Corey Goode Facebook Posts : 2018年10月2日 | コーリー グッド

Corey Goode Facebook Posts : 2018年10月2日

コーリー グッド
Thor_Deichmann / Pixabay

 Corey Goode Facebook Posts : 2018年10月2日

私たちは既にスタートレックの社会に住んでいます。私たちは変化の潮流を作り出しています。抑圧された技術の完全な開示だけでなく、積極的に自らを地域社会として公開しています。

 

Corey Goode Facebook Posts : 2018年10月2日

 

Corey Goode Facebook Posts : 2018年10月2日

Parker_West / Pixabay

 

コーリーグッド

 

原文:https://www.facebook.com/BlueAvians/

 

宇宙計画

 

宇宙

Free-Photos / Pixabay

 

(Corey Goode)

秘密の宇宙計画で人類が地球外にいるという概念は、多くの人にとって信じられないように思えるかもしれません。しかし、新しい情報が引き続き出てくるにつれて、私たちがどれだけ嘘をついているかの範囲はますます明らかになります。

私たちは既にスタートレックの社会に住んでいます。私たちは変化の潮流を作り出しています。抑圧された技術の完全な開示だけでなく、積極的に自らを地域社会として公開しています。

[このアップデートは、最後のものがどこから削除されたかを示しています。以前のすべてのアップデートにアクセスするには、https://stillnessinthestorm.com/にアクセスしてください。]

私の最後の詳細な更新から、いくつかの時間が経過しました。彼ら全員を書きとめることは言うまでもなく、私が私の経験を処理するのを許し、それらすべてを書き留めることが、決断できませんでした。

 

宇宙同盟、地球同盟、sba

 

Q Intel 秘密スペースプログラムが初めて打ち切られた

skeeze / Pixabay

 

私は、地球同盟、SSP同盟、アンシャー、ゴンザレスと彼のマヤの友人たちとの経験と訪問の非常に活発な期間を過ごしました。そして、地元のソーラークラスタに住む、52のシステムからの人間様の代表者を含む劇的な会議で、Blue Aviansが新しいグループのGuardiansを迎えるのを私は目撃しました。私自身、地球同盟の中で、さらに切望されたブリーフィングへのアクセスを開始しており、これまで以上に詳細な情報を、信頼していました。

しかし、古いガーディアンと新しいガーディアンの間のエキサイティングな会合の直後、私の経験は突然中断しました。夢以外では、もはやRaw-Tear-Eirや、Ansharと出会ったことはありませんでした。ゴンザレスとマヤ族の毎週の訪問は、突然説明なしで終わったのです。

 

突然の終わりとコールドターキー

 

禁断

johnhain / Pixabay

 

私はこれらの経験が突然終了した後、一種の撤退の状態に入りました。これらの経験を止めて「コールドターキー(禁断症状的な?)」を止めさせることは、おなじみの方法で、すべてにもなったことで、私の振動と精神に影響を及ぼしました。

私の体が統合することを学んだエネルギーはその後、私の生理学の変化を引き起こしました。これらの接触経験に伴うエンドルフィンの放出があおこり、したがって彼らがコールドターキーを止めるとき、私の体は、より低い頻度に調整しなければならないのです。これは物理的に排水されるだけでなく、心理的にも霊的にも課税されました。

 

内面と向き合う期間

 

私は内面に集中し始めて、ちょっとした時間を取って形にしようとしました。

 

化学療法

 

数年前、私の肩と前腕手術の後、私は適切な理学療法を受けていませんでした。最近、自分でやっていた理学療法を強化するために、軽度のステロイドが与えられました。

これは萎縮を大いに助けましたが、それによって私は悩まされて短気になってしまいました。私は、このリンクについて結論を出さなかったし、最初にその症状が、ストレスに起因すると考えました。私の振動は、Ansharが一定の期間、私に届かなくなったところまで下がってしまいました。

 

マウイ島での安息

 

マウイ島に住む最も親しい友人の2人は、子供たちがテキサス州の家族と夏のうちのいくつかを過ごしていた間に、数週間滞在するように私たちを招待しました。私は安心して彼らの申し出を受け入れられるほど安息が必要でした。

 

インナーワールド

 

洞窟

kellepics / Pixabay

 

Ka-Areeと繋がる

 

Ka-Areeが、最終的に突破することができたのは、マウイでの2週目の終わりまでではなかった。彼女の 「STOP!」、「あなたは止めなければならない!」という叫び声を、聞くことができました。

これは、私たちが普通に持っていた鮮明で感情的な豊かなコミュニケーションのようなものではありませんでした。それはあなたのヘッドホンで大きな音を鳴らしている間に、となりの部屋から、あなたに叫んでいるようなものでした。

私は、すぐに彼女がステロイドの服用をやめさせようとしていることを知り、その朝にそうしました。私がステロイドの使用を中止して数週間後、私の心がはっきりし始めたのです。

 

寺院でヒーリング

 

それから私は突然、Ansharの寺院の中のおなじみの部屋に運ばれました。以前、Areeがエンティティの添付ファイルを削除したときと同じスラブテーブルに、私は自分自身を発見しました。

私は見下ろして、アリーと彼女の妹アリが私の下腹部に立っているのを見たのでした。彼らは、Areeが前回使用したときと同じ、クリスタルワンドを持っていました。彼らは次に、特定の1つのチャクラを杖で支えました。そして、その過程で、若干唸る音を出しました。

私は何が起こっているのか?尋ねようと努力し続けてみたのですが、両者は手のひらを手のひらに置き、「静かに。」と言いました。彼らは言語の言葉を前後に話し、何度か試してみました。

突然、部屋にはエネルギッシュな圧力変化がありました。 Anshar とPriestesses(女司祭)の両者は、私の頭の上を見て笑ったのでした。私は、何が私の後ろに現れたかを見るために、頭を上げて戻してみることにしました。

 

アフリカ系の男

 

私はアフリカでズールー族が見た映画を私に思い出させた、背の高いアフリカ系の男を見ました。

私はこれらの人たちを何度か見ていて、Miccaとの最後の会話のおかげで、彼らが誰だったのかよく知っていました。彼は彼らのことを非常に強力な「シャーマンの文明」と呼んでいました。

 

ドレイコが決して克服できなかった、スターシステム

 

私たちの地元の星団には、50以上の人間文明がありました。言及されたものの中で最も注目に値するのは、ドレイコが決して克服できなかったスターシステムでした。住人たちは、非常に高度な意識を持ち、彼らのシステムに侵入しようとする者を混乱させ、敗北させたのでした。

これは事実上、電気を基本としない技術を開発した人類の競争でした。彼らは敵の心を混乱させて、仲間の心を遠くから落ち着かせることができるように、精神的な能力を発達させました。

このグループは、精神的にも精神的にも援助を提供したり、参加した少量の貿易を要求するために、地元の星系すべてに精通していたとして、知られていました。人口の特定の割合は、他の世界を訪れるようになりました。

私は、このグループと私の手の詳細については、近い将来に彼らの経験がいっぱいに行きたいと思っています。

この最新の経験は、私の最初の実際の物理的な相互作用でした。

 

男の不思議な動きと愛に満ちた表情

 

テーブルの上に横たわって、私は、彼が私に向かって非常に素早く傾くのを見ました。彼がしたように、彼は、手のひらの上から細かい淡いパウダーを吹き飛ばしたかのか、まっすぐに口から出てきたので、私は、その視点からはわかりませんでした。

淡い煙の雲が、目のまわりで私を襲った。Ansharの一人が、私の顔と目を布で拭きました。

私の目は水が湧いていて、少しぼやけていた。

私の目が晴れると、私は彼の顔を見ることができたのでした。彼は、大きなフィギュア・タイプの動きで踊っていました。彼の腕は、私が感じたり、聞いたりできなかったリズムまで、汲み上げていました。迅速かつ集中的な呼気と一緒に、床を掃く足以外の音はありませんでした。彼は愛に満ちている目で、彼の顔に暖かい笑みを浮かべていたのを見たのでした。

突然、彼は踏ん張り、自分の腕をまっすぐ拍手して、私は、実体が解放されたと感じました。私は彼らが去っていくのを見ていませんでしたが、はっきりと感じました。

 

Areeに告げられたこと

 

スペース

skeeze / Pixabay

 

私は再び周りを見回したとき、それは部屋のAreeと彼女の妹でした。

Areeは後になってから、私自身がこの傷を自分で負わせたために、彼らが失望しているのを見たことを伝えました。また彼女は、私の手の届かないところでは、私の振動が重なり合っていなかったため、私のチームメンバーの一人に手を差し伸べていた、と言いました。

 

チームメンバー

 

彼女は、このチームメンバーは、ほぼ一定したダウンロードと、夢のコミュニケーションに対処するための同様の学習プロセスを経ていて、準備が整い次第、私のチームのいくつかと一緒にそのコンジットを引き続き、利用すると述べました。

彼女は、もう一度私たちの集団のための正のタイムラインを明らかにするために、少しの時間を知らせてくれました。彼女はまた、私の3日間の訪問を自分の人と起こした出来事を、持ち出しました。

私は今後、事件について詳しく説明します。Areeは、私が表面からの彼女の人間の訓練生のもう一人と、いくつかの活発な仕事をしてくれました。それは、グループの設定にあって、私のために、非常に恥ずかしいことに、終わったのでした。

 

チャクラの通路

 

プロセスは、その目的を果たし、高密度(意識)の存在との出会いのために、エネルギー経絡が、バランスを失っていることが明らかになりました。より高いチャクラは、高いエネルギーで鳴り響き、私の低いチャクラは、はるかに低い振動を示しました。

私は、私の過去からの特定のトラウマに対処していないと言われました。これは、私をバランスのとれないものにしていただけでなく、これらのエンティティの添付ファイルのアンカーと出入口としても働いていました。

 

mind meld

 

私は、カルマに取り組んで進歩を遂げると、アンシャールとの30日間の没入的滞在のために、2018年8月に招待されると言われました。彼らが要求したこととは、正反対のことを明確にしていました。私が仕事を終えるまで、その申し出が取り消されたと、私は知らされました。

Areeは、彼女が以前に私とやった 「mind meld」からのこれらのトラウマに非常に精通していたのでした。その「合併」は私の意識を大きく向上させ、多くの非常に肯定的な変化をもたらしました。

 

TOSのエピソード「ダガー・オブ・ザ・マインド」に最初に描かれたマインド・メルトは、思考、経験、記憶、知識を別の人物、本質的に限られた形式のテレパシーと共有するためのテクニックです。それは、通常、被験者との物理的接触を必要とするが、接触のない心の融合が見られる。

マインドメルド

 

私が知らなかったことは、この合併が、AreeとAnsharの共同意識の両方に悪影響を及ぼしたということでした。彼女は、Ansharの間では、まったく異なる彼女の個人的な関係の中で、第3の密度感情の不安と混乱に、対処しなければならなかったのでした。

Areeの経験を私と統合するには、時間がかかりました。 Ansharの長老の一人は、その経験は彼らにとって非常に不愉快だと教えてくれましたが、私たちに、さらに多くのことを理解させるための基準と、もう少しの視点を与えました。

 

アース・アライアンスと連絡

 

geralt / Pixabay

 

私は仕事をやり始めて、私の胃の病気の中で、私が本当に台無しになったことを仕事に取り掛かるために、帰宅しました。

 

2つの連絡先

 

この経験の直後、私は通常のアース・アライアンスの連絡先の2つの連絡先に、連絡を取りました。彼らは、私と一緒に動揺しました。なぜ、私が別の資産にメッセージを届けなかったのかを、尋ねていました。

一般的には、私は、デブリーフィングが必要であるか、会議やグループのコミュニケーションに参加する必要があるかどうかを、相互の連絡先に知らせるよう求められます。

私がステロイドの副作用を経験している間、彼らは、明らかに、私が前にやったばかげた仕事のように思えるものを私に与えていた。私は通常、そのような要求の18時間以内に反応しましたが、私のfrazzled(くたくた)状態で、私はそれを完全に吹き飛ばしていましたし、さらに私がそれについて尋ねられたときに、要求を思い出させませんでした。

 

連絡先の動揺

 

これらの連絡先は、状況のために過度に動揺したように見え、奇妙なやり方で行動し、警告旗を送りました。彼らはまた、私のチームメンバーの1人についての情報を、奇妙な方法で私にポンピングしていました。

数週間後、私が定期的に会話してい、た主要な連絡先の1人が私に連絡をとり、私が情報を提供するように求められていた両者が、侵害された疑いがあるか、どうか質問したのでした。

私は誤って、セットアップを避けていることを知りました。私は私にとって、または、私が気にする人にとってうまくいかなかったポジションに入れられました!

これらの2人の連絡先は、私が高度な技術についての文書を「認証済み」にするように、手配していました。彼らが実際に行ったことは、私が銃門を盗むための「オーセンティケーター」のために文書を開いている状況を設定したことです。

 

互いに信頼できないようにするための戦術

 

これは、後のブリーフィングにつながりました。そこで、ここ数週間、アライアンスにかなりの後退があったと言われました。同盟は浸透していて、アライアンスのいずれのセルも、互いに信頼できないようにするための戦術が、使用されていました。

Alliance間の信託がせいぜい暫定的だったので、これがかなり効果的だったと、私は話されました。
不可欠で、信頼された関係が賢い心理作戦(心理作戦)の使用から質問に入れられた状況を、彼らは準備しました。

この戦術のために落ちたいくつかのアライアンスセルは、ハイテク手段とローテク手段を介して他の細胞のメンバーを構成することに頼っていました。このような細胞間の信頼の欠如は、現場の人々に伝達される操作上の情報をほぼ完全に破壊した。

 

ソフト ディスクロージャー進行中

 

 

作戦

TayebMEZAHDIA / Pixabay

 

地球同盟のソフト開示と宇宙軍

 

私は、地球同盟が、MIC(軍事産業複合施設)シークレットスペースプログラムの部分開示物語、をプッシュすることに全面的に同意したと、さらに言われました。

地球同盟は今、米国宇宙軍に誇大宣伝を広めるとともに、2020年に至るMICに属する三角形の舟艇の公衆の「目撃」を手配することで、「すべてのストップを撤回する」ことになりました。

 

部分開示のプッシュと問題点

 

私は、彼らが大胆にMIC SSPの部分開示物語をプッシュし、無関係の犯罪や、軍事裁判所の非公式のために、Cabalの多くを試していると言われました。軍事裁判所が「ウォームアップ」していて、連邦巡回控訴裁判所長官、および地方弁護士と接触して、協調行動を調整していたことについて、数ヶ月にわたって説明されました。

つまり、完全な開示を支持する固い物語は、かつては私たちの味方であった人々によって最小化され、信用されなくなってしまうのです。秘密の軍事裁判所で、多くのカバールを試みるという合意は、多くの他の同盟団体も、武器に入れています。

私が聞いていたことに反対すると、今後10〜20年間に公開する予定の技術が世界を変え、人口はすでに十分に傷ついていると言われました。それ以来、これらの点や他のいくつかの点で、地球同盟内で一種の戦闘が起こっています。

 

意思決定無しの同意

 

同盟のリーダーシップは、通常の意思決定を経ずにいくつかの合意をしていたことが判明しました。これには、同盟のある重要なメンバーがリーダーシップを少し信頼していると感じています。

私の即時同盟関係の喪失と、勢力の争いを忘れて、今後のあらゆる高等ブリーフィングをかなり妨害してきました。私は時々、広範囲の脳卒中の要約を得るが、それを求めた後にだけである。

他のすべての上に、これは非常に心配して、少なくとも言わないままでした。

 

今後のフルディスクロージャープロジェクトの方向性

 

light

12019 / Pixabay

 

プロジェクトの行く末と別の視点

 

それ以来、私は「フレンドリーな資産」であったものが、FDP(full disclosure project)の動きを有効にするかどうか、疑問に思っています。私のチームと私は以来、ついに日の光を見始めている、いくつかのプロジェクトに焦点を当てました。

ロジャー・リチャーズは最近、ハロウィーン2018で公開される最初の映画「Above Majestic」を完成させました。The OrchardはiTunes、Xbox、Amazon Prime、VUDU、Google Playで、世界中に配信されます。

また、グラフィック小説を完成させて、10月末に利用可能になる数百人の人が、前もって準備しています。このグラフィックノベルのプレリリースの成功は、私たちもガードされた!

 
マジェスティック・マスカレード

 

コロラド州ボルダーにあるハロウィーン2018で、赤いカーペット「マジェスティック・マスカレード」を投げ、映画とグラフィック・ノベルの両方をデビューさせます。

 

majesticmasquerade

https://www.majesticmasquerade.com/

http://majesticmasquerade.com

 

それだけでなく、公開に関連した豊富なコンテンツを公共部門に持ち込むキャンペーンを開始しています。 Above MajesticやGraphic Novelの立ち上げに関連して、コロラド州ボルダーにいなくても、イベントに参加する方法をご検討ください。

 

フル・ディスクロージャー・プロジェクトの見通し

 

今後の数ヶ月で、フル・ディスクロージャー・プロジェクトのさらなる見通しを立ててください。私たちは、カバールのテイクダウンから、グローバルなスピリチュアルな目覚めに至るまで、話題のドキュメンタリーを、リリースします。

 

チームは成長していて、集団の声が集まって、信じられない創造的なプロジェクトが生まれています。

私たちはちょうど始めています。

私たちは近い将来、これについてさらに多くのことをすべきです。

 

これらのプロジェクトの目標は、SSPと公開のトピックを主流にするだけでなく、視聴者の意識を高めることです。我々は、これが新たに目覚めた人々の動きに発展させて、抑制された技術の放出を要求することを願っています。

私たちは、一般の人々の中で今起こっている大きな目覚めを見ています。目覚めのプロセスに役立つメディアを作ることができれば、世界に大きな影響を及ぼすだけでなく、このコミュニティにも影響を与えます。

 

フル・ディスクロージャー・プロジェクトの真の狙い

 

誰かが「Above Majestic」を見て、その後、エイリアンと、Break Away Civilizationsの話が、真実であるという主張に基づいて、SSPについての長編映画やシリーズを見に行くとどうなりますか?

そうすれば、他のプラットフォームで、自分の情報に名前を付けて自分の情報を見つけることができる、何百万人もの人々が、潜在的に存在するでしょう。彼らは、この業界の他の人たちが何十年も一般に公開しようとしている情報を見て、そこから分岐します!

私たちが、UfologyとEsotericコミュニティの正確な情報を主流にもたらす方法を見つけたら、両方のコミュニティが、彼らのキャリア全体に到達したいと思っている人々のタイプから、関心が急激に広がります。

 

もしこれが起これば、このコミュニティが、これまでに受けたことのない最大のテストになるでしょう。

私たちは、大衆の意識を拡張したりマニキュアするために、新しい宗教や信念のシステムを必要としないことが判明しました。

私たちは今、否定的宣伝に使われたメディアを取って、その強力なツールを使用して、心を解放し、私たちの集団意識を拡大する機会を得ました。

 

私たちが目を覚まし、意識を広げてから、抑圧された技術のリリースを要求し、本当に自由を体験します。

 

Corey Goode
http://spherebeingalliance.com

 

その他

 

うーーーん。ソフト開示が前面的にプッシュ。…そういえば、たった今、テレビでそういう内容のものが放送されていた。

そうなってしまうと、最先端技術が提供してもらえない?お金の支配が終わらない?人類の進化はあまり変化しない?ということ?…と、思ってしまいそうになりました。full disclosure 成功させたいです。

 

コメント

  1. ヒラタ より:

    こんにちは。初めまして、ヒラタと申します。
    Facebookの記事翻訳ですが、機械翻訳で読んでいましたが翻訳記事を投稿して頂きありがとうございます。

    hukuさんと同い年・同郷と知りびっくりしました。
    記事投稿、ご活躍を応援させて頂きます(^^)

    • huku より:

      ヒタラさんへ

      ありがとうございます(/ω\)

      >hukuさんと同い年・同郷と知りびっくりしました。
      ほんとですか?!(;・∀・)うれしい…。なんだか(*ノωノ)…。

      昨日から、ちょっと気分が落ちていたから、ブログに対する意識が落ちそうだったため
      助かりました(´;ω;`)
      もう少しがんばろうと思えました。よし。

      そうですね…。コーリーさんの投稿関連は、すぐ削除されるかもしれない、と思ったため、急いで書きました!
      どうなるのか?全開示の扉が少し閉じてしまった気がしたのですが…。
      小さい事でも、コーリーさんたちのプロジェクトの力になれればいいな、と。
      …(;・∀・)微力ですけれど…。

      ありがとうございます!!
      いつでも、遊びに来てくださいね~(^^)/~~

    • huku より:

      ヒラタさんへ

      hukuです。
      了解しました(^^)/
      めっちゃ、勉強になり嬉しかったです!!
      ちょっと、さきほどまで頭痛がひどくて寝込んでいたのですが、今治りました!
      いつでも、遊びに来てくださいね^^

      今知ったのですが、アイコン設定、おかしいですね(;・∀・)
      直してみたいです…すみません!

タイトルとURLをコピーしました