アセンション お知らせ関連 情報 3月19日より | アセンション

アセンション お知らせ関連 情報 3月19日より

アセンション
geralt / Pixabay

アセンション お知らせ関連 情報 3月19日より。昨日は、アセンションの中の重要ポイントであるディスクロージャーに関する情報が流れてきたため、ちょっとタイムラインがざわめく日となったかなぁと思います。

前回、ベンジャミンさんの記事で、書いた人工災害にまつわるディビッドさんとの対談文字起こしされている方のホームページを見つけたため、それについてまとめてみたかったのですが。昨日の情報は、これらの隠蔽情報が公になる可能性が高まったという関連内容であり、そちらをまとめてお伝えしておきたいと思いました。

あとスフィア・ビーイング・アライアンスからも情報発信されている、3月19日から5月1日の期間についてもかきとめておきたいなぁと思います。

 

アセンション お知らせ関連 情報まとめ

 

アセンション お知らせ関連 情報

designwebjae / Pixabay

 

主な情報として、3つではないかと思います。

私などは、アセンション情報からかなり遠ざかっていたわけですが、PFCイベント開示infoは、2013年に大きくサイトで発表されているため、PFCサイトを応援し続けている人達からすれば、やっと?進展情報が公に分かりやすくなってきたなぁと感じている人も多いかもしれないですね。

私以上にアセンション情報に敏感な人達にとっては、あまり新鮮でない情報となってしまいましたが、アセンション情報を調べ始めた人達用に、書き留めておきたいです。個人的にも思考整理を兼ねまして(*´ω`*)

 

3つの動き があったここ数日間 Twitterタイムラインから

 

 

最近、SNSは、情報収集に活用し始めたhukuですが、基本的にSNSで苦い経験をした過去があったため、あまり深入りしたいと思わない派ですが、控えめに使っています。

SNS情報は、本当と偽物といった感じ 玉石混淆 って感じですし、妄信しないよう注意が必要なわけですが、信頼できる情報源をピックアップして、解読していくのがいいのかなぁ^^;

で、なんですが。こちらが気になる数日間気になるアセンション情報でした。

  • コブラの最新情報 アセンション ディスクロージャー進展状況
  • ベンジャミンさんのブログ情報による、ブラックハットとホワイトハットの動き
  • spirit・lightさんサイト情報米中間の動きと、コズミックディスクロージャーシーズン8エピソード6の関連性

 

コブラの最新情報

 

地球

user1518572209 / Pixabay

 

コブラ情報サイト The portal : http://2012portal.blogspot.jp/ (英文)

3月18日に動きのある情報が流されました。長年コブラ情報を読み続けている人たちにとっては、かなりエキサイトする情報のようで、コメントも炎上的に凄い数です。現在のコメント数が400です。炎上数字とはいかないのでしょうか?SNS的数値ではありませんが、一記事に数日間の間にこの数字というのは、なかなかあまり見かけません。

FacebookタイムラインはTwitterタイムライン以上に、コブラ最新記事シェアがどんどん流れてました。(^▽^;)こういうのを見ると、コブラってすごい支持率だと痛感します汗。

 

日本語文を読むと、わかりやすいですね(/・ω・)/

PFC Japan公式サイトさんより http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2018/03/contact.html

 

 

地上でのコンタクト開始?

 

コンタクト

geralt / Pixabay

 

地球の圧縮突破に備えるために、地上をコンタクトディッシュ(接触の受け皿)へ変更するよう地上の住人へ指示するように光の勢力から連絡がありました。

 

上記赤枠の内容が、おそらく読者の心をわしづかみにしたのではないかと。目に見えないやりとりが、目に見えるやりとりに変化するというニュアンスが盛り込まれているためです。それでツイのTLでは、土地の話がちょこちょこ出ていたのですね^^;

※ツイ情報で読み取ると、上記地上コンタクトには条件があり、土地面積が30メートル×30メートル必要だということでした。

かなり大きい乗り物を想像してしまいます。目立つんじゃないかと思いますが、目立つでしょう。目立ちますよね?凄いですよね。

※実際船は、7×7メートルでした。汗

ですよね…。

 

母船の話をベガ星のときに書きましたが、あの単位で比べると、小型船となるのかもしれませんが、Vegaの土星衛星に待機中の母船はキロ単位だったかと思いました。また、とある土星衛星に移ったとされる母船は地球いくつ分かのサイズだという話もあり、それもいつか記事にしたことがあります。

土星に巨大な母船 1951年コンタクト ベガとピエール・モネ 

土星の環に巨大UFO、地球直径の約4倍! NASA科学者が発見! (外部記事)

 

コブラ記事の最新アセンション関連情報ですが、ここ一カ月ほど 暗号文みたいな?分かる人にしか分からない短文記事だったので、もっとわかりやすい情報を求めていた人達にとって、かなり刺激の強い情報だったのではないか?

と客観的になって考えてみると、そう思いました。

 

ちょこちょこ、コメントにコブラのコメントがあり、なんともそれは、大変人間味のあるコメントだと感じて、知り合いではありませんが、親近感を少し覚えました。コメントにコメ返しされる律儀な方なのだと。

 

ベンジャミンさんのブログ情報による、ブラックハットとホワイトハットの動き

 

ホワイトハット

mycol / Pixabay

 

ペンタゴン、CIA、およびその他の情報源によれば、米国の秘密の電源構造の最先端のパージはほぼ完了しており、現在はもっと大きなパージが行われようとしています。ホワイトハウス、CIA、NSA、FBI、ペンタゴン、およびその他の米国機関のトップリーダーは、ほぼ完全に白い帽子で構成されています。これは下位ランクの系統的パージが可能になったことを意味します。その結果、今後数カ月で、人々はカザフスタンのマフィアによって実際に行われた犯罪がどれほど恐ろしいかを知ることになります。

世界は、カザフスタンのマフィアの犯罪がどれほど恐ろしいかを知りつつある 3月19日 Benjamin Fulford のブログより

 

米政府・国際的な秘密期間に潜んでいたカバール(陰謀グループ)、がほぼクリーンに近づいたという情報です。かなりの進展です。

トランプ氏の大胆なビジネス経営で培った敏腕かつ俊敏な力、圧巻だと思えたのは、年末クリスマス、ディビッドさんのブログに書かれた大量逮捕、それに関連する小児性愛の犯罪者逮捕情報です。

ディビッド・ウィルコックさんのブログ:素晴らしい新ブリーフィング:大量告発、標的逮捕と開示

 

トランプ大統領は、実際のところどうなんだろうと思う日本人が多いのですが・・・

 

トランプ大統領

MIH83 / Pixabay

 

この記事を読んでから、日本の関連する記事にたどり着きました。

正直、日本メディアが報道するトランプ大統領の印象は、かなり悪質な印象に仕上がっていました。ディビッドさんが、この記事を書かれる前に、コーリーさんが、イベント関連には、トランプ大統領がkeyだということを説明されていた過去記事があったのですが、うそ~((+_+))と、そのとき思いながら読んたいたのです。

なんとなく、気になったため、「トランプ大統領 日本情報サ犯罪逮捕 小児愛犯罪者 」検索をかけてみたところ。

海外ニュースから引っ張っているニュースサイトが多数ありました。

コーリーさんとディビッドさんの情報を裏付ける内容を取り扱っているものが見つかったのです。

 

今では、コーリーさん達の進めたいプロジェクトに応援したいと思っているため、トランプ大統領のホワイトな内容を真実として受け入れています。

私のように、日本メディアによって、マイナスな感覚の人で、気になる人は、自ら両サイドの情報をひとつひとつ検証してみるといいかもしれないですね。^^

 

日本のニュース情報サイトより

the liberty web:メディアが報じないトランプの仕事 人身売買ネットワーク撲滅に尽力

日本や世界宇宙の動向:トランプ大統領就任以来、全米で3500人以上の小児性愛犯罪者が逮捕されました。

 

主流メディアの情報操作

 

情報操作

mohamed_hassan / Pixabay

 

凄いニュースにも関わらず日本メディアはおろか、海外の主流メディアでは報道なしでした。ですが、トランプ氏の活動は地方メディアやその他のメディアで注目され続けています。

日本メディアの操作に関する動画を2016年SMAP騒動関連から知ったのですが、海外の大学から依頼されて調査した報告内容でした。今探しても見つかりません。残念です。世界中の記者が色々質問している内容を聞いていると、どうもメディア側も国から圧力を受けているということが分かりました。

アメリカではそれがアタリマエだったのかもしれません。その方法を日本が受け継ぐ形となり今に至るという感じでしょうか?

 

海外メディアは、日本と違って独自のスタイルだった場合、政府関連がホワイトハットに切り替わったとしても、報道自体当分変わらないはずですが、政府と密着になっている場合は、メディアの質も変わるかもしれないですね。日本も、影響を受けてくれることを期待しています。

 

ディスクロージャーとアセンションイベントは切ってもきれないと最近分かり始めたところなのですが、ディスクロージャーを邪魔する勢力が落ちてきたということは、イベントも希望的な方向に前進していると考えることができるかと、個人的にはそう思います。

 

日本の若者に人気あるベンジャミンさん

 

 

海外でも、最近ベンジャミンさんが引っ張りだこなのではないか?と感じているのですが。海外の人との対談動画(最近アップされたものです)が、数本ありました。もしや、ベンジャミンさん、日本から遠ざかってしまわれるのでは?と、寂しい気分にもなってしまったのですが、それだけ世界中で注目されているということでしょう。賛否両論がはっきりする人ですけれども。

ベンジャミンさんは、どこか日本人には受け入れやすいアットホームな人柄と感じます。総裁と言われている朝堂院大覚さんも、なんとなくベンジャミンさんに心許されているような印象がありました。白竜会というネームは、個人的に及び腰になりましたし、いくつか白竜会の説明をしている記事を読むと、正義の味方であるのは、間違いないかもしれないが、と反面の部分をきっちり書き綴っている人が多数いました。

ですが、「フェイク発言」もある ベンジャミンさんだと知っていても、彼の動向や発言情報は、勉強になります。

最近、ベンジャミンさんの情報更新が立て続けにあったのですが、昨日ストップしたため、生きているのだろうか?と心配になりましたが、今日新しい情報を発信されていました。良かったです。

 

spirit・lightさんサイト情報米中間の動きと、コズミックディスクロージャーシーズン8エピソード6の関連性

 

この情報は、凄いと思いました。米中の関係進展情報だったりする訳ですが、補足としてspiritual・lightさんもカバール勢力が落ちると、1回目の情報提供時に分析されていました。2回目は同じように別情報提供者の翻訳情報だったのですが、アセンションイベントとして、米中進展情報を分析。

これは、しっかり大きな視点で読まないと、日本メディアの餌食となってしまいそうで、注意が必要です。

 

日本メディアは、常に公平さがかけているため、誰かを擁護するために、情報発信するか、もしくは擁護対象から意識を外すための情報を提供する傾向があると、最近になって気づきました。なんで、今この情報を流すのだろう(=_=)?と考えて情報を収集すれば、意図が見えてくるかもしれません。

この情報を日本メディアが提供するときは、安易に米中進展として情報提供しないのではないかと感じます。これを題材に尾ひれをつけた内容に仕上げてくるような感じがして、いやだな…と思ってます。そうでない普通な感じのニュース情報を提供をしてくれることを願ってます。

事実だけを伝えるにとどめてくれること。みたいな?

 

とはいっても、私自身、そうしていないため、あなたに言われる筋合いはないよ。とつっこまれそうなのですが(;^_^A

 

さて。イベント関連と米中の話に食いついてしまった理由は、前回読んだ英文のcosmicdisclosure シーズン8エピソード6の質問コーナーです。

これを読むと、spirituallightさんの情報提供の意味合いが深まるのではないかと思います。

 

spirituallightさんの 午前中 更新された記事情報 

通貨評価替え/機密情報 警報 2018年3月19日

 

spirituallightさんの 午後 更新された記事情報 

緊急速報“GCRによる共和国の再興”2018年3月20日より抜粋

 

コズミックディスコロージャーのシーズン8 エピソード6の日本語 と公式サイト原文

公式サイト日本語版がまだ翻訳されていなかったのですが、他のサイトで翻訳されていました。

『コズミック・ディスクロージャー シーズン 8 エピソード 6 (09/12)』
∞ 視聴者質問が7件あります。(^_^)/    コズミック・ディスクロージャー シーズン 8 エピソード 62017年9月12日視聴者質問10:アセンショ…

 

公式サイトの原文はこちら https://www.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-viewer-questions-10-ascension-concerns-and-end-times-madness.html

 

こちらでは、コーリーさんがディスクロージャーの進展時に起こりうることの説明として、西側のカバル勢力の影響を抑える一貫として、金融システムが東洋で管理される流れが起こるということでした。他のトークショーで、コーリーさんが東洋の国を中国と説明しているのを聞いたリスナーさんからの質問の時に中国の金融話をされていたのです。

「Q1: あなたのQ&Aは好きです。1つ教えてください。他のプログラムでコーリーが次の100年の基軸通貨は中国が担当し、良いことが欠如した世紀になるだろうと言いました。これに混乱しています。」という質問に答えるコーリーさんの話はリンク先で確認できます。

 

という感じです。予告がそのまま形になっていくのを見ると、ドキドキしてしまいますね。

精神的アセンション情報だけしか、知らない人もいるかもしれませんが、コスミックディスクロージャーをくまなくよむと、イベント時に起こる要素がどういうものかということが、把握できるかもしれません。もしかすると、ディスクロージャーはイベントと関連ないと思う人もいるかもしれませんが、それはそれでOKではないかと思います。

それで、精神的に安定する人はそれがその方の真実となるからではないか?と思うためです。^^納得できる情報を信頼するのが一番心と体にいいんだろうと思います。

 

また、人工的な災害の真相につながる出来事となりそうだと個人的に思いました。

 

スフィア・ビーイング・アライアンスもリツイする情報

 

 

最近、読みまくっている情報サイト、stillness in the storm

実は、スフィア・ビーイング・アライアンスのコーリーさん達、内部告発者の人達が作ったグループのFacebookから、知ったのですが、スフィア・ビーイング・アライアンスがツイしたこの記事情報源は、stillness in the storm です。

SBAは、コーリーさんの個人情報も提供されていたみたいなのですが、最近は個人情報は個人用アカウントに。イベント情報などはこちらの公式アカウントから発信されています。SBAツイ情報は、かなりチェックしていますし、個人的には気に留めておこうと感じている内容だと思ってます。

 

種まきシーズンと収穫シーズンは注意が必要

 

今回、SBAでリツイされた情報源は、stillness in the storm 。ということで先に読んではいた内容ではあったのですが、3月19日から5月1日の時期は注意が必要という内容記事であります。

スフィア・ビーイング・アライアンスからも注意が必要だと感じている内容なんだろうと推測して、気をつけたほうがいい勝手ながらそう思いました。

 

この重要な時期というのは、ネガティブサイトにとっても力を発揮するときであるという内容の詳細と、その情報がどういう仕組みかということが書かれています。この期間は、キリスト教ではイースターという復活祭の期間であり、種まき期間だと認識しています。9月は、収穫祭だと盛り上がるのですが、記事を見ると分かりやすいかと思います。

シーズン始まりの3月と9月は対になっているわけですね。

 

ホロスコープ種まきと収穫

 

水色が種まきシーズン(霊的な意味合い)で、オレンジが収穫シーズンだと言われています。対というのはアスペクト180度という意味です。

 

福音派の方の動画で知った

 

福音主義のクリスチャンの間では、大変注意が必要と呼びかける海外動画がありました。魂をネガティブな存在にさらわれないようにするため、集団で祈りを設ける時期です。と動画では説明していました。また、ネガティブな存在に魂が触られた実例というものもあり、ちょっとこの動画自体がホラーではないか、と動揺しながら視聴したのを覚えています。

福音派の人達全てではないのですが、福音派の人達の中にはソルジャー的な人がいて、おののいてしまいます。おそらくそういう積極的な人が動画投稿されているみたいです。カトリックの人達を敵視しているので、怖かったですね。でも、なんで敵視されているか、最近気付いたところです。まさかな感じで、脳が硬直しました。

マイケル・サラ博士とコブラ インタビューより②その理由を書いています。お時間があれば、見てみてくださいね(*‘ω‘ *)♡

 

スフィア・ビーイング・アライアンスの呼びかけ

 

ということで、これらのシーズンがダークサイドにとっても、重要なシーズンだということは、知っていたのですが。スフィア・ビーイング・アライアンス(ローティアエールや、カ・アーリーなども注意してといってきているかもしれないという意味も含めて)からも呼び掛けるということは、言い伝えは真実であると考えることができるだろうと思いました。

いろいろな情報を読むとき、また思考的に充分冷静でいる必要があるということかもしれないと、思いました。

 

変換の時におススメの本

 

こんな時期におススメな本といえば、やっぱりこれでしょうか?

この本を読んだ後1か月、無の意識を体験できました。個人的にはおススメです(*‘ω‘ *)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました