David Wilcock 2019/3/23 動画 文字おこし part4

スポンサーリンク
ディビッド ウィルコック
Lars_Nissen_Photoart / Pixabay
スポンサーリンク

David Wilcock 2019/3/23 動画 文字おこし part4

そして彼らは、後になって地球にやって来てたのです。北極圏でポールシフトがあった後に、再び私たちの北極圏に着陸しました。アトランティスは、伝説の島である南極のことなのです。

スポンサーリンク

David Wilcock 2019/3/23 動画 文字おこし part4

 

David Wilcock 2019/3/23 動画 文字おこし part4

8385 / Pixabay

 

David Wilcock: Antarctic Atlantis and Secret Space Program 2019
Are we on the verge of hearing about ruins under the Antarctic ice, directly from the mainstream media itself? Is this a last-ditch plan to distract us from ...

 

David Wilcock: Antarctic Atlantis and Secret Space Program 2019

 

David Wilcock 2019/3/23 動画 文字おこし part3 の続きから

 

火星上に別の文明

 

これもまた、地球に似ていたように見えますが、地球のように、水のような惑星で、地球のように、水の月のような、重力軌道を持っています。

明らかに一つの文明が大きな惑星上にあり、それから別の文明である火星上に別の文明がありました。そして彼らは、惑星が火星の打撃を打ち破り、火星を完全に破壊することになりました。

複数のインサイダーによると、この大災害は、太陽系を崩壊させたと聞いています。私は50万年前に起こったことを吟味した、さまざまな人々と一緒に、これのチェックを行いました。

 

北極圏の植民地化と南極の地下にあるピラミッド

 

しかしその前でさえも、これらの人々はすでに地球、特に北極圏で植民地化を始めていました。

私は、古代の建築者についてピラミッドとオベリスクを使ったグループがあったことをあなたたちに話したのを覚えていますが、私たちの太陽系、そして近隣の太陽系の上に、それらが、地球上にあるものを持っています。そしてそれは,ギザのものよりも、はるかに大きい大きい、巨大ピラミッドです。

しかしそれは文字通り南極にあります。そう、だからこれらの人々は、すでに南極大陸で発展していました。しかし、彼らの惑星が爆発したとき、彼らは最終的に、母船の着陸事故によって、終わりました。そして、その母船は、実際に彼らの故郷となりました。そして彼らは、その船を食いつぶして、それを使って都市文明を構築したのです。それでこれは、私たちがそこに持っているものの一部となります。

 

アトランティスの正体

 

そしてこのとき、同じように破壊された文明からの難民となってしまった他のグループは、他のグループと戦争を行っていました。そして彼らは、後になって地球にやって来てたのです。北極圏でポールシフトがあった後に、再び私たちの北極圏に着陸しました。アトランティスは、伝説の島である南極のことなのです。

しかし地球は、その軸を中心に移動を行い、その結果、それは最初に洪水を起こしました。後にそれから凍ってしまいました。そして、たくさんの証拠が戻ってます。そして、私のYouTubeのビデオ「南極アトランティス」を見てください。

 

軍の警備員の興味深い南極の体験談

 

ここで、もう1つ本当に興味深い逸話を挙げましょう。

私は、エメリー・スミスとCorey Goodeと一緒に、テーピングをしていました。私たち3人全員が、ガイアで、コズミックディスクロージャーのために話していた時、私達は、私たちのために割り当てられた、軍の警備員がいました。彼は、私たちが誰であるかについて何も知らされていませんでした。オッケィ?

しかし、その彼が、私たちが南極大陸について話し始めたとき、本当に奇妙だと言いました。彼は、秘密の軍事任務のために、南極大陸に行ったことがあったのです。彼が言ったことは、彼らがラジオの干渉を受けていた、ということでした。なぜ、彼らが飛行機や通信システムに干渉されているのか、彼らは知りませんでした。

そこで彼らは、それが何であるかを知るために、そこに降りて行きました。そのとき、彼はそのチームの一部でした。そこで彼らは、氷の中に穴があることと、そして洞窟があることを確認しました。それは、あなたが入ることができるくらいです。彼は、実際にロープをはじいた人々のうちの一人であり、この洞窟に夢中になったのです。彼自身、その洞窟の中の遺跡を目の当たりにしました。

そして私は、故意に私が聞くことを期待していたものを、彼はすでに知っていました。それで、私は、彼に私が間違っているか、本当のことを知っているかどうかという判断のために質問をしました。彼が嘘をついていた場合、彼は、それに正当に飛び乗ったでしょう。

 彼は「いいえ。実際にはペルーにあるような建造物のようには見えませんでした。」と言いました。これらのことを見たことがあるという他のインサイダーからも聞かされていたことなのですが、それは、まさにそれが、puma-punkuと呼ばれるこの1つの場所に似ている、と言っていたからです。

それでこれは全くすごいことだ、ということになりました。私達は空を見失った。

彼は、ここから完全に前進したくない状態となりました。彼はその後、非常に強い、心的外傷を受けました。私はここにいてはいけない、私たちみんなが沈黙を守ると誓っているのを、見せてはいけないのだから。私たちは言いたくないと思ったからではありません。この情報を持っているのですが、それは非常に非常に危険だからです。と彼は言いました。そのことから、彼はそれ以上、先に進みたくなかったのです。これは非常に論争的だからです。

 

南極の情報とレプティリアン

 

しかし私たちは、特定の存在をドラコと呼ぶ P Peterson、また私たちは、彼らをドラコのサウジアラビア人と呼ぶ William Tompkinsを持っています。レプティリアンにとっては、このことはそれほど大したことではありません。内側に入ってみることで、このグループのことが、わかります。

悪名高いカルロスアジェンデのメモをたどっていくと、実際には、それらには、異なる名前があります。辿った先には、地球外の古典的な本があります。そしてUFOは、政府の明らかに、軍からのメモと共に、この男カルロスアジェンデに送り返されました。

LMとSMへの言及がたくさんあったことから、今私たちは、それについて考えてみることにしました。William Tompkinsによれば、LMは小さな紳士のように見え、SMはこれらレプティリアンを指すサウジアラビアの男性のように見える、ということです。ですから、彼らは第二次世界大戦中には、すでにこのことについて知っていたことになります。レプティリアンは知られている要因です。彼らは大きな問題であり、彼らはうっとおしい存在です。

そしてその一部として、私たちは、宇宙の現実的な側面で、同盟が、これらのレプティリアンとの戦いを続けているので、私たちは、今そのことをやっています。過去これまでの間には、完全に崩壊してしまった協力関係が、存在していました。そして、私たちは、実際に宇宙戦争で勝利している、と聞かされてます。

 

アフリカ北部のサハラ砂漠の高度文明

 

そして、これは、多くの異なるインサイダーが私に言った非常に興味深いことです。これは私たちがブルースと呼ぶインサイダーが私に言ったことですが、アフリカ北部のサハラ砂漠全体についてのことでした。もともとそこは非常に高度な文明でした。

もしあなたが、私が何年にもわたって撮り続けてきた私のビデオを見てきたなら、今まで言ってきたように、40から400フィートの間まで掘り下げていったとき、そして、もし、そこに何を見つけたとすれば、おそらくあらゆる種類の素晴らしい遺跡が見つかります。そして、エジプトの地域には、地下にもっとたくさんのものがあります。それは表面にあるたくさんものよりも、ずっと古いものである、ということです。

 

地球外の古代技術が埋め尽くされた倉庫とバチカン

 

そして、実際これから、私はあなたが、以前彼について話したことがない全く違う彼を叔父と呼ぶつもりのこのコードネームを使う前に…私は、あなた達に、今まであなたに言及したことがない、この別のインサイダーを持っています。

叔父は、DIA防衛諜報機関で働いていました。そして彼らは、これらの倉庫にただ座っている奇妙な地球外の古代技術の半分が埋め尽くされていました。それが、私たちがイラクとアフガニスタンを侵略した理由です。

彼らは、何もしていない倉庫の中にただ座っているだけで、これらの埋め込まれた古い技術を立ち往生させていました。それで9/11の後、アメリカの兵士たちが入ってきました。そしてそれは、彼がイラクとアフガニスタンに関わったことの一部であり、これらのものの多くについてつかみました。そして、おそらくそのすべてを掌握していて、その多くは、バチカンにあります。バチカン図書館にいるということは、私たちが聞いていることの一つです。

 

オウムアムア・Corey・ゴンザレス・Sigmund・ssp

 

そして、私は、conscious life Expoでショーを行いました。それは、昨年だったと思います。私たちがこれを経験したところで、オマハ・ムラーについて話しました。そして私は、Corey Goodeと一緒にそこにいました。そして、これらのスライドを持っています。この話は、2017年12月から始まります。

それで、私はこれらのスライドのいくつかをもう一度見ていくつもりです。なぜなら、これが、すごいことだからです。そして、翌日文字通りこれを文書化したかったので、私はそれについて学びました。 2017年12月をチェックしてください。

 

2017年12月に公表されたオウムアムアは人工物

 

OK。これは私達の物語が始まるところです。これはオウムアムアが発見された時で、あなたがここで見ているように、それは12月13日頃、発表されました。私たちの太陽系を通過する、既知の中で、初の恒星間の物体です。

この間、一杯の水を飲もうと考えているなら、私は、スライド上に1分間とどまることになるため、それは良いギャップです。そう、だから私たちは、この列車を、ロールインしておくことができます。私が最後にやったように、自分の声を失うことはありません。

それで、それは、葉巻のような形をした星間の彗星オウムアムアの奇妙なタンブリング運動が、それによると壊れたエンジンで、異星人探査であることを示唆していると言います。

大手天文学者にとって、これは非常に説得力のある開示でありました。その言葉は、遠くから先に到着するメッセンジャーを意味します。2018年1月の時点でまだ生きていたスティーブン・ホーキングでさえ、この葉巻形の物体は人工的であり、ここからではない、ある種の地球外技術である、と考えています。

 

Coreyによるオウムアムア インサイダー情報

 

さて、Corey Goodeが、彼自身のインサイダーから得たものによると、シークレットスペースプログラム(ssp)は、宇宙に出て行ってから、この探査機に着陸し、彼らはハッチを見つけ、そして彼らは中に入ることができた、と報告を受けています。船、そしてその船は、実際に彼らが中に入るために、使用したように見えます。

それでそれは、ここで彼らは技術的なワンダーランドが10億年以上前である、と推定されるのを見つけることになった、と言います。彼らが信じていることは、これが古代の建築者から来たものであり、そこは非常に重要な点である、ということです。

そう、私が話したようにに、古代の建築者は20億年前以上の存在であると推定されています。そして彼らは、私たちが住む太陽系の至る所で、これらの廃墟を見つけられました。そして他の場所の中のいくつかは、ここ地球上にもあります。

しかし、私たちはその歴史について何も知りません。それは、ある種の非常に高度な技術で、彼らがそれが20億歳であると推定するということを除いて。

 

オウムアムアと古代遺跡と青い鳥とラー文書

 

そして、これは実際にあなたが私が行っていることををフォローしているなら、ラー・オブ・ワンのシリーズと、結びつきます。これまでのエピソードで紹介した私たちのライブショーである、これらの人々のラーと呼ばれるものに、私は非常に深く入り込んでいます。地球外の諜報機関がそれ自身をラーと呼んでいて、ラーの法則を書いたこれらの人々は、それが金星から来たと主張します。

そして採石場は、これらの人々とコンタクトをとっているようで、青い鳥(人間)として現れています。おそらくこれについてビデオを見たことがある人もいるでしょう。もしあなたがまだ見ていないのなら、Coreyと私が話している南極アトランティスのようなビデオを見ておくといいでしょう。良い例です。あなたは、この裏話を見ることができるでしょう。

この話があなたにとって、初めて聞く場合のために。いずれにせよ、Coreyに連絡を取ったこれらの存在(ラー)は、私たちが、1人のInfinite Creatorのメッセンジャーでありファシリテーターである、ということを彼に伝えてきました。そして、これらの存在は、ラー・オブ・ワンを書いた人々と相互に関連し合っているようだ。だからあなたがこの物語(ラーの法則)を信じているなら、Coreyは、実際に彼が真実を語っているように見えるでしょう。

 

シークレットスペースアライアンスに呼ばれたCorey

 

Coreyは、彼が月面作戦司令部で、シークレットスペースプログラム(ssp)アライアンスとの会談の準備をすると言っているというメッセージを得ました。彼がこれらの会議を開くとき、彼が行くであろう少数のうちの一人である、と主張されています。

そして、この会談は、Sigmundと名付けた彼のコンタクトの一つが抽出したというこの情報のため彼らが暗くなった後、このアライアンスとの最初の会合となりました。

 

会合に呼ばれる前 Coreyを襲った出来事 

 

そしてCoreyは、尊敬しているアライアンスメンバーの死に責任を感じさせられただけでなく、当時の物語をフォロ​​ーしていたならこれ以上のことは、非常に悲しい出来事でした。

Coreyは、誘拐され、彼は薬を飲まされ、尋問され、そして麻薬の影響下で、彼は彼らが彼の人々の顔を見せていたというパッドを持っていたことによって特定の人々の名前を突き出してこられたのでした。そして、彼の網膜が特定の画像で変化することで情報を確認しました。それは、彼らは、これらの人々(パッドに映った人物)が、このシークレットスペースプログラム・アライアンスにいたことを知っていたかどうかを確認する方法でした。

 

シークレットスペースプログラム・アライアンスとは

 

シークレットスペースプログラム・アライアンスは、明らかに、技術のすべて、地球外の人々とのすべての関係、ポータル技術、反重力、フリーエネルギー、健康技術、食品機械では基本的に何もないところから食べ物を印刷する技術をもっています。

彼らは実現したいものを実現することができます。彼らは私たちにそのようなものがすべて欲しいと願っています。Coreyは、私がこれまで知っている中で、このシークレットスペースプログラム・アライアンスから連絡を受けた唯一の人物です。

そしてある程度、彼ら(ssp同盟)の何人かは、実際に私たちのインターネットを監視することができます、彼らは、ここで何が起こっているのか知っています。彼らのうちの何人かは、実際に地球から来たり行ったりしてします。しかし、彼らは、このシークレットスペースプログラム・アライアンスより大きなものに、これまで隠れていたのです。

 

月に存在するswastika(卍)型の建物

 

スライドを続けることにしましょう。

(スライド表示)

したがって、これは…、Coreyが午前2時頃にピックアップされるような暗いクラフトではありません。このときは、彼は自分の車に乗り込み、指定された場所まで運転するよう、彼は指示されました。彼は、彼の方向に向かって非常に明るい白い球が降り立ってくるのを、空で確認しました。そして、その場所にダーククラフトがありました、彼は、月への彼の前の旅行から、また、月の運用コマンドに精通していました。

そして左側にそれがどのように見えるかということ、それは浮揚性のある反重力技術です。

(スライド表示)

そう…。これは彼らの最初の拠点の初期のドイツ語版を構築するための、swastika(卍)タイプであることに気付くでしょう。 swastika(卍)の形で建てられ、それから、彼らはそれを拡張させていました。そしてCoreyは、この基地の周りのマスキング技術がいったん無効にされると、この基地が構造の上に緑の赤と白の閃光で広がるのを見ることができる、と言っていました。

そう、これは今、元のベース、そして、ご存知のとおり、ダーツがとてもクールなアニメーションです…作業の多くのがこれに費やされました。ええ、そう今、あなたは、このアプローチを見ています。

 

月の建造物地下でゴンザレスと出会う

 

そしてあなたは、クレーターのそのような小さな穴を通って入っていくように見えるでしょう。…溶岩チューブに入ると、これは、あなたが見ている通り、格納庫です。あなたは残りの部分を見ることになるでしょう。洞窟の床に降りてくると、ベル型の構造物が見えます。

小さな黄色い物というのは、それがどのくらい小さいのか、それから、それが穴である入り口を言うところで、それが一番上にある暗いクラフトのことを言っています。この穴から飛び込むと、左下のドックがある場所にドッキングすることができます。船をそこに駐車させることができます。

その中の全体は、明らかに、一種のベル形のようです。そして、ここが、彼が訪問する場所です。
彼がそこに訪れたとき、彼はゴンザレスという名の、空軍の制服を着ている彼のインサイダーのうちの1人に会いました。この物語に従う場合、ゴンザレスは重要な人物となります。

 

月の会議室

 

彼らは階段を数回下って行き、さらに制服を着た若い女性がいる、小さなエレベーターまで行きました。そして彼らはエレベーターの中に乗って、車を走らせました。そして、RFスキャナーの下に彼女の手を置き、カードリーダーで読み込ませました。そして、ゴンザレスとCoreyは、会議室に座りました。会議のテーブルの周りにいた、何人かの人々は、SSP アライアンスのメンバーがいました。そして右に見えるのがSigmundで、彼はこのような人物となります。Sigmundはそこに座り、彼は笑っていました。そして、Sigmundは、Coreyに指さし、彼が非常におしゃべりな男であるという点で、私はすべてを失った、と叫びました。

そして、ゴンザレスは、彼が今気をつけて訪問していた一連の他の存在と共に、彼の時間についての詳細で分類されたことについて、報告をしました。

 

Sigmundが叫んだ理由と軍用産業複合秘密秘密宇宙計画

 

Sigmundが叫んだのは、彼がすべてを失ったためです。Sigmundは、オープンなグループより、もっと非常に秘密をもっているグループの一員だったからです。私たちはそれらのグループを、m.i.c、または、軍用産業複合秘密秘密宇宙計画と呼ぶことに決めました。

m.i.cグループは、私たちの太陽系の中に2つの小さな前哨基地があり、太陽系中を移動できる船があることを知っていて、彼らが古代のガラスのような遺跡を見つけた古代建築者について知っていたようでした。しかし彼らは、私たちにはもっと大きな秘密宇宙計画があるということを、知りませんでした。

 

重要人物となるはずのSigmundの死

 

そして明らかにこの大きな計画は、限られた部分の開示のために作られました。m.i.cの部分だけを取得しているので、Sigmundが重要な人物になるはずだったため、報告するのはとても悲しいことです。 Sigmundが、亡くなったということです。

Coreyは、ごく最近になってこの情報を入手しただけなので、これは話の最新情報であります。Sigmundが本来その人物になることはありません。しかし起こったことは、Sigmundが任命され、南極大陸の氷の下の廃墟について世界に語りかけるつもりであると言われていた、ということです。そして、そこには大きな母船があること、古代文明があったこと、彼らは火星の廃墟、月の廃墟を見つけ、しかしそれほど遠くなかったので、彼らは我々の太陽系から出ることができないと彼は言われた、と彼は話しました。

 

Coreyの毛髪サンプル採取

 

Sigmundが、Coreyから毛髪サンプルを採取したことで、彼の毛髪サンプルから、Coreyは彼が知っていたさまざまな地球外の場所に行った、という判断しました。だからSigmundは、多くのトラブルに巻き込まれ、結局のところアライアンスは、Coreyをシークレットスペースプログラム・アライアンスに連れて行かなければならなかったのです。

 

Sigmundの死、ゴンザレスが重要人物である理由

 

彼は、もっと大きな秘密の宇宙計画に持ち込まれたものをすべて失ったのでした、そして彼は、彼がすべてを知っていると思ったが、彼は何も知らなかったのでした。そのためこの話は、非常に細かく区分されていますが、大きな問題の1つである、ストーリー全体を実際に知っている人は誰もいません。

ゴンザレスは、この詳細な機密報告書をスライドに戻して、彼がマヤ人と訪問していた一連の他の存在と時間を過ごしました。彼はすべてを失いましたが、今や、このより大きなシークレットスペースプログラム・アライアンスの一部であります。

そう、これは独立宣言の調印のように現れる、これらの存在のいくつかの強化です。それは、彼らが誰であったかという理論的なものであり、最近の会合が、Coreyが説明しているところによると、同盟は、ansharと呼ばれる、おそらくインナーアースの人々のグループである、ということです。そして、スーパーフェデレーションは、何百万年もの間、地球上の人類と取引してきた、さまざまなETSのグループです。

 

Sigmundによる青い鳥の解釈により

 

Sigmundは、彼が月面作戦指揮会議のために、Coreyが月に連れてこられた最初のビデオを見せられたと言い、彼はみんながいたときに、Coreyの後ろに大きな青い鳥が現れるのを見た、と言いました。しかし彼は、これが多くの人にとって難しい内容だとは、思っていませんでした。なぜなら、青い鳥の存在そのものを見ることは、非常に難しいことだからです。ですが、Sigmundは、北欧人が私たちの頭に再び、それをねじ込んでいる、と思っていたことを主張したのでした。ようするに、青い鳥は、彼ら北欧のホログラムだと思っていてそれが本物ではなかった、と言いました。それで、私たちが本当に確信が持てないということだけを分かっている、というのが彼の意見でした。

そのため、これは空軍のDIAが部分的に開示したものであり、特定の情報をufologyに直接結びつけられない方法で開示する必要があると判断したものです。彼らは、彼らの情報開示のナットとボルトを作ることを計画しました。その計画は、最も実用的なUFO研究者に選ばれたものでさえも除いて、誰も参加することができません。

それで今私たちは、Sigmundが立ち上がる会議のこの部分にたどり着き、私は、あなたのために双方の御馳走を持っているのが、ゴンザレスとCoreyであると説明します。

 

SBAによって、障壁が建てられた場所とオウムアムア

 

SBAによって、障壁が建てられた場所に近づくと、船は監視されることになりました。これをカメラに切り変えて、説明しましょう。Coreyが語ったことの1つは、私たちの太陽系を中心にして作られたこの大きな球があったということです。彼らはある種の太陽閃光を期待しているので、そしてそれはどうやらドラコを捕らえました、そしてどうやら太陽閃光が起こるとき、ドラコは焼却されるでしょう。非常に複雑なSF映画のように聞こえます。これは、私の他の記事などこれらをフォローしているなら、ご存知のこととなりますが、宇宙の情報開示など、すべての種類のものです。

外側の障壁があったこと、それは巨大な球のようにそれは精力的ですが、それを通過することはできないということでした。ですが、彼らが障壁に向かってやって来るクラフトであることは明らかで、どうやらそれは、実際にそれが障壁を通過した、ということでした。

それでは戻りましょう。

SSPは、技術が障壁に衝突すると予想しました、しかしそれはそれまでにすでに使い果たされていました、しかし彼らは何が起ころうとしているのかわかりませんでした。

ゴンザレス、彼が、この船が誰のものであるかを調べるために遠征を導き、彼らがSSP船が古代の建造物船とドッキングしている、というビデオを見ましたか?それは明らかに、このオウムアムアが石でできていて、まるでそれが多くの流星群や衝突を経て、やってきたかのように見えました。

そう、これは、私たちがオウムアムアの芸術的な演出です。そして、これは、作られたアニメーションです。そしてこれは入って来た船とドッキングしたもので、あなたは、秘密の宇宙計画の技術のアプローチを見ています。そして、これもまた約1年前の公の場で公表されたとき…私たちがこれと公が一緒になったとき、私たちはちょうど同じステージにいました。船が今入って来ていて…そして、この非常に古い物の上に、船がドッキングしているのがわかります。

 

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました