目覚めプロセス 経験 世界中に広がる 多次元的な波紋

スポンサーリンク
インスピレーション
Andrewkim / Pixabay
スポンサーリンク

目覚めプロセス 経験 世界中に広がる 多次元的な波紋 。先日、マルコニクスの本紹介記事 を前回書きました。

マルコニクスに書かれているテーマのひとつは、20年以上前にアリエルとタチ・レンの著書であるライトボディの目覚めの続編と感じられる内容だと思いました。

より多くの人達が目覚めていくことが必要だ、ということと、何故それが必要かが詳細に説明されていました。今回は、この目覚めをテーマにまとめて書いてみようかと思います。

 

スポンサーリンク

目覚めプロセス 増加の時期

 

目覚めのプロセス

Engin_Akyurt / Pixabay

 

目覚めのプロセスは、幾千年も昔から言い伝えられてきた秘伝的な行為として、宗教化してきたテーマだったりするために、今日多くの人たちにとって、夢のような話と認識されていました。

ですが、アセンション推進計画が多次元領域で実行されたことにより、爆発的に目覚めのプロセスが多くの人に起こり覚醒が集団的に世界各地で起こり始めたんですね。

 

多次元領域で計画された波紋とインディゴ世代の時期

 

まだインターネットの普及率が低い30年から40年ほど前に起こったんじゃないかと思います。

日本で親しまれているバシャールも活動歴34年です。ので、多くの神秘家と呼ばれている人たちが、この辺りかそれとももう少し前から始まって、急激に覚醒の波が広まってきたかと認識しています。

(33年で活動が終わるんじゃないかと、…個人的には感じてしまっていたのですが、そうではなかったようですネ(;^ω^)。)

 

40年ほど前といえば、ちょうどインディゴ世代が多く世の中に送られた時期ということですし、実際この辺りから早い人であればすでに100歳近い年齢のインディゴもいたりするわけなんですが。

まぁ、そうです。

爆発的に覚醒の波が起こったと同時に、インディゴ達が1970年代に多く生まれてきたことを考えると、多次元領域で計画的によってアセンションの次元上昇がスタートしたといえる。と、少ない知識範囲しか持ち合わせていないhukuでも理解できたりします。

 

10年前と比べるとかなり変化を感じる

 

10年ほど前は、ここまでネットに情報もありませんでしたので、周囲と比べるとアセンション情報を知っているひとりにカウントされていたかもなんですが、今ではまったくって感じに^^;

でも、本当も嘘も入り混じっているかもしれませんが、アセンション情報に関心を持つ人たちが一気に増えたんだなぁと、感じられます。

 

世界の覚醒状況も、ネットテレビで配信される時代

 

最近では、ネットテレビが普及しているみたいですね^^知らなかった。

サイモンさんの動画は、Exopoliticsのサイトが発信する地球外生命体に特化しているのか?ちょっと分からないんですが、多次元領域の世界が垣間見える内容を取り扱ったネットテレビなんでしょうね。

こちらの番組だったりとか…。

 

後は、前回ローラ・アイゼンハワーさんインタビューは各ネットテレビが独自のコンセプトで取り扱っていて、その中にAAE TVという動画もありました。

こちらは、覚醒とエンパワーに特化した番組っぽいです。

 

他のネット番組にダリルさんがインタビューされている

 

ローラ・アイゼンハワーさんは三次元的視点からのアプローチに地球外生命体の真実公開を目指しているような感じだったのですが、グレイ種のアジェンダについて、謎の部分がまだあるんじゃないかというニュアンスを動画視聴中感じました。

一方で、エササニ星の未来多次元的存在とコンタクトをとり続けているダリルさんは、グレイ種のアジェンダを明確に話しています。

 

エイリアンに対するネガティブなイメージが変わるきっかけになるのでは?

 

正直、この二つのテーマを同時に取り扱うようなミーティング番組があれば、すっきりするんだけど。と、考えていたのですが、ローラさんインタビューを行ったAAE TVが2017年の12月にダリルさんのインタビューを行ってくれたんですね。

コメントを読んだ感じでは、この番組でダリルさんにインタビューしたことについて喜びのメッセージが多く書き込まれていたところを見ると、ダリルさんの話に真実さを感じていた人たちが、アメリカ中で広まっているネガティブな知的生命体の印象だけが先行されている情報にとまどっていたんじゃないかなぁと感じました。違うかもしれませんが。

なんとなく、私が感じていたことを他の人も感じていたと思えたので、嬉しかったです。

 

映画オープンコンタクトは、私のいくつかの概念を消し去った

 

ダリルさんが、この番組ともうひとつ、おそらくフランスのネットTVだと思うのですが、インタビューを受けておられました。どうやらきっかけが、ダリルさんが制作された「オープン・コンタクト」の映画によってらしいのです。

私も年末、視聴したのですが、正直自分の抱いていた概念がいくつか覆されましたし、以前紹介したボブ・ミッチェルさん同様、地球外知的生命体に偏見がなくなったみたいです。あの映画のおかげです。

 

世界中の目覚めた経験を持った人をインタビューしている番組

 

batgap

https://batgap.com/

 

ダリルさん動画を「不思議の国のアリス」でアリスがうさぎを追いかけていくような感じで、追いかけていると、こちらのサイトに出会いました(*´з`)~

GAS BUMPというネットテレビ番組です。こちらは、覚醒に特化したインタビュー動画番組です。

 

内容をしっかり把握している訳ではありませんけれども、こちらのサイト目的はBatGapの意図は、インスピレーションと情報提供である BatGap’s intention is to inspire and inform. ということです。

ということを踏まえて、こういうことを書かれていました。

Ordinary people everywhere are undergoing a shift to a more awakened state of consciousness, thus transforming their understanding of themselves and the world. For some, the shift has been abrupt and dramatic. For others, it has been a very gradual process of awakenings. Awakening is an ongoing process and as such we are not necessarily claiming to interview fully enlightened individuals. But rather, for the most part, ordinary people who are experiencing a shift in consciousness.

Google翻訳

どこの国の普通の人々も、より目覚めた意識状態に変わり、自分自身と世界に対する理解を変えています。いくつかは、シフトは急激かつ劇的であった。他の人にとっては、それは目覚めの非常に緩やかなプロセスであった。目を覚ますことは進行中のプロセスなので、必ずしも完全に啓発された個人にインタビューすると主張しているわけではありません。しかし、むしろ、大抵の場合、意識の変化を経験している普通の人々。

About BatGap
Graphic by Sam Gerrard, Shore Creative, UK 'A huge number of people are going through the process of awakening, some in the early stages, some in later stages, ...

おぉ…WORDPRESSだったんですね(*’▽’)うれしい…。

 

とにかく、一般的なテレビ局では扱ってもらえそうにないし、意図的にこういう情報を隠す傾向がある主流のメディアが改心するのを待っていられない状態になっているためなのか?多次元領域を扱うネット番組が多く配信され始めているという感じですね。

なんだ、知らなかったよ…。と思いつつ、とてもいい兆候だと嬉しく思っています。アセンション♬アセンション♬推進派のhukuは感無量って感じですよ。

 

Darryl Anka (Bashar) – Buddha at the Gas Pump Interview

この番組GAS PUMPでインタビューされたときの動画です。

 

AAE tv | Pure Synchronism | Darryl Anka | 12.2.17

AAEテレビ| 純粋な同期| ダリルアンカ| 12.2.17 AAEテレビの司会進行の方は、Ethannさん、という方ですが、なんだか天使みたいなオーラを感じるのはhukuだけでしょうか?天使のオラクルカードに登場しそうな人です。

 

ちょっと、すでに3000文字だぁ(;・∀・)…。

次回は、ライトボディの目覚めとか、なぜダリルさんが日本で活動することが多いか?(このGAS BUMPという動画に日本で活動が多いと書かれていたんです。hukuも疑問だったんです。)そのことについて、感じたことをまとめてみたいと思います。

 

ブヒ~🐖💨・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました