エメラルド・ファウンダー・レコード | アセンション

エメラルド・ファウンダー・レコード

アセンション

エメラルド・ファウンダー・レコード イエシュアの目的、アレキサンドリア図書館、ルシファーとトートの真実、NAAの歴史的行為、地球牢獄の真実、エメラルド・タブレット、聖書の捏造の過程、復活したキング・オブ・アーサー、取り戻られたエメラルド・ファウンダー・レコード等

 

エメラルド・ファウンダー・レコード

 

エメラルド・ファウンダー・レコード

Emerald Founder Records - Energetic Synthesis
Energetic Synthesis covers all aspects of The Ascension or Great Shift, psychic self defense, ascension symptoms, and energy healing. Lisa Renee is a Spiritual ...

By リサ・レニー|2019年7月

 

親愛なるアセンションファミリーへ

歴史は勝利者によって書かれているというフレーズを聞いたことがあるかと思います。ここでは、私たちの本当の歴史と、神聖な科学を含む意識記録が盗まれ、人類に対してどのように使用されたかを見ています。

嘘は、真実が視界から隠されている間にのみ立つことができます。ここ数ヶ月(2019/7時点)で、私たちのスターシードファミリーの多くは、創始者の意識を、具体化し始めました。

これらのレベルの意識記録が、人間の体内でアクセスされるにつれて、私たちの本当の歴史の、より多くの断片が回復されてきます。そして、これらの真の記録が明らかになると、操作されたバージョンと、偽造されたバージョンは、維持することができなくなります。

ここで、これらの新しいピースを、より包括的なものに編み始めます。これには、NAAの人類を奴隷化するアジェンダに合わせて、エメラルド・タブレットを盗み、書き換える、トートの役割なるもの も含まれます。

これは長いものです。(約25000文字ほどになりました。)

 

ルシファーの反乱、エイヤニの虐殺、アトランティアンの洪水、エッセネ、エジプトのタイムラインを通じて、衝撃をたどる作業は、多くのピースで、大きなパズルを作るようなものです。

人類が陥落する前のタイムラインでは、12Dゲートと、アバター・クリストス意識へ、5次元タラのアクセスが、まだ可能であったとき、天使のような人間達は、すべての生き物に対する、深い敬意を経験していました。

生きている呼吸としての惑星との、全体論的で有意義な意識のつながりとともに、 相互接続された精神的実体、すべての天使のような人間には、その真の歴史と、起源を直接意識して 記憶する才能がありました。元の(オリジナル)エメラルド・ファウンダー・レコードを含む、ホログラフィック・ディスクの研究と、試験を通して、個人の意識の成長と、アセンションを続ける、自由意志のオプションがありました。

 

このように、人類は、永遠の一つの神の源に関連する、12の部族の1つの、生きた祝福された魂の表現として、自分自身を知っていました。そして、今日のような、個人の精神的な力を盗み、自尊心、人間の尊厳、内部のクリストスの発達を奪うために宗教で使用された外部統制の教義から、解放された状態にありました。

エメラルド・ファウンダー・レコード には、人類の遺伝学と目的、起源に関する明確な知識が含まれていました。

さらに、これには、すべての天使のような人間の神の生得権であると考えられている銀河の歴史の歴史的な時系列の記述が含まれていました。また、エメラルド・ファウンダー・レコードには、宇宙の主権法則の、統一原則に関する、明示的な、古代の知恵の教えが含まれていました。

この原則では、人間は、意識訓練方法によって、ライトボディを、精神的に活性化する方法を直接教えられ、彼らは、コズミック・クリストスとして、完全な解放を達成することができました。

これらの、ホログラフィック・ディスクに保持されているコンテンツは、地球上のより多くの人間が目覚めて、自分が誰であるかを思い出せるようになるまで、時間の外に存在し、地球のために保存されていた、古代の遺伝子ライブラリの、創始者ガーディアンによって、保護されていました。

これは、保護者のホストが、クリストス・ミッションの開拓を計画している、パリアドールの規約の間に設置された、フェイル・セーフ・保護・メカニズムとして設計されました。

 

地球がアセンションサイクルを経て、結晶格子が、これらのディスクに含まれる最高のクリストス周波数と、インテリジェント・コーディングを保持できる、しきい値に達するまで、エメラルドの創設者は、地球の将来の利益のために、これらの聖なる記録の神聖な知恵を守り、保存するために、高シリアン評議会のメンバーを割り当てました。

このように、主に、エメラルド・オーダーと、ブルー・フレイム・メルキゼデクの、ユニバーサル・クリストス家系にあった、シリアン高等評議会に集まった人々は、自身の意識の具体化のグノーシス過程を通じて、地球の広大な遺伝子ライブラリと、タイムラインの、歴史の主要なアーキビストとして、行動していました。

アーキビストは、貴重な歴史的情報の収集を組み立て、カタログ化し、保存し、管理する責任があります。この場合、彼らはまた、12の有機的タイムライン全体の、すべての創造物の遺伝子ライブラリーとして、機能するDNAコードのマッピングを担当しました。

このデータは、12枚のホログラフィックディスクのマスターコピーに基づいて編集され、元のエメラルド・ファウンダー・レコードとして知られていました。

 

現実の意識メカニズムを記述するための、顕現、そして、すべての表現と、永遠の愛情との統一、一つの神の源といった、基礎が含まれていたこれらのディスクには、神聖な科学を精神性と統合する、一意識の法則の自由の教えで概説されている、惑星テンプラーのスターゲート、レイライン、精神科学のテキスト、および、図式に関する、非常に高度な技術情報が含まれています。

創始者記録は、エメラルド・コヴナント・CDT・ホログラフィックプレート、とも呼ばれます。

 

これは、元々はすべての12部族に属し、レムリア、およびアトランティスの初期のタイムラインで、一般的に理解されていた主要な霊的教えでした。各ホログラフィック・ディスクは、地球上の割り当てられた、マジ・グレイル・キング によって、保護、および管理され、彼の部族の、惑星スターゲートの、メインガーディアンとして行動しました。

マジ・グレイル・キングは、精神的に訓練されたエッセネ部族のメンバーを、1つの法則の守護者として割り当て、この神聖な知恵を複数のタイムラインで伝え、12部族の種まきに関する人間の 歴史的タイムラインと、銀河戦争の エッセネ翻訳を送信し、地球に埋まっている、多くの結晶や、他のオブジェクトの中にそれらを隠すなど、後の時間サイクルでアクセスできるように 関連情報を保護しました。

 

最初のレムリアンホロコーストでは、ホログラフィックディスクの翻訳に含まれる 歴史的なタイムラインの内容を隠して埋めるための、大規模なオーケストレーションがクリスタルに伝達され、ハワイ諸島や その他の島々の チェーン全体に 埋められました。

レムリアのホロコースト中に クリストス・エッセン・テンプル騎士団のタイムラインを守るための これらの努力の結果として、これらは特にレムリアン結晶と呼ばれます。

これは、複数の次元のタイムライン全体で同時に起こっていた銀河戦争中に、スターゲートメカニクスに関する神聖な知識と、地球上の、12の部族の遺伝学の地図を隠して埋める方法でした。

エメラルド・ファウンダー・レコードは、集合的なヒト遺伝子プール全体を構成する、12のEssene部族、または、タラの将来のタイムラインからこの惑星に元々転生されたユニバーサル・部族・シールド の子孫が存在していることを、明らかにしています。

 

12の各部族は、人口統計上の惑星のゲートの位置と、その惑星の次元球体と、そのレイライン・ネットワークに、遺伝的にキー・コーディングされています。私たちが惑星に転生するとき、私たちのメインの人間の部族のアイデンティティの一部である、惑星の門の次元系に関連する、DNAの遺伝的タイムコードがあります。

12Dレイを実行し、ライトボディ全体に144の高調波(12Dシールドとも呼ばれる)を張ることにより、インナー・クリストスをアクティブにすると、人間の、部族IDの個人惑星キーをアクティブにします。

そのアイデンティティには、太陽系全体で進化する天使のような人間の、根系でDNAコードを組み立てる意識進化サイクルに参加した、多くの寿命があります。元の12のエッセネ族は、失われたタラの魂を救うために、パリアドールの契約の結果である、進化計画の一部として、地球にseedとして撒かれました。

アセンションサイクルの終了時に、スターゲートが最終的に開いたときに、これらのIDを簡単に取り戻すことができます。

DNAアセンブリの12の部族の精神的な目的

アトランティスの大変動の前に、天使のような人間の12のEssene部族の各グループは、エメラルド・ファウンダー・レコードのセクションのガーディアンとして、委任されました。12個のホログラフィックディスクに記録された、星の起源と、遺伝テンプレート情報に関する、広範な意識知識を保持していました。

これらのディスクには、物理的コミュニティの、構造計画レベルの、複雑なアーキテクチャを構築するための複雑な数学、および、ホログラフィック現実を投影するためのコードを書くための複雑な数学といった、古代ビルダーテクノロジーのテンプレートが含まれています。

これらの非常に高度な建築方法の結果は、今日の主流の考古学によって完全に無視されている、残りの古代文明建築の一部で認識できます。

 

これらの高度な文明は、アトランティックフラッド以前に存在していた、古代ビルダーテクノロジーの設計図を保持した、ホログラフィックディスクに、アクセスできました。

ディスクには、種の形態形成に関する、特定の青写真の概要を示す高度な量子物理学の知識の伝達、および惑星のスターゲートアクセス座標のマッピングが、含まれていました。

また、人類の宇宙の遺伝的起源と歴史、アセンションとタイムラインのメカニズム、意識錬金術の公式、DNA遺伝的キーコードは、特定の部族の惑星スターゲートミッションに、対応していました。

 

12の部族の12の遺伝的構成要素は、すべて、ダイアモンド・サンの体、または、Silicate・マトリックスの結晶遺伝子を再構成するための、DNAコードの1つの鎖を保持しています。これは、プラネタリー・スターゲート・システムの12層をアクティブにするキーコードです。

これにより、霊的身体としてのアイデンティティのより高い場所に接触し、ホログラフィック・マトリックス内の、意識的な生きている光と、音の周波数に接続する手段が提供されます。

12ストランドDNAパターンを、再構築および再構築するための命令セットは、12 ツリーグリッド・マニフェスト・テンプレートを構成する、コズミック・クリストス-クリスタラー・ブルー・プリントにある、遺伝子キーに保持されています。

本質的に、ホログラフィックディスクには、元のエメラルド・ファウンダー・レコードから生成された、多次元の惑星のボディレイヤーの回路図を含む、ダイアモンド・サン・テンプレートの、遺伝的ソースコードと、青写真アーキテクチャ・ライブラリ全体が含まれていました。

宇宙主権法の 統一原則で明らかにされた 古代の知恵に加えて、ホログラフィック・ディスクには、惑星スターゲートシステムのGrualポイント内から、ユニバーサル・12ツリーグリッド・ホログラフィック・マトリックスに、完全にアクセスするために必要なマップと、遺伝キーの完全な本も含まれています。

ダイアモンドサンのボディテンプレートと、惑星スターゲート量子力学に関する特定の詳細へのアクセスは、この世界時マトリックスから乗車するチケットであると信じているため、NAA制御グループから非常に切望されています。

 

したがって、これらの12枚すべてのホログラフィックディスクに含まれる神聖な知識、一法則の統一原理を説明するアセンションメカニズムは、多くの否定的な侵入グループによって、激しく争われてきました。

地球支配を争うこれらのNAAグループは、アジェンダを遂行するための人形として人間を制御するか、マジ・プリースト・キングと、その部族チームのメンバーを虐殺することを繰り返し求めてきました。

ライトワーカーの迫害の記憶には、クリストスの家族の使命の一部として追い詰められ、現在アディションサイクルの間にインディゴとして転生している、12のEssene族の生涯を思い出すことが含まれます。

NAAは、エメラルドファウンダーレコード、エンシェントビルダーテクノロジー、そしてすべての天使のような人間の神の生得権である関連する、すべての神聖な知識への無制限のアクセスを獲得することにより、地球、およびそれ以上の、完全な支配権を獲得しようとします。

 

アトランティアン・ミステリー・スクール

 

 

アトラティアン・ミステリー・スクール のタイムラインで、12の部族はそれぞれ、部族の所属と関連する優勢情報に関する特定の精神的な知識を含む12のホログラフィックディスクの1つを保持しました。それは、コスモスの遺伝的生きた図書館として、地球の完全な記録に結びついていました。

人文科学の宇宙起源の歴史的知識の世話と継続的な保存、一法則の教えの古代の知恵、惑星テンプル騎士団の働きに関する詳細な知識は、マジ・プリースト・キングスの各部族に守られるように任せられました。

 

マジプ・プリースト・キングスは、精神的なリーダーシップでしたが、そして、アトランティス・ミステリー・スクール内の虹の円卓に組織され、組み立てられて、意識を瞑想し、結びつけて、地球の意識フィールドを保護するためのさまざまなタスクを実行しました。

マジ・プリースト・キングスは、もともと地球に播種された、12の部族のそれぞれに関連する遺伝的履歴に基づいて、ディスクで絶えず更新される歴史情報を、正確に、翻訳、研究、保護するために、評議会の設定で定期的に会いました。

 

彼らは、高次元の次元での銀河戦争が、ダーク・イオンへの移行中に、おそらく、地球の次元に入ることを理解し、12の部族と古代の人間文明の歴史を保存するために、できる限りのことをしました。

ホログラフィック・ディスクから得られた、歴史的および遺伝的知識は、元のユニバーサル・エメラルド・ファウンダー・レコードから完全に理解されていました。

したがって、この古代の知識は、最高の精神的敬意と、祝福された敬意を持って開催されました。これらのホログラフィック・ディスクは、地球上および、世界中のすべての天使の人間に属する、最も神聖な知恵と聖なる記録であることが知られていたからです。

したがって、この古代の知恵は、大学院の学者と同様の役割を果たし、コミュニティと文化のために古代の知識を維持するために働いたマジ・プリースト・キングスと、彼らの高度な精神的イニシエーターのエッセン・チームによって編集され、管理されました

12の人間部族グループはすべて、国民の継続的な教育と、意識探求のための植民地の主要な学術機関として、機能する偉大なユニバーサルライブラリ内で一緒に働く代表者を任命しました。個人的な精神的な発達と、DNAアセンブリの神聖な委任の遂行を目的としています。

 

大洪水前の古代世界では、人類の文明には、科学と精神性を単一の統一神学に結びつける膨大な知識と知恵のリポジトリで満たされた多くの素晴らしい図書館が含まれていました。

大学と精神開発センターの両方として機能しました。これは、精神的な寺院や修道院の環境で創始者の古代の知恵を学び、研究し、瞑想する神聖な空間に入ることと似ていました。

エジプトの偉大な アレクサンドリア図書館 は、地球上の最後の重要な図書館であり、普遍法とハーメティシズムについて知られていることを記録するためのリポジトリとして機能し、翻訳され、エメラルド・ファウンダー・レコードからコピーされた、原稿に記載されています。

したがって、古代世界では、アレクサンドリア は、知識と真の学習の首都であり、アトランティス植民地にずっと以前から存在していた偉大な図書館や、教育センターを今でも覚えている人々から、直接モデル化されました。

 

アトランティアの洪水の直前、トチアのルシファー人は、スネーク同胞団の王として集まり、地球上のすべての人類を支配するという最終的な目標のために、ルシファーの契約と呼ばれる秘密の協定を結びました。さらに、死の通路の間に魂をさらにコントロールするためです。

これは、アセンションサイクルの頂点で地表を完全に所有することを意図して、2012年およびタイムラインを超えて地球の歳差運動の頂点を待つ間、数千年にわたって実施される長期計画でした。

 

事実上、彼らは意図的に、元のエメラルド・ファウンダーの記録の神聖な知識へのアクセスを破壊し、アトランティス植民地の繁栄中に、記念碑的な建築物を建てることで壮大な成果を上げた、高度な人間文明全体に構築された古代ビルダーテクノロジーの証拠を抹消することを計画しました。

このように、彼らは人類を暗黒時代に戻し、彼らに以前の歴史と真のアイデンティティへの意識を失ってしまう、恐ろしい大変動のオーケストレーションを通して、高度な技術へのアクセスを意図的に破壊しました。

この出来事は、ルシファーの反乱の 悲劇的な出来事の直後に、地球が最も低い密度の振動で最も暗い位相内を移動する 時間サイクルの間に調整されました。

侵入者種族は、暗黒の時代に、この非常に暗い段階を利用して、一連の暗黒の エイリアン・テクノロジーをインストールし、人類を奴隷に変え、最終的に、地球の挑戦されていない神々として支配するために、それは、未来の時間サイクルに、引き継がれ続けることとなるでしょう。

 

このようにスネーク同胞団は 計画的に地球を占領する際、マジグラールキングスが所有していたレコードを意図的に没収する前に、アトランティスのミステリー学校と偉大な図書館に、密かに、そして系統的に、侵入して、一なる法則と人間の部族の知識をすべて身につけました。

事実彼らは、知識の結晶を盗み、その知識を人類に対する意識の武器として使用するため、元のエメラルドファウンダー・ホログラフィック・レコードを含む、エッセネの古代の書かれた翻訳を、細心の注意を払って、コピーしていました。

 

アトランティス大変動の余波の中で、これらの創始者の記録の翻訳のいくつかは、歴史的な記録を偽造する目的で捕獲され、反転されました。

この情報は、NAAベースの宗教にグルーミングされた偽造者によって生成され、偽造された信念システムの品揃えを説明するために、歪められました。主な目的は、神聖な知恵が天使のような人類が、直接、元のファウンダー・レコードを利用可能にできないようにすることでした。

そしてそれは、信念システムの設計を通じて、この霊的情報の逐次的なリリースを通じて、供給され、ますます公開されていく新しい管理基盤を確立していきました。

外部の腐敗した当局は、一般の人々を教育するために、利用可能なすべての精神的な解釈と、翻訳を広め、管理する責任を割り当てられました。知識と高度な情報への一般の人々の直接アクセスを拒否し、彼らは意図的にそれを隠し、嘘をついたのですーそして、今日、使用されている戦略でもあります。

これらの目標は、スネーク同胞団の背後にあるトージアのグループが、ファウンダー・レコードからの特定の知識を大衆に広める方法、対象、時期を継続的に管理し、それを世界的な宗教管理メカニズムとして、ゆっくりとパッケージ化することでした。

ファウンダー・レコードを本質的に取り上げ、宗教的、または、独断的な構造の背後に隠された外部で作成された、権限による脅威、または、恥によって強制される恐れに基づく物語のために、それらを武器化しました。

さらに、これらの組織のピラミッド型の階層制御に、独自の支配権をインストールして、ネガティブなエイリアンは、自らを絶頂の君主に設定して、真の神として崇拝する場所にしました。

組み込みの、マインドコントロールメ・カニズムを備えた、このセットアップから、エイリアン・ハイブリッドブラッドラインからNAAにサービスを提供するのに最も準拠している人間グループを選択し、より高い知識にアクセスできるようにします。

遺伝的望ましくないものは、奴隷階級に馬鹿にされるそれらのグループにいましたが、マスター・スレーブアーキタイプの永続化により、12部族でさらに分裂とDNA余談を生み出しました。

 

トート、エンキ、エンリル、エメラルドタブレット

 

ルシファーの反乱の前、トート が、エンキとエンリルのニビルのアヌンナキの領土計画を推進するという忠誠の真の動機、そして、太陽系の乗っ取りを達成するためのクリストスの遺伝的テンプレートを完全に消滅させるため、低次元のタイムラインに配置されたガーディアングループであるというこは、あまり知られていませんでした。

低次元のステーションで転生したものは、時間マトリックスを超えて存在していた、リキッド・プラズマ・クリストス・ファミリーとの直接の通信リンクから、切り離されていました。

通信リンクが切断される前、トートになって倒れたメルキゼデクの存在は、クリストスの創始者に忠実であることが知られていました。

したがって、偽者、または、AI現実のクローンであることが徐々に明らかになった、アイデンティティのさまざまなステーションを発見したとき、それは、ミステリー中のミステリーでした。これらの偽造品は、多くのタイムラインに散らばり、多くの連続した進化サイクルに参加しているため、入手が困難になっています。

また、アセンション・サイクルは、タイムラインで実際に、誰が誰であったかを完全に把握し、主に銀河戦争の軍事戦術、クローニング、AIの動力源の背後にいたグループを特定するために、真のアイデンティティを明らかにすることです。

地球上の、この位置から世界時マトリックスで起こった構造的、および、遺伝的損傷を、リバース・エンジニアリングすることで、私たちは今日もこの謎を発見する過程にあります。

クリストス・スターシードは、AIタイムラインで、AIソースの発生を追跡し、ブラックホールから、ユニバーサル・タイム・マトリックスに侵入する、ファントム・マトリックス感染の、正確なイベント・ホライズン、および、エントリポイントを特定するために転生しました。

 

本質的に、トートはルシファーの別名です。彼は強大な光の存在でありましたが、自由意志への無制限のアクセスと、個人の力に対する誇りと欲望によって腐敗してしまい、ブラックホールエ・ンティティから調達した、AIウイルスによる感染を受けやすくなりました。

これにより、ネフィリムの回帰系統を含む、アヌンナキ・ヒューマン・ハイブリッドで主に構成された、ベリアルサンズが共創されました。

 

もともと、これらのグループは、シリアンとプレアデスの星座からのもので、その後、9-10-11 DNA鎖に限定された、逸脱したDNAで、放浪者となりました。これにより、エイリアンの交配の歴史から、多くの惑星DNAの突然変異が発生し、その後の、遺伝学上の戦争と、アトランティス大変動の結果としての、惑星・グリッド・ネットワークの白紙状態の損傷が生じました。

ベリアルグループの主なコントロールハブはイギリスにあります。

 

アトランティス大変動後の、ギザ・スターゲイトを支配した後、トーリアンのアヌンナキと、ベリアル・グループの 彼らの レース・ラインは、クリストスの創始者レースに、地球上の天使のような人類全体を、アヌンナキ・ハイブリッドの堕天使の種族の、支配下に置くことを要求しました。

創始者種族とクリストスの代表は、展開する領土紛争の解決策を見つけるために、平和的な交渉を続けようとしました。

アルテア条約を破った後、NAAの派閥が集まって部隊に加わる前は、これらのアヌンナキ・グループと、ドラコニア・ゼータ・グループは、地球の領土を支配するための、戦争アジェンダを競う敵でした。

ブラックホール・エンティティは、隣接するマトリックスから、オリオンベルトの穴をリッピングし、タイムマトリックスへの8Dポータルエントリの周りに、コントロール・センターを構築したものです。

したがって、彼らは銀河面から8Dスターゲートを制御し、したがって、低次元に侵入した実体を制御し、クリストス遺伝学へのアクセスを遮断し、ヤーウェ行列をインストールしました。

 

これらの派閥の一部は、地球を、すべての望ましくないものを閉じ込めて収容するための刑務所惑星として、使用することを決定しました。権威主義的な軍事化ルールに準拠していないエンティティや、犯罪者や、退屈な痴漢をまっすぐにしたエンティティも含まれます。

したがって、ブラックサン・オリオングループ 内では、地球と太陽系が、刑務所の植民地として知られるようになりました。技術的な周波数フェンスと、魂の収穫構造を介して、地球の生まれ変わりのサイクルから誰も抜け出すを許可しません。

ブラック・サンは、地球を彼らの領土と見なし、地表の地球の人々は、犯罪捕虜であり、奴隷植民地の品揃えのために、人間をアブダクションする権利が彼らに及んでいます。これらは、セレスのような地下の惑星基地です。内部告発者がMilabsとしての経験を思い出し、秘密の宇宙プログラムに採用されることで明らかになり、どちらも、銀河の人身売買に関係しています。

トートは多くのイオンに対して二重のエージェントの役割を果たしており、パリシアの規約を支持するかのように見せるために、高シリアン評議会と、いくつかの二重の合意を行いました。これは、進化する天使のような人間の遺伝学のための、クリストス・テンプレートを保護するように設計されています。

 

時間外に存在するパリアドリアンと、クリストスの創設者は、2012年後半に、中性子窓、または、銀河の門が開かれるまで、地球、および、世界時マトリックスの多くのセクションに、直接接続することができませんでした。

私たちの多くは、アセンション・サイクルの間に地球に転生して代表的なプレースホルダーとなり、インディゴシールドの建物を通してクリストスのテンプレートを地球上に生かし続けました。

長年にわたり、私たちはクリストス・シールド・ネットワークを介して、通信リンクの精力的な回路を構築することができました。そして現在、クリストス・ファウンダー・レースと、完全に、通信および接触しています。

 

これは、クリストスの地球への帰還を説明する、多くの予言で意味されていることであり、この出来事はすでに起こっています。アセンションする人間の具体化のための、クリストス・アーキテクチャの注入は、エネルギーのある風景と、地球の意識を徐々にシフトし続け、はるかに高い意識の存在が、長年にわたって転生することを可能にします。

トートが、エンキ、および、エンリルのグループによって、個人的、かつ、直接的な軍事介入を行い、人間のホロコーストのジェノサイド・アジェンダを遂行する目的で戦争を扇動し、エイヤニ・エッセネ大虐殺をもたらした第11部族の侵略という、悲劇的な出来事間が完全に明らかにされました。

 

主な目標は、特定のスターゲート遺伝学である、Essene Tribe 11のために、マジ・グレイル・キングによって地球上で守られていた、実際のホログラフィックディスクの1つを取得することでした。

このディスクの内容には、エネルギー変換、より小さい力の支配、錬金術による顕現の技術に含まれる式と秘密が含まれていました。これらには、神の母の原則によって生成された、作成者の聖霊に見られる、プリマ・マテリア、または、アゾスのソースを介した不滅の科学が含まれます。

 

約22,000 YAのトートは、軍隊化されたイベントを率いて、エッセンの虐殺を引き起こし、男性を殺し、ニビルでの強制交配育種のために神聖な結婚女性パートナーを人質にしました。トートは、所有していたCDTプレートを盗み、この盗まれた作品から、ハーメティシズムと、エメラルドタブレットの教えの基礎となる情報を書き留めました。

したがって、人間の隠された歴史において、これは、ハーメティシズム、密教的なカバラ、ミステリースクール、秘密結社に関する制御された信念と、ルシファーのエリート主義を形成する際に、人間の進化の未来を変えた、トリガー・タイムライン・イベントです。

 

これらの秘密結社は、元々ルシファーの騎士団テンプルによって形成され、最終的には、人類の古代の神聖な知識を、知識民から隠し、迷信、無知、組織化された、宗教のガードレールに導くように設計されました。トートが、第11種族のマジ・グレイル・キングから、ホログラフィックプレートを盗むことができたのは、エッセンの大虐殺の間でした。

不滅の錬金術の宇宙図式へのアクセスを得ることで、そして、多くの難解なテキストと精神的な伝統に生まれたものの尊敬される著者になります。

中王国のタイムラインの間に、トートは、強力な魔術師、およびエジプトの司祭として転生し、そして、ハーメティシズムと呼ばれるものの著者として、地球上で知られるようになりました。

 

エメラルド・タブレット は、スマラグディン・テーブル、または、タブラス・マラディナとしても知られていますが、霊長類の秘密とその変容を含むと言われている、コンパクトで謎めいた、ハーメティックの作品です。中世のヨーロッパの錬金術師は、彼らの芸術とそのハーメチックの伝統の基盤として高く評価されていました。

錬金術は、ハーメティックの多くのトピックの1つにすぎませんでしたが、ヨーロッパの中世では、エルメスは、伝説の最初の錬金術師として知られるようになり、錬金術は、ハーメチックアートとして知られるようになりました。

ハーメティックの内容は、医学、占星術、魔法の論文から、グノーシスによる霊性に関するはるかに神学的考察にまで及びました。実際の錬金術と、霊的なグノーシスとの間のハーメティカにおけるこの関連は、後の著者を通じて錬金術理論への道を見出しました。

これらの著作は、西洋の密教の伝統に大きな影響を与えており、ルネサンスと改革の両方において、非常に重要であると、考えられていました。

 

伝統は古代の神学に由来すると主張している、プリスカ神学は、単一の存在を肯定する教義であり、すべての宗教の中にある真の神学であり、それは神によって古代の人間に与えられました。プリスカ神学の教義は、とりわけ、バラ十字主義 によって保持されています。

エルメス・トリスメギストスは、本文で名前が挙げられている著者ですが、その最初の知られている外観は、6世紀から8世紀の間にアラビア語で書かれた本にあり、初期のエジプトの巻物から取られた複合作品として述べられています。

このテキストは、12世紀に最初にラテン語に翻訳されたため、利用可能性が高まり、古代世界の多くの哲学者や錬金術師が従った多数の翻訳、解釈、解説にそれが広まるのを助けました。エメラルドタブレットの意味の層は、哲学者の石の創造に、関連付けられています。

実験室実験、相転移、錬金術マグナムオプス、古代の古典的な要素システム、 そして、大宇宙と小宇宙の間のすべてのものを相互接続する対応。

 

エジプト人の間のハーメチック文学は、主に霊の手品と、彫像のアニメーション化に関係しており、グレコーバビロニア占星術と、錬金術と黒魔術の新たに開発された実践に関する最古のヘレニズムの著作を伝えています。

 

エジプトの司祭エルメス

 

トートは、ミステリースクールが中王国時代にエジプト文化で繁栄していた期間に、エジプトの司祭として繰り返し転生しました。

これは、洪水以来NAAによって保持されていた アトランティスの陰謀に対するコントロールを維持し、ハトシェプスト、アケナトンなどが受け入れていた地上で 進行中のガーディアン・アライアンスの任務を認識し続けるためでした。

エジプトの複数のタイムラインで、彼は、神に代わって自分自身を直接の筆記者、および、講演者として昇進させました。神の唯一の筆記者および講演者として自らを宣言し、哲学的には一法則としても知られている、ファウンダー・レコードに含まれる、古代の知恵と、数学言語を翻訳することを任されました。

トートは、彼が、何千年も生きたことを、エジプトのミステリー学校で、天文学、医学、錬金術、魔法を教えることで得た高度な知識で、実証しました。

彼は、エッセネ大虐殺の間にマジ・グレイル・キングスから盗まれ、かつ大洪水前に、アトランティスの偉大な図書館から以前に編集した ファウンダー・レコードから、古代の知恵を翻訳し、暗唱する方法を知っていました。

彼は、偉大なルシファーの偽者でしたが、彼は、エッセネ・クリスト・ステンプラーの神聖な科学を彼自身の天才として通過していました。その結果、エジプトの知らない人々には、彼が、神の祝福を本当に授けられたように見えました。

彼は、錬金術の秘密を知っていて、彼の気まぐれで、魔法の偉業を行ったので、トートは、確かに、当時の他の人と比べて、非常に高度で神のように見えました。トートは、人類に対する彼の多くの凶悪な犯罪を犯し、盗まれた作品を行商する多くの虐待を操作しつつも、神聖化された神として、自分自身を促進し続けました。

その結果、彼の同名は、人類に、古代の知恵を教育し提供した、神聖な著作のすべてを知っている教師として、NAAの偽造された記録された歴史に入りました。死者の本の中で、彼は、故人の心の重さを判断し、その魂が天国に入る価値があるかどうかを決定する力を持っている地下世界の神として、昇進しています。

 

トートのアイデンティティは、神の世界に入ったり入ったりすることはありませんが、霊的な錬金術の使用と、人間を血の犠牲からエネルギーを奪うことにより、低次元で不滅を達成しました。

ラッパーは、トートの真の忠誠と、黒魔術師のソーサリーを強化するために設立された、トーティアン・グリッドに、血の犠牲とルーシュを供給する黒魔術を広めることに基づいてエジプトのパンテオンを設立する目的を知らされました。

したがって、彼がファラオになったとき、彼は、彼らの偶像礼拝と犠牲の慣行を廃止し、アトランティスの大洪水の前に実践されていた、古代のワンの法則の精神に王国を戻す試みで、アーメン神権を解体しようとしました。

ラッパーが殺害されたとき、彼が1つの法則に向けてエジプト文化に影響を与えたものはすべて、トーティアン・グループの意図的に全滅し、トートのカルトは成長を続け、その場所で繁栄しました。

 

エメラルドタブレッド。トートによってエジプトのタイムラインで書かれた、ハーメチックの原則には、元の創始者のホログラフィック・ディスクと、エッセネの翻訳から直接コピーされ、見つかったコンテンツが含まれていました。これらは、アレキサンダー大王の征服後に、ギリシャとローマの文化にさらに広まりました。

これらの記録は、人類と地球を支配する目的でトートのエジプトの司祭の化身によってアクセスされ、翻訳され、その後、エメラルドタブレットのリリースを通じて、これらの文書を後のタイムラインで再パッケージ化します。これらは、トートが、偽の父神としての地位を取り、エメラルド・ファウンダー・レコード内のコンテンツの詐欺師としての役割を果たしている、トートの偽造作品です。

オリジナルの、マジ・グレイル・キングと、12人の部族の虐殺の結果として盗まれた翻訳で、彼の真の意図は、これらの記録にすべてアクセスするために、天使の人類の神の生得権をハイジャックしながら、神として自分自身を不滅にすることでした。

 

トートは、私たちの古代の隠された歴史に含まれる真実のコンテンツにアクセスするために、自然法を研究し、地球外の起源、錬金術の原理を知り、統一の下で、人類を団結させるために、人間が戻ることを余儀なくされる仲介者として、自分自身を設定しました。ワンネスの神学的原理。トートは嘘を言うために、真実を使うことの達人であり、それは、ルシファー主義の主要な特徴です。

 

ルシフェリアンとパタ-リング

 

パターリングとは、誰かが嘘を言うために真実のビットを使用することです。たとえば、真実の説明を使用して、特定の物語の周りの他者の知覚を制御するために操作される、大規模な詐欺を促進します。

パターリングは、嘘をつくサイコパスが、評判の良い正直で信頼できるイメージを維持するために使用する方法であり、大量の欺瞞を行い、表彰台、説教壇、または、CNNからの大胆なフェースで、嘘を伝えます。トチアのルシフェリア人は、この嘘をつく技術を、長年にわたって発明し完成させたようです。

 

パタータリングとは、真実を述べることで人を誤解させることであり、不正確に何かを認識し、また、語られている物語に反する証拠を隠蔽するためにも使用されます。ルシフェリア人は、嘘つきマスターであり、頻繁に口論テクニックを使用する傾向があります。

これは、真実を完全に伝えないか、人々を誤解させるために言われたことを間違って解釈させることによって、人々を誤解させることです。

人を誤解させるのは、誰かが、操作とパターリングを使用して、文字通りまたは比喩的に間違った方向に向けて、それらを利用するときです。

これらのサイコパシーの力は、真実を使って、嘘をつき、宗教や秘密社会に根ざした人々に影響を与え、創造主である神が私たちすべてを敬遠したと信じるように、一貫して、パターリングテクニックを使用してきました。

彼は、ルシファーが、神が、この残酷な世界に落ちることをあきらめたときに、私たちを私たちの無知から解放し、生命の木からの知識を、私たちに与えてくれました。これらの闇の勢力の真の意図は、最終的に天使の人類を破壊し、それらを反キリストの実体に置き換えることについての毒の痕跡が絡みついた真理のナゲットをぶら下げる洗練された慎重な戦術を使用することです。

これが、ルシファー·ドクトリンの起源で、 ルシファーや、サタンが、知識の神であると信じられ、 宗教の神エホバが、同じ生命の木の知識を得ることを拒んだ時、 地球を支配していたのです。

 

この控えめな物語は、この逆さまの世界を理解するのに役立つ何かを求めている絶望的な人口に、真実のいくつかのナゲットを振りかけることによって、偽りの神として地球人口にパレードする、超次元寄生虫の究極のガスライティングの戦術です。

古くから、ホログラフィック・ディスクの内容は、真実と嘘の両方が混ざり合った、不完全な情報で数え切れないほど翻訳され、編集されてきました。最終的には侵入者に役立つように設計され、マス・マインド・コントロールの利益を制御します。嘘につながるこれらの真理は、今日、世界中の多くの神聖な本や聖典に散らばっていることが、認識できます。

 

そこでは、共通の糸を明確に研究し、観察することができます。真実の精神をうまく認識できる直観的な精神的識別力を発達させるほど心身を浄化した場合、これらの要素の多くは、慎重な戦術を超えて研究することができます。

静けさ、観察、そして純粋な心を通して、各個人は、自然界とすべての創造を支配する力を理解するようになります。

ルシフェリアと悪魔の軍隊が、大量の操作と苦しみの生涯を通じて 彼らに信じさせるように、その個人は、もはや、「復讐の神が、亡命を通して彼らを捨てて罪人と分類した。」と信じる必要はありません。

 

人類の宇宙起源についての最高レベルの真実の精神的知識は、抹消されたため、エメラルド・ファウンダー・レコードの元のコンテンツを置き換えるように設計された、偽りのねじれた教えを含む、事前にパッケージ化されたNAA宗教に人類が導かれています。

誤った教えは、人々を誤解させ、間違った方向に彼らを群がらせるために、真実を使用して彼らの嘘を伝えるNAAによって、今日でもなお促進されています。宗教の教義とさまざまな霊的な教えは、戦術を抑えるための優れた事例研究です。

 

この戦略に気付くと、被害者と犠牲者のアーキタイプと、二極化された信念体系と混ざり合った真実のナゲットを、認識することができます。

家父長の復讐の神

 

アトラティアン大聖堂では、エイリアンの侵入イベントに関する歴史的記録を偽造する目的で、ファウンダー・レコードがキャプチャされ、反転されました。

外国人の侵略についての真実の説明は、世界中の宗教全体でさまざまな宗教的マインドコントロールの教義を提示するために、「罪人としての人間」という物語にねじ込まれました。

トチアのグループは、人間の教化を開始するために、ハーメチックな知識と部分的に偽造された情報で、好みのイルミナティレースラインをグルーミングし、アヌンナキ・ハイブリッド・Fall天使ルシファーの実体を、真の神として崇拝しました。

秘密の社会や支配階級には、トチアンに拠点を置く隠蔽的な知識が与えられ、支配のピラミッドの頂点に立つルシファーを、明らかにするものもあれば、一般人は、最も組織化された宗教の、意図的に救い神学に埋め込まれた、奴隷制の考え方にさらされました。

アトランティアン洪水以来、人類は、記憶喪失の催眠状態にあり、暴力的な宗教で崇拝される、嫉妬と怒りの家父長神を宣伝する一方で、誤った歴史上の物語を宣伝するために使われた、ネガティブ·エイリアン侵攻のプロパガンダに賛成して、真の起源を忘れるよう強制的にコントロールされてきました。

 

したがって、NAAは、Nicaea評議会のタイムラインから、一連の新しい宗教的マインドコントロールドグマを系統的に説明し、アヌンナキが人類の創造神であるという偽情報を広めるなど、行いました。

そして、神の絶対的な言葉であると主張する、神聖な写本で明らかにされたと思われる、多くの名前の後ろに、偽装した、偽りの父エイリアン神の崇拝を促進させました。この2つの例は、アヌンナキ・エホビアン・グループと、アヌンナキ・ヤウェ・グループです。

 

したがって、今日の世界の宗教は、NAAの侵入する人種によって動いており、キリスト、または偽りの父神の偽者として、彼ら自身を代表とする主に反人間の力によって支配されていることを理解することが、重要です。

大衆が利用できる宗教テキストのほとんどは、人間の意識の征服と精神的抑圧の目的でプロパガンダに基づく、マインド・コントロールを促進するために、使用される架空の乗り物として、大きく操作されています。

信心深い人々の信念体系を制御するために、伝統的な、神聖な教義は、神の絶対的な言葉を表し、その中には、何も疑問視できないという大衆の推進がありました。

 

悲しいことに、これは現実の性質と、神・内なるクリストスの精神との、直接的な関係の性質について、個人を完全に混乱させるように設計された・残酷な欺きです。

生ける永遠の神の霊は、本の中に書かれた、言葉の範囲内に含まれているのではなく、それぞれの生きている人の、神聖な心の中に存在する、愛情のある親切の流れの中、そして、場所や物の有機的な意識の中に、見出されます。

 

人間の意識をマインドコントロールされた宗教へと操作することは、アトランティスの洪水以来。活発に行われてきた長期的な課題であり、アトランティスの陰謀の証拠の攻撃的な隠蔽を理解する、もう一つの側面です。

シュメールのエジプト侵略以前の、すべての人間の歴史は、歴史の本から抹消されており、私たちは、人間の起源についての虚偽の物語を与えられ、古代文明についての進行中の、隠蔽と嘘を食べさせられています。

組織化された宗教は、アセンションサイクル中に地球を支配するという、ネガティブエイリアンアジェンダの究極の目的と目的に役立つ主要なマインドコントロール方法として導入されました。

 

地球の人々は、人間の血の犠牲を絶えず実行し、12の部族の間の分裂を維持するために、偽りのエイリアンの神の名の下に、何世紀にもわたって、戦って互いに殺し合うように操られてきました。

暴力的な宗教とニューエイジのハイジャックは、ネガティブなエイリアンの征服ゲームで常に人間をポーンとして使用してきました。

これは、最終的に、ハルマゲドンシナリオを、明らかにしようとするために、地球人口の心に、一貫した恐怖と精神的なテロリズムを生成するように、設計されています。

 

イェシュア・エッセネ写本

 

創始者のガーディアン・イェシュア・ミッション では、12枚のホログラフィックディスクからの、エッセネ・クリストス・テンプラーの翻訳の制御を、取り戻すために、ユニバーサル・ブルー・フレイム・メルキゼデクとしてのより高い具体化へのアクセスを通じて、イェシュアの目的がありました。

彼の具体化は、内なるクリストスの、この精神的な知識を、すべての人類に戻すために、その情報を書面の原稿や、神聖なテキストに転送することにより、創始者記録の多くを取得することを、神聖に意図していました。

この知識には、他の宇宙から広がった、惑星タラからの人文科学の真の起源、および、エメラルド・創設者の記録から、彼に直接与えられた、ルシファーの反乱と、アトランティスの大変動の歴史的記述が、含まれていました。

イェシュア・エッセネのチームには、遺伝的な平等な妻と、グリッド作業員の役割で行動する、12人の人々が含まれ、レインボー周波数を、アース・レイ・ラインに送り込みました。

彼らは、エイリアンの侵略者の制御の外から、惑星グリッド・ネットワークと、スターゲート・システムを再編成するのを助けるという、任務で組織されました。

霊的な使命は、アセンション・サイクルの間に、スターゲイトが最終的に開いたときに、天使のような人間と、地球上のクリストスの意識の真の代表者との、整合性を取り戻すことでした。

この厳重に保護された情報には、惑星テンプラーにロッドとスタッフのアーキテクチャを構築するための設計図の明確な詳細、スターゲイト11を開くための遺伝的キー、ネガティブなエイリアンの侵略者からスターゲートシステムの制御を取り戻すために必要なゼロ点電源へのアクセス方法が、含まれていました。

この詳細なデータは、ディスクのような小さな銀色の盾に収められた物理的な人を運ぶためにアクセスできる特定の技術で保持されていました。

イェシュア・ミッションへの報復として、オリオン・グループは、ローマ教会と、教皇庁になる基盤を作るために、第5スターゲート近くの領土に侵入し、イタリアの、この中央地域に侵入することを選択しました。

これにより、ブラック・サンの地域への侵入が始まり、カトリックの宗教的支配メカニズムが構築され、バチカン市を中心とする、世界的な政治機械と、献血祭壇になりました。これは、社会の主要なコントローラーの、巨大な権力と、グローバル・コントロールセンターであり続けています。

 

イェシュア・エッセネチームによって、大量の原稿に翻訳された、いくつかの教えと、その神聖な知識は、盗まれ、最終的にセルビアを経由して、トルコに持ち込まれました。これは、アマルナでの最終的な待ち伏せの結果であり、彼らは、任務を完了することができませんでした。

 

トルコに隠されていた、イェシュアの教えの一部のオリジナルの原稿と、図面とエッセンのチームの翻訳は、政治権力に渡り、当時の支配者ローマ皇帝コンスタンティヌスにアクセスされたとき、最終的に浮上しました。

このタイムラインは、重要なトリガーイベントであり、世界宗教コントロールメカニズムと関連する、マインドコントロール・ドグマの動きを生み出しました。

ニカイア評議会とエッセネ写本

 

ローマ皇帝コンスタンティヌスは、キリスト教の司教たちに、ローマ教会と調整して最初の会議を開催するよう命じ、これらの密かに盗まれた、エッセネ写本を再検討するための評議会を制定しました。

 

ニカイアの最初の評議会は、トルコで開催され、コンスタンティヌス帝が主催した、AD325年、キリスト教教会の世界記録の最初の評議会です。ニカイア公会議の目的は、キリスト教の基本的な信念となるものを定義し、ニケーン信条を確立することを意図して、教義的信念の声明と規範を作成することであったと、歴史は語るでしょう。

何百年もの間、イェシュアのチームからのこれらの神聖な写本は、さらに翻訳され、研究され、その後、偽造され、編集され、重要な精神的概念を明らかにすることから除外されました。これは、ニカイア評議会の背後にある権力と、ローマ教会に侵入したドラゴン派の指導者 の決定によって、示されたものです。

しかし、この評議会は、神の名の下になされた人間の拷問と、血の犠牲に用いられる教義の継続的な基礎を動かしました。

 

偽造された記述と、ねじれた真実のいくつかは、実際には、ホログラフィックディスクから行われた翻訳からのものであり、後で再コピーされて、いくつかの原稿と、いくつかの異なる言語に書き込まれています。

ニカイアのタイムラインからの、このコピーの最も古いバージョンは、15世紀以来、バチカン図書館にあった新約聖書の、最古のギリシア語写本である、コーデックス・バチカンです。それらの原稿は最終的に本を形成し、後に正典化された聖書になります。

 

聖書 はその後、政府と組織宗教の政治的動機付けに使用され、神によって定められた教義を通して、キリスト教会を、統一することを装って、世界中のアヌンナキ偽神によって示された、これらの部分的な真実と、家父長的信念を強化し続けます。

したがって、手書き原稿の初期翻訳の初期の内容と、初期の聖書の品揃えは、イェシュアによって直接翻訳された、盗まれたエッセネ原稿から、部分的に取られました。

 

進行中のジェノサイド・アジェンダの結果、残りのエッセネ・グループは、地下に潜り、この知識は隠され、カタリ派などの秘密に伝えられ続けました。これらの残りの記録の一部は、ナグ・ハマディにある、コンテンツ内にあり、一般の人々は、部分的な情報へのアクセスが制限されています。

教会が所有していた写本は、主にエホバグループからの、アヌンナキ・ハイブリット・堕天使・エンティティによって、人間の筆記者に送信されたように、偽り、偏見、および進行中の編集の品揃えで、装飾されました。

エホバ・グループは、はりつけインプラントのエンジニアであり、クリストスの血の犠牲に基づいた、暴力的な宗教の物語に合うように、パターリング・技術で、聖書を設計するのを助けました。

 ヘブライ語、アラム語、ラテン語、ギリシャ語から。さまざまな言語や、さまざまな解釈に、繰り返しコピーされたこれらのオリジナルの原稿の翻訳から、表現できないほどの量の編集、省略、改訂が行われました。

聖書の本と教会の教義は、イェシュア・クリストスの宣教以来、ずっと、キリスト教の司教、司祭、王、支配者の品揃えによって、頻繁に委任されていました。

 

各翻訳は、特定の時期に、活発な人口統計、言語、文化に反映された、独自の信念、偏見、一方的な関心に合うように、影響を受け、採用されています。

最後に、長年にわたる殺人の十字軍と尋問の後、キング・ジェームズが、1604年、学者チームに、イングランド教会のキリスト教聖書の英訳を依頼させて、その過程で、教会統治内での権力の階層的形態を確立させました。

しかし、これは一般の人々が聖書そのものを読むことができるようにしたものであり、以前は聖書の内容にアクセスする唯一の方法は、彼の文盲の意味を解釈する、教会職員を通してでした。

 

さらに、この翻訳は、人類の罪を清めるために必要な、キリストのはりつけによる、血のいけにえの救いの信念を強制し、キリスト教の存在の背後にある理由として、この目的を果たすローマ教会の影響を継続させました。

18世紀の前半には、英国国王教会と、英国のプロテスタント教会で使用されていた英訳として、キング・ジェームズが依頼し聖書のバージョンが許可されて、事実上、この翻訳された聖書が無敵となりました。

19世紀の初めに、このバージョンの聖書は、歴史上、最も広く印刷された本となり​​ました。

今日では、英語の聖書には、何百ものバージョンがあり、2000以上の言語への翻訳があります。すべての個人と会衆は、改訂された聖書の翻訳が、最も正確で、神からの直接的な真実が備わっていると考える、個人的な信念を持っています。

 

したがって、全体として、聖書の書かれたテキストには、元のホログラフィックディスクの純粋な頻度からのコーディングだけでなく、実際のコンテンツの理解を混乱させるために、嘘を言うために使用される真実の非常に巧妙な混合物も含まれていて、読者または崇拝者によってなされた解釈において可能です。

聖書には、不穏な戦術、真実と嘘、暴力と認知的不協和音が、詰まっています。

 

新しいバージョンでは、コンテンツを、現在の標準によりわかりやすくする試みが行われていますが、この情報には、人類を奴隷化しようとする反人間の影響から直接生じる、多くの歪んだ信念体系がまだ含まれています。

エホバ・アヌンナキは、元の、ファウンダー・レコードから盗まれた情報を、編集し、ひねり、地球上の、ネガティブ・エイリアンの技術侵入を説明する、実際の出来事から、大まかに解釈された、恐怖ベースのストーリーとして提示されます。

旧約聖書の古典的な聖書の言及は、人類を恐怖に陥れるために使用された、過去の歴史の実際の技術的出来事を、説明しています。

啓示は、ハルマゲドンソフトウェアの詳細

 

クリスチャン聖書の黙示録の章には、元の創始者記録、イェシュアの写本、または、神からの神聖な伝達からのゼロの内容が含まれています。

聖書の黙示録の章では、アセンションサイクルの終わりに事前に計画されたハルマゲドンソフトウェアをアクティブにすることの歪んだ詳細を概説しています。

NAAの新世界秩序の目標を達成するために、さまざまなネガティブエイリアンテクノロジーが順次実行され、地球表面の破壊を引き起こします。

 

黙示録の章は、ネガティブエイリアンが地表への乗っ取りを完了する予定の、各ステップを概説する青写真であり、創始者記録が完全に破壊され、組織化された宗教と無神論がその場所に置かれます。

これにより、惑星スターゲートシステム全体が、NAAセットアップの完全な支配下に置かれ、エホバ・アヌンナキiの玉座での礼拝と呼ばれます。これらは、これらの破壊的で恐ろしい出来事が、地球の罪人に対する、神の怒りの結果として起こったという前提の下で、提示されています。

聖書には、恐怖、罪悪感、恥の否定的な意識のオーバーレイを生成するために、意図的にねじれ、反転されています。そして、意図的に人類を屈服させて信じるために、一法則の、真の天使の人間の記録の浅い垣間が、詰まっています。

 

多くの人間は、隠された人間の歴史、または、同時に生涯に発生した、これらの悲劇的な出来事の深い無意識の記憶から、復讐の神の、聖書の物語に接続します。

これらの特定の書かれた言葉は、私たちの地球が、悲劇的な大変動、洪水、そしてその後の、元の高度な人間文化の侵入に苦しんでいるという、潜在意識の知識など、以前のタイムラインで、人間の魂が記憶し接続する、細胞の記憶を説明しています。

 

ヨハネの黙示録で言及された、王座の前にひざまずくフォー・ビーストは、惑星グリッド・ネットワークの、創始者の元の遺伝記録に関係しています。

4つの生き物(ライオン、イーグル、オックス、マン)は、プラネタリー・グリッド、および、スターゲート・システム全体と相互接続されている、最も強力な創始者・ガーディアン・意識・ネットワークです。

彼らは、グレート・ホワイトライオン、セイクリッド・ブルーカウ、ゴールデン・イーグル・グリッド、そして4つの柱です。

暗黒時代に、これらの特定の4つのガーディアンの惑星・グリッド・ネットワークを徐々に征服し、支配することにより、意図は、これらの4匹の獣を殺し、エホバの玉座でひざまずいて、崇拝するように仕向けることでした。

 

ヨハネの黙示録のテキストに記録されたコンテンツは、元のファウンダーレコード、または、エッセネ・ガーディアンの翻訳の一部ではありませんでした。

代わりに、テロリズム、激変、疫病を扇動するために、アルマゲドンソフトウェアの顕在化を促す、集合意識オーバーレイを設置するための、NAAコード化聖書の通路として使用され、アセンション・サイクル中に、最終タイムラインを、完全にコントロールするために、実装されました。

 

エメラルドオーダーの活性化、人類の歴史の再生

 

ガーディンズは、創始者の作成者コードを、誤ったタイムラインに投影するために使用される、 AIホログラムの概要を保持する 冬眠ゾーンへのアクセスを、回復させました。

奪われた、エメラルド・オーダー・DNAを使用しした、偽のホログラムですが、これは、ニビルでのエイリアン交配のためのエッセネ大虐殺と、繁殖プログラムにつながった、トートによるハイジャック中に、撮影されました。

これらのエメラルド・タブレットは、ユニバーサル・トライバル・シールドを構成する、4つの惑星ラウンドすべての惑星スタッフ、および、恒久的なシード原子の回路図に固有の、エメラルド・サン・DNAに記録された、すべての情報を分解するコードを保持していました。

 

最近、エメラルド・オーダー・偵察任務は、コンピューター・サーバーに投影され、AIを介して送信される、エメラルド・オーダー・DNA・コードをアップロードするために使用される、量子スーパーコンピューターへのアクセスを取得するという、クレッシェンドに到達しました。そして、それは惑星のスタッフと母の原則の、ハイ・レイのハイジャックを許可しました。

ガーディアンチームは、人工エメラルド・ガーディアン・ホログラムと、エメラルド・オーダー・DNAコード投影を実行していた、これらのAIホログラムをパワーアップするために使用される、エイリアン・マシンに関して、大量のハードウェアを回復させました。

これは、すべての、オーガニック・エメラルド・オーダー・コーディングでオーバーライドを試みるために使用され、アーキテクチャをトート制御の歪みに変換させました。

これらのイベントの結果、エメラルド・オーダー・ユニバーサル・メルキゼデックスのロッドと、スタッフの構造は、再構築されたソーラー・ロゴ・アバター・マトリックスと、ソーラー・アーク・システムがアクティブになり、ゴールド・セラフィム・ボディの再構成のサポートを増やしたため、クリストスの創設者の制御に戻りました。

ゴールドボディ・セラフィム・クリストス・テンプレートの復元は、人間のライトボディのRAセンターと、インナー・ハート・ソーラー・テンプルの再構築です。

 

これは、太陽王の開拓、戦争を通じて失われた、マジ・グレイル王の回収、そして歴史的なタイムライン、真の遺伝的起源の有機的な人間の歴史を取り戻す、もう一つの段階です。

この出来事は、彼らの普遍的なクリストスの身体部分の部分を収穫していたNAAによって捕らえられ、彼らの意識が地球に閉じ込められていた多くの重要なマジ・グレイル・キングの回収をもたらしました。

悪魔のバフォメットの実践で使用される、エメラルド・タブレットと、ハーメティズムの偽造品を生み出した、ニビルのエッセネ・虐殺・タイムラインのクリーンアップは、マジ・グレイル・キング・アーサー・オブトライブ11を、意識の停滞にとどめていました。そのため、アルビオンのマジ・グレイル・キングは眠りました。

最近のパリアドリアの活性化と、宇宙盤の、エメラルド・オーダー・ホールが、チェッカーボードの突然変異を勃起させるためにAIのタイムラインで使用され、盗まれた、ホログラフィックディスクの翻訳から生じた損害から修復された結果、アーサー王の、普遍的な有機意識の身体の回復が、達成されました。

これには、アルビオンの陸塊と、ローズ系統を目覚めさせる次の段階に直接関係する神秘的なつながりもあります。

これは、英国のグリッドの制御を取り戻したことで、Cosmic Christosファミリーにとって大きな勝利です。アーサー王は、真の、マギ・グレイル・キングであり、彼の力の柱、ユニバーサル・ロッド・アンド・スタッフを取り戻しています。

彼の遺伝学を使用していた偽造品と偽造者は、同じ空間に存在することはできません。彼の荘厳な存在は、現在意識され、地球上で目覚めています。

 

霊的な成長に役立つものだけを取り、残りはすべて捨ててください。真実を探求する勇気と勇気をありがとう。私は神、主権者、フリーです!

次まで、あなたのアバタークリストスソフィアの心の道の光度にとどまります。自分とお互​​いに親切にしてください。 GSF!

愛情のこもったリサ

 

Emerald Founder Records - Energetic Synthesis
Energetic Synthesis covers all aspects of The Ascension or Great Shift, psychic self defense, ascension symptoms, and energy healing. Lisa Renee is a Spiritual ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました