアウトレットが、諜報機関、政府機関および強力な企業によって完全に運営されている、と「警鐘を鳴らして」います。

あなたは本当に驚いていますか?情報機関が、主流メディアだけでなく、学界にも及ぼした影響を示す、機密解除文書もあります。あなたはそれらのドキュメントにアクセスして、このサイトと同様に、それについてこちらで、もっと読むことが可能です。

https://www.collective-evolution.com/2017/05/11/declassified-cia-documents-shows-agencies-control-over-mainstream-media-academia/

 

Ringmakers of Saturn

 

上の段落が、UFOのトピックに関連しているのはなぜですか?このフィールドには、長い間、侵入と情報漏洩の歴史があるためです。主流のメディアが誤った情報を広め、真実を隠してきた実績を考えると、UFOに関する情報を含め、これらの情報源からのものを信頼することは、容易ではありません。

とはいえ、これまでのところUFOの主流の開示は、これらのオブジェクトが本物であり、今までのところ、いかなるタイプの誤った解釈からも遠ざけてきたという事実を、単に押し続けているために、詐欺を伴わないようです。

UFOはもはやタブーではありませんが、それらの存在の可能な説明としての地球外仮説は、まだあるようです。公式の証人の証言、電気光学データ、ビデオ映像、および写真がUFOの存在を証明するために公開される前までは、これらのオブジェクトの存在もタブーだった、と主張してました。

これらのオブジェクトのいくつかが、地球外起源であるという考えになる場合、検証された信頼できる情報源の不足はありません。そのうちの1人は、エイムズ研究所、NACA(米国航空諮問委員会)、ロッキードミサイルアンドスペースカンパニー、およびNASAで長い経歴を持つ、Bergrun博士です。

彼の著書、Ringmakers of Saturnでは、彼は地球外の乗り物が100%存在すると何度も述べています。たとえば、89ページで彼は、次のように述べています。

巨大なサイズと出力の地球外宇宙船の存在は事実であり、その重要性を把握するのは難しいことですが、もちろんそれらを評価してください。退屈な事実開発プロセスから、今出発して、この章は立ち戻り、調査結果を哲学的に見ます。

 

彼の本の中でNormanは、これを説明するために、土星の、ボイジャー 1号と2号の接近飛行から撮った写真を提供しています。

土星の発光源は、特に、ハーシェル、ナイト、エインズリーによって、観測されています。ある例では、激しい音源が、リングAの外側の端から、突然離れていきました。 

別の無関係な例では、直線的な進路をたどる明るく細長い線源がリングAの外縁に入りました。これらの劇的な出来事の後、発光源については、問い合わせが予想されるかもしれないということで、特定の調査の主題にされませんでした - つまり、何年も、後のこの分析までです。

 

本の49ページにある、もう一つの素晴らしい引用は、次のとおりです。

推進車両が、土星の内側と外側のEnke リングAを生成するという証拠は、100%ポジティブです。これらのユニットの存在は、プレート5から8で、偶然明らかにされています。

 

下の写真は本からのもので、乗り物の大きさを確認することができます。そしてそれらは、すべて惑星地球とほぼ同じ大きさですが、いくつかは地球よりも大きいです。その情報は、精神的な側面にかなり大きな変化をきたすもの、となるのではないでしょうか。

 

IMG_0203-610x813

 

NASAが1980年に土星の任務から戻ってきたボイジャーの写真は、明らかに、精神的な部分の流れを変えてしまうものであったらしく、少なくとも、それらを封鎖してしまいました。そしてそれが、この講義でアメリカ陸軍司令部長のボブディーン少佐を引退させたものでもあります。

Bob Dean and Arthur Neumann at Exopolitics Summit, Barcelona, 2009

 

彼はまた、アポロのミッションから公開されたことのない写真、を数多く公開しました。あなたはここでそれらの写真のいくつかを見ることができます。

ボブディーンは、Bergrunの親友で、Normanが彼の本を出版するのに苦労しなければならない、と述べました。下に、ボイジャー伝道部からのBergrunの本の中で、土星の輪の1つのすぐ外側にホバリングしている、「発光源」の別の写真があります。

私はそれを赤で囲みました。これ(発光源)は、私たちの惑星の大きさです。 Bergrunによれば、土星​​と、その月の周りに「増殖する」、いくつかの大きなオブジェクトがあります。

 

ufo-saturn-768x511

 

地球外の存在

 

Normanは1986年にこの本を出版しました。そして、20年以上後に彼はプロジェクトキャメロットのケリーキャシディとの、珍しいインタビューを行いました。そのインタビューで彼は、UFOについて見た物語や写真、そして、これらの写真がどのように高度に分類されているかについて話しました。彼の本の中だけでなく、彼は、私たちの大気中の「輝く」源を示しているだけでなく、彼は地球の大気中で撮影されている空飛ぶ円盤についても話しています。

ケリーが地球外の存在について直接彼に尋ねたとき、彼は述べました:

(地球外の)人々について知りたいことがあるなら、Alameda海軍造船所に、ボイジャーカプセルを拾った船があります。そして彼らはその写真を持っています。それはバズとニールが乗っていたアポロの飛行だと思います。とにかく、そこに黒い人が降りるのを示す、1つの画像があります。

彼は、「7フィート( 2.1336メートル )は、控えめな見積もりになるだろう。」と述べてから、彼らを 非常に背が高いと述べました。あなたは、ここでその完全な インタビューを聞いて見ることができます。

https://www.collective-evolution.com/2018/11/05/long-time-nasa-scientist-shares-information-about-7-foot-tall-dark-black-extraterrestrial-beings/

 

THRIVEドキュメンタリーのこのクリップを残しておきたいのですが、それは私のお気に入りの1つで、長年にわたって、私のいくつかの記事で共有してきたクリップでした。既に遭遇していた場合は、お詫び申し上げます。

UFOs – Brian OLeary

 

テイクアウト

 

この情報の意味は非常に大きいです。おそらくそれが人類から隠されてきた理由です。しかし、彼らは 本当に隠されていますか?

真実は、見ている人のために確かにそこにあります。そうは言っても、この種の開示の影響は、さまざまな業界を 脅かしています。

政府が、UFO技術を 手に入れたらどうなるでしょうか。そこから どんな発見や発展がもたらされるでしょうか?エネルギー産業はどうですか?

このトピックは 人間の経験のあらゆる側面に関連しています。そしてそれは、私たちがしなければならない、そして 最終的には進むであろう 人類の進歩における単なる一段階であり、必然的に 私たち自身を宇宙遠距離競争に向けさせます。

私達はまだ、人種としての私達の幼児期にあり、歴史を通してずっと、パラダイムシフトの実現と出来事が、常にありました。

同時に、私は、今人類は非常に特別な時、予言された時、そして非常に霊的な時に生きている、と信じています。そして地球外の存在は、それと何らかの関係があると 信じています。

これは完全に 慈悲深い現象ではありませんが、それはまた別の議論です。

 

https://www.collective-evolution.com/2019/03/19/existence-of-extraterrestrial-space-vehicles-of-enormous-size-power-is-a-fact-ex-nasa-scientist/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました