ディープステートは 閉じ込められている | ディープステート

ディープステートは 閉じ込められている

ディープステート
Comfreak / Pixabay

ディープステートは 閉じ込められている

「来るべき変化は、おそらくすべての想像力を無視するでしょう。

私たちは世界史上最も重要な章を通して生きています。米国大統領は、告発が開封され、大量逮捕が行われた後、後新しい金支持通貨が一般に公開されると述べました。大統領はまた、議会のほぼすべての人が、様々な理由で密封された起訴に含まれているとも述べています。」

前回、紹介しました 経済は水の中で死んでいる – ディープステートは道を外した2018年9月14日 の記事を書かれた、final wakeup call さんの新しい記事です。operation disclosure で紹介されていました。

前回同様、とても分かりやすい文章だと思いました。

 

ディープステートは 閉じ込められている -MSMはFWCサイトについて書いている

 

紹介サイト:https://operationdisclosure.blogspot.com/2018/09/the-feared-awakening-deep-state-is.html

オリジナル 原文:http://finalwakeupcall.info/en/2018/09/19/the-feared-awakening/

 

悪の敵に対する 尊敬の神聖な掟

 

ディープステートは 閉じ込められている

 

私たちの団結は、自我を崇拝する ディープ・ステート・サイコパスの対立である。私たちの強みは、政府の敵や 銀行システムの犯罪者を 克服するための自由、義務的意図、団結的団結に対する私たちの願いです。

このように、「私たちがすべて行きます。」という宣言は、ジョン・F・ケネディの ヨットの船の鐘の碑文でもあり、このスローガンの重要性を さらに強調しています。これは、このモットーを、邪悪な敵に対して敬意を表する 聖なるコードにしました。暗闇は、より多くの人々が 誘発した眠りから目覚めていくにつれて、私たちに対する恐怖の握りを 失います。

 

これは、来月に そういう前例のない啓示が出てくることを意味するかもしれませんが、歴史的な前例のない範囲と 規模の両方で、人口の不安定な部分の下で 反乱を引き起こす可能性があります。

 

マインドコントロールプログラミングから自分自身を切り離す

 

unnamed (4)

 

意識的になることを選択することは、マインドコントロールプログラミングから自分自身を切り離すことを意味します:

MSMの間での抑圧に起因する、身体で、精神的で、感情的で、精神的な刑務所の影響を逃れること。

 

ワシントンの本当の支配者は 目に見えず、場面の後ろから力を 働かせます。今日、世界の全体の独裁国家への道は、世界の独裁政権全体への道は、法的手段、議会や大統領によって見えない、聞こえなかったことによって 計画することができます。操り人形と呼ばれている 贈賄された政治家を通して、ディープ・ステートは、私たちの政府と 政治制度の範囲内で 自由に行動します 。

政策協定のすべての奇妙な発展は、その目的に合った世界を創造しようと努力しているこの秘密のグループにさかのぼることができます。

採用された戦術は、戦争に対する恐怖、飢餓の恐怖、経済崩壊への恐怖、投獄および死亡という恐れによる経済、貿易および大衆の操作からなる。この恐怖心は何世紀にもわたって地球規模の出来事を指示し、標準的な操作手順となっています。

文明を奴隷にするこのプロセスは、人類の生存とは対照的であり、すべての人間の自然本能が、良い行い、お互いに親切であることを、抑制します。

 

心に留めておいてください:

政府の本当の目的はいつでもどこでも、少数の人が多くを利用できるようにすることなのです。クレジット・マネー・システムはそうするための、賢い方法です。

 

経済衰退

 

 

世界は経済的、経済的、倫理的に破産していますが、操作や詐欺によって、人々はすべてがうまくいくと、信じられています。

お金を保全する資産は、操作によって完全に破壊されたのに対し、すべてのバブル資産は、天文学的な高さにあるということは、絶対に不合理です。エリートとメディアは、世界の国家について人々を絶えず欺いているのです。

 

現在の紙幣による実験は、1971年8月15日に始まりました。

「これから先ずっと、」リチャード・ニクソン米大統領は言いました、私たちとビジネスをしたいすべての外国人は、金を金に交換する権利を失います。

その瞬間から、米ドルの価値は、誰かがそれに起因するものによって決定されました。真実を求めている者は息を飲みました。しかし、何も起こりませんでした。多くの人々が驚くほど苦しみ、ドルの崩壊を待っています。今日、まだ進行中です。通貨履歴のマイルストーンは遅いかもしれませんが、それが長く続くほど、操り人形はより多く捕らえられます。

 

結果として生じた紙幣の標準は、世界的な信用の拡大をもたらしました-パリでジョン・ローズ(1671-1729)の詐欺行為が起きたのと同じように、再カウントを行うと、米国連邦準備制度理事会は、市民が費やす米ドルを印刷します。これらのドルは、準備通貨が世界中に増えているため、各中央銀行は印刷プロセスのペースに追いつくために最善を尽くしています。

輸出業者は過剰生産している状態で、輸入業者は多すぎる消費をしているのです。そして、世界には、信用の拡大が余りにも多く行き渡っていることが伝わってきました。これにより、最終的に世界の金融システムの崩壊が起こります。

 

混沌

 

私たちがすべて向かっていて、目指しているところでは、エリートは絶対に行きたいとは思っていません。そして、彼らは最も確かに混沌を作り出します。

しかしながら、トランプチームとアライアンスは、私たちが目指していることが起こるように準備されています。軍はこれについて訓練を受け、指導を受けています。トランプ大統領は、既に戒厳令の実施のためにEO(エグゼクティブオーダー)を発行しています。

一方、トランプ大統領は、他の現代大統領がこれまでにしたことのないこと、メディア独占を脅かしています。

 

目覚めは完全に楽しいものではありません。しかし、覚えておいてください、私たちはそれによって自由になっていきます。私たちは新しいー私たち自身ー選択肢があります。これが大部分の人々のための大きな覚醒であり、たぶん、発表なしで起こります。

奇跡は共通の場所になり、何千もの新技術が登場するでしょう。

 

最も重要なメッセージが、展開しようとしていることによって、驚かされたり、恐れたりしてはいけません。その代わりに、あなたの初めての真実の自由を解き放つことに感謝し、喜んでください。

 

ディープ・ステートが閉じ込められている

 

unnamed (6)

 

邪悪な「ディープ・ステート」の反逆者や犯罪者は今や恐怖を感じていて、CIA、DOJ、FBIの監察官の報告書によって争われていることを認識しています。このレポートは、これらの部署における不正行為および犯罪行為の概要を示し、証明しています。

これは、これらの部署の高等事務所の多くを犯罪のために刑務所に送り出す出発点になるかもしれません。このような理由から、カザフスタンのマフィアは、自らを救う絶望的な動きで、すべての資源を活性化しています。

 

査察官(IG)の報告は、何十年も無視され無視されてきた法の支配の復活に関するものであります。

これらすべての賄賂を執った操り人形は、自分の犯罪活動を隠蔽しながら、正義のルールが相手に向けられるようにシステムを引き継いだのでした。現在、この犯罪組織から生きた昼光を脅かすものは、法の支配の復活です。

法の支配の完全な回復があるとき、これはこのグローバル化犯罪シンジケートをぶち壊すものになるのです。

借金に基づく金融システムはすでに水の中で死んでいて、間もなくQFSに置き換えられる予定です。これは、この犯罪シンジケートのためのお金がなくなったことを意味します。

彼らは、麻薬の収入と違法な石油の売り上げが枯渇しているからです。これだけで、金と銀の価格が高騰し、市場操作が終わることになります。

 

中央銀行犯罪は伝説的なものであり、上場することができます。私たちの惑星のすべての人々になされた害は、世代を取って訂正するでしょう。しかし、それは正しいでしょう、もし人々が一気に目を覚ますならば!

 

ロスチャイルドの事業は直立したままです

 

 

その間、ロスチャイルド&カンパニーは、現在の会長が自分の席を息子に引き渡す準備を整えると、彼らのビジネスが家庭内と7世代の権力にとどまることを世界に保証しています。少なくとも、それは彼らの信念?

 

ロスチャイルドの銀行帝国は、7世代にわたる世界統制が家族内にとどまることを確実にしたいと考えています。

銀行の王朝の支配は、過去200年の間、世代を継承してきました。それはマイアー・アムシェル・ロートシルトによって開始され、彼の5人の息子はヨーロッパ全域の銀行業務を確立するために後に続きました。

ファイナンシャル・タイムズは、投資銀行が現在、欧州の合併買収市場で好調な期間を乗り切るために、「フランスとイギリスの主要なアドバイザリー事業から多様化する」ことを進めていると報じました。

 

タイムズは、米国の小規模事業への投資を拡大するために、新しいプライベート・エクイティ事業が設立されたことを発表しました。ロスチャイルド期に発生した企業体制の見直しにより、ファミリーは「少数株主を買収することによって、グループのコントロールを強化する。」と。

 

洗脳された市民を解読することは全く別の話です

 

 

悪い人たちを打ち砕くことは、仕事の簡単な部分でありえました。

エグゼクティブ・オーダーの2つは、すでに導入されています。トランプ大統領は本物の司令官であり、チームは仕事を終えることができます。誰も隠れることはできません。

ーしかし、数十年の洗脳された市民を脱プログラミングし、彼らに言われたことはすべて嘘であると伝えることは、全く別の話です。言い方を分かりやすくすると、誰かをだますのは、自分がだまされていると誰かを説得するよりも、簡単なことなのです。

 

災害に備える

 

unnamed (9)

 

緊急時および災害時には、家族、地域社会、そして国家全体の回復力と強さがテストされます。

すべてのディープ・ステートの偽の旗操作の挑戦と脅威を予見することは不可能ですが、人々はこれらの状況に備えることができます。そうすることで、地域社会を保護し人生を救うことができます。

これは非常に深刻な問題であり、軽く取られるべきではありません。

 

その精神の中で、トランプ大統領は2018年9月、国家の準備月を宣言しました!彼は言った; 「私は、すべてのアメリカ人が災害や緊急事態に備えるために、対応計画を立案することで対応するよう奨励する。」と。

米国の東海岸を襲っているハリケーンが、大量逮捕のためのカバーとしてのアライアンスとグローバル通貨のリセットとして設計されたことはますます明らかになっています。

Qはしばしば「嵐の前の静けさ」を参照しています。そして今、トランプ大統領もそれについて話しています。 Qは「ウォーター・ザ・ウォーター」とも言いました。最も重要なことは、人々は彼らが落ち着かなければならないと理解しているということです。

 

より良い準備をするために取られる各ステップは、予期しないことに直面したときに、家族やコミュニティがどのように反応して持続するかに大きな変化をもたらします。

目を覚まして意識してください。単にこのことを無視するには、この方向への指示が多すぎます。

 

変化

 

 

来るべき変化は、おそらくすべての想像力を無視するでしょう。

私たちは世界史上最も重要な章を通して生きています。米国大統領は、告発が開封され、大量逮捕が行われた後、後新しい金支持通貨が一般に公開されると述べました。大統領はまた、議会のほぼすべての人が、様々な理由で密封された起訴に含まれているとも述べています。

 

世界の経済、生態学、インフラを刺激し、活性化させるために、巨額の繁栄基金が公開される予定です。

大手のソーシャルメディア企業は、ディープ・ステートの諜報機関の直接資産として公然に追放されるでしょう。

 

MSMはFWCサイトについて書いています

 

良い、悪い、私たちのFWCサイトについてMSMが長く書いているように、提供される情報は貴重なものでなければなりません。

読者は目を覚ますために 刺激され、他の人に同じようになるように促されます。それにもかかわらず、MSMは一般的に世界で実際に行われていることを無視しています。ですが、MOAB – 母親の爆弾の準備に向けて、より多くのカーペット爆弾が進んでいます。

 

 

コメント

  1. kitako より:

    こんばんは!
    最近、コーリーの話を信じるようになったものです。
    一部抜きで、ブログで紹介しました。
    希望されなければ記事は削除します。
    私とあなたは「エイリアンインタビュー」のドメインのエアルについて、ほぼ同じ見解を持っていると気がつきました。
    引き続き楽しみに拝見させていただきます。

    • huku より:

      kitakoさんへ
      ありがとうございます(^^)/
      コーリーさんのお話しの記事を紹介してくださったとのことですね。たいがい誤字脱字多しなので、気になる部分は直してくださいね(;’∀’)…
      それから。エイリアンインタビューのお話し。本当はもっと、このシリーズでいっぱい記事を書きたかったのですが、GCRの復元紹介記事を連載しているうちに、どんどんかけ離れていった感じでした。(;’∀’)

      今は、GCRの復元紹介もお休みです。というか、フィリップさんの件で、もやもやしたことが今回で2度目で、ちょっと様子見ようという気持ちになってしまい、ストップしてしまったという感じです。でも、おそらく無理して続けていたようで、いざブログ再開しようと思うと、重たい気持ちがどーっと肩に乗っかって、そのまま動けないという感じがします。(;^ω^)

      コーリーさんのお話しについて…ですね^^

      私も、いろいろどうなんだろうと、迷いつつも、最終的にいろいろ調べた結果、コーリーさんにたどり着くという感じです。

      一番最後にアップした動画の文字起こしですが、パート2だったらしく、パート1をいまねちねちと調べて日本語に直してアップしようと試みているのですが、今回もすごい文字数になりそうです。(^^;

      それに、長いし、何度も何度も挫折しそうです。でも、kitakoさんのコメントを読んで、頑張ろうと思いました。
      ありがとうございます( ;∀;)

      やっと、英文文字起こしして、動画と照らし合わせて、誰がどのセリフを話したか?という振り分け作業まで終わり、これから日本語をしらべようかなという、すごくスローな作業状態です(^^;。
      なんとか、この作業が慣れれば、気になる動画をいろいろ紹介できるんじゃない?と思ったのですが、甘いですね。ゆっくりですが、ブログはまだ終わることなく更新していこうと思っています。

      元気をいただきました。ありがとうございます。(^^)/

タイトルとURLをコピーしました