アセンション・ブレイクタイム 2020年3月6日 | アセンション

アセンション・ブレイクタイム 2020年3月6日

アセンション・ブレイクタイム 2020年3月6日 普通、こういう怪談話とかを観たり、聞いたりすると?霊が寄ってくる、と聞くことがあるかと思うのですが、なぜか、逆の体験のように、どうも病院から連れて帰ってしまった霊か、何かが、動画の向こうにいる、三木住職さんのところに、飛んで行ってしまった、と直感的にそう思いました。

 

アセンション・ブレイクタイム 2020年3月6日

アセンション・ブレイクタイム 2020年3月6日

 

最近、昨年同様…筋肉痛やら、春の神経痛のため? 休みがら ワークする日が 続いています。昨年も、今ごろ 神経痛が ひどくなり、当サイトを 半年以上 お休みすることに なったのですが、今年は、ペースを 落としつつも、サイト更新の間隔が 広がらないようにしたいと 思います。

息抜きも 兼ねて、昨日辺り 感じたことや、関連することについて、メモ書きしたい と思います。

「 昨日 病院に行った 」という ところから、今回は 話をさせていただきます。

病院の 出来事

 

家族の 付き添いで 病院に

 

家族のうち、3人が病気になったため、ここ一か月ほど 病院に行くことが 増えたのですが、昨日も、家族の付き添いのために、病院に行きました。

病院は、いつも 同じ大型病院を利用しているのですが、通い慣れた場所 でもあります。 先週は、この病院を 連続3回訪れました。診察待ちの間、いつものように、スマホを見たり、待合の人たちを なんとなく、ぼーっと 観察しながら、時間をつぶして 待つことにしました。

 

具合が 悪くなる

 

ですが、なぜか? いつもと 違う感覚になったのです (;’∀’)。

急に眠気に襲われて、体がだるくなり、時間とともに頭痛がひどくなる という感じになりました。

風邪をもらった感じではなかったので、多分、何か見えないものを もらってしまった、という感じでした。家に帰ると、ひどい 頭痛のために、頭痛薬を飲んで いつものように ( 最近、疲れやすいため 昼寝を1~2時間する習慣がついたみたいです(;^ω^)… )一寝入りすることに しようと思いました。

でも、i昨日は、珍しく 昼寝前に 気分転換にしたいと思い、Amazonプライムビデオ動画を 2本見ることにしました。

動画で 気分転換

 

動画を いくつか視聴 

 

一本目は、イギリスの映画で、「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(字幕版) 」です。

シャーロック・ホームズの老後が設定となる話でした。最近になって、シャーロック・ホームズ関連の映画や、番組を好きになった私は、ホームズシリーズということで、これを見てみようと 思い、途中までいたのですが、その続きを 昨日、昼寝前 見ることにしました。

内容ですが、推理的な物語というよりは、完全なヒューマンドラマで、感動する内容でした。

自分の父と何か重なる点が多い という意味で、不可解な動きを最近する父に、戸惑うことが多かったのですが、少し理解できるなぁ、と心がほっとする感覚を持つことができました。

 

一本目を見終わった後、頭痛が収まるどころか、ますますひどくなっていきました。普通なら、ここで寝るという選択をするはずなのですが、なぜか、2本目の動画を探すことにしたのです。

(なぜ、そんな選択をそのときしたのか?自分でも ちょっとよくわからないのですが…(^^;)

 

三木住職さんの 動画

 

どういう経緯で この動画にたどり着いたか…?よく 覚えていないのですが。いろいろ 動画を探しているうちに 三木住職さんの 動画「 怪奇蒐集者 三木大雲 」というタイトルの 怪談話を 見つけました。

日本ホラーを感じさせるパッケージで 怖い印象で、いつもなら 絶対に選ばない 内容でした。「でも なんとなく見てみよう 」と思い、二本目の 動画視聴することに したのです。

(どうして こんな選択を したのか、今考えてみても よくわかりません…(-_-;))

 

気が 晴れる

 

動画内容

 

三木住職さんの怖い話は、パッケージと裏腹に、とても聞きやすい話口調で 怖い内容にもかかわらず、面白く視聴できました。

いくつか、自分自身が体験した内容と被る 怖いと思える体験談などもあり、自分の経験したことは、勘違いではなかった と感じたり、三木住職さんの霊に対する感覚が とても優しいために、なんとなく霊(おばけというのでしょうか?) に対して、見方が変わるなとか、怖いのになぜかほほえましく感じる…などなど、動画を観る前と、裏腹に意外とほっこりした 気持ちになりました。

 

動画を つけながら

 

頭痛は、まだ続いていたものの、ようやく うとうとした感覚になったので、動画をつけたまま 眠ってしまいました。1時間ほど 昼寝をした後、目を覚ますことになりました。

体の重さ 消える

 

不思議なことに、あの「 何かをもらって 帰ってきた 」という感覚と、頭痛が 消えて、久しぶりにですが、ずっとここ最近 重くなっていた体、筋肉痛が、すべて 消えたのです( ;∀;)。

軽い感じになったというのが、ぴったりです。これは、頭痛薬と睡眠のために、治ったとも考えられるのですが、最近の疲れは、どれだけ睡眠をとっても、治ることがなかったので、うーん、有難いけれど、不思議だな、と思いながら目を覚ましたのでした。

 

普通、こういう怪談話とかを観たり、聞いたりすると?霊が寄ってくる、と聞くことがあるかと思うのですが、なぜか、逆の体験のように、どうも病院から連れて帰ってしまった霊か、何かが、動画の向こうにいる、三木住職さんのところに、飛んで行ってしまった、と直感的にそう思いました。

実際のところ、よくわかりませんけれど…「そうとしか いいようがない」、といった 不思議な 感覚を 覚えました。

 

これは、妄想ですが。

もしかすると、霊界でも 三木住職さんが 有名になっていて、供養してもらいたい霊たちのうわさになっていて…。動画介して 三木住職さんのところに行こうと 思っていた霊が、私を 利用して行動した。

…だったりして?と想像してしまいました。(^^;  そして、起きてから、全く知らなかった三木住職さんについて、検索しまくってしまいました。

三木住職さんは、私と同じ歳で、出身地も かなり近いということを知り、なんとなく 親しみを覚えました。もしかすると、同じ幼稚園だったりして…と、アルバムを引っ張りだしてみたのですが、違いました。

 

前回の スターシードの 出来事の 対処法

 

前回の スターシードの話

 

動画の話は、怖い体験を 通して、説法を説くという スタイルのようで、なるほど…と ためになる話も あったり、耳が 痛くなるようなことも、三木住職さんの アドバイスを 聞くことで、難しく 考えることなく、実践できそうだ と思う内容も 多々あり、また 動画を いろいろ観たいな、と 思いました。

その中で、これは ためになるな、と 思う内容が あったのですが、昨日、Lisaさんの ブログ記事を 紹介させてもらった 内容と 通じるものがあり、なるほど~と 思いました。

 

目を覚まし、気づいている 私たちの多くにとって、これは、暗いポータル人形のように 映ります。目を覚ましているとき、あなたの周りの人々は 非常に悪質に、あなたを攻撃するために 使われます。そのため、彼らの物理的なシップ(体)は、あなたを攻撃するためのエネルギッシュな武器や、他の方法を投じるために、使用されます。

目覚めたスターシードとしての 私たちの多くは、明確な理由もなく、人が あなたの勇気を憎み、娯楽のために、あなたのキャラクターを中傷し、あなたについて、たくさんの嘘を広めることを行うという 経験をしています。

武器の物語 weaponizing-narratives2020年3月5日 より

 

スターシードに限らず、理由もなく因縁をつけられることもあるかと思います。

三木住職は、この理由なき不可解な対応について、カルマという括りで、不快な対応を対処されるとお話しされていました。

 

対処方法

 

「前回・前々回の自分の行いが、跳ね返って、こういう出来事に遭遇する。だから、起きたことについて、怒りを覚えるのではなく、反省をして、その行いに執着しない。」的な発想で、やり過ごすということでした。

カルマの話は、いろんな説もありますし、ダークサイトの意図によって、ゆがめられたものになっている場合もあるとも考えられるのですが、対処方法は、なるほど、そうか、と思いました。

相手を許すというのが、世の中で一番難しいと、動画でも話されています。でも、こういう発想なら、相手を許すことができる一番の近道的な発想になる、と個人的に思いました。

 

また、三木住職さんの、霊・生きている人間、問わず、とても安定した対応をされている辺りは、すごく勉強になりました。感情的になることで、相手の立場に巻き込まれてしまい、無意識に自分の舵を相手に譲ってしまうことってあるかと思うのですが、三木住職さんのスタンスであれば、摩擦が起きないために、自分の舵取りをとられることがありません。

見習いたいと思いました。

とても、お人柄がよくわかる記事があったため、三木住職さんについて、まだ知らない方は、この記事を参考にされてもいいかもしれない、と思います。

京都・蓮久寺の怪談和尚が説く恐ろしくもありがたい「怪談説法」とは?

 

自分に 返ってくる話

 

また、これは自分的に戒めになるな、と思ったことが、「自分の行いは自分に返ってくる」という話です。

 

これは、一なるものの法則の中にある、自然法則の中の「通信の法則」と同じかもしれません。通信の法則には、罰則的なものとして、因果応報を説明しているわけではないのですが、

 

普遍的な通信の法則は、内世界から表現されるものが外世界で表現されるものと一致すること、およびその逆のことを示しています。

精神的な道において、私たちの究極の目標は、認識している通信の層の間の より多くのバランスと、対称性を表現することです。

この原則は、多次元次元の存在と生命に同時に存在する 自然な意識の法則の間のパターンに常に見られる対応がある という考えを 表現しています。

上記のように、「上なる如く、下もまた然り。」物質世界で 明らかにされているものというのは、顕在化していない層からのパターンの背後にある、思考の質を反映したもの となります。

この原則はまた、個々の(小宇宙)レベルと集合的な(大宇宙)レベルで、物理的、精神的、感情的、精神的な面として描かれる、統合された、調和のとれた、相互作用を形成する、現実の複数の面の間に 対応していることを述べています。

私たちの周りで起こっている因果的現実と出来事についてもっと知りたいなら、私たちは、大宇宙を小宇宙に、小宇宙を大宇宙であると見て、そこに存在する相互接続と パターンを観察することです。

問題の性質と人生の教訓を理解するために、私たちは問題の線形思考を超えて見ています。代わりに、それを作成したエネルギー層に存在するものを見て、その状況を生成したもののパターンと影を確認することです。

 

組織を作成した蓄積された思考形式を確認したい場合、そして、明示された何かをリバースエンジニアリングしたい場合は、対応を探してみることです。

マクロからミクロへのパターン、また、共同で作成されたエネルギーシステムの影響、および、その背後にある動機を観察することによって、その物がどのように作成されたかを調べることができます。

通信の法則は、現実の鏡を通して、因果関係を観察できる顕在化を 共同作成するために使用された 思考形態の元の意図と品質を、私たちに知らせます。

このように、それは、引力の法則の 基本的な理解に非常に似ています。

自然法則の13の原則 自然法則の整合 (後半) | Lisa Renee2020年2月2日

 

この…引用部分にある、

「私たちの周りで起こっている因果的現実と出来事についてもっと知りたいなら、私たちは、大宇宙を小宇宙に、小宇宙を大宇宙であると見て、そこに存在する相互接続と パターンを観察することです。」という部分は、一なる法則の、因果的現実のしくみを説明しているのですが、3Dな世界では、因果応報というパターンの部分を指しているのかもしれません。

そして、その因果応報的な通信の法則 ついて、リアルに、わかりやすい現象として、三木住職さんの体験談を通して理解できるな、と思いました。

 

大黒天

 

大黒天と 縁がある

 

もう少し、書いておきたい内容ですが、三木住職さんについて、いろいろ調べてみたところ、お寺のホームページなるものを見つけました。こちらです。こっくり舎

そこに、大黒天の話が書かれていました。

この大黒様は、私が住職になってすぐに、夢に出てこられました。
その時は本堂に大黒様は居られなかったのですが、
あまりに夢がはっきりしたものだったので、お寺中を捜したところ、
非常に傷ついた大黒様が出てきたのです。

蓮久寺の大黒天様 より

 

 大黒天は シヴァの 神格

 

実は、昔から、何故か「大黒天」と、いろいろ小さいご縁がありまして、今も固有名詞的に、縁があります。でも、あまり、それについて、気にかけたことがなかったのですが、今回、初めて調べてみようと思いました。

大黒天というのは、どうやら、シヴァの神格化した存在という形で、日本に伝わっているようです。先日、女神カーリーの話を、Lisaさんのサイトで見つけたところなのですが、シヴァは、カーリーの旦那さんという設定で、広まっているようです。

日本では、破壊の神として知られているのですが、三木住職さんの話から、そういうイメージが全く感じられなかったために、もう少し調べてみることにしました。

 

もともと、シヴァという音は、意味があるようなのですが、それがこちらになります。

↓↓↓ ↓↓↓

サンスクリット語の「シヴァ」(Śiva、शिव)という単語がシヴァ神の名前の由来であると広く受け入れられている。モニエル=ウィリアムズによれば「シヴァ」という語は「吉祥な」、「好都合な」、「慈悲深い」、「親切な」、「友好的な」という意味を持つ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/シヴァ より

 

慈悲というイメージが、ぴったりくると思いました。

 

さらに、破壊的なイメージは後からつけたされたようで、ヴェーダ時代のころは、慈悲的なイメージのみでとどまっていたようです。

↓↓↓ ↓↓↓

リグ・ヴェーダでは「シヴァ」という言葉を見つけることもできるが、これは単純に「慈悲深い、吉祥な」という意味での添え名として使われているにとどまり、ヴェーダ時代の様々な神に対して使われる修飾辞のうちのひとつである。

 

このヴェーダ時代ですが、これは、おそらく古代チベットと関連しているかと思います。確か、その辺りについて、エイリアン・インタビューでも取り上げられていましたし、チベットの様子は、オムネクさんの本で詳しく描写されています。

 

シヴァの由来 チベットについて 思うこと

 

で、チベットといえば、前回のアセンション・ブレイクタイム 2020年2月28日 で紹介させてもらった、Lisaさんのサイトの、コロラドから中国へという引用部分です。

こちらです。

↓↓↓ ↓↓↓

コロラドから中国

 

コロラド州から ニューメキシコ州周辺に 何かが埋まっていますが、それは いつか明らかになるでしょう。

これは、オリオン・スターゲート・ポータルへの アクセスポイントに関係しています。スターゲートサイトを 制御できる リモート・コントローラーとして、これは、地下のニューメキシコと、コロラド地域で起こっている 大きな紛争を引き起こします。

 これは、頂点に達するかもしれません。別の大きな地域は、中国とチベットです。そこでは内なる 飛行機の戦いが 行われています。人間の 元の亡命者であり、これは 私たちの惑星であり、私たちはこの惑星の核に沿った 磁気の本質の一部でした。

ドラマの戦いの過程で、アヌンナキと 他のさまざまな 爬虫類グループが 惑星に侵入し、人文科学の生得権、資源、真の歴史などすべてを盗んだ場所に 侵入して追放されました

これは 今日も続いており、彼らが最初にここに来た 75,000年前と 変わりません。

彼らは 何度も何度も このプログラムを使用して 意識をコントロールし、私たちの記憶を 一掃します。

 

 

中国は、銀河中心ポータルの活性化の 主要な地域であり、地球の中心を通って 世界の反対側にあるニューメキシコに「ping」を 送ります。銀河中心(8D/次元)を活性化する 主要なスターゲートポータルは、オリオンに接続されており、チベット地域に あります。

8番目のルートレースは チベットのメルキゼデク族です。チベット人は、銀河コアへの スターゲイトの ロッドとスタッフである 難解な知恵と鍵を 与えられました。これらは、チベットにあるスターゲイトの通路を制御し、保護していました。

テラコッタ軍隊が 地下に建てられた 中国最古の都市、西安の中心です。

 

 

中国の王族は、私たちの惑星が 侵略され、より深い侵略の絶え間ない 脅威に さらされていることを知っていました。そしてそれは 王朝の戦争からの保護以上であり、これは 爬虫類( 侵略 )からの スターゲイトの保護を 意図したものでした。

この地域には 断層線が弱く、中国のビルマの断層線である 大地震が 続いています。そのエリア全体は、実際には山のチベットにある 8次元と9次元のスターゲートを制御する 遠隔地である三角形です。

管制官が行っていることは、彼らが 憎しみを操作し、中国が チベットに侵入したことです。彼らはスターゲートを操作する 知識があるチベットのメルキゼデクがそこにいることを 望んでいないからです。

彼らは、チベットと 中国にスターゲートがあり、これらのゲートが アセンションプロセスの 成功に 不可欠であることを 知っていました。中国は、侵入するように 操作されたたのです。

爬虫類は、この知恵と スターゲイトの知識を保持し、これを 人類と地球のために 保護するためにそこに 特別に招かれたことを 知っていたので、チベットで、彼らを土地から降ろし、彼らの神聖な義務から 遠ざけているのです。

(出典:2008年5月QA)

 

コロラドから中国へ https://energeticsynthesis.com/ より

 

実は、この75000年という数字は、以前、紹介させてもらったベガ星人の話にも書かれていました。その記事は引用させてもらっていなかったのですが、今は削除されてしまったフランス記事に掲載されていて、カルマの期限は、75000年という内容でした。

まぁ、その部分は、置いておき。

勝手な分析ですけれど、もしかすると、カーリーや、シヴァと呼ばれた存在は、「スターゲートを操作する 知識があるチベットのメルキゼデク」なのではないかな、と思いました。

想像ですけれど…。

 

カーリー

 

シヴァの 奥さんの カーリー

 

カーリーといえば、カーリーの話題のおかげで、とあるご縁が遠のいた経験があるため、印象深い女神として、私の中でとどまっています。

昔、いつもお邪魔していたサイトの管理人さんに、「実は、カーリーに親しみを覚える」という話をしたところ、距離を置かれてしまったという経験をしました。

そのカーリーは、ダークサイドの存在だったのか、よくわからないままだったのですが、Lisaさんのサイトで、カーリーに対して、ポジティブな情報として、紹介されていたものをたまたま、2~3週間ほど前に、見つけたのです。

で、今朝になって、シヴァについて、調べてみたので、再び、その記事を探したくなりました。

 

Lisaさんのサイトに紹介されたカーリー

 

2007年11月 ニュースレターより

カーリーはここにあります。

 

この強さは 今や11月に始まっており、女神カーリーのエネルギーの典型的な具体化を通して象徴的に表されています。

この記事を書いているとき、先祖代々の家父長の悪魔払いのテーマに対する直接的意味を実現することに畏敬の念を感じます。

解明 および 今後のイベントへの 対応を見るのは 非常に明確です。カーリーは、女性のエネルギーのより極端な形態の1つであり、神の力の 創造的な女性の原則を 表しています。

カーリーは、本物の表現から 抑圧された過負荷の 創造的エネルギーを 象徴しています。世界から悪を取り除く という熱意で、彼女は かなり恐ろしい外見を 呈します。

彼女の美しいフォルムは、激しい戦いに 巻き込まれながら 血に覆われることで 激しくなります。伝統的に、カーリーの信者は、これを 過保護な母親の行為 とみなし、愛する子供たちを 傷つけないように 悪の勢力を殺します。

このインスピレーションを受けた情熱と 女性のエネルギー原理の純粋な力は、東洋の宗教に見られるさまざまな形で 表されています。今、西洋文明の私たちは、外来の破片を取り除き、肥大化した人間の自我パラダイムの究極の死をもたらすために 使用される、私たち自身の形の カーリーエネルギーを目撃します。

 

という、とてもポジティブなメッセージが書かれていました。なので、あの時感じた直感は、この印象だったのかもしれない、と、もう10年ほど昔の話ですが、過去を否定しなくて済むということで、うれしく思いました。

もしかすると、この一連の流れで、私個人的なことなのですが、「シヴァとカーリーの存在を理解する時 なのかもしれない」、と、なんとなくですが、そう思いました。

硫黄ホメオパシー

 

アセンション症状?

 

アセンション症状について、過去のニュースレターを見て、今、まさに当たっているという症状があったので、それを日本語に直している最中です。

 

硫黄ホメオパシーを 検討

 

その中の対処方法に、硫黄ホメオパシーがいいと、書かれていたため、早速、Amazonで注文してしまいました。今日、それが届く予定です。

今日も、これから、病院の付き添いです。(^^;

 

追伸

 

三木住職さんの話で、有名な「匂い」それから、「呪い」の話は、個人的に、参考になりました。呪いというものは、本当に存在しているということ。また、呪いをかけた人にも、呪いは返ってくるということ。

呪いの話のときだったかと思うのですが、三木住職さんが、相手に対して、「嫌い」ということも呪いになるとお話しされていました。

これについて、一なるものの法則に、同じようなことが書かれてありました。

 

何よりも親切

私たちのほとんどは、私たち自身が、地球で起こっている 巨大な出来事の一部であることを 非常に明確にしています。

アセンションは、すべての人に影響を与え、それぞれの人にとって、非常に 親密な異なる意味を持ち 、個人的な意味合いを持っています。

あなたの魂とのつながり、神とのつながりは、非常に個人的なものです。

人類の一部として、私たちは皆、恐ろしく 痛みに苦しみ、暗闇の中で、完全に孤独を感じることの意味を知っています。

このアセンションサイクルに 耐えるとき、それは 何よりも 親切で居続けることを 忘れないでください。

自分がどこにいるかを称え、必要な時間を取り、癒すスペースを 自分に与え、自分への優しさを見つけましょう。

コアを強化し、影響力の範囲を広げることができたとき、他の人に 優しくランダムな行為を 練習します。 

1秒間の批判、皮肉、軽蔑、または憎悪の言葉が、子どもと人を傷つけ、傷つけます。

優しさの1秒は、子供や人を高めて、彼らが魂を見つけることを可能にする 偉大さを達成することができます。

魂は、親切で 愛情深い。神は、親切で 愛情深い。

一なるものの法則 | アセンション用語集 より

 

この、一なるものの法則 | アセンション用語集 の「1秒間の批判、皮肉、軽蔑、または憎悪の言葉が、子どもと人を傷つけ、傷つけます。」という部分を読んで、1秒間の批判は、意識するかしないかという瞬間に、何かに 批判してしまう自分がいます。本当に 正直、なかなか、実践できなくて、苦しんでいました。

でも、その行為は、呪いなのだということ、また、人を許すという行為が、一番難しいということ、でも、自分のカルマの種を刈り取るつもりで、相手の行いを許し、そういう自分が、内側にいたということを感じ、ながら、このレッスンを終了できるよう、がんばりたいなと思いました。

この、一なるものの法則では、人に親切にするレッスンの前に、まず自分に親切にするレッスンを行うこと。コア(核)を強化すること、ということがアドバイスとして説明されています。

なので、ここから、意識的にレッスンして、次の他人に親切にするというレッスンを意識的に行いたいと思いました。

同時に、批判している自分に常気づくという、レッスンもしようかな?と思いました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました