コーリーグッド:スピリチュアルな目覚めが必要 | コーリー グッド

コーリーグッド:スピリチュアルな目覚めが必要

コーリー グッド
spirit111 / Pixabay

コーリーグッド:スピリチュアルな目覚めが必要

多くの人々は、私たちはこの進化プロセスを通過すると、スピリチュアリティは、それの非常部分であることを認識していました。50年以上にわたりETSが私たちに来て、私たちに2つのメインを与えた理由があります。

 

コーリーグッド:スピリチュアルな目覚めが必要

 

コーリーグッド:スピリチュアルな目覚めが必要

yyryyr1030 / Pixabay

 

 

Corey Goode: Disclosure Needs Your Spiritual Awakening | Above Majestic Producer Exclusive Interview

 

 

Corey Goode: Disclosure Needs Your Spiritual Awakening | Above Majestic Producer Exclusive Interview

 

ナレーション:

リリースの初日、映画above majesticが、iTunesとAmazonのトップドキュメンタリーになりました。

今日のエッジ・オブ・ワンダーでは、壮大なプロデューサーのコーリー・グッドと監督のロジャー・リチャードが、映画の制作と公開コミュニティでの裂け目を作り出す部門について話し合いをすることとなりました。

私たちは、ワシントンDCでの開示祭での大衆瞑想イベント、あなたが聞いたことのないエリート層の同盟関係に関する論争を探求し、なぜ、善良な人たちがQ自身を除いて、特定の情報源を信頼しなくなったのか、について話し合いました。

それでは、エッジ・オブ・ワンダーのエディションによって、あなたの脳に、直接大きな精神的データをダンプする準備をしてください。

 

 

ロブ:

こんにちは、皆様を歓迎いたします。
私たちはあなたのホストです。ロブです。

ベン:

ベンです。

ロブ:

今日は、皆さんのために、特別なエピソードがあります。

ベン:

これは確かです。プロデューサーのコーリー・グッドと、監督のロジャー・リチャードにインタビューしています。両方とも彼らが映画above majestic制作者として活動されていました。

ロブ:
皆さん、お会いして本当にエキサイティングです。ありがとうございました。

コーリー:

ご招待いただき、ありがとうございます。

ロブ:

私たちは、実際にあなた方双方に多くの質問を持っていますが、私たちが、実際に話したかったのは、ディスクロージャー・フェスタの権利についてでした。
ロジャーは、それについて少し教えてくれてますし、なぜあなたがそれが重要だと思うかということについてです。実際に大量瞑想の権利を持っていますよね。

コーリー:

そうではありません。

 

[DISSCLOSUREEFEST 2018]

 

ロジャー:

コーリーは当時、アドリアン・バレラと一緒に大衆瞑想をサポートしていました。そして、このイベントは、基本的に人々を共通の団結のために集めることについて、焦点を当てています。

意識の観点から、瞑想と祈りを通して意図を出すことに焦点を当てています。その結果、真実が表面に来る真実と、明らかにされた空間で、実際にこの世界で何かが起こっています。そして、そのときの空間は、全員が一緒に静かで調和したようになることも目的でした。

皆さんのより良い未来を視覚化してください。そして、この移行は、真実が表面に来ていることを知っています。うまくいけば、もっと穏やかなものになるでしょう。

この動きは今、11月11日に起こります。誰もが出てきて、参加するように求めています。できなければ、D.C.にいるので、一緒に大衆瞑想を行いたいです。

もし、それができない場合は、11月11日、あなたの故郷で、あなたの家から、参加してみてください。11月11日、オフィスに入るとき、あなたはもっと良い世界を目指すことになり、真実が明らかになっていくでしょう。

ロブ:

それは素晴らしいことです。

コーリーも、大衆瞑想について意見があるかとと思うのですが…。それは、あなたがその権利を導くことになるからだろうと思っています。実際、あなたの目標は、何なのでしょうか?

 

[FULL DISCLOSURE POJECT]

 

コーリー:

私は、アドリアン・バレラと一緒にそこにいるつもりです。彼が、実際にそれを導いているので、私は彼をサポートするつもりです。

それは、いくつかの運動の法則です…私たちがしようとしているのは、大衆意識や共同意識の力を示すことです。現時点で、合意した現実に住んでいることは分かっていますが、この現実に対して賛否する場合、それらは吸収されるでしょう。

もしも、この現実が潜在的可能性を持っているなら、私たちが一緒になったとき、それが潜在的なものを推測し、それを私たちが入れたものに変化するでしょう。

その場合の意識は何かというと…すべての意識です。

私は、Infinite Creator(無限の創造主)が、二重性について、理解したかったことを知っています。

だから彼らは、あなた方の視点から、あるいは、彼らが望む視点から、それを理解したくなかったのです。

すべての可能な視点から、それを理解するために、1人の無限の創造主が、この電気宇宙に、肯定的および否定的に爆発させました。

ご存知のように、それは極北の宇宙であって、私たちのそれぞれは、この経験を持つ、無限の創造主の一人であり、私たちの個々の経験は、それぞれ、私たちの他の経験のどれかと同様に、重要なものなのです。

なので、誰1人、重要でない人はいません。

これは、私たちの権力を理解する方法であって、もはや私たちの主権を、放棄しないようにするためのものです。

私たちの小さな作品のパワーをコマンドにして、その力を使って、これを誰にとっても、よりポジティブな現実に転用していきたいです。

ベン:

あなたが言っている通り、何かが実際に起こっています。

あなたが話してくれたことに近いことを自分も推測していました。また、たいていの人が、本当に、これを開発するタイプの人たちのことを恐れています。

私たちの理解から、私たちが本当に自分たちの可能性を知っていた場合、私たちの周りを変更することができるでしょう。

いわば、世界はマトリックスのようなものだと思っています。

仮に、誰もが非常に否定的だった場合、もちろん、私たちの周囲の環境は非常に否定的なものになります。

反対に、誰もが非常にポジティブになるとき、私たちの周りも、人々も、ポジティブになり、互いによりオープンで、思いやりのあるものに、変えることができるようになるでしょう。

コーリー:

ええ、その通りです。ご存知の通り、暗い勢力は、ポジティブなレッスンと同じように、そこに存在しています。

私たちは、二重性を持っているのです。だから、私たちには、否定と暗黒はその一部であり、恐怖に陥るのではないことを知っているという事実を、受け入れなければならないのです。

ベン:

それが本当に重要だと、思います。

ロブ:

それは確かに素晴らしいメッセージです。実際に、良いニュースが、above majesticにありました。

私は、プロデューサーがコーリーであって、ディレクターがロジャーであることに意味があると考えています。この映画が出てきたとき、ベンと私は、もちろん見ていることについても意味を感じています。

映画において意味を考えた中で非常に強力なこと、それは、iTunesのドキュメンタリーリストと、Amazonランキングで、実際にトップになったこと、ここに意味があると思っています。

 

ディビッド:

「彼らは実際にあなたを殺すかもしれません。」

映画 above majestic より

 

 

[ABOVE MAJESTIC]

 

ロジャー:

映画のためのFacebookの広告のすべてが、終わったことについてですが、ええ、それはかなりショックでした。
国家的な重要性の問題については、禁止されています。そして、今、特にあなたが見ている主流の中で、情報戦闘が本当の世界に存在しています。その面を見られる点については、面白いことだと思っています。

あなたは、自分のようなジャーナリストをご存じです。あなた方が人々に本当の情報をもたらす限り、人々は、その道に沿ったものを持つことができます。

また、それがどれほど貴重なもので、ご存知でしょうが、ときに私たちの情報や誰の情報が抑制され、私たちの映画がそのような立場から禁止されていることを見ていて残念だということも、理解しています。

しかし、最初の日に、AmazonとiTunesで1位になり、レビューもありました。私は映画のレビューを見て、人々が草の根レベルでこれをサポートしていることを意味している、と思いました。

それはもはや、抑圧されていない人々は、今このタイプのストリートメディアを取得する方法として、他の人とコミュニケーションをとり、このことについて話すというものに、変わっているということです。

このように、私たちの使命が育ったのは、この惑星の意識が浸透し、その爆弾を投げ捨て、どこに行くのかを知ることによってでしょう。それが私たちをほぼ破壊したことを、あなたはご存じです。

物理的にも精神的にも、8ヶ月以上にわたって私たち全員を知ることを試みる作業は、狂った仕事ではありましたが、私たちはそれをすべて抱えていた予算であって、それは大きなクーデターでした。だから、それがどこに向かっていくのかを見ることは、美しいことだと感じています。

ロブ:

まぁ、ですがロジャー。この映画は、あなたの最初の作品ではありません。私自身、これも何かの意味があると考えています。
実際に、あなたが手がけた過去の映画との違いは、何なのでしょう?

ロジャー:

今回の映画は、私にとって初の長編映画となります。

私は、長い間ビデオ編集を勤めていました。以前から音楽活動のものを扱っていたのですが、本当にそれは、クレイジーなパンク・ロック・グラインド・メタル・バンドなど、そういったものが、たくさんありました。

私たちは、さまざまな種類のモンタージュで、自分の音楽や、パフォーマンスアートスペースで、ビジュアルイメージを、ミキシングしたビデオ編集に進みました。

それから何年にもわたって、ビデオエディタの視点から、視覚的な形を使って、人々を行動に導くことができる作品を一緒に集めていました。それは本質的に、宣伝が、メディアを通って、どのように働いているのかというものでした。

小規模なビデオ、マイクロコンテンツは、ご存じのように、これらの多くは、コーリーの仕事をサポートしています。フル・ディスクロージャーの作品は、あなたの知っている、David Wilcockの作品を、他の多くの方法で投影しています。

ですがこれは、私にとっての最初の長編映画でした。確かにそれは学習経験だったし、それは生まれたばかりの赤ちゃんのようなものでした。

ロブ:

それが素晴らしい映画だということを意味している、と思います。

ベン:

コーリー、何か付け加えることがありますか?

コーリー:

彼は、基本的に私が言うつもりだったことのすべてを話しました。私たちが、ディストリビューターに話をしたとき、それは本当に素晴らしいことがおこりました。

そして、ドキュメンタリーがそれをリリースした日に、ナンバーワンにランクインすることはめったにありません。また、iTunes全体のビデオリストで、19位または18位になることはほとんどないのです。これはかなりクーデター的なことである、とロジャーが言ったようなものでした。

またこれは、主流に、この種の情報をもたらす水としてのテストでもありました。

このことによって、自分自身のような人たちや、より大規模な視聴者にアクセスできるようになる可能性のある人たちのために、多くのチャンスが現れ始めると思います。

 

ロジャー:

コーリーがこの映画のようなメディア自体で話しているということのポイントでは、これまでに、一度も主流で話されていなかったことです。

ご存じのとおり、この映画の情報の組み合わせたものですが、ジョーダンは、アドレノクロムについて話していますし、ご存じの通り、コーリーは、トゥエンティ・アンド・バックについて、話しています。

また、知っての通り、ディビッドによって得た秘密結社に関することや、数千年前から続く大統領の血統などがあります。

これは、世界のより広い意識が、今この情報のために飢えているオープンゲートのコミュニティの私達全員のためのクーデターとなるでしょう。

この戦いを、独創的なクリエイティブな戦争に変化させるために、皆さんが、もっと働きかける必要があります。私たちのスキルセットのあらゆる部分に、創造的なスタンドからアクセスして、そこにこの情報を挿入することです。

私たちは、すでに機械を宣伝するように設定されていたために、勝利することができました。その部分に侵入ることができ、その後、創造的な立場から、私たちの情報を挿入すれば、それらは邪魔になるでしょう。

 

ベン:

結局、それは私たちが見たものであることを意味していて、私たちは、人々を信じることができなかったことを意味することになりました。

 

ロブ:

ご存じの通り、よくあなたが、我々のチャンネルへの反応ですが、新しい種類ものでした。まるで、大当たりの…ワァオ…って感覚を抱いたんです。つまり、ちょうど、それが本当に価値があったってことが言えますよね。

そして、私たちにとっては屈辱的でもあります。ええ。ちょっとそれは、ちょうど、私たちが行っているショーですが、コーリーのファンであったときのように、驚くべき旅のようでした。そして、今、あなたたちとここで話していて、それは、ちょうど、すまさしく、シュールで、くらくらするようなものです。

 

ベン:

あなたの映画を見て、その通り、本当にそう感じます。私自身、私たちすべてが同じゴールを持っているようだ、ということを理解します。私たちは、人々に開示を行い、またその人たちが、他の人たちに開示することを理解することを、望んでいます。

この世界では、この世界の向こうに、本当に考えていそうにない場所にいるいくつかの人々がいること、そして、私たち自身の2つの目で見ているものよりもはるかに多くの人々が目を覚ますため、双方にとってワァオとなるようなことが、この映画で、大きく実現できたのではないか、と思います。

本当に、多くの人々がここに入ってくることについて、私たちは、それを見ていくつもりです。そして、私たちはそれを実際に見てきました。そして、何が頭出しで起こっているのか、そして、実際に行動している政治と、異なる動きで起こっていることについて、見ているようでした。

 

コーリー:

そうですね、私たちが見ているのは、偉大な覚醒がQのタイプの人々だと言ったような目覚めを見ているのが分かります。しかし、最後に、私たちは開示の次元を持っていました。私たちは何人かに尋ねました。彼らは、私がここで何人いるか覚えていない3~400の人たちのように、覚えていませんでした。これは、いつものように最初に起こる出来事です。

3/4の人たちが挙手し、私たちは、ショックを受けました。私たちがこれらの人々と会った時には、彼らは、一般的な人々で、大部分の人々が、彼らのほとんどが、これらの会議の1つであると考えている風変わりな人々ではなかった。

そして、私が思っていることの1つですが、ジンの問題を抱えている古い警備員は、すべてのこれらの若い人であると思います。彼らが扱う情報のすべては、約50年以上前のロズウェルや、何かについて、知っていました。そして、すべてのこの新しいタイプ情報が入って来て、それの多くについて、精神的な小声を持っています。

そして、彼らは Wowのようなものです。あなた方の選択は、それはコードでなければなりません。しかし、多くの人々は、私たちはこの進化プロセスを通過すると、スピリチュアリティは、それの非常部分であることを認識していました。

50年以上にわたりETSが私たちに来て、私たちに2つのメインを与えた理由があります。

意識を高めたり、より精神的になり、抑制された技術のリリースを求めるメッセージが出された場合は、両方のバランスを取らなければならず、それ以上に、荘厳に話をしました。スピリチュアルなバランス偉大な善悪に潜在する可能性のある技術を扱うことができるようになるための、覚醒と責任です。

ロジャー:

コーリーは、above majesticの要点を思いつくことが、正確なようです。その焦点は、ご存じの通り、私たちが自身の核爆弾を持つ能力に達する時期のことを示すことになっている映画を意味する、と考えることができます。

私たちは、総体的な意識の責任を正式に凌ぎましたが、テクノロジーはそれを上回りました。その時点で、人類にとってこれらは何を意味していたのでしょうか?

この映画の最後のメッセージは、コーリーが言っていることとまったく同じで、抑圧された技術を公共の利益のために一般に公開することを、政府と企業に求めているのであれば、そのような技術の責任と説明責任を扱う社会としての意識を、高める必要があります。

ベン:

まさにそうですね。

それは大いなる力を持ったスパイダーマンが、自分に大きな責任を負うことを思い出させるようなもの、と重なります。
人々のレベルと、理解と意識を上げなければならないような目標があることを知ることと同じですが、同時に、この責任のようなも必要です。

お互いに、ただ、叫び続けたり、叫んだり、戦ったりすることができない場所を、認識しなければなりません。
それは、私たちが、一歩後退して、真に、お互いのことをとても思いやりのあるものと考え、本当に、最初に、許しを抱くこととなります。

ロブ:

そして目を覚ます。

ロジャー:

目を覚ますと、みんな目を覚ますようです。

 

ナレーション:

一つの簡単な解決策で、世界のすべての暗闇と心の痛みが目の瞬きで持ち上げられる可能性があると、言ったとしたらどうでしょうか?

この解決策を隠すために、戦争、飢饉、環境破壊の原因が存在する、とも言いました。今日、人類は、その問題を解決するために、これらの問題をすべて解決することが必要です。そして私たちを止める唯一のことでもあります。

 

 

ロブ:

完全開示プロジェクトが何であるかについて、皆さんから少しお話しいただけますか?

 

————————————————–

 

次回に続きます。

 

関連記事

コーリーグッド ディープステート 最大の敵を明らかに

コーリー・グッド 同盟運用状況の更新と過去の証言の確認

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました