benfulford最新に関する ウィルコックのコメント

ディビッド ウィルコック
Victorfliscorno / Pixabay

benfulford最新に関する ウィルコックのコメント

ベンが今手に入れたこの非常にありそうな偽のブリーフィングは、ディープステートが現時点で、可能な限り多くのオールオアナッシングキルショットを目指しているという考えと完全に一致しています。

さらに、このビデオが公開された直後に、Deep Stateの人々が南極アトランティスを実施する計画を進めており、近い将来に海底での情報開示が破綻しているとの説明を受けました。

 

benfulford最新に関する ウィルコックのコメント

 

benfulford最新に関する ウィルコックのコメント

pixelcreatures / Pixabay

David Wilcock

 

david-wilcockによる、ベンジャミンフルフォード最新記事のコメント 日本語

 

ワオ。私は これと ベンと彼の主張されたインサイダーに はっきりと反対しなければならないでしょう。覚えておいて、皆さん。Benは それを彼に与える情報源からの情報を伝え、そして私たちに決めさせます。

Benjamin Fulford: Weekly Geo-Political News and Analysis
BenjaminFulford.net is a geo-political news and discussion website from reporter and investigative journalist Benjamin Fulford. Reports are based on information...

 
誰かが ベンに真実ではない何かを与えるのは 難しいことではないでしょう。そして残念ながら 私たちは過去に何度も起きなかったことで これを見てきました。

この新しいデータは、実際の情報を伝えることによっ てベンの信頼を得た可能性がある人々による、大統領に対する 意図的で調整されたヒットジョブのように 見えます。

私の情報源によると、トランプが 子供の頭にぶつかったことを示唆する知見を決して 聞いたことがありません。忠実な反対者が そのようなものを持っていたら、彼らはずっと前に それを使用していたでしょう。そして、特にすべてのリークされた 電子メールと共に選挙自体において。

 

私が信じていることですが、これが真実であるか、または 私がこのようなことを示唆する何かを聞いたことがあるならば、私はそれを恐れずに伝えます。この場合、全体がベンに着手し、同盟に対して彼のプラットフォームを武器にする、インサイダーの別の事件を絶対に攻撃します。

大統領は、DIDの選挙の前に、過去に様々な場所を通ってエプスタインの島に行ったことを認めています。彼はまた、そこで何が起こっているのかを見つけたときに、彼は行為を中断したことを非常にはっきりと示しました。彼がまだ プラットフォームを持っている間、これはアレックスジョーンズによって、明確に、そして繰り返し提示されました。

このようなデータが利用可能であれば、それはずっと前にAllianceに対して武器化されていたでしょう。

 

ごめんベン。これらの非難が真実でないならば、それは大いに中傷であり、そしてアライアンスアジェンダの裏切りです。

そして何を思う?あなたの最新の投稿は、真実ではないものを公表し、それによって中傷を犯したことに対する「コブラ」への謝罪です。これは、この個人がちょうどあなたが公表したものです。

Benjamin Fulford: Cobra is NOT "Wanted by the Law"
This article has come to my attention: It contains a false statement that I am wanted by the law in my home country.  That statement is NOT true and is actuall...

 

『この記事は私の注目を集めました』:

Benjamin Fulford: Looking forward to when all will be revealed
Ben, I have been reading your reports for the last few years and I am wondering who you are really working for.  There will be no world government and no world ...

それは、私が母国の法律によって求められている、という誤った声明を 含んでいます。そのことは 真実ではなく、実際は中傷的です。私は、自分の国でも 他の国でも 法律によって求められていません。

 

ベンが言っていることを識別し、他に利用可能なものと比較することは、このオーディエンス次第です。

この「新しいIntel」の内容とタイミングは、アライアンスのブリーフィングの権威ある情報源としてのQ Anonの言及がまったくないため、非常に疑わしいものです。

 

この政権に加わる人は 誰でも 同盟国に加わらならなければならないだろう。他に方法は ありません。カードは、あなたに対して完全に スタックされています。それに沿って遊んだり、そうでなければ賄賂や、脅迫をしようと試みることは、致命的です。

さらに、これらの操作には秘密があるため、私たちは 何も知ることができません。本当のリークは 最終段階にあるので、なかなか実現できません。

 

私たちは、1月2日の時点で法廷が始まったことを非常によく知っているので、それらがまだ始まっていないか、遅らそうとしているという考えは、正しくありません。

最新のQ投稿の分析と解読は、アライアンスが何をしているのかについて理解を深める上で、現在非常に重要です。

ご存知のように、私は最近youtube.com/davidwilcock333でライブビデオストリーミングを利用するようになりました。もっと大きな話が続いています。

 

特に、南極アトランティスと秘密宇宙計画に関して、2人の新しい内部告発者2人が、リンダ・モールトン・ハウと共に、2月20日水曜日の時点で登場しました。もう1つのSpartan 1は、1月のビデオに登場しました。

これは信じられないことです。私たちが何年にもわたって今報告してきたことの完全な確認を…驚くほど新しい詳細も含めて。

私はそれを聞いて、Lindaのビデオを見た翌日、このビデオについて急いでビデオを出しました。これは私が得ている説明会から物事が起こっているところです。これはフルムービーの長さですが、これは現時点での 熱いあるインサイダーストーリーですので、ご覧ください。

↓↓↓ ↓↓↓

YouTube

 

私たちは、法廷を継続から棄却しようと試みるためのもう一つの9/11の偽旗イベントを経験する危険性が高いでしょう。あなた達は、2週間分の食料、水、そして、基本的なサバイバル用品を買い取ることをお勧めします。

ベンが今手に入れたこの非常にありそうな偽のブリーフィングは、ディープステートが現時点で、可能な限り多くのオールオアナッシングキルショットを目指しているという考えと完全に一致しています。

さらに、このビデオが公開された直後に、Deep Stateの人々が 南極アトランティスを実施する計画を進めており、近い将来に海底での情報開示が破綻している との説明を受けました。

 

私たちは しばらくの間、彼らが本当に困っているときに 彼らがこれをするかもしれない,と聞きました。そして その時は、今です。

誤ったフラグを効かせることができない場合は、法廷に関する情報が、他のはるかに説得力のある資料に 圧倒されるほど 十分に世間をそらすために 何かをする必要があります。

南極アトランティスの資料が発表されたことで、私たちは、何か月もの間主流のニュースに 完全に惹かれるようになりました。それは、アポロミッションや あなたが考えることができる、何か他のものの興奮を 桁違いにこわすものでしょう。

繰り返しますが、大統領が このようなことをしたという情報があれば、ずっと前に、私の注意を引いたはずです。同盟は、そのブラックメラブルである誰かを 使用しなかったでしょう。

 

私はBSと呼びます。計画を信頼しなさい。

 

David Wilcock

 

その他

 

昨日更新された、ベンさんの記事を読み終えたあと、読まなかったことにしようと思ったのですが、すぐにウィルコックさんのコメントを、カウイラぺさんが見つけてくださり情報提供を…。やっぱり、皆さん、、今回の記事に「えぇえ?(;’∀’)?」となったんだな、と…。なんとなく自分だけ引いてしまったわけではなかったということに気づき、ほっとしました(^^;。

 

このタイミング。本当にそうですよね。

アカデミー賞もローマが受賞される予想される要因のひとつに、トランプ大統領の非常事態宣言と壁がキーポイントとなると、メディアがさらっと話していた後に、やっぱり受賞されるというオチ。

米朝首脳会談の前というタイミングに、変なの?と思っていた矢先です。

そしてその夜のベンさんの最新情報。

 

ベンさんの情報は、Qanonや、SSP内部告発情報からくるものではないということが今回はっきり分かりました。そうなると、レッドドラゴン情報などは、どうなんでしょう。ということももやもやしてしまいますが。

 

 

当サイト-so happy で掲載させていただいている情報の取り扱いに関してですが、様々な判断材料のために、興味があるものをピックアップし紹介させてもらっています。ただし、確実な事実であるという根拠がない情報も多々あります。信憑性の有無は、各自の判断にお任せしたいと思います。
当サイト-so happy で掲載させていただいている情報の取り扱いに関してですが、様々な判断材料のために、興味があるものをピックアップし紹介させてもらっています。ただし、確実な事実であるという根拠がない情報も多々あります。信憑性の有無は、各自の判断にお任せしたいと思います。
ディビッド ウィルコック
hukuをフォローする
so happy

コメント

タイトルとURLをコピーしました