エイリアンインタビュー を読んだ感想について

スポンサーリンク
alien ディープステート
スポンサーリンク

エイリアンインタビュー を読んだ感想について。Twitterでいろいろ情報提供してくださる方に教えてもらった動画を見たのですが。

知っている人は知っているというロズウェル事件の隠された真実が書かれた「エイリアン・インタビュー」の動画です。動画リンクにAmazonリンクが貼られていたため、調べてみたところキンドル本として出版されていたため、すぐに読み始めることにしました。その感想です。

 

スポンサーリンク

エイリアンインタビュー とロズウェル事件

 

エイリアンインタビュー

 

David: 1947年のロズウェルの墜落では、生存者が誰かとテレパシーで交信したとも言いましたね。

Heather : ええ。

David: その話をちょっとだけ聞かせてくれませんか。

Heather : その時に軍の内部には看護婦が一人いました。乗組員の一部はすでに動かなくなったため、彼女は連れ込まれました。

でも、まだ一体だけ機能していて、「まだ生きている」というべきでしょうか。

その存在が交信を望んだのは、その中の彼女一人だけでした。そこで、彼女はテレパシーで受けとったメッセージを解読しました。 彼女は自分のものではない考えが浮かんできたのに気付きました。

知るはずのないものについて考えている自分をみて、その存在が交信してきたことが分かったのです。

David: わお!

Heather : 実際それが本になりました。「エイリアン・インタビュー」という本です。

David: その本に書いてあることが本物であると、お父さんが言ったのですか?

Heather : ええ、そうですよ。私たちはよく月曜の夜に友人宅で会合をしましたが、その時にこの本のような話題について語りました。彼は「そうだよ。この本に書かれた情報の多くは真実であると証明できるよ」と言いました。

コズミック・ディスクロージャー: ヘーザー・サーテンによる隠された技術の暴露 2/26/2017  シーズン7 エピソード2

 

エイリアンインタビューとロズウェル事件について、簡単な紹介的内容について、cosmicdisclosureで話されていたため、抜粋させてもらいました。

宇宙人の話ということで、cosmicdisclosure は話題にしているか、気になったため調べたのですが、きちんと紹介されていてなんとなくほっとしました。

 

ロズウェル事件の生存者エアルの話

 

ロズウェル事件

 

ロズウェル事件(ロズウェルじけん、Roswell Incident)は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。ロズウェルUFO事件(Roswell UFO Incident)とも呼ばれる。

ウィキペディア

 

謎の多いロズウェル事件。

 

以前読んだ聖書とロズウェル

 

以前、聖書について調べていたとき (昨年末の話)、ロズウェル事件と聖書というキーワードが入った記事を見つけました。

 

だが――ロズウェルの本当の問題は別のところにあった。このとき科学者は、とんでもない「事実」を語っていたのだ。

「内部に羊皮紙が存在していたという事実があり、それには絵文字のようなものが書かれていた。これらは専門家に引き渡されているが、今のところ何ひとつ解読されていない……」――というのである!

羊皮紙に書かれた文字とは何なのか? それはロズウェル事件から44年後の1991年に、ついに明らかになる。

ニューメキシコ州のホロマン空軍基地に所属していた軍人が、「1948年に基地内で墜落UFOに関する報告書を見たことがある」と、退役後に家族にだけ打ち明けていた人物の証言内容が、公にされた。国家的暗号解読チームが取り組んだ結果、なんとそれは初期ヘブライ語で書かれた『旧約聖書』の写本であることが判明したというのだ!

70年前、ロズウェルに墜落した円盤から「聖書」が発見されていた!

 

半ば興味を失ったはずのロズウェル事件、エアルの話に心奪われる

 

月間ムーの記事です。先にこの話と関連ある、未来人による聖書の話を読んだ私は、すっかりロズウェル事件に興味を失っていたのです。ですが、エイリアンインタビューの簡易版動画を紹介していただき、すっかりハマってしまいました。

ロズウェル事件そのものに興味が湧いたのではなく、生存者エイリアン「エアル」の話が、心に刺さる内容だったのです。

 

エアルの話は、1947年に語られた内容とはとても思えません。

エアルの話し方は、キレがありシンプルで分かりやすくマドロッコシイspiritualな言い回しのない、スッキリ感を持ちつつ,最先端のイメージを想像させてくるトークであります。作り話とは思えないほど、理路整然としていました。作り話とは思っていませんが。

 

エイリアン・インタビューの動画、本

 

動画でも、全ストーリーを紹介してくださっているみたいなので、気になる方はどうぞ!と思います。ただ、自分のペースで話を追いかけたい私は、スマホのキンドルアプリで読みました。^^

こちらの動画を教えていただきました!!ありがとうございます。twittさん^^

↓↓↓↓ ↓↓↓↓

ロズウェル事件(1947年アメリカ)Alien Interview  (著)Lawrence R Spencer ローレンスR.スペンサー

エイリアン・インタビュー1/5

エイリアン・インタビュー2/5

エイリアン・インタビュー3/5

エイリアン・インタビュー4/5

エイリアン・インタビュー5/5

 

現在の問題であるディープステートとインタビュー内容

 

ディープステートの本質的な問題点は、おそらく、エアルの話す旧帝国軍につながっているのだろうと、読まれた方皆さんお気づきかと思いますが、そうなんですよね。

エアルは、この旧帝国軍達の古代エイリアンが行ってきた行為よりも前から、地球観察を行ってきた存在(違ったかな?)で、その詳細はおそらく他の情報と比べると群を抜いていると感じました。

でも、それぞれ活動領域が異なるため、どの情報が優れているという事ではないと思います。

 

エアル達と前回紹介したヴェガ星人の違い

 

なんとなく前回、記事にしてきたヴェガ星人と被る部分もありますが、決定的な違いはカルマに関する情報の取り扱いです。

カルマについては別枠からずっと追いかけてきたテーマだけにかなり神経質な気分で読んでしまうところです。ヴェガ星人のカルマに関する話はほんの数行でしたが、私にとっては嬉しくない言い回しでありました。なので、しっかり覚えている部分です。

ということで、彼らとエアル達は別の派閥ではないかと思います。

ヴェガ星人のいいと思えたのは、階級制度が存在しないところです。エアル達は階級制度が存在するグループです。しかし、旧帝国と比べると雲泥の差があります。この辺りまで知る事は不可能なので、あまり考えるのはよそうと思いました(;^ω^)。

 

[st-kaiwa2]カルマに縛られたくない派なのです。自由が好き♡なのだ。[/st-kaiwa2]

 

人類にとって一番大切な情報かもしれません。

 

ただ、エアルの話を読むと 点と点が 線でつながっていくという感覚が 生まれます。

人類にとって、失われていた大切なピースだという感じがしました。今まで読んだけど腑に落ちなかったクライオンの話とか、その他もろもろの情報も、この中の一部だという感じでなんとなくほっこりしました。

[st-kaiwa2]なるほど…という感じ?[/st-kaiwa2]

 

記憶喪失装置と 蜘蛛状のプラズマエンティティー

 

もしかすると、もうcobraがそういう話をブログで書いているかもしれないのですが、エアルの話でもっとも無視できないのが、記憶喪失装置です。この装置が破壊されない限り、地球から脱出する事が出来ないという感じなのですが

cobraグループの話す蜘蛛状のプラズマエンティティー と、憶喪失装置は同じ???なのでしょうか。

 

地球周囲のエネルギー空間は このようになっています。
 

地球彩虹漩渦(Earth Rainbow Vortex)

 
地上の市街地を包み込んでいる蜘蛛状のプラズマエンティティーは、それまでに全て解消されます。地上の市街地を宇宙から眺めると蜘蛛のように見えるのは偶然ではありません。
 
 
キメラのグリッドの物理的アンカーとなっているのが物質界の金属蜘蛛で、それも解消します。
 

…/

惑星地球のアセンション過程 より抜粋

 

記憶がないというのは、ある意味楽な状態かもしれませんが、どこかモヤモヤした感じでスッキリしません。やっぱり私は、真実が知りたいという感じです。だから、今回の情報は、とても個人的にありがたい情報だと思いました。

 

おまけ

 

この朝方、スマホで続きを読み始めて寝落ちしてしまいました。すると、突然大きな声で「エワ」と言われたのです。私の名前です。ハイ。”(-“”-)”。

 

 

久しぶりに見知らぬ存在から起こされました。家族全て確認しましたが、爆睡中でした。

この大きな声の主は、見知らぬ存在だと思うことにしました。

たまに寝ていると、知らない誰かに起こされる事ってあるかと思うのですが、それです。

 

おまけのおまけ

 

私がこの本がいいと思った理由のひとつは、エアルと自分の名前がちょっとだけ似ている感じだから、親しみを覚えたというのもあるかもしれません。。。

 

インタビューで度々日本の話も

 

あ、あと何度かエアルが日本について語っていました。

日本と宇宙人って感じの情報とか。

 

旧帝国と日本の関係とか、気になります。

うーーーーーーーん。

 

合わせて読んでみてもらいたい記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました