Ben Fullfold レポート 抜粋 2018年10月15日 | ベンジャミン フルフォード

Ben Fullfold レポート 抜粋 2018年10月15日

ベンジャミン フルフォード

Ben Fullfold レポート 抜粋 2018年10月15日

サウドのシオニスト邸宅の崩壊と、ロシアでのクーデターの可能性がある。世界的な出来事が急速に頭に浮かび上がっており、サウドの家には大きな動きがあり、今週末にはブータン・プーチン大統領、国防総省、CIA、FSBなどとのクーデターの可能性があります。ー本文よりー

 

Ben Fullfold レポート 抜粋 2018年10月15日

 

Ben Fullfold レポート 抜粋 2018年10月15日

GLady / Pixabay

 

The fall of the Zionist house of Saud plus possible coup attempt in Russia

 

原文:https://benjaminfulford.net/

By Benjamin Fulford

参考サイト:https://operationdisclosure.blogspot.com/

 

世界的な出来事が急速に頭に浮かび上がっており、サウドの家には大きな動きがあり、今週末にはブータン・プーチン大統領、国防総省、CIA、FSBなどとのクーデターの可能性があります。

ペンタゴンとCIAの筋によると、 第1に、ワシントン・ポストのコラムニスト、ジャマル・カショギの殺人事件(または、Psy-ops(心理作戦)により殺害された)は、サウジアラビアと、中東の石油の支配から、Saudのシオン主義者/悪魔の家を取り除く動きの一部であるとのことです。

さらに、CIAの筋によれば、この作業はまた、破産した米海岸を維持するための資金を獲得することを、目的としているということです。

 

これは、CIAが状況をどのようにまとめたかです。:

「財務省は、サウジアラビアの石油会社の3〜5兆ドルを保有しており、70年代になってこの石油卸売りが始まった。(Nixonが金の窓を閉めたのと同じくらい)。これらの数兆は没収され、返還されません。

サウジアラビア(サウドの家)が所有していた、スイスのクレディスイス銀行と、UBS銀行に保管されている数千トンの金についても同様です。それは同様に没収されています。

サウドのシオニスト カザフスタン ハウスにとっては、財政的な面でのゲームです。これは本当に、Game-Set-Match です。」

 

 

トルコ(「牧師」アンドリュー・ブランソン)のCIAの長官が、トルコの刑務所から解き放されたちょうどその時、ジャマル・カショギ事件が起こったことは、偶然の一致でもありません。

サウジアラビアと岸諸国の旧保有権を再開するのは、、より長期的なシナリオで、トルコのためで、トルコの保護の下でイスラエルがユダヤ人の自治区になると、関係者は言います。

予備ステップとして、「9/11の文書が機密扱いを解かれるときサウジアラビアが、イスラエルへの攻撃のために、予行演習で西洋の制裁とボイコットに直面しているために、サウジアラビアの道化王子モハンマド・ビン・サルマン(MBS)は追放されるかもしれません」と、国防総省筋は付け加えます。

 

私たちは、これについてさらに議論する予定ですが、このニュースレターが公表されようとしている現在、我々はFSBの情報から、今週末、ロシアのプーチン大統領に対するクーデターの試みについての緊急の連絡を得ました。

関係者によると、ロスチャイルド勢力によるウクライナのドンバス自治区に対する大きな動きは、「ロシア軍将校の中で、セルゲイ・と一緒のロシアの参謀幕僚の内側の大きな論争」に、つながった…

 

(フルレポート可能な木曜日- OD)

Benjamin Fulford: Weekly Geo-Political News and Analysis
BenjaminFulford.net is a geo-political news and discussion website from reporter and investigative journalist Benjamin Fulford. Reports are based on information...

 

その他

 

ベンジャミンさんの完全フルレポの日本語訳は、嗚呼、悲しいではないかさんが、更新してくださると思います。

今回、その他の部分に、日本極秘情報として、嗚呼、悲しいではないかさんが更新されています。こちらの記事を紹介させていただきたいと思います。

 


 

 

極秘情報だそうです

 

http://jicchoku.blog.fc2.com/ より

嗚呼、悲しいではないか 極秘情報だそうです

 

・安倍と麻生がアイゼンベルグ社(黒い貴族)と日本の反社会的勢力に唆されてMSA資金を抜き取った。
・黒い貴族とは米国最大の金融マフィアであり、麻薬ネットワークを構築している。
・この合いアイゼンバーグと反社会勢力の掃討を行っている。
・これらは麻生の後ろにいる。
・トランプが先頭になって、アイゼンバーグ社の後ろにいる金融間ファイアを一掃する。

・オバマ、ブッシュ、クリントン夫婦らの戦争やの一掃が進められている。
・日本でも暴力団が7人捕まった。
・ターゲットはとくにオバマだ。

・ローマ法王もターゲットである(小児性愛の本拠地)

・ローマ法王が金正雲に命乞いに行く。(よくわからん)
・そしてトランプが韓国へ行き朝鮮半島戦争終結宣言をする。
・日本の技術なしで北朝鮮経済発展はないので、当面は蚊帳の外であるが、日本も参加することになる。

よくわからないところも多いが、フォローしましょう。

キーポイント
オバマ、アイゼンベルグ社※、日本のやくざの掃討、ローマ法王の動き

※アイゼンベルグ

 

11月に総選挙の可能性 

 

2014年10月14日 

http://jicchoku.blog.fc2.com/ より

嗚呼、悲しいではないか 11月に総選挙の可能性

 

安倍は、アーミテージ・ナイ・レポートに背中を押され、これをやらないと殺されると思っているので、解散をする可能性が高い。2019年7月の解散同時選挙では憲法改正は間に合わない。やるなら、11月しかない。小泉純一郎は憲法改正はできるわけがない」と牽制発言している。

 

2091 新聞記事画像

 

そもそも、沖縄県知事選の結果の影響で、自民党内は大混乱。圧勝のつもりがたったの55%。石破氏は10県で勝利した。公明党の離反が大きい、自民党の離反も大きい。次の選挙は危ないと思う議員でいっぱいである。放っておいても自民党は内部崩壊するだろう。それでは安倍は殺される。選挙に打って出るしか、生きる道はない。

だから、11月選挙に向かってゆく。不正選挙で勝たしてもらえると思っている。何故、沖縄県知事選は勝てなかったのか????

ジャパンハンドラーズと米軍・自衛隊の銃撃戦となるかもしれない。クーデターはこれがないと終わらないことを、歴史は語っている。

 

中国の長老たちの日本動向と、今回の情報合わせて考えてみる

 

中国の長老たちの話が書かれたインテル情報、深夜更新しました、GCRによる 共和国の復元 2018年10月15日2018年10月16日 からです。

 

7.現行の西洋エリート銀行(東欧、米国、日本、サウジアラビア、ウクライナ、トルコ、イスラエルなど:「カバール政府」とも呼ばれる)は盗みと、戦争の手段を介して、世界的な担保アカウントシステムを置き換えると、不正行為、殺人や腐敗を試みました。

 

この話の裏付けとなる情報は、たくさんありますが。

一番腑に落ちるのが、この二点です。

  • 過去に情報を流したベンジャミンさんのG7の辺りのレポートです。安倍さんが、カバールの俳優だった話。
  • CIAのスパイ衛星がの活動の結果、使用不可になったという情報の後の阿部さんの様子ちょうど、安倍さんの表情が、清々しい顔に、切り替わったときでした。

この辺りを考えてみると、今回の、嗚呼、悲しいではないかさんの裏情報は、ちょっと参考にしたいと思いました。中国の長老の話を参考に考えてみると、日本にあるディープなグループが、今現在政治活動をしていると読むこともできます。

 

安倍さんの行動は、真がないというイメージもあります。どっちつかずな感じというか。「脅されている、やらされている、雇われている」そういう視点で、日本のトップに立つ人達の行動を観察すると、今までの変な行動が見えてくるのかな、と。少し、思いました。

 

私個人の考えですが…。

どういう道筋が裏にあるかということも考慮しなくてはいけないのかもしれませんが、正直、この現状を受け入れることができない、と思ってます。

 

一部の人たちだけが恩恵を受けるシステムが、主流となっている日本は、もう国民にとっての国ではなく、トップのための国化しているから、私たち一般的な国民の大半は、呼吸困難な状態です。

逮捕劇がスタートすれば、この辺りはっきりするのかもしれない、と思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました