サラ博士 多国籍SSP情報 日本も含まれていた? 他

スポンサーリンク
マイケルサラ博士
skeeze / Pixabay
スポンサーリンク

サラ博士 多国籍SSP情報 日本も含まれていた? 他

1998年1月29日に国際宇宙ステーション政府間協定に署名した15カ国がありました。スパルタン 1によって指名されたものに加えて、創立文書に署名した他の国々は以下のとおりです…

スポンサーリンク

サラ博士 多国籍SSP情報 日本も含まれていた? 他

 

おはようございます。4月4日に更新されたマイケルサラ博士の記事ですが、もう読んでおられる方も多いかと思います。ssp情報ということで、今回、スパルタン1、そして2の証言によって、さらにコーリー・グッドさんの証言の信憑性が深まったという点について、博士が説明されていた今回の記事。

日本国民としては、sspの存在があるのかどうなのか、という点が気になる人も多いのではないかと思いますが、連日、記事に取り上げている多彩な証言による宇宙情報、また、ディビッドさんの数多くあるインサイダー情報から、あるでしょ?”(-“”-)”としかいいようがない、と個人的には思うわけなのですが…。

いやいや。それは、もう個人的には、納得しているところなのですが、情報を残しておきたいという点から、最近、再び、経済裏情報から、宇宙情報にサイト方針を変更し、情報提供しているのです。

で、私が今回の記事で気になったのは、sspに日本が加わっていたのかどうか、という点で、そこをクローズアップする文章を読み、やっぱり。と納得したという点です。ということで、、個人的に気になる日本のssp多国籍に触れた部分を博士の記事、1/3の情報を扱わせていただき、ピックアップしてみることにしました。

 

サラ博士 多国籍SSP情報 日本も含まれていた? 他

JAKO5D / Pixabay

 

サラ博士の2019/4/4 の記事情報

 

マイケルサラ博士:Navy Insiders Confirm Multinational SSP with bases throughout Solar System & Beyond:海軍のインサイダーは太陽系の向こう側に基地で多国籍SSPを確認する

Navy Insiders Confirm Multinational SSP with bases throughout Solar System & Beyond
In the third instalment of a remarkable Earthfiles Youtube series on Antarctica, Emmy Award Winning Investigative Journalist, Linda Moulton Howe, has released m...

 

In the third instalment of a remarkable Earthfiles Youtube series on Antarctica, Emmy Award Winning Investigative Journalist, Linda Moulton Howe, has released more stunning video testimony from two anonymous Navy insiders/whistleblowers about a multinational coalition that has a secret space program with bases in Antarctica, on the Moon, Mars and even beyond our solar system.
 

情報元は、エミー賞受賞調査ジャーナリストのハウさん

 

南極大陸での注目のEarthfiles Youtubeシリーズの3回目の記事で、エミー賞受賞調査ジャーナリスト、リンダ・モールトン・ハウは、2つの匿名の海軍の内部者/内部告発者から、南極大陸を拠点とし、(さらに)月の上で、火星そして私達の太陽系を越えた秘密の宇宙計画をめぐるビデオ証言を発表しました。

 

今回の記事情報元は、コーリーさん、ディビッドさん、そして博士が情報提供してくれている、南極大陸の地下の謎について別の角度から証言したものを情報提供してくださった、エミー賞受賞の調査ジャーナリストであるリンダ・モートン・ハウさんによるものです。

stonehenge2

イギリス、ストーンヘンジの調査記者、プロデューサー、ドキュメンタリー映画作家、編集者、著者リンダ・モールトンハウ。
 

ハウさんに証言した人物、スパルタン1・2

 

彼らの望みに従って、ハウは、彼らのアイデンティティを明らかにしませんでした。代わりに、偽名で、スパルタン1と2を使うことにしました。また、 インタビューでは、バックライトと、音声変更技術を採用しました。

 ハウは、公式文書を通じて、1984年から2004年にかけて、スパルタン 1が、米海軍印鑑を務めたこと、それから、スパルタン 2が、米海兵隊(海軍省の管轄)に所属し、1992年から2016年まで諜報スペシャリストとして勤務していたことを、確認しました。

 

実名などを伏せておくことが条件で、証言してくださったようなのですが、実際に証言が本物であるかということで、ハウさん自身公式文書で調べておられます。スパルタン1と2は、ハウさんかインサイダーかどちらが決めたか分かりませんが、つい、ジャッキーを思い出してしまうhuku…。すみません。

ssp多国籍同盟と宇宙間取引

 

スパルタン 1は、2003年8月に南極大陸を訪問しています。ハウのシリーズの第1部で述べたように、彼は、バードモア氷河の50フィート(15.24メートル)下に埋もれている、大きな八角形の構造物を目撃したことを主張しています。

スパルタン 2は、パート2で初めて登場することになります。彼は、米国のサイバーコマンドの本拠地である、フォートミードにある、NSA本部の8階から行われる隠れた活動について議論しました。どちらも、多国籍同盟と宇宙間の宇宙作戦の運営、それから星々間の取引にも、関与しています。

これらの多国籍ミッションの1つは、以前、私の記事で説明したように、古代の遺棄された宇宙船であることが発見された、恒星間オブジェクトオウムエアへの旅行を含みました。

 

ハウさんは、インサイダースパルタン1、2の動画を二部に渡って作成されていた模様です。前回、一部作についても、博士が記事にまとめていたとのことです。(読んでいませんでした(^^;)

Navy Seal Reveals Secret Mission to Ancient Buried Structure in Antarctica
On January 23, Emmy award winning journalist, Linda Moulton Howe, released the video testimony of a new whistleblower discussing his highly classified mission t...

 

パート2で、スパルタン2が初登場することになったようですね。その動画で、南極大陸だけでなく宇宙の惑星と惑星(星間)の間に存在する取引、またssp多国籍同盟について紹介されて、今回の記事が紹介されることになったのですね。

コーリーさんの記事を読んでいた人にとっては、情報の信憑性を深める内容となったかと思います。また、初めてこの記事に触れた方は、正直信じられない話であると同時に、もしそれが本当であったとすれば、個人のアイデンティティを揺るがすものになる、と考える人もおられるかもしれませんよね…うーん。どうかわからないですけれど。

初めて、コーリーさんの証言に触れたとき、自分が信じていた価値観がぐらっとした記憶があるため、そう思ったのですが…うーん。でも、あのときより、情報開示が増えているから、そこまでぐらっとしないかな?

月面着陸の真実

 

彼は続けて、そのような操作(秘密プロジェクト)について、月面で作業を行っている 2500人の個人が存在している、ということをスパルタン1は同意した、と述べています。

スパルタン1号と2号の双方とも、月面発言に関して、実際には月面基地を訪れたことはない、とどちらも示唆しています。

 ですが、彼らはそのことにについてドキュメンテーション、ブリーフィングから、そして/または機密扱いの任務、また、諜報活動の間に遭遇している直接の情報源を通して、それについてを知っていました。

スパルタン 2は、彼の最初のコンタクトのことを繰り返し、米国のサイバー司令部のKim(またはKen)と呼ばれる上級職員、と称しています。そして、多国籍宇宙軍の機密扱いについて、説明しました。

 

ここでは、月面着陸について取り上げています。この情報は、いかに世界が情報に踊らされていたかという部分につながっていく情報となるわけなのですが、これに関しては、以前、cosmic disclosure 経由ではなく別の記事で紹介させてもらったかと思います。

USAF中佐 アポロ13号の間に 本当に起こったことの説明

 

ssp多国籍同盟の実態、そして日本も含まれる?

 

月の基地の建設がいつ始まったのか、そしてどこの国がそれを使っていたのか、についての質問の回答について、スパルタン1は答えました:

それは連合に戻ることになります。そして、それは何年もの間起こっています。

物事が起こっていた多くの時間、そして、私たちはそれが国際宇宙ステーションに上がっている、と言われていました。ですが、そうではありませんでした。そしてそれは、今月まで上がっていました…。多国籍グループだと言わなければなりません。…イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ、カナダ…[タイムスタンプ7:04]

 

上記の文面は、動画内の証言を採用している模倣です。インタビュー回答から、多国籍同盟の実態と、加盟国がどの国かについての質問の答えです。

 

1998年1月29日に国際宇宙ステーション政府間協定に署名した15カ国がありました。スパルタン 1によって指名されたものに加えて、創立文書に署名した他の国々は以下のとおりです:

ロシア、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、イタリア、オランダ、ブラジル、デンマーク、日本、そしてベルギー。

 

こちらの記事は、サラ博士が動画から、さらに深く分析し加盟国を推測しています。ここに日本も含まれることになるわけです。ただ、動画証言には日本が含まれているわけではなかったということで、タイトルにクエスチョン(?)を入れることにしました。

インサイダースパルタン2(仮名)の証言から、推測すると、博士が分析した通り、日本は含まれるのではないかと、なるんじゃないかと思います。

 

物事が起こっていた多くの時間、そして、私たちはそれが国際宇宙ステーションに上がっている、と言われていました。ですが、そうではありませんでした。そしてそれは、今月まで上がっていました…。多国籍グループだと言わなければなりません。

 

 

ISS_Agreements-72px

 

おそらく、宇宙間の星と星との間で行われていた取引を、カモフラージュするために、アポロ同様に、宇宙ステーションが作られたと考えるのが、妥当ではないかと思うのです。

取引ということ、そして、ディビッドさんが証言していた件、エメリースミスさんの証言…等から、考えてみても、宇宙ステーション以上の技術がすでに存在している。

…にもかかわらず、それらの技術と比較して(ですよ…汗)、全く、そこまでに至らない宇宙ステーション技術…(と書くと、怒られそうです。いや、宇宙ステーション技術も相当凄いことなのですが…(;’∀’))-…を全世界にアピールするのは、カモフラージュのため、としかいいようがないですよ。

カモフラージュのためだけに、日本が参加しているとは、考えにくいですよね。お金の面から、情報漏洩させない国という点から、考えてみると、国際宇宙ステーション政府間協定に署名した15カ国、イコール ssp多国籍同盟に参加している国。と考えてみるのが、普通でしょうねぇ。

 

以前紹介した記事のどこかに書いた、安倍さんのBS放送

 

関係ありませんが、私事ですけれど、昨日、更新記事がなんと400達成しました。いやー、ここまで続くとは、ですです。これも、ブログに訪れてくださっている皆様あってのことです。ありがとうございます。

で、以前、確か。どこかの記事にですね。安倍さんがBS放送ニュースで、宇宙に進出するといういつもと違う雰囲気から会議をしている映像が、ちらっと流れたことについて、書いた記憶があるのですが、正直、もうどこに書いたか忘れました。でも、書いたことだけは覚えています。

あの時の映像と、今回の記事が直感的に結びついたという感じです。日本のssp同盟はあるのか、あまり気にしたことがなかったのです。

ですが、「そうか、日本も参加していたのか、だからこれから宇宙進出する日本をアピールしていた阿部さんの映像があったのか。」と、今回のサラ博士の記事を読んで、そう思いました。

コーリーさんや、ディビッドさん、サラ博士の記事を読んでいる人たちは、ソフト開示とフル開示について、もやもやしているんじゃないかと、私のように、そういう人もいるんじゃないか、と思うわけですが。

おそらく。安倍さんサイドは、「ソフト開示を積極的に行い、全情報を開示することを拒む側」なんだろうと、あらためて思いました。

今後、おそらくUFO・宇宙情報は増えてくるかと思うのですが、その中には、向こうサイドが流す情報も、もしかすると、含まれているかもしれませんし、私も情報提供という意味で、その情報を取り扱うことがあるかもしれません…(・_・;)。

そこを選別するためには、ディビッドさん、コーリーさん、Jodanさん、そしてサラ博士の情報を追い続けることが大切かもしれない。と個人的には考えています。

 

まだ、博士の記事を読んでいない方、こちらで続きを読むことができます。

Navy Insiders Confirm Multinational SSP with bases throughout Solar System & Beyond
In the third instalment of a remarkable Earthfiles Youtube series on Antarctica, Emmy Award Winning Investigative Journalist, Linda Moulton Howe, has released m...

 

インサイダー スパルタン2(仮名)の証言が含まれる動画はこちら

 

Linda Moulton Howe Live – 04/03/2019

 

コメント

  1. kitako より:

    この重要な、日本も参加している宇宙同盟の話を伝えてくれてありがとうございます。
    皆様に知らせるために拡散いたします。
    これからもよろしくお願いいたします。

    • huku より:

      kitakoさんへ

      ありがとうございます(*’▽’)ビシバシ、拡散していきたい情報です!…よね、よね♡(二度押しという意味を込めて…汗)

      >皆様に知らせるために拡散いたします。

      ありがとうございます。心強い言葉で、とても嬉しいな~と思います。

      拡散していく途中に、意図しない方向に受け止められちゃうこともたたあるかと思うんですけれど。
      結果として、意図する方向に向かうことになることが大半だと、最近、改めて思うため…。

      私も、微力ながら…(;’∀’)
      拡散したいな!と思う情報に出会ったときはブログを通して紹介していきたいな、と。
      そして、kitakoさんから頂いたコメントを読ませていただき、改めて、そう感じることができました。

      ありがとうございます!(^^)!

タイトルとURLをコピーしました