食材をコントロールする社会 情報が溢れている

スポンサーリンク
cosmic-disclosure
MichaelGaida / Pixabay
スポンサーリンク

食材をコントロールする社会 情報が溢れている。食生活見直しを検討している最中、コズミックディスクロージャーの質問コーナーで、ディビッドさんとコーリーさんが会話する中に、びっくりする情報を見つけて、調べたところ、不安視していた情報をネットサーフィンで見つけておどろくという話です。

 

スポンサーリンク

食材をコントロールする社会 食事に関する質問より

 

食べる 食材をコントロールする社会

MjBreiva / Pixabay

 

先日、父の入院をきっかけに 糖分を減らしてみる ことしました。甘いものが食べたくなったり、コーヒーに 糖分を入れたくなる習慣 で、仕事をやめて 一気に体重が 増加。やばいと思いつつも、ストレス発散 についつい、手を伸ばしてしまうのでした。

子どもの体重も、私と同様に…(; ・`д・´)トいう感じでした。なんとかしなくては、と思っていた矢先、父が入院時 栄養アドバイス専門の先生 とお話しする機会がありまして、その話を聞いて、糖分って一日そんなにとってはいけないのだな。と意識できたのです。

ということで、糖分を減らすこと にして、飲み物も、元々甘味のある 豆乳 や、緑茶 に切り替えて、過ごしていくうちに?すごく分かりやすい成果 が表れたのです。

たったこれだけで、こうも見た目が変わるのか?と不思議に思っていたところ、コズミックディスクロージャー を 読み返して、気になる内容 を見つけました。

 

コズミック・ディスクロージャー: 視聴者質疑パート7 より。ディビッドさん と コーリーさん が 読者さん達からの質問に答えるコーナー の中で、食生活 にまつわる質問 があり、コーリーさんがお答えされていました。

以下、転記させていただきます。

 


 

 

David: 食生活についても聞かれていますが、ここにも同じような質問が来ています。

質問者はすでに健康な食生活を心がけていますが、何かアドバイスはありませんか?

Corey: 当然自分で考えるのも、プロセスの一部です。実はティール・エールに指摘されたのです。私は自分の説いていることを実践していなかったって。

波動の高い食事を語っていながら、家に戻ったらアメリカンドッグや硝酸塩化合物入りの食品を平気で食べていました。

訳注: 硝酸塩化合物は防腐剤などの食品添加物に使われています。

David: ほほう。

Corey: それが私の体を無茶苦茶にしました。シーズン1の私を見れば分かるでしょ?どれだけ不健康だったか。

David: あなたのその変貌ぶりには実に驚かされます。あなたがカーリーに会って、彼女の手に触って精神融合した時点で、何かが大きく変わったように思いました。

Corey: 険しい道のりでした。人それぞれの生き方があります。

昔のトラウマに立ち向かう必要があります。いまも取り続けている破壊的な振る舞いも直視する必要があります。

そうしなければ、どんなに自分が霊的に進化したと思っていても、それは幻想にすぎません。

これらの世俗的な物事が落下傘のようにあなたの着地を阻んでいるのです。それに立ち向かわなければいけません。

David: この食生活の質問に関連して、何人かのインサイダーから聞いた話があります。兵器として使われた食品があるそうです。カバールが寿命を縮めたり、幸福感を減らしたり、体重を増やしたりするために、意図的に特定の原料に入れたものがあるそうです。

Corey: ええ、私たちの生活環境そのもの全体が、私たちの健康を損なうように作られています。だからこそ、私たちはその兵器としての食品からの悪影響を極力削減しなければなりません。

私の場合、結局ベジタリアンに移行することになりました。どちらかというと、食中毒を避けるために、そうせざるを得なくなったのです。

David: ほほう。

Corey: 私は自分の説いていたことを実践に移すのに、すごく時間がかかったのです。

 

コズミック・ディスクロージャー: 視聴者質疑パート7より一部転記


 

食生活をコントロールする社会があるという事実

 

コーリーさんは、高次元の存在から手厳しいアドバイスを受けて、徐々に食生活の改善を行われたということです。確かに、御写真を拝見すると、過去より今のお顔の方が、すっきりされています。

大成功されたのですね。凄い。

 

この質問で、ディビッドさんが持っているインサイダー情報をちょこっと話されていました。

David: この食生活の質問に関連して、何人かのインサイダーから聞いた話があります。兵器として使われた食品があるそうです。カバールが寿命を縮めたり、幸福感を減らしたり、体重を増やしたりするために、意図的に特定の原料に入れたものがあるそうです。

マジかよ~(; ・`д・´)と唸りそうになる内容です。なんだか、とても物騒だと思ったのでした。

 

でも、もしかすると、お砂糖は裏社会が仕組んだ食材のひとつなのではないか?と思い始めたのです。と書いてしまうと、お砂糖会社にクレームが来てしまうかもしれませんが(;^_^A。

 

でも、いろいろ調べていくうちに、糖分って栄養的にそんなに必要ないものらしいということが歳を重ねて理解できるようになりました。

必要性が低い割に、一度、口にすると、妙に依存してしまう感じがあると思っていました。

 

一口では止まらないというか、なんというか。一口食べると、さらにもっと欲しくなる。これって変じゃない?と薄々感じていたのですが。

朝など、無意識にコーヒーにお砂糖スティックを使ってしまっているので、やめられない感じでした。

 

日本では裏社会を調べる時、カバールという単語があまりヒットしないのですが、イルミナティと検索すると、恐ろしいほど結果が出てきます。

ちょっと、驚いたのが、ガールズちゃんねるでまさか、イルミナティトークが広がっていると気付き、びっくりしました。もしかすると、こういうテーマに疎いのは私だけで、世間一般のネット社会では常識なのかも、とすら思いました。

 

そこで、砂糖_イルミナティ で検索したところ、まさかヒットするとは。と思いながら、読ませていただきました。

砂糖の食文化はイルミナティの人口削減計画の一環!スミルノフ学派ドクター佐野千遙

ロシアの有名人・佐野千遥博士:皆に役立つ驚異の頭脳さんのブログより

佐野さんの自己紹介にたどり着くリンクを貼らせていただきました。なんだか、凄い方です。イルミナティについて面白おかしく書かれているものが多数ありますけれども、読ませていただき、なるほどと思わせていただける内容だと感じました。

 

砂糖…。白砂糖だけでなく、黒砂糖もダメなのでしょうか?^^;と聞きたいところですが、この文章を読ませていただく限り、ダメっぽい感じです。ですが、たまには使うかもしれないということで、黒砂糖と蜂蜜を買ってきました。白砂糖は、卒業します。

 

でも、糖分絶ちをすると、少しイライラするそうで、これって禁煙と同じですよね。

禁煙で、思い出したのですが、とても不思議な事がありました。

9月6日の夜中に、突然声が聞こえました。トイレに行っているときです(^^;)。

「たばこは3日後に辞められる。」と三回繰り返し聞こえました。

実は、10年ほど喫煙して、やめられないことが一番の悩みだったのですが、この声の通り、3日後に辞めることができたのです。それから吸いたいと思う日が何回か、ありましたけれど。今では、全く吸いたくありません。

 

このノリで、砂糖絶ちもできるかもしれません。

 

まだまだある、不気味な情報におののく

 

最初は、何が兵器として使われた食材なんだろうと、知りたいと思いました。知らない間に食べているかもしれないという不安があったからです。

そこで、イルミナティ_食材と検索すると?恐ろしい情報が山のように出てきました。

ファーストフードの話とか、本当だったら?とんでもない事です。他、いろいろ、情報が溢れていました。

 

日本では、オカルト的な内容は、敬遠する人も多いのですけれど、健康に関する情報に関しては、なんといいますか?貧欲なほど知りたいと思う人達が多いようです。特に、日本の女性は出産問題が深刻です。とてもつらい思いをする人がたくさんいたりします。だから、意外なほどにイルミナティの実態に興味を抱く若い人達が増えてきているのかもしれません。

 

コズミック・ディスクロージャー早見表 辞書的な活用

コズミック・ディスクロージャー早見表 辞書的な活用
コズミック・ディスクロージャー早見表 。2018年2月13日ようやくこのサイトに出会ったという、コズミック・ディスクロージャーデビュー遅めのhuku.なのですけれど、これもタイミングですね^^; 今まで、歯抜けの宇宙世界情報を寄せ集めて、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました