アンドロメダ星人 の暮らしぶりがかなり羨ましい | 宇宙

アンドロメダ星人 の暮らしぶりがかなり羨ましい

宇宙
lasseholsthansen / Pixabay

アンドロメダ星人 の暮らしぶりがかなり 羨ましい。前回、紹介させてもらいました、次元シフト 地球人として近い将来経験する事や心構え 内の動画で アレックス・コリア―さん の、別動画(日本語訳) を見つけました。

タイトル内容にそそられ視聴したところ、アンドロメダ星人達 の暮らしぶりの詳細を語る内容がありました。

とにかく、めちゃくちゃ羨ましいと率直に感じたため、感想がてらまとめてみようと思いました。

 

アンドロメダ星人 について考えが変わる

 

実は、過去に度々アンドロメダ星人たちにまつわる、チャネリングメッセージ を読んだことも何回か、あったんですけれど、その当時は反発を覚えて好きになれない種族だ と勝手に思い込んでいました。

 

とても 友好的な素敵な存在だ とようやく気付いた

 

他の種族たちに比べて、「アンドロメダ星人」というのは、高貴な存在だ と認識してしまうような書き方 で、そう感じたためです。

ですが、アレックスさんが語る アンドロメダ星人たち…アンドロメダ人とアレックスさんはおっしゃっていますけれど(;^ω^)は、どことなく 親しみを感じさせて、言いたい事も隠すことなく すぱぱーんと語る、気さくな 種族なのかもしれない。と感じることができました。

 

好きか嫌いかの 判断

 

ということで、好感度がぐぐっと高まったhukuです。

なんなん?それ?ですよね(;^_^A。

私が好む好まないの判断基準は、黒白判断や ラベル判断をしなくて 、支配階級がなくて、上も下も同じという…感じのテイスト が好きなんです。

だからといって、えらそうな感じも 苦手ですし、上から目線てのも、頭を押さえつけられているようで 首が凝ります。

 

アンドロメダ星人

kellepics / Pixabay

 

という 個人的な勝手なアレで申し訳ないのですけれども(;^ω^)ハハ

 

好き嫌いの判断基準と照らし合わせてみた結果、アレックスさんの語る アンドロメダ人は、好きなタイプだ となった訳です。

余談ですけれど。だもんで、こういう性格から、クリスチャン幼児洗礼を受けたにも関わらず、聖書テイストに拒否反応を示したんでしょうね。

(;・∀・)…あぁ…なんだか、一生懸命好きになろうと思ったけど、ごめん。無理。みたいな感じでした。(;´・ω・)…。

 

アンドロメダ人 の社会

 

アレックスさんの動画を whitepurplishさんが、日本語訳でupしてくださっているおかげ で、知り、感謝しています。

何故なら、勘違いした意識が、訂正されたからです。(#^^#)~。

 

若き頃のアレックスさんが語る動画は、再生リストでまとめられているのですが、一番最初に見つけた動画 で講演会を開いた様子の動画をまず始めに少しだけ見ました。

そのときの「お金にまつわるプレゼン」話が、なんだかおもしろかったです。

 

プレゼン

HugoAtaide / Pixabay

 

アレックスさんとコンタクトをとり続けているアンドロメダ人が、アレックスさんに「お金プレゼン」を見たいと頼んだ事が、なんともユニークだと感じました。

そのとき最後に発言されたアンドロメダ人の言葉に、アレックスさん同様、ハッとさせられたんです。

そこでアンドロメダって星は、本当のところどうなんだろう?と食いついてしまった訳です。

 

お金システムのない社会

 

「なぜ生まれた星に住むためにお金を払う必要があるんですか?」

こちらが、hukuの心に響く言葉でした。

 

(*‘∀‘)???なんとも、単純なフレーズばかりで語られたことですけれど、かなり衝撃的なことでした。

お金のない社会という発想は、昔からスピで語られるため、そういう未来がやがて訪れるんだなぁ。と夢物語のように感じていたhukuですけれど。

根本的に違う点は、単純にお金システムがなくなるということではなく、お金を払う義務を感じる概念に疑問を抱くという点です。それも、生まれた星に住むためにお金を払う必要があるか?という発想は、なんだか自分を最高に労わる言葉ではないか?と思いました。

 

ヒッピー

SofieZborilova / Pixabay

 

現代社会でそんなことを言えば、かなり クレージーな人扱い を受けるし、自分も、誰かが声高らかに「 なんで?生まれた星で、お金をはらわなくちゃいけないんだよ~(; ・`д・´) 」と発言すれば、「 やばい人 かもしれん 」と思ってしまいそう な感じです。

 

でも、それってバシャール が教えてくれている「信念のひとつなんだ。」と気付かされたんです。

呆然です。アンドロメダに住む人にとっては、それが当たり前なんですよね(;・∀・)。…。

 

アンドロメダ人の社会について語る動画

 

#2 アレックス・コリアー:アンドロメダ人の社会

 

画像から見てもお分かりかと思いますが、少し古いテイストのこの動画は、なんと1994年に撮影されたものなんだそう。

こういうスピの動画って最近の物は多いのですけれど、20年以上前に撮影されていたというところが、今風で凄いなぁと思いました。

 

アンドロメダ人の学校模様など

 

さて、アンドロメダ人たちの実際の暮らしぶりは、この動画で語られている訳なんですが、嘘かマコトかは、置いておき、羨ましいと思わずにはいられませんでした。何故なら、自分が望む世界そのものだからです。

いろいろ語られている中で、子供達の学校内容がありました。そこが特に羨ましかったのですけれど、授業テーマが二つに絞られているみたいです。

アートとサイエンス

Soorelis / Pixabay

 

テーマ内容は、「アートと サイエンス 」(´・ω・`)いいな~。

望みが叶うなら、今すぐここの学校に通いたい…(本気で)と思いました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました