「悪化の軸」 Fulford Report(抜粋)2018年10月22日

スポンサーリンク
ベンジャミン フルフォード
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

「悪化の軸」 Fulford Report(抜粋)2018年10月22日 

新しい、クアンタム・フィナンシャル・システム(QFS)と、グローバル・通貨リセット(GCR)を立ち上げることができます。」と。情報源は付け加えました。ー本文より、抜粋ー

 

スポンサーリンク

「悪化の軸」 Fulford Report(抜粋)2018年10月22日

 

「悪化の軸」 Fulford Report(抜粋)2018年10月22日

WikiImages / Pixabay

 

毎週の地政学的ニュースと分析ー「サウジ – イスラエルの「悪の枢軸」が、国際同盟によって取り下げられた」

Benjamin Fulford著、White Dragon Society
2018-10-22

 

イスラエルとサウジアラビアの政府を撤退させ、石油収支体制の統制を終結させる継続的な動きで、最高レベルの世界大国を襲った戦いは一種のクライマックスに達しています。

トルコのサウジアラビア領事館でナチス・ムスリム・ブラザーフッド(Nazi Muslim Brotherhood)の代理人とワシントン・ポスト枢機卿ジャマル・カッスッギ(Jamal Khashoggi)のいわゆる殺人事件が進行中の運営のための表紙を提供するために上演された。

 

「これは特定の国(イスラエル、サウジアラビア、破産した米国企業)の財政的存続に関するものだ」とCIA筋が説明した。

サウジ王子と事実上のモハマド・ビン・サルマン(MBS)首席代表が4月に銃撃され殺害され、身体の二重に取って代わられたのは、CIA、モサド、日本諜報、体を支配している人々は、報復で資金が凍結され、Khashoggiの事件は覆い隠された。今、イスラエルとサウジアラビアの悪魔的なカザン政府は、彼らの生活のために戦っている。

大企業と政府閣僚が今週の「サウジアラビア・ダボス」投資フォーラムへの予定された訪問をキャンセルした本当の理由は、彼らが望んでいた資金の流れが止まったからだ。

「サウジアラビアの世界的なボイコットは、ゴールドマン・サックスがディナ・パウエルとドイツのドイチェ・バンク、そして 日本の銀行である、MUFG(三菱UFJダイレクト)とみずほ銀行に 参加するのを やめさせようとしているため 、エスカレートします。」

「これは、旧金融システムを崩壊させるために多くのことが収束するように、ペタドロード、イスラエル・サウジのイスラエルの軸、テロリズムの元首を終結させる計画であるように見えます。

新しい、クアンタム・フィナンシャル・システム(QFS)と、グローバル・通貨リセット(GCR)を立ち上げることができます。」と。情報源は付け加えました。

これについての確認は、スティーブン・ムニューシン米財務長官が計画したサウジ投資フォーラム訪問を中止し、代わりに「テロ資金調達」会議に出席するために、サウジアラビアを訪問するという報告書にあります。

 

Mnuchin Defends Trip to Saudi Arabia Amid Uproar Over Khashoggi Killing
Treasury Secretary Steven Mnuchin said the economic and strategic relationship between the United States and Saudi Arabia was too important to be cast aside.
Mnuchin Defends Trip to Saudi Arabia Amid Uproar Over Khashoggi Killing
Treasury Secretary Steven Mnuchin said the economic and strategic relationship between the United States and Saudi Arabia was too important to be cast aside.

 

CIAの筋は、「ハザール戦犯の ネタニヤフ氏は 、彼が関与している大きなもののために 、秋に取ろうとしている 。米国が、プラグを引っ張っている 。トランプ大統領と、彼のすぐ近くにいる他の人たちには、非常に大きな圧力がかけられています。」と話しています。

私たちは、ネタニヤフ氏が、9/11福島の大量殺人テロ攻撃 に関与する と想定しています。

 

私たちはレポートの後半で、サウジアラビアの問題に 戻るだろう 。

まず、日本、北朝鮮、中国の状況が なぜ 中東の混乱の究極の理由であるのかを 説明する必要が あります 。

 

先週、安倍晋三首相満州王室の閣僚は 、ホワイトドラゴン ソサエティ(WDS)と連絡を取り 、実際に 何が起こっているのかを説明しました 。

本質において、インターナショナル決済(BIS)( 本部のための中央銀行 )銀行は、シオン主義者 / 悪魔のロスチャイルドファミリー「でない他の人たち」を、切り離すよう 強い警告を与えました。と、関係者は言います。

その結果、既存のグローバル・ファイナンシャル・システムのコントロールが変わったのです。

満州の王族は、ロスチャイルドは世界の金の8%以上を決して支配していない、と言います。今、アジアの秘密結社と、米国の陸軍団が合意した…

 

(フルレポートは木曜日深夜に掲載される予定です。〜ディナールクロニクルズ)

 

Benjamin Fulford: Weekly Geo-Political News and Analysis
BenjaminFulford.net is a geo-political news and discussion website from reporter and investigative journalist Benjamin Fulford. Reports are based on information...

 

その他

 

今回の記事は、トランプ大統領に 関する圧力について 気になりました。他には、日本の官僚の動き です。

「新しい、クアンタム・フィナンシャル・システム ( QFS )と、 グローバル・通貨リセット( GCR )を立ち上げることができます。」と。情報源は 付け加えました。

 

という部分です。だいたい、レポートの抜粋以降、話が大きく変わってしまいます。本質は、後半に取っておかれるベンジャミンさんですが、抜粋紹介にこの度は、若干身を乗り出しそうになりました。

やはり、今回のベンジャミンさんのレポートを読む限り、キャラバンはやらせであったと言えますね。お金を掃いて捨てるほど持つ人たちなのですが、ソロス経由からの実行という内容を見る限り、ロスチャイルド経由での繋がりからなのでしょうか。

うーん、込み入っているから、ちょっと良くわかりません。

 

昨日、シオンの議定書を各動機が、「日本の政治活動にモノ申す」!…という気持ちも若干込められていた部分があったのですが、この流れからみると、日本の政党汚職も収まりそうに予感がします。

違うのでしょうか?

 

でも、まだ日本の流れに信頼できないために、(念のため)議定書の紹介記事を書きたいなと思います。

(他のサイトでも紹介されていますが(^^;)

 

後、MUFG(三菱UFJダイレクト)みずほ銀行、名指し。…というところも、びっくりしました。そういえば、前回のベンジャミンさんの動画では、竹中平蔵さんの 末恐ろしい発言について、さらっと語っておられましたよね。

でも、個人的には、そうだろうと思っていたため、驚きはなかったのですが、そうです。その辺りも、しっかりチェックしてもらいたいところでした。

ベンジャミン レッドドラゴン 翻訳記事の紹介2018年10月21日

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました