火星、月、南極大陸はアトランティスの名残? 1-3-1 | コーリー グッド

火星、月、南極大陸はアトランティスの名残? 1-3-1

コーリー グッド

火星、月、南極大陸はアトランティスの名残? 1-3-1

最後の大変動が起こった後、彼らの技術は一掃されてしまったのです。彼らは、コロンブス…コロンブスの時代がくるまで、互いに連絡を取り合うことも、お互いを確認するためにに飛ぶすらできませんでした。

火星、月、南極大陸はアトランティスの名残? 1-3-1

 

火星、月、南極大陸はアトランティスの名残? 1-3-1

karlfrey / Pixabay

 

https://www.youtube.com/watch?v=IrwLPSwtVsI0

 

Are Mars, Moon & Antarctica remnants of Atlantis? Corey Goode EXCLUSIVE [Part 1]

 

Cosmic Waves Conference

 

アナウンサー:

The Edge of WonderがCosmic Waves 2019を公開します。特別ゲストのCorey Goodeが登場します。

Rob:

– こんにちは、みなさん。 Edge of Wonderへようこそ。本日は、親友のCorey Goodeとの特別なエピソードがあり、ハワイで開催されるCosmic Waves Conferenceに参加しています。

素晴らしい会議でしたよね。

Corey:
知っている通り – 彼らは会議から何かを取り除くために、ここに来ていると考えていて、話している人々は提供するものについてですが、それは通常の会議と、逆の方法です。

私たちは、いつも(会議では)、人々から何かを得ます。私が最初に話し始めたとき、私は最高の講演者ではありません。私は、そう振舞ったことは、ありません。

彼らは私よりも多くの主題について知っていました、霊的に、彼らはすでに多くの仕事を経験しました。だから私はそれらのいくつかが稼働しているべきであり、私は観客の中にいるべきだと感じます。特にそれが始まったとき。

しかし、私はステージ上でずっと快適になりました。

Ben, Rob:

– ええ、ええ。

Ben:

まさにこれは文字通り、私たちの最初の、私たちの2番目の会議のことのようです。実際に私たちが話した多くの人々と一緒に行った、私たちの最初のメイン会議です。

Corey:

あなた達は、素晴らしいことをしました。

Ben:

ああ、ありがとう!

Corey:

皆さん、MC-ingを楽しみにしています。

Ben:

私たちも同じです。とても素早い… Dimensions of DisclosureのMC-ingに、なります。

Rob:

– そうそう。実際、Dimensions of Disclosureは、カリフォルニア州のベンチュラにあり、8月23日から25日にかけてということですが、間違いなさそうですか?

Corey:

– そうだ、そうだね。

Rob:

– そう、私たちは皆そこにいるでしょう。きっと、楽しい時間になります。他にもたくさんのスピーカーがいますよね。 Laura Eisenhower、Jordan Sather、Leon Kennedy…いいですよね。

Ben:

大勢の人々と。

Rob:

誰か名前を見逃した場合は、ごめんなさい。

Ben:

– Robの言っていることに同意するよ。いつも、常に私たちは観客の中にいるんだ。

Rob:

もしくは、撮影とか。何でもそう。

Corey:

– かなり、変ってますよね。

Ben:

– うん、うん、うん。もう一方の…端っこにいたりして…。

Rob:

とても楽しかった。

Ben:

ほんとに、楽しかったよね。

 

EFN-JとINF-J

 

Corey:

彼は、あなたよりも内向的ですけれど。 あなたは外向的なようですね。

Rob:

ちょっと、そうかもね。実は、面白いことに、私は内向的な資質と内向的なものの両方を持っているんです。でも、私が舞台に立ち上がったとき、一種のリラックスをしなくてはいけないんだ。

Ben:

INF-J…。

Corey:

非常に内向的だけど、人々には、外向的だと映るでしょうね。

Rob:

あなたがそう言ったのは面白いですね。私は、実際、EFN-JとINF-Jの間を行ったり来たりしているのです。

Corey:

私は、INF-Jですね。

Ben:

ステージに入ったら、通常はかなり上手くいきます。ですが、ステージから出た後もそうです。

Corey:

あなたの場合は、とても緊張していたよね。ステージ前だけど、あなたの目を見たとき、かなり緊張しているように見えたよ。

Ben:

私の場合、ステージに出る直前はいつも気分が悪くなり始めるんです。でも、いったんそこに着いたら…。それから私は観客を感じることができて、それから私は皆を感じ始めるんだ…。

Corey:

-彼らは皆、お互いに、フィードバックするんだよね。

Ben:

その通り。

Rob:

私の場合は、冗談を言うまで、緊張しているんですよ。

Ben,Rob:

Ben:

それで、いったんみんなが笑うと、気分がとても快適になっていくんだ。

 

なぜ?今、私たちはもっと詳しく、知り始める機会を得ることができないの?

 

Rob:

さて…。ところで、以前、あなたがスクリーン上の小さな箱の中にいたとき…。私達のライブショーであなたに最後に会った時のことですけれど。私達は、皆で南極について話していましたよね。それで、私達は、ある種のものについて触れ始めました。

コミュニティや、南極大陸で起こっているものについては多くの話題がありました。あなたは、皆さんが知っているかもしれないさまざまなことについて…。私たちは、必ずしもここで立ち上げる必要はありませんが…ええ…。でも、あなたはある種のものについて、触れ始めました。

そして、気になっていることですが、なぜ?今、私たちはもっと詳しく、そのことについて、知り始める機会を得ることができないのでしょうか。

Corey:

確かに、なるほど。それでは、どこから始めたいですか?

 

ディスクロージャーコミュニティにとって、活動の震源地のような場所

 

Rob:

うーん…そうですねぇ…。

南極大陸について、カミングアウトした、さまざまなことを話すインサイダーがいます。あなたは、シフトについて説明しているようでした。そして、それ以上のことが起こっていると思っています。もっと、かなりの量の情報があるのでしょう。

南極大陸について…。実際には表に十分な情報が出てこないかもしれませんが…。その場所は、まさにそういうところだろうと思っています。それは、ディスクロージャーコミュニティにとって、活動の震源地のような場所です。

 

Corey 最近気付いたことが、あと2つ

 

Corey:

ディープステート、カバール、我々が現時点でそれを呼び出すことを選ぶものは何でも、これらは、彼らの壮大な気晴らしの一部でした。

起訴が始まったとき、彼らは、私たちに正しい開示を与えるつもりでした。それで私は、水中構造物、文明に関する最初の情報が議論され、開示されるであろう、と言われていました。

David Wilcockは、彼らがソナー画像を作成したという、Cubaからのものについて話しました。

そして、最近気付いたことが、あと2つあります。それはとても興味深い説明でした。2つの場所の間に一連の島があるのですが…、南アメリカと南極大陸、オーストラリアと南極大陸の間にあり、そこに島があります。

ブリーフィングでは、米海軍だけでなくNATO、他のNATOの海軍が、潜水艦を襲っていたことが説明されています。そして彼らは、その領域を広範囲にマッピングしていました。

そして、私に最初に見せた画像は…、私に手渡されたものですが…、高解像度の写真のように見えました。ほとんど白黒のような高画質の色でした。コンピューターが実際に提示したような、デジタル画像で何かをしたものかとも思いました。でもそれは、超高解像度のソナー画像でした。写真だっだと思いました。

Rob:

面白い…。

Corey:

お分かりの通り。

Rob:

粒子。そうでしょ?

Corey:

粒子です。

Rob:

ワォ…。

Corey:

それで彼らは、波の下にあったアステカの遺跡のような…アステカのように見えたものを見せました。これは、一種の水中無人機でした。そして、それらがそれを介して送信していたこと、彼らは、その街を介して送信していたことを示しました。

Rob:

ワーォ…。

Corey:

かつて、それはストリートとして使われていました。それはとても超現実的です。ビデオには濃い塵がありました。彼らが浮かんでいたときに、塵が上がっていました。しかし彼らは、まさしくそのすべてのくもりを通して、写真を撮っていました。

 

約11,900年前

 

Rob:

何年前に沈んだと思いますか?

Corey:

約11,900年前です。

Ben:

それはとても正確ですね。

Rob:

うわー、とてもおもしろい。

私たちの近代的な都市の一つが海に沈んだとしたら、金属がそうであるように、今、タイタニック号を例に、言っているのですが…。海…、それは錆びて、基本的に海に溶け込んでいる状態です。

そう…。あなたはこれらの過去の文明は、私たちのような鋼鉄の建物を持っていたと思いますか。そして、それらは解散してしまったと考えますか?

Corey:

私が目撃したのは、使用されたadobeと、天然素材です。

しかし、私がこれまで話してきた主要都市である実際の南極大陸となると、ここには、1隻の大型船と2隻の小さい船がありました。衝突した後、大変動の後に、ここに上陸しました。

Rob:

ワーォ…。

Corey:

それは、有効ですね。

Rob:

そうですね。

Corey:

彼らのことを南極プリマスロックと呼ぶべきだ、と…私は思う。

一同:

Corey:

それでこれらのクラッシュしたクラフトはここに着陸しました。それから次に文明は、彼らの文明を構築するため、材料と技術を共食いし始めました。

そうです、主要都市であるアトランティスには、船から使用された、かなりの量の合金と金属があったのです。

 

プレアダマイト

 

Ben:

あなた方は、実際の人種…地球外人種についてですが、彼らは巨人であったとか、彼らは(つぶやいていた)など、知っていますか?

Coery:

ええ。彼らには指定がありますが、彼らはプレアダマイトと呼ばれています。

Ben:

オーケィ。

Corey:

基本的に、彼らはアダムの前からここにいました。そしてそれらは、広範囲の大きな範囲にありました。

およそ9から10フィート(2.7432mから3.048m)の高さと、およそ14フィート(4.2672m)の高さの間のように見えました。

彼ら(のボディ)は薄かったです。あなたが見たことがあるならば、それがネフェルティティなのか、それとも…

Ben:

– 私はそのイメージを知っていると思います。 Salla博士私が想像したと思うのですが、彼らは細長いですよね。

Corey:

細長い頭蓋骨と、奇妙な、鍋の腹、そして彼らは、彼らの胸郭をさらに進入させました。

Ben:

ええ。しかし、彼らはヒューマノイドなのでしょうか?

Corey:

ええ、彼らは、彼らの鼻以外、人間に見えます。

私は、たくさんの死んだ人たち…彼らの体の束を見ました。私は南極大陸に連れて行かれたのですが…それについて話しています。

ええ、彼らは、それらを前アダマイトと呼んでいます。その彼らは、それらが爆発してしまった…私たちの太陽系には、もう存在しない惑星上で発達した存在だと信じています。

そして私たちの月は、マルデックの月でした…。

 

マルデックの月

 

そして、明らかに火星もそうです。彼らは、火星の上に文明を持っていました。そして彼らは、基本的に月を箱舟として使っていたのです。それはくぼんでいて、私もそのツアーに参加しています。私はそれについて話したくて、たまりません。

月がここに来たのです。それは、センターに膨大な量の技術を持っています。それはクリアーになった石です。それから彼らは、その中にインフラを築いたのです。

月のどこかに、かつて開いていた巨大な扉があったものがありますが、それはすべて破壊されていて、閉じた状態になっています。

しかし月の奥深くには、これらの量子コンピュータ室があり、そこには、なんとかそれがこのコンピュータの機能の一部であるような、鏡のように見えたものがすべてありました。

そう…、最後の大変動が起こったとき、それは、その技術のすべてを粉砕しました。そして彼らはそこに留まって、ETの助けを借りて、その技術を再構築したのでした。しかし、私は実際にそれほど中まで入っていません。

そうです。このグループは、次の大惨事の後にやって来ました、そして、スターゲートと、他の技術を持っていた地球上に位置していた古代のビルダーレース複合体があった南極に、彼らはやって来ることになりました。

 それから、古代の建築者の競争によって、彼らは約15億年前に姿を消したのでした。金星が太陽の周りの異なる軌道に位置していたとき、彼らはおそらく金星で発達しました。それが、現在の状態です。

天然の原子炉 — ガボン共和国

Ben:

– 私達二人が、もっともっと多くの疑問を提起することができると私は思う多くのポイントがいくつかありますが…。一つには…一つには、月が中空であるということも長い間、聞いてきたことでした。

私がこれを調べたところ、これが可能であることを確認したさまざまな人々のために、これはほとんど本当と思いました。他のことはあまりにも進んでいるので、これを聞いている何人かの人々、ワァーオ。

10億年前、10億年前の文明のことについてですが、原子力発電所、天然の原子炉が存在していたと聞いたことがありました。
Corey:

ガボン共和国ですね。

Ben:

ええ。

Corey:

ふーーーむ。

Ben:

そうです。70年代かそこらで、彼らはこの鉱石を、ガボンから輸出して処理していましたが、すでに処理されていることがわかりました。

だからあなたは実際に、これを見つけることができます。彼らは科学者と他のすべてに送りました、そしてそれの写真があります。

Corey:

私たちは、何十万年も前の核廃棄物処分場を見つけました。

Ben:

ええ、そうです。それは彼らがこれで見つけたものです、もちろんカバール科学界は、こう言っています。「ああ、そうです、それは合法的に原子炉だからですが、彼らはそれが自然発生の原子炉である」と言いました。
しかし、それからこれらの科学者全員が出ていって言いました。「不可能だよ。なぜなら、水がそうでなければならないため…」…。

Corey:

加熱するのに使っているものは何でも、それは処理されなければなりません。これが生の形で、そうなるわけがありませんよね。

実際にアトランティスがどこにあるか

 

Rob:

つまり、私たちが以前に話していたことに戻ると、私が研究した種類の中だけで考えていることなのですが…。

実際にアトランティスがどこにあるかに関して、私自身少し混乱していました。南極大陸だと思う人もいますが、プラトンは、これらの異なる国土の沖合や、その間の島々について、言及しましたよね。南極大陸は、アトランティスだと思いますか?あなたはどう考えていますか?

私はあなたがそれについて話すことができるなら、私の考えは、確かではなかったということをを意味します。

Ben:

それとも…、本当は、文明全体がアトランティスと呼ばれていたのでしょうか?

Coery:

ピンポーン!ええ…。そういうこと。

彼らは文明について、言及していたのです。文明は上陸し、南極に本部を置きました。でも、私が基本的に言っていたことですが、彼らの…惑星の混乱から逃げ、金色のチケットを手に入れたのは、王室のグループだった…ということです。そして2つの競合するファミリーが存在していました。そしてそのファミリーは、ここに上陸しました。

そして、彼らは幾分かは一緒に働きました、でも、彼らは大丈夫と決心したのです。それで、一つのファミリーは、北アメリカから南アメリカまでを管理し世話をすることにしたのです。

それから、最後の大変動が起こった後、彼らの技術は一掃されてしまったのです。彼らは、コロンブス…コロンブスの時代がくるまで、互いに連絡を取り合うことも、お互いを確認するためにに飛ぶすらできませんでした。

Ben:

本当に?

Rob:

ぅわー…。

Corey:

もしくは、コロンバスの時代辺りまで。

Ben:

1500年代ですよね。

コロンブスがやって来た理由

 

Corey:

たぶん…数百年前、コロンブスがやって来た理由は、それであり、そして、彼らがそれらのファミリーをコミュニケーションの頂点へと連れ戻すためです。

しかし彼らは競合するグループです。彼らは互いに本当に友好的なわけはありません。

Rob:

それでは、コロンブスは、実際よりもはるかに興味深い背景として…。

Corey:

私たちが知っている以上のものもあります。

Rob:

本当に?

Corey:

そう。彼に資金を供給したのは女王だったしね。

Ben:

そうだ、そう、そうです。

Corey:

彼女は血統でした。そして、血統グループはこれらの前アダマイトが彼らのものであると考えられます。

彼らについて、何と呼びましょうか…彼ら…?先祖のレース。彼らは、それらを先祖民族と呼びます。そして彼らは、彼らが彼らの子孫であると信じているのです。

そしてそれが、彼らが支配する神の権利を持っている理由でもあります。彼らは…

Ben:

– 食べてはダメな物を食べる人。ですね。

Rob:

ええ、吸いますよね。

オッケィ。

さて…。そう、月にさかのぼって…。あなたは月について少し話し始めてくれました。そしてそれからあなたはまだそれについて話すことになっていないと言いました。、私はちょっと、それに興味があったんだ。

Corey:

– うん、いくつかの質問をすることができると思うよ。私が今やっていないことがいくつかあります。

セキュリティ上の理由

 

Rob:

いいえ、それはクールです。私は実際にそれについて、具体的に尋ねたかったんですが…。セキュリティ上の理由のために、これらのことについて話すことができない可能性があるかと思います。

だから私たちのファミリーの聴衆は、これについて質問をするかもしれません。私がそれに取り組んでいるのは、それが理由だったりします。

Corey:

実際には、セキュリティ上の理由だけでなく、私が参加したツアーは、私だけではありません。

Rob:

ふーーーーむ

Corey:

他にも、たくさんの時間をかけて勉強している人たちがいて、彼らは約束されています。

つまり、大学の教授やものなど、彼らは、この情報を破るつもりだと約束されています。彼らの行われた多くの作業を、尊重したいのです。

Rob:

それは良いことですよね。

Corey:

それは一部でして、そして、、また、セキュリティもあります。

Rob:

そうそう、そうですよね。

サラ博士 多国籍SSP情報 日本も含まれていた? 他

コメント

タイトルとURLをコピーしました