ベンジャミン フルフォード 対談 など | ベンジャミン フルフォード

ベンジャミン フルフォード 対談 など

ベンジャミン フルフォード

ベンジャミン フルフォード 対談 など。最近読み始めた ニュースサイト  stillness in the storm で、日本から発信し続ける ベンジャミン・フルフォードさんの記事を読み、ベンジャミンさんに対して興味を抱いた huku です。

ということで、ベンジャミンさんに関する話をあれこれまとめて書き留めさせていただきたいと思います。

 

  1. ベンジャミン フルフォード 対談 海外関連ニュースで知る
    1. ベンジャミン フルフォード 対談 stillness in the storm のサイト 編集者の意見
      1. SITS General Comment on Fulford Reports
      2. Fulfordのすべてのレポートにこのような一般的なコメントを追加することにしました。私は頻繁に同じ質問を受け取ります。 
      3. 解説:なぜ私がこれらのレポートを共有しているのかと疑問に思う人々から多くの質問とコメントに応えて、私は以下を提供します。 
      4. 2011年以来 Fulford の報告に従っている人物として言えば、それらを読むには 多分塩の穀粒 を使うべきです。
      5. つまり、ペンタゴン、CIA、ホワイトドラゴンソサエティなどの情報源から 直接情報 を共有しているようだ。多くの場合、提示されるデータは表面上矛盾している。 
    2. 完全に根拠がつかめない情報でも?
      1. Fulford の予測や声明は時には非常に正確ですが、他の例では完全に根拠がありません。
      2. フォルフォード氏 をより大きな真実に「踏み込んだ」人物として見るのではなく、現時点で地球上で起こっていることについての可能な視点として彼のデータを考えることは、おそらくもっと生産的になるでしょう。 
      3. 認識は、何かが何であるかを理解するプロセス であり、Fulford のケースでは、彼らを 盲目的に信じることなく 彼の報告を楽しむこと を意味し、実際に何が起こったのかを調べるための フォローアップ調査/ このように、それはリアルタイムの識別運動です。
      4. 多くの人が時には 驚異的で 大変不正確な性質 を持っているにもかかわらず、多くの人々が 彼の報告を読んでいる という事実は、正確かつ鋭敏でありながら、彼が 情報を受け取る人々は おそらく彼をあなたに話すためのマウスピース 彼らの目覚めの道にあります。
    3. 情報との向き合い方?
      1. そのように、盲目的な信念 や 不気味な拒絶 は、私たちの味方 ではありませんが、批判的思考 とオープンな心 があります。 
      2. 私が前に言ったように、カバール内の現状 を変える働きをする様々なグループのための マウスピースとして機能している ならば、それは 覚醒宣伝の形であるかのように データを解読することができます 大衆に。
      3. これがあなたの個人的なプロセス に与える影響 は、あなた次第です。しかし、私は、識別に積極的な役割を 果たし、完全な受容 または 拒絶の罠 に陥らないことを提案します。
  2. ベンジャミンさんに興味を抱く
    1. ベンジャミンさんの予告的な情報が次々実現されていく
    2. ベンジャミンさんによる森友学園を別の角度から語る人物と、情報の信憑性
  3. ベンジャミンさんの情報と向き合う姿勢について考えてみる
    1. ベンジャミンさんの情報提供 サイト
      1. ベンジャミン・フルフォードの視聴者Q&Aコーナー【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/03/17
    2. 記事で読みたい方は、新ほんとうがいちばん さんがおすすめです
    3. ガイアTVのデイヴィッド・ウィルコックとベンジャミンさんが2011年に対談?
      1. 過去に知っていれば、だめだったかもしれない 今なら信じられる話
    4. 先日Facebookで観た動画に驚異を感じた
  4. さいごに 
    1. 真実を直視することによって
    2. 関連

ベンジャミン フルフォード 対談 海外関連ニュースで知る

 

ベンジャミン フルフォード 対談

richardkhuptong / Pixabay

 

海外の主流メディアで語られない真実にクローズアップする stillness in the storm (嵐の中の静けさ)で、日本に籍を置いておられるユダヤ系日本人ベンジャミンさん… 紹介記事がアップされていました。

ふるやの森さん 関連から、ベンジャミンさんについて2011頃、頃知ったのですが、内容がよく分からないと感じてしまい、興味を抱くことはありませんでした。日本の市民が真実に気づくよう活動されているにも関わらず、情報がメディアで語られないずば抜けたものだったため、苦手意識を持つ人も多いようでした。それでも、支持する人もかなりいるようです。

ベンジャミンさんに関しては、これくらいの知識しかありませんでしたが、どのような話を語られているかは全く知りませんでした。

最近Facebookで知り、読み始めた海外の真実を報道するニュースサイト stillness in the storm で、ベンジャミンさんをピックアップされていたおかげで、彼がどんな情報を提供しているかを知ることができたのです。

海外でのベンジャミンさんの反応にですが、日本同様の反応を感じている人も多数おられるようです。全てではありませんが。

元CIAと対談する動画もありましたし、私達が知らない情報を把握していることは、間違いないのでしょうけれど、世の中の一部のエリート層に欺かれ続けている私達は、騙されていると理解することが難しいようです。それが一般的な反応なのかもしれません。

 

ベンジャミン フルフォード 対談 stillness in the storm のサイト 編集者の意見

 

SITS General Comment on Fulford Reports

Fulfordのすべてのレポートにこのような一般的なコメントを追加することにしました。私は頻繁に同じ質問を受け取ります。 

解説:なぜ私がこれらのレポートを共有しているのかと疑問に思う人々から多くの質問とコメントに応えて、私は以下を提供します。 

2011年以来 Fulford の報告に従っている人物として言えば、それらを読むには 多分塩の穀粒 を使うべきです。

つまり、ペンタゴン、CIA、ホワイトドラゴンソサエティなどの情報源から 直接情報 を共有しているようだ。多くの場合、提示されるデータは表面上矛盾している。 

 

完全に根拠がつかめない情報でも?

 

Fulford の予測や声明は時には非常に正確ですが、他の例では完全に根拠がありません。

フォルフォード氏 をより大きな真実に「踏み込んだ」人物として見るのではなく、現時点で地球上で起こっていることについての可能な視点として彼のデータを考えることは、おそらくもっと生産的になるでしょう。 

認識は、何かが何であるかを理解するプロセス であり、Fulford のケースでは、彼らを 盲目的に信じることなく 彼の報告を楽しむこと を意味し、実際に何が起こったのかを調べるための フォローアップ調査/ このように、それはリアルタイムの識別運動です。

多くの人が時には 驚異的で 大変不正確な性質 を持っているにもかかわらず、多くの人々が 彼の報告を読んでいる という事実は、正確かつ鋭敏でありながら、彼が 情報を受け取る人々は おそらく彼をあなたに話すためのマウスピース 彼らの目覚めの道にあります。

 

情報との向き合い方?

 

そのように、盲目的な信念 や 不気味な拒絶 は、私たちの味方 ではありませんが、批判的思考 とオープンな心 があります。 

私が前に言ったように、カバール内の現状 を変える働きをする様々なグループのための マウスピースとして機能している ならば、それは 覚醒宣伝の形であるかのように データを解読することができます 大衆に。

これがあなたの個人的なプロセス に与える影響 は、あなた次第です。しかし、私は、識別に積極的な役割を 果たし、完全な受容 または 拒絶の罠 に陥らないことを提案します。

 

Benjamin Fulford — March 12th 2018: Japan’s Puppet Government is Next, as the Dominoes Keep Falling

 

 

ベンジャミンさんに興味を抱く

 

さきほどの一部転記、引用に使いました内容を読み、賛否両論あるベンジャミンさんが語る真実と人柄を知りたいと思いました。日本語で話してくれる彼の情報動画が多数アップされていることを知りました。

 

ベンジャミンさんの予告的な情報が次々実現されていく

 

そこで、先日辺りから、ベンジャミンさんが情報提供する動画や、転記記事を読み朝っていきました。

ベンジャミンさんの予告的な情報が次々実現されていっていると実感できました。

今回、タイムリーな話で取り上げてみるとですね。

再び報道でクローズアップされています、阿部総理の森友学園問題で考えてみたいと思います。

 

2月アップされた動画からの情報からひとつ取り上げて、情報の信憑性について検討してみたいです。

森友学園問題のニュース報道沈黙に対して、読者から質問に対して、「今は沈静化しているけれど、現在の課題が一段落すれば、再びクローズアップされます。」と ベンジャミンさんは動画で説明されていました。

3月半ば ベンジャミンさんが予告されたように、堰を切ったように 阿部総理の森友学園問題が日本メディアで報道され、クローズアップされました。

 

ベンジャミンさんによる森友学園を別の角度から語る人物と、情報の信憑性

 

一例だけを取り上げると、偶然と片づけられるかもしれません。ですが、別の情報源から似たような話をされている方の動画を偶然拾いました。

田中角栄さんと共に働いていた元自民党の増田敏男さんの動画 

自由民主党を離党した国会議員一覧 に名前が記されていますので、気になる人は確認してみてくださいね^^

安倍降ろしの黒幕

 

増田敏男さんについてはたまたまyoutubeで拾ったわけですが、この方がどのような人物であるとか人柄など、評価して考えていませんが、情報提供する人として考えてみると、元自民党員だった増田さんです。安倍政権の裏側についての信憑性は高いと考えられると思いました。

ベンジャミンさんの情報とリンクする部分がありました。

安倍総理森友学園に関するベンジャミンさんの情報は偶然ではないと個人的に思います。

 

ベンジャミンさんの情報と向き合う姿勢について考えてみる

 

私も他の人と比べてベンジャミンさんの情報について読みこなして、事実と照らし合わせて考えてみていないため、情報の信憑性について意見できるものではありません。

ですが、彼は2011年から確か活動を開始されて、すみません(;^ω^) 間違いです。2008年から活動開始されていました。

古歩道ベンジャミン wiki ベンジャミン・フルフォードwiki

出版本も多数あり、かなりの情報を提供しています。

 

 

 

もしベンジャミンさんの真実性を探りたいのであれば、単純に疑いの目を持つのではなく、裏付けを確認して、他にある情報を研究してみるといいかもしれないですね^^勉強にもなりますし、隠された事実に出会うかもしれません。

私も、少しずづアップされたベンジャミンさん情報に目を通してみたいと思います。

 

ベンジャミンさんの情報提供 サイト

 

今動画でベンジャミンさんの最新情報を確認するなら、国家非常事態対策委員会が発信するチャンネル JRP television のベンジャミンさんの再生リスト がいいかと思います。ベンジャミン フルフォード 対談 は、動画収録時間は、長くありませんが、情報密度はかなり高い作りとなっています。

動画の作り方が、個人的にはおぉ…と、及び腰になりましたが、とても勉強になります。

 

ベンジャミン・フルフォードの視聴者Q&Aコーナー【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/03/17

 

ベンジャミン・フルフォードの視聴者Q&Aコーナー【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/03/17

 

記事で読みたい方は、新ほんとうがいちばん さんがおすすめです

 

こちらのサイトは、ベンジャミン フルフォード 対談 文字熾し記事だけでなくコブラ情報や、コズミックディスクロージャーの情報提供もされているサイトです。

リンクを貼らせていただきます。新しい情報はサイト管理人さんのTwitterを登録しておくといいかもしれないですね^^

新 ほんとうがいちばん

 

ガイアTVのデイヴィッド・ウィルコックとベンジャミンさんが2011年に対談?

 

最近、頻度高めに紹介させてもらっていますコズミックディスクロージャーでおなじみのディビッド・ウィルコックさんと、2011年に対談されているベンジャミン フルフォード 対談 動画を見つけました。

UNDERGROUND BASES NUKED!!!David Wilcock September 2011.mp4

 

過去に知っていれば、だめだったかもしれない 今なら信じられる話

 

おそらく、当時7年前にアップされた動画を、見た日本の人が拒否反応を起こしたのかもしれません。という内容が盛り込まれていました。

人工的な災害に関してです。

当時、この情報の発信源がこの動画だったことは知らなかったのですが、当時は情報に関して拒否反応を示しましていました。

最近では、コズミックディスクロージャー等を読んでいるため、免疫もついたおかげか?分かりませんが(;^_^A。これらの技術が宇宙人ではなく人間側の技術で開発されていると理解できるようになりました。もしかすると、共同開発の一部なのかもしれませんが、そこまで意識して確認していなかったので、まだよくわかっていません。でも、存在するのだろうと感じていました。

 

先日Facebookで観た動画に驚異を感じた

 

Climate Engineering Is Real. Square Cloud Formations Are Undeniable Proof.Nuvola quadrata.

 

これは、自然現象ではない雲だと認識しました。家族に見せたところ、怖がっていました。UFOを間近で見るチャンスがあれば、驚きは100倍かもしれませんし、驚き度はくらべものにならないかもしれませんが(^▽^;)

最近の中で、一番驚いたものです。

これを見て、本当に人工的な災害操作は可能なのだろうと、ディビッドさんとベンジャミンさんの過去対談を知る前に思いました。

彼等の対談で話された日本人としては受け入れがたい人工災害の情報は、真実なのだろうと、改めて感じることができました。ベンジャミン フルフォード 対談 の確認していない動画をこれから少しずつチェックして、いろいろ検討したいという思いがさらに強まりました。

 

さいごに 

 

Benjamin Fulford — March 12th 2018: Japan’s Puppet Government is Next, as the Dominoes Keep Fallingより

 

これがあなたの個人的なプロセス に与える影響 は、あなた次第です。しかし、私は、識別に積極的な役割を 果たし、完全な受容 または 拒絶の罠 に陥らないことを提案します。

 

この記事で語られていた編集者さんのお言葉通り、ベンジャミンさん情報を見た後について、簡単に完全な受容、または拒絶の罠に陥らないことを意識しながらもですね。だからといっベンジャミンさんの語る情報について、簡単に判断することなく…

 

真実を直視することによって

 

フォルフォード氏 をより大きな真実に「踏み込んだ」人物として見るのではなく、現時点で地球上で起こっていることについての可能な視点として彼のデータを考えることは、おそらくもっと生産的になるでしょう。 

 

認識は、何かが何であるかを理解するプロセス であり、Fulford のケースでは、彼らを 盲目的に信じることなく 彼の報告を楽しむこと を意味し、実際に何が起こったのかを調べるための フォローアップ調査/ このように、それはリアルタイムの識別運動です。

多くの人が時には 驚異的で 大変不正確な性質 を持っているにもかかわらず、多くの人々が 彼の報告を読んでいる という事実は、正確かつ鋭敏でありながら、彼が 情報を受け取る人々は おそらく彼をあなたに話すためのマウスピース 彼らの目覚めの道にあります。

そのように、盲目的な信念 や 不気味な拒絶 は、私たちの味方 ではありませんが、批判的思考 とオープンな心 があります。 

 

この編集者さんがお話しするような気持をもって、大きな視点から、彼の情報を取り扱うことが大切ではないかと思います。真実を理解する上でのプロセスの道として、彼の情報を明かりにしながら、辿ってみると、観えなかったものが理解できるようになるんじゃないかと…。

 

個人的には

 

ベンジャミンさんの話が実現するといいなぁと、と思っています^^

それから、ベンジャミンさんの情報は、今、コーリーさんの語るコズミックディスクロージャーと共に、私の希望になっています(*‘ω‘ *)。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました