過去の地球外生命体 ネイチャー Terrans ベガ星からのメッセージ | ベガ星人

過去の地球外生命体 ネイチャー Terrans ベガ星からのメッセージ

銀河 ベガ星人
Pexels / Pixabay

過去の地球外生命体 ネイチャー Terrans ベガ星からのメッセージ より。今回は、ラケルタファイル Part1~Part7 地球最古の謎 転記情報 と、照らし合わせて共通点がいくつかあった ピエール・モネの宇宙人 にある 過去の地球外生命体 の 翻訳転記をご紹介させてもらいます。

何度も読み直していくうちに、いくつか分かったことが再びありました。

モネさんの紹介サイトにある Terrans の意味が分からなかったのです。この Terrans は、べガ星人を指すのか、それとも他の宇宙人を指すのか?理解できませんでした。

ですが、ラケルタファイルに、 Terrans が記させていました。しかも、日本語訳をしてくださった方も、どう翻訳するべきか?迷われたみたいですね。

ラケルタファイルには、 Terrans =地球人?と一か所補足に付け加えられていました。そういえば、地球をテラとか、タラとか説明する人がいますし、地球人という訳は、あながち間違いではないのかもしれません。

ちなみに地球を、テラやタラと説明する場合は、オーバーソウルの地球内にあるアストラル領域の地球を説明するときに、テラやタラというと、どなたかが書いてました。ということで、次元の違う地球人が Terrans なのかもしれません。

 

また、もうひとつ、読み直して気付いた点です。今回ご紹介する文

「彼らはネイチャーとの緊密な協力のもとに文明を発展させ」とあります。これは誰を指すのか、とか、誰か?ということなど、一切気にかけることなく、読み飛ばしていたのです。

ですが、レプティリアン、蛇というカテゴリーだったか、調べていくうちに メタフィジックス通信 さんの記事内に、ネイティブレプティリアンという言葉に出会いました。

その後、このモネさんのサイト内の、地球外生命体のページを読み直してみたのです。

この一ページに書かれた内容が、途方もない年数を無理やり小さくまとめたものだと、改めて気付きました。

それから、地球外生命体は、もともと地球に住んでいたネイチャーな人たち、つまりラケルタファイルにある、ネイチャー・レプティリアンと緊密な協力のもと、地球の文明を発展させたということに気付きました。

 

ベガ コンタクト 過去の地球外生命体

kellepics / Pixabay

 

なるほど~。

 

ということで、ですね。

ベガ星に興味のある方は、前回書いた ラケルタファイルと、このベガ星のメッセージを合わせて読んでみると、さらにベガ星が伝えたいことが、ちょっと理解できるかもしれません。ので…良かったら、チェックしてみてくださいね(*‘ω‘ *)~

 

今回も、Google翻訳を使った文章を転記させていただきます。

転記元:http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fsites.google.com%2Fsite%2Fpierremonnetvega%2Fpage-5

オリジナルページ元:https://sites.google.com/site/pierremonnetvega/page-5

 

以下が転記文になります。

 


 

 

過去の地球外生命体

 

 

宇宙の始まりと地球の最初の氷河との間の非常に遠い時間に、多くの宇宙の宇宙に散らばっている人間の文明は、科学的に非常に進歩しました。

彼らは、科学的、精神的、道徳的な進化が不可能ではない、自然と知恵の最も深い尊敬のもとに、この科学的進化を獲得しました。

当時、これらの文明は、自発的な細胞再生によって、恒久的な若さと非常に長い寿命を知っていました。

これらの人々は、宇宙全体から採取され、科学的に扱われた巨大な自然エネルギーの発見のおかげで、不活性物質と生命物質の作り方を知っていました。

彼らはネイチャーとの緊密な協力のもとに文明を発展させ、その種の肯定的な未来に向かって愛をもって科学を育てました。

 

 

彼らは知り、重力と重力を完全に制御していました。 これにより、彼らは宇宙旅行を行い、他の銀河を発見し、他の世界や他の文明に出会うことができました。

彼らはまた、惑星の静電波と磁場の集中と投影による浮上の原理を知っていました。 これにより、より重い取り扱いのすべてを困難なく実行することができました。

今日の人は、長さ30メートル、幅20メートル、厚さ10メートルの石のブロックを正確に引き上げて指導した施設を見ることに驚きました。 彼らはこれらのブロックを200メートル以上高くしました。

これらの操作の制御は、現在の携帯電話の1つである小型の非常に特殊な電子機器を使用して、一人の人間によって行われました。 彼らはそのようなブロックの組み立て時に非常に正確に功績を見せました。

彼らは、振動波のコントロールを持っていました。彼らは、彼らのために、そして住んでいるすべてのために、厄介で危険な仕事をすべて実行しました。

これらの男性はまた、時空を旅していた。

「テレビジョン」は、 非常に洗練された。 ” ビューア ” 彼の選択したプログラムの真中に住んでいた。 テレビ番組は、救済され、色彩豊かで、3次元で、多感覚で、多彩であった。 プログラムの知覚は、大脳皮質のレベルで作用する電磁効果によって行われた。

その時代の存在は、知識を増やし、科学の成果を彼らが通過する際に直面した人間種と共有するために、コスモスを旅しました。

 

 

非常に重要な遠征は、これらの地球外文明のうちの1つによって、最初の氷化の前に地球の一部に組織されました。

その代表者たちは私たちの銀河に戻り、変化した太陽系を発見しました。

彼らは、私たちのシステムの異なる惑星に彼らの種の拡大のための基地を植えました。

最初の土星、金星、火星、地球の自然衛星、月。 これは、氷河期に地球を監視する観測ステーションに変換されました。 数百万年の間に何が起こったのでしょうか?

その表面には水だけがあり、以前に持っていた自然の衛星の1つしかありませんでした。

 

 

これらの存在の科学的かつ技術的可能性は、彼らが氷河形成プロセスの終了を加速することを可能にした。

それゆえ彼らは人工的に太陽系の生命線がそれに達し、鉱物、植物、動物の生命が海のようにその表面に再び現れるように、私たちの惑星を囲む雲の層を人工的に扱った。

これらの宇宙旅行者が地球上に設置されるまでに数百年もの間、惑星を変容させるこの巨大な作業が続きました。

彼らは、巨大な自然と人工の大災害に打たれた他の惑星から採取された、進化した人間のレースをその上に堆積させた。

この人間の輸入は、人種、色、マナーの違いを説明しています。

 

 

輸入された男性を地球上で再教育するには、時間がかかりました。

彼らはモデル化されなければならず、 再作成 ” 彼らが教えている教師の生物学的、生理学的、知的なイメージに、 天からの神々 ” 人生、幸福、美しさ、人間の尊厳と知識をもたらします。

これらの輸入された男性の再教育が終わって何千年も後、これらは強力な文明を形成しました。

しかし、彼らが得た莫大な知識に酔って、これらの文明は、発見された科学の使用に関して異なる見方を示すのが遅かったのではない。

 

徐々に、Terransは徐々に彼らの生涯教育者に向かって正気の意思を示しました。

 

 

その男が普遍的な調和を支配する法律に従って行動しなかったのを見て、ベガの地球外隊員は、世界で科学的な資料と同様に、取得した知識の量を隠したり消したりする中和計画を策定しました。

地球上に存在するユニークで巨大な大陸です。 徐々に本物の ” 地獄 ” 火と血。

Vega Extraterresはついにこの惑星を離れることに決めました。

しかし、それ以前には、生命の法則を破ることによって退廃的な人間を秘密裏に監視して助けるために、彼らは5万人の男性を地下に残しました。

 

VegaのExtra-Terrestrialsの助けを借りて、そして人種の違いにもかかわらず、世界の米国を作るために来たこれらの退廃的な男性は、後退し続けました。

彼らはすぐに、高い科学的知識から残されたものを利用して、そのような権力の戦争を開始し、惑星の物理的および化学的側面を変えました。

この戦争の影響は、およそ5万年の間に感じられました。

汚染された生物学的および遺伝的変異で生存した少数の生存者は、過去の記憶の重要な火花の生存のためではなかったが、ほとんど野生動物の階級に戻ってしまったであろう。 世界の大惨事を彷彿させる恐ろしい映画のように、これらの生き残った人たちは、地震によって荒廃した地球の唯一の大陸の地獄の記憶を記憶に残しました。

彼らはこの大陸を、そのうちの最大のものが現在の5つの大陸です。

 

この悲惨な過去の記憶は、残念なことに生存者(いわゆる先史時代)が相対的にまともな人間の生き物になる前に、何千年もの間眠ってしまった。

 

 

その間に、世代から世代まで、最初の教育者と数千人の ” 地球人が ” 彼らは彼らを他の惑星系に連れて行き、これらの新しい世界の要素に非常に良く適応し、そこに華麗な文明を導入しました。

これらの新世界に移住してから八千〇〇〇年後には、テリヤ人がベガの余分地帯に残した賢明な子孫の心臓部に本能的な情報源への復帰が感じられた。

彼らはそこに残っている人々と平和的な関係を更新するために地球に戻ってくることに決めました。

 

もう一度、非常に重要な探検隊が地球に戻り、他の基地に新しい文明を発見した。 そこで、これらの男性は到着時に唯一の大陸が ” バースト ” 動物群と植物群が大部分の権利を回復し、遺跡と放射能が消滅した場所がいくつかあります。

彼らは地球のいくつかの点で解決しました。

彼らは少しずつ、生存者の子孫に会って、ほぼ完全な破壊を免れました。

彼らの知的レベルは非常に低く下降していたため、彼らは退陣のプロセスを開始したため、再教育を受けなければならなかった。

 

以前の教育者と同様に、古いものは ” Terrans ” 帰還者たちは、人々の間で知恵、愛、そしてこれらの不幸な人への知識を失った。

 

悲しいかな、これらの新しい教育者たちは、彼らの惑星で長く生き残ることができなかったため、彼らの教えの仕事を終わらせることができませんでした。

 

“オリジナル それらの要素は大災害の後に変わってきており、銀河の端に長らく滞在している間に、約10万年も自分自身を変えてしまいました。

彼らが地球に戻った後、100年に一度、彼らは衰退し、去ることなく死んだ。

開始を維持するために、彼らは依然として、感染者の子孫と引き続き、非常に不完全に彼らの子孫を開始するために不自然に生きる時間を持っていました。

 

 

悲しいかな、科学的な開始の光り輝く新奇さは、再び精神的および道徳的な開始の尊重を克服しました。

これにより、複数回の核戦争や他の戦争による人類のさらなる破壊が奨励されました。毎回すべてをゼロにし、10番目の惑星を完全に破壊し、私たちの自然衛星である月を大きく傷つけました。

 

この新しい紛争期間の直前に、そして事前に確立されたプログラムに従って、秘密裏に地下に隠された5万人の教育者の子孫の生存者が、その人が合理的になったかどうかを確認しました。

彼らはそうではなかったことを見て、彼らは材料と生の知識を5大陸の地下に残して惑星を離れ、10万年以上貯蔵されています。

彼らは、以前の拠点の大半、すなわち、月(彼らが破壊された基地を再建した場所)、木星、土星、 と金星。

 

この文明の代表者を天から撤去して以来、ベガのこれらの教育者や一部の教育者は、定期的な外見を作り、地球を修復不可能な紛争から守り、保護します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました