アセンション・ブレイクタイム 2020年3月22日 | 2ページ目 (2ページ中) | アセンション

アセンション・ブレイクタイム 2020年3月22日

アセンション

ゴールデン・レイ と ベガ

 

今回、ベガ に 関する内容が ニュースレターに書かれていました。

 

ゴッド・ソースの 2番目を表す プライマル・サウンド・フィールド 2番目の発散は、ユニバーサル・トリニティの一部である ゴールド・オーダーです。

ゴールド・オーダーの セカンドライトのマニフェステイションは、セラフィム、セレス エビアン(鳥類)の人々の ゴールド・レイ・オーダー、および 10番目のユニバーサル・スターゲートを通じて リラ・ベガの 第4高調波宇宙に転生した ソーラー・リシ である エイサン・ラインです。

人間の部族シールドの 所属と 10番目の スターゲイトへの 遺伝的関係 および ゴールデン・イーグル・グリッドの浸透により、ゴールド・オーダーの多くは、ドラコニアンのレースラインを 直接修復して 通過し、関連する NAAタイムラインを オーバーライドするように 任命されました。

ベガから落ちた 10Dラインは、ドラゴン・モス・ラインになり、ゴールド・オーダー セラフィムと 落ちたドラコニアン・ラインの間の 交配になりました。

元のセラフィム・ファウンダー・レース のゴールド・オーダーは、ゴールド・タイム・DNAの ガーディアン および 管理者であり、ユニバーサル・タイム・マトリックス全体で フォールン・セラフィムの系統を 回復させる 進歩的な進化の DNAテンプレートです。

ソーラー・クリスト・ミカエル 率いる セラフィム・ゴールドレイ・ファウンダー・レースは、血統記録、ダイアモンド・サン・遺伝学、地球を支援するための 集団意識を与え、タラの落下中に失われた 人間の元の 12ストランドDNAの 回収を支援しました 。

7番目のサイクルが 最高潮に達したとき、具体化プロセスは、クリスト・マイケルの化身プロセスを介して、宇宙のキリスト意識の すべての側面を持ち込み、ダイヤモンド・サン・ゴールド・サン・ボディ または ゴールドレイ・セラフィム・テンプレート全体を 完全に具体化することでした。倒れたセラフィムの遺伝学全体を 復活させることができました。

この 大規模な努力の結果は、フォールド・セラフィムの遺伝学を癒すための ゴールド・サン・DNAの物理的なテンプレートです。これは、ブラック・サン・グループが、ダーク・アーク・エンジェルとして形成され、最も低い次元で逸脱した 人種ラインに降りた 最高の血統を形成します。

春分の日における 元の ゴールド・サン・DNAの復活は、最大30次元 の意識へのアクセスを開く 精神的な普遍性であり、この開発は 地球上の ブラック・サンの 継続的なコントロールに対する 重大な脅威です。

これらは 地球上を移動するのが 困難で 暗い時期ですが、ゴールド・サン・DNAの復元は、ホーリー・ファザーのセラフィムの血統と 私たち全員が クリストス・ミッションに 大きな影響を与える お祝いの 主な理由です。

 

疫病プログラム pestilence program | Lisa Renee

 

以前から、ベガについて いろいろ調べていたため ベガというキーワードが使われたのは、たったの2回でしたが、注目してしまいました。

私のブログに訪れる人の中には、ベガ出身の人もいるのではないかと思います。数年前に書いた記事なのに、ベガの記事は読まれることが多いな…と思っていて、たぶん 出身星がベガだと思って、ここにたどり着かれた…みたいな感じなのではないかな。?と想像しているのですが…。

私自身、以前 リーディングでベガ出身と言われて以来、ずっと ベガのことが気になっていて、それがきっかけで、いくつか ベガに関する記事をまとめたことがあります。( 全部で 13記事 です。)

 

ソーラー・リシ

 

ただ、この内容だけでは、 想像力が膨らまない…と思い、Ascension用語集から、関連情報を調べてたところ、直接的ではないのですが、面白い情報にたどり着きました。

 

ソーラー・リシ の情報です。リシは、調べてみたところ、「本来サンスクリットで、ヴェーダ聖典を感得したという神話・伝説上の聖者あるいは賢者達のこと。 」と、Wikipediaで説明されていました。

 

ソーラー・リシ

ソーラー・リシは、エメラルド・オーダーとブルー・フレーム、ゴールド・オーダーとゴールド・フレーム、アメジスト・オーダーとバイオレット・フレームを、三重のファウンダー・フレームまたは ソーラー・リシは、普遍的なトリニティを作る ファースト・ライトの マニフェステイションです。

エメラルド・オーダーのファースト・ライト・マニフェステイションは、エロヒムと オラフィムの 太陽リシ・ブルーレイ・オーダーで、低調な ハーモニック・ユニバースにおける ガーディアン・ファウンダー・レースへの支持を直接行い、GSF解放と、アセンションと 一なるものの法則への 人類の 継続的な 精神的進化を 支えています。

エメラルド・オーダー・オブ・エロヒムは、アヌハジ・ネコ・エロヒム・シードを、ライアンの 第4高調波宇宙に 12番目のユニバーサル・スターデートを通じて アラマテーナに与えました。

ゴールド・オーダーの セカンド・ライトのマニフェステイションは、セラフィムのゴールド・オーダーであり、セレス・エビアン であり、エイサン・ラインは ライラ・ベガの 第4高調波宇宙に 10番目の ユニバーサル・スターゲートを通して 誕生した ソーラー・リシです。

アメジスト・オーダーのサード・ライトの マニフェステイションは、セタケス人、アビアン・ペガサス人、および 11番目のユニバーサル・スターゲートを介して ライラ・アヴェイヨン上の第4高調波宇宙に種をまかれた 水生ブララマから成る ソーラー・リシのバイオレット・レイ・オーダーでです。

エメラルド・オーダーの トリニティ、ゴールド・オーダー、アメジスト・オーダーのアバターは、ライアン・マトリックスの 第4高調波宇宙に種をまかれた ロイヤル・ハウス として知られています。

https://ascensionglossary.com/index.php/Solar_Rishi より

 

 

ベガから落ちた 10Dラインについて

 

ベガは、今月のニュースレターで、ベガから落ちた 10Dラインという説明から、ベガの情報にも関わらず、否定的な内容として 紹介されていました。

ですが、ベガはネットでも、否定的な印象で紹介されていることが多く、その一例として、当ブログで「ニッポン人は、侍。」 宇宙人情報は古代のものばかり? というタイトル記事で 紹介したことがあります。

 

②ベガ

琴座の恒星で、日本では七夕の織姫星として知られている。
もともと琴座で生まれた者の子孫だが、ベガ星人は信条や行動面で彼らの先祖と対極をなす種族へと発展していきました。

独自の思想と霊性を形成し、琴座の文明から自らを切り離すようになっていきました。利己的な思想をもつにいたった彼等は、琴座の陰極を体現していきました。琴座文明そのものは、他の文明の母体となったことから陽極とみなすことができます。

それは、単純に一方が善で他方が悪だったわけではありません。両者はただ物事を異なった観点から見ていたにすぎず、エネルギーの均衡を得る術を知らなかったのです。このため、琴座星人とベガ星人との間には争いが絶えなかった。

読書感想 プリズム・オブ・リラ 「ちょっとFREEDOM」ふうてんネコさんのブログを引用。

「ニッポン人は、侍。」 宇宙人情報は古代のものばかり?2018年1月30日 より

 

当時は、この内容を見て、自分の出生星かもしれないベガの否定的な印象に、ショックを受けた記憶があります。

ですが、のちほど、ベガ星出身のたけちゃんの話を聞いて、ベガ自体は太陽で、その周囲に惑星がいくつも存在していると聞き、Lisaさんが説明する ベガから落ちた10Dラインというのは、太陽ベガの惑星のひとつを指しているのかもしれないと、推測しました。

 

ピエールさんの紹介するベガ星も、たけちゃんの情報と共通する点がありました。

「私たちはあなたがベガと名付けた星から来ました。リラ星座にあります。この星は、14の惑星からなる複雑なシステムで、9つの惑星が生息しています。これらの惑星の1つに属し、体積は、地球の約20.29倍です…」

https://sites.google.com/site/pierremonnetvega/page-4

 

ピエール・モネさんの、その本の内容にある ベガの情報に 10番目というキーワードと、破壊というキーワードを見つけることができました。

同じ10番目です。ですが、この爆発した惑星は、地球が存在する 太陽系のことなので、ベガで起こったこととは関係ありません。でも、10番目という部分は共通しています。この爆発した惑星とは、マルデックかなとも思ったのですが、ちょっとわかりません。

 

悲しいかな、精神的 および 道徳的な開始の尊重よりも 科学的な開始のきらめく 目新しさが、再び勝る形と なりました。

これにより、複数の核戦争や その他の戦争による 人間の破壊がさらに進み、毎回 すべてがゼロになりました。そして、システム内の惑星の1つである 10番目は 完全に破壊され、自然衛星である 月に非常に 深刻な損傷を与えました。

過去の地球外生命体 ネイチャー Terrans ベガ星からのメッセージ

 

追伸:

 

昨日は、書きたい内容がまとまらない状態で更新したのですが、改めて ピエール・モネさんが紹介されたベガ星の人たちの話「過去の地球外生命体」について、原文をチェックしました。

 

ちなみに この「過去の地球外生命体」は、複数の宇宙の中の ひとつの宇宙で進化する人間が、それらの人たちが遠征で見つけた地球を監視するための組織を作り、様々な人種を設置し、設置された人たちの堕落が端的に説明された内容です。

その過程で、5万人のベガ星を地球の地下に残したという内容や、再教育のあとに起こった堕落、そして、地下に残ったベガ星の人たちが地球を去ったあと、定期的に保護のために 地球を訪れるといったことも書かれています。

 

紹介した当初、あまり情報を知らなかったため、この内容を 他の情報(ラケルタファイル)や、聖書などと比較していたのですが、部分的に一致するものの、情報に登場する人たちの立ち位置が違っていたりすることから、ぼんやりとした輪郭しかイメージできませんでした。

でも、改めて、現時点で読み返してみると、前回紹介させてもらいました、エメラルド・ファウンダー・レコード2020年1月24日 と、共通する部分が ラケルタファイルよりも多い点や、情報に登場する人たちの立ち位置が似ていると思う点が 多いことに気づきました。

 

この点から、ピエール・モネさんが1951年に出会ったとされるベガ星の人たちの内容と、Lisaさんのガーディアンの情報は、近いものがある と考えることができると思いました。

Lisaさんの説明しているガーディアンたちの中に、ピエールさんが出会った地球外生命の人たちも含れている 可能性もあるかもしれない と推測しました。

 

鷲との出会いと、鷲と ベガの関連性 より

 

昨日 至近距離で 大きな鷲に遭遇しました。

 

(田舎なんで^^;)しかも、職場のガレージでです。

その鷲は、職場に廃棄されたものを狙っていたようなのですが、私が来たせいで、けん制した状態で私を睨んでいました。怖かったのですが、毛並みがきれいで、見惚れてしまいました。

 

こじつけですけれど、ベガ は、アラビア語で「急降下するワシ」を意味する そうです。(wiki参照) 昨日、この記事を更新したときは、鷲のことを忘れていましたが、ベガの意味と、鷲をつないでみた私は、たわいもない自分の中の、情報として処理していたのですが、今回、Lisaさんが情報で書いたベガに関連する内容は、きちんと向き合う必要があることなんじゃないかと思い直しました。

Lisaさんの情報にある、このベガの内容に、ゴールデン・イーグルという文字も登場します。

イーグルは、鷲ですが、もうひとつ、私自身の話で、ベガ星出身だというリーディングをしてくれた方とは、違う人から、名前の中に別のキーワードを見つけるというリーディングをする人に「レッド・イーグル」というキーワードがあると、教えてもらったことがありました。

このことを思い出し、きちんと書き直そうと思いました。

 

ここまで、いろいろ書いてみたものの 自分と、この流れの関わりは、直接的には、実際関係ないのかもしれないのですが…。とりあえず、その点は脇においておき。

この、ニュースレターに書かれた、ベガと関連ある ゴールド・オーダーと鷲がつながる部分である、書きの引用部分に注目して、ゴールデン・イーグルについて注目してみることにしました。

 

人間の部族シールドの 所属と 10番目の スターゲイトへの 遺伝的関係 および ゴールデン・イーグル・グリッドの浸透により、ゴールド・オーダーの多くは、ドラコニアンのレースラインを 直接修復して 通過し、関連する NAAタイムラインを オーバーライドするように 任命されました。

 

ゴールデン・イーグル・グリッド 損傷ゴールデン・イーグル・グリッド

 

 

 

このゴールド・オーダーと、ゴールデン・イーグルについて、Ascension用語集でチェックしてみたのですが、こういう情報が書かれていました。

 

ゴールデン・イーグル・グリッド・損傷  ゴールデン・イーグル・グリッド

ゴールデン・イーグル・グリッドは 水平なタイムラインの セラフィム・ゴールド・レイ・ガーディアンです。これは多次元惑星グリッド・ネットワークであり 集団意識と 地球場を構成する 生物から 構成されています。

ゴールデン・イーグル・グリッドは 文字通り 天使のセラフィムの遺伝系統の 霊的な血統記録を含む 投影された集団意識であり 惑星の内外を問わず ミカエル・ファミリーの歴史が 全て含まれています。

ミカエル・ファミリー、そして 鳥類遺伝学と セラフィムの記憶を持つ人々は、ゴールデン・イーグル・グリッドと繋がる意識であるのです。

これは、グレイル・キーパーの目的を 理解することにも関係しています。彼らは、地球を 真の守護者とするため、隠された 銀河史に関与し、地球を守るために 精神的に尽力している魂の集団なのです。

男性的な原理と、地球のロッドを保持するものは、内部アクセスポイントである 内部世界を守っているため、これらのマジ・グレイル線に 接続されています。

内界へのアクセスは 門番の 本来の役割で 地上の砂利地帯へのアクセスを保護していました。

ゴールデン・イーグル・グリッドの損傷は、AIを使って 3-6-9アーク・ポータルの通路にアクセスしたり、堕落した 天使のセラフィムを産んだ結果、セラフィム集団の意識体が、自分自身を 反転させたたり、逆さまに変わったりしたことに関係関係しています。

ソーラー・クライスト・マイケル 率いる セラフィム・ゴールドレイ・ファウンダー民族は、タラの陥落時に失われた 人間の元の12本鎖DNAを取り戻すために、彼らの血統記録、ダイヤモンド・サン・遺伝学、地球を支える集合意識を与えました。

7周目に突入した今、具現化過程は クリスト・ミカエルの アバター過程を通して コスミック・キリスト意識の全ての側面を取り込み、ダイヤモンド・サン・ゴールド・レイの体全体を完全に具現化させ、フォールン・セラフィムの遺伝学全体を復活させるものでした。

ゴールデン・イーグル・グリッドの中心は、イラン門や 10次元スターゲートにある 重要なグローバル・コントロール・人工ツリー・オブ・ライフ(Articial Tree of Life)予測を動かして 水平なリーラインに反転10電流を流す ベース10力学全体の グローバルネットワークを 維持するためには、NAAはこの人口統計地域と、このゴールドレイ・セラフィムネットワークの機能を 維持しなければならないのです。

このように、中東地域では、地政学的な支配のための 終わりのない戦争として 表面化しており、現在進行中の 「タイムライン戦争」や 「外政学的な議題」が極めて白熱しています。

10:10、そして 現在のように この精神的戦いが エスカレートすると、ミカエル一族である、彼らが 精神的に目覚めたり、より高次の姿を具現化したりするのを 防ぐために、大きな標的となります。

これは、ゴールデン・イーグル・グリッドが 有機的に機能していることを 本質的に再認識するものです。

イラン・ゲートの このエリアには、地球表面に露出すると 10次元電流が反転して流れ、有機周波数が スクランブルされるように設計された アヌビアン・ブラック・ハートを含む、さまざまな 異星人機械が入っています。

このコンストラクトは、リバーサル55グリッドと呼ばれ、メタトロニック・リバーサルで発現する、フィボナッチ配列に基づく 人工的または無機的なタイムラインを生成します。

これは、トート・グリッドが 人間の12本鎖DNAを アストラル層から乗っ取り、地球と人類の昇天を妨げるために使う、5番に関連する高調波の数学的倍数に基づいて メルカバ比を逆転させるプログラムなのです。

ニューエイジ・ハイジャックの伝送(偽のアーチャンゲル・マイケル・チャネリングなど)は、ニューエイジの動きを操作して 最終的に NAAの目的を達成するために、この場所から放送されます。

 

https://ascensionglossary.com/index.php/Golden_Eagle_Grid

 

ということです。

 

再び、ニュースレターの内容に振り替ええてみます。

 

春分の日における 元の ゴールド・サン・DNAの復活は、最大30次元 の意識へのアクセスを開く 精神的な普遍性であり、この開発は 地球上の ブラック・サンの 継続的なコントロールに対する 重大な脅威です。

疫病プログラム pestilence program | Lisa Renee

 

上記のゴールデン・イーグルの情報にあった内容。

 

ミカエル・ファミリー、そして 鳥類遺伝学と セラフィムの記憶を持つ人々は、ゴールデン・イーグル・グリッドと繋がる意識であるのです。

これは、グレイル・キーパーの目的を 理解することにも関係しています。彼らは、地球を 真の守護者とするため、隠された 銀河史に関与し、地球を守るために 精神的に尽力している魂の集団なのです。

 

この、ミカエル・ファミリー、そして 鳥類遺伝学と セラフィムの記憶を持つ人々は、春分の日にゴールド・サン・DNAの復活という部分が、重要だったりするのかも、とつないで考えてみました。

 

でも、4次元だけでも、くらくらするのに、30次元となると、どういう意識になるんだろう、と思いました…。

もし、ネームコードにある、イーグルが、鳥類遺伝学と関係あるものだったとすれば、毎年、やってくる春の体調不良は、ネガティブ攻撃によるものなのかもしれない、と、ふと思いました。

うーーーーーん。^^;なんて…。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました