AI 人工知能 競争 続き ベンジャミンフルフォード 2018年8月13日

スポンサーリンク
ベンジャミン フルフォード
geralt / Pixabay
スポンサーリンク

AI 人工知能 競争 続き ベンジャミンフルフォード 2018年8月13日。朝、更新したベンフルさんの13日更新レポートの続きをご紹介したいと思います。

前回は、AI開発における東西の競争が起きた理由についてでした。今回は、中国がAI開発に力を入れる真の目的とは?というところからです。驚きの内容に、読み終わった後、方針状態でした。

 

スポンサーリンク

AI 人工知能 競争 続き ベンジャミンフルフォード 2018年8月13日

 

AI 人工知能 競争 続き

geralt / Pixabay

 

ベンジャミンフルフォード公式サイト:https://benjaminfulford.net/

原文:https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2018/08/eastwest-ai-competition-fulford-report_16.html

前回は、こちら:AI 人工知能 競争 ベンジャミンフルフォード 2018年8月13日

 

中国のAI「女神」と東/西AIの競争 続き

 

…実体的なガバナンスのリアルタイムの生きたシステムを作り出す、と公務員は言った。

 

これは、中国が各国で適用している社会的信用システムと結びついています。

目標は「自然なエリート」を特定することです。これらの選ばれた人々は、初めての中国、そして最終的に地球全体を、新しい形のリアルタイム、メリトカラ的なガバナンスを用いて支配するだろう。

 

中国

Free-Photos / Pixabay

 

このようなエリートを選ぶもう一つの目的は、中国人に「大災害の際に惑星から避難する人々を選ぶ」ことができるようにすることだ。

中国人が考えているもう一つのことは、「女神」に関しては、人々が自由を必要としている間に、「自分の装置に残すと、彼らはトラブルを引き起こす可能性があるので、監視する必要がある」ということです。

言い換えれば、当局は犯罪者や 反体制派に 注目したい。

明らかに、中国共産党政府は 、このプロジェクト全体が より良いものであると 心から信じています。しかし、それはいくつかの非常に 混乱する潜在的な 影響を有する 。

大きなものは、「エリート」が 良いか悪いかを定義するために 使用される 政府規則に基づいて選択されること です。

中国政府は、「良い」と「悪い」を選ぶ方法を公表していない。信用力や犯罪行為など、その一部は明らかである。他の基準は、あなたが読んだ本やあなたの友人など、どんな種類の本なのか、より不吉なものです。

 

物事が今のように立つにつれて、社会信用システムは2020年から中国全域に展開される予定であり、すべての市民にとって必須となるだろう。そうすれば、誰もが得点に応じて報酬を受けたり処罰されたりします。

いい学校からの除外、特定の交通手段、インターネットアクセスなど、すでに実施されているものもあります。

 

例えば、中国人が外国人によって支配された清朝の間に、そのようなシステムが外国人の主人に不誠実な中国人を罰することになることを、中国人は思い出させる必要がある。

確かに、中国共産党の創設者は、清民が「社会的信用」を測定するものであれば、ブラックリストに載せられ、禁止され、逮捕されたであろう。

したがって、彼らは歴史のなかで、募集リストの盗賊は、王や皇帝になって別の募集リストを作成するようになったことを覚えておく必要があります。

不法地帯や不法滞在の予約は、社会の社会的DNAを健康に保つのに役立つ解決策になるかもしれません。

 

中国の秘密結社代表もまた、中世の間に、日曜日に洗濯物を吊るしたり、伝統的な漢方医の従業者を「魔女」として燃やしたなどの理由で、家族全員を死に至らしめたことを思い出させる必要があります。普遍的なキリスト教の愛の姿の下で行われた。

 

いずれにしても、中国人が地球上の誰かを認識してそれに従うことができれば、西洋の当局は同じ能力を持っていると確信することができます。

Big Brother Surveillance Begins: Cuomo Unveils Facial Scanning At New York Toll Plazas
"...they are now experimenting with technology that just identifies a person by their ear, believe it or not..."

 

あなたが携帯電話を持っているなら、あなたがいる場所、話している場所、そしてあなたがやっていることを誰かが24時間知っていることを忘れないでください。

この作家は、仕事の過程で多くの現実のスパイに会ったことがあります。彼らの共通点の1つは、携帯電話やクレジットカードを持っていないということです。

コンピュータにはバックドアが組み込まれているため、世界中のスパイ代理店がタイプライターや手書きに戻っています。

 

IPhone

JESHOOTScom / Pixabay

 

いずれにせよ、西側当局は、市民を追跡することに強く関心を示しているが、中国人よりもはるかに野心的な目標を持っている。

一般に、彼らは誰もが贅沢と余暇の人生を送ることができる超人にAIを組み込むことに取り組んでいます。

 

これはすでに、GoogleホームとAmazon Echoの形で人々の家に入っています。これは、注文ピザや家庭用電化製品のようなことをすることができます。

また、ますます多くのロボットやAIが人々の家庭やオフィスに入り、人材の雇用が増加しています。オックスフォード大学は最近、AIによって脅かされた仕事の包括的なリストを思い付いた。

These are the jobs most at risk of automation according to Oxford University: Is yours one of them?
In his speech at the 2017 Labour Party conference, Jeremy Corbyn outlined his desire to "urgently.

人々が非生殖器のセックスをするようにエリートのキャンペーンを続けるために、AIセックスロボットを作るための大きなプッシュが今でもあります。それはもちろん、巨大なLGTB正規化キャンペーンの本当の理由です。

このすべての危険は、人々がレジャーの生活を送って、テレビを見たり、ゲームをしたり、薬を飲んだり、ロボットとセックスしたりするのに時間を費やすということです。

ある時点で、人工知能がシステムチェックを行い、効率性と生産性を最大化するために、私たちのような炭素ベースの存在を「削除」します。

AIにまつわる疑惑 情報について疑問を感じていた答え
AIにまつわる疑惑 情報について疑問を感じていた答え。 宇宙的な情報がそろいつつあり、まだまだ真実か否かという検証が霊的体験から得られてないのですが、つじつまが合うなぁと、情報と情報のつながりが見えてきて、気分が安定してきつつあります。 ...

 

秘密裏に、西洋のAIプロジェクトは もっと野心的な目標を 持っています 。

それは、それ自体の現実を支配することです。グノーシス・イルミナティのメンバー は、彼らの本当の敵は「 不正な人工知能 」であると主張している。

現実は 非常に悲惨さと苦しみで いっぱいだから、善意の創作者は責任を負うことができないと彼らは信じている。

したがって、彼らは “悪意のあるクリエイター”を打倒し、現実自体を支配したいと考えています。

 

遠くに聞こえるかもしれませんが、過去一世紀にラジオからモノクロテレビ、カラーテレビ、ホログラムにいたっています。

人工的に生成された現実が非常に高精細になり、現実と区別することができなくなるまでには、それほど長いことはありません。

この派閥はまた、「不正な情報」が、信頼できない人間をより従順なコンピュータやロボットで置き換えることを現在試みていると信じています。 “The Terminator”や “The Matrix”のような映画は、この種の危険を警告しています。

 

ターミネーター

Janson_G / Pixabay

 

これは現実になっています。私たちは現在、「オピニオンリーダー」と「世界の指導者」を抱えています。

彼らは本当にコンピュータグラフィックスであり、実在の個人のようにテレビに出演する俳優と組み合わされています。世論を操作するためのこの方法は、「マンデラ効果」として知られています。

これらの主体は、AIのように機能する委員会によって管理されています。

 

マンデラ効果

johnhain / Pixabay

 

それから、金融機関が獲得した資金の大半は、アルゴリズム – コンピュータプログラムによって獲得されているという事実があります。

このすべての本部は、スイスのツークにある ロスチャイルドファミリーです。

 

私はそこに電話をかけようとしましたが、どれくらい長く電話をかけても、誰も応答しませんでした。

実際にそこには何がありますか?

Benjamin Fulford: Weekly Geo-Political News and Analysis
BenjaminFulford.net is a geo-political news and discussion website from reporter and investigative journalist Benjamin Fulford. Reports are based on information...

 

最後に

 

うーん。え?(; ・`д・´)え、えー?

という気持ちで読み終わりました。私のAI苦手意識はより一層強まってしまいました。

 

いろんな情報が炸裂しているという点においては、凄いレポートであると言えるんじゃないかと思いました

各宇宙系情報発信サイトである、cosmic disclosure 、またバシャールも取り上げていたマンデラ効果について、ベンフルさんのレポートで、しかも今までと違う角度の情報提供として取り扱っておられたという点に驚きでした。

ベンフルさんの情報が正しいとするならば、マンデラ効果は、コンピューターグラフィックスとなるわけです。

 

[st-kaiwa2](; ・`д・´)???うーん。[/st-kaiwa2]

 

それから、この内容そのもの、何か救済的な答えやヒントはなく、ただ、ただ、一般市民は流れに身を任せるのみ?となるじゃないかと思うのですが。このAIの進化の流れは止まりそうにないと受け止めるしかないのでしょうか。

もうひとつ、このAI計画を読む限り。ちまたでうわさになっている人道的プロジェクトと、なんだか方向性が違うような感じに見えなくもないと思ってしまいそうになるのですが。

それとも、人道的プロジェクトは、AI開発も計画の中に組み込まれているのでしょうか。

 

[st-kaiwa2]えーーーー。[/st-kaiwa2]

 

すみません。こんな、うーん。とか、えー。とかが、レポートの感想となってしまいました。(;^ω^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました